ちゅらかじとがちまやぁ

北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編

京都へんこ山田の女将は、冬は千歳で愛猫と過ごされている。時々女将のSNSにアップされる寿司が美味しそうで、今回山下達郎のコンサートで札幌に行くのを機にご一緒させていただいた。
「北の華はやし」は、隣の人気寿司店「北の華」の姉妹店。北の華がカジュアルに寿司を楽しめる店で、はやしの方は寿司前の酒肴も楽しんでから握りを頂ける位置づけで、過去ミシュランの二つ星を獲得している。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362443.jpg
まず出された器。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362425.jpg
蓋を開けるともの凄い出汁の香り。もずくと蛤のつみれが潮汁に浮かんでいる。つゆを一口すするとドカンと蛤の旨み、琥珀酸の極みだ。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362408.jpg
こりゃあ今夜は凄い事になるぞ。
次は旬のそい。切り身の漬けと皮と肝と。まさに北の魚の美味しさ。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362420.jpg
すっと出されたいか飯。綺麗だなぁ。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362497.jpg
蒸し鮑と肝ソース。大きくて驚くほど柔らかく仕上げられてる。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362575.jpg
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362316.jpg
ソースは少し残しておいてください、と大将。
赤酢の素飯が出されて肝ソースに絡めて頂く至福。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362370.jpg
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362354.jpg
そしてそして毛蟹。剥かれた蟹大好き(笑)味が濃い故意!
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_17362411.jpg
初めて食べた子持ちにしん。にしんの切り身に数の子自らの吸着力で一体化されている。ちょいと添えられた海苔の風味が効いて、これうっまー
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_18081280.jpg
へんこ女将用の煮蛸、タレと塩で。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_18081284.jpg
日本酒ははやしの女将さんが担当していろいろ希望を聴いてくれる。
そしてこれぞ日本酒のあて、あんきも。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_18073313.jpg
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_18075421.jpg
そして自家製からすみへと流れる。大きな唐墨で、またま大将が少し残しておいてくださいと。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_18081179.jpg
続いたたち(タラの白子)の酢飯リゾット風にからすみを合わせる。
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_18081115.jpg
北の名店 千歳市 北の華はやし 酒肴編_b0049152_18081135.jpg
たまりませんね、日本酒が何ぼあっても足りない(ボクはお茶ですがww)
そしてガリが出されて握りが始まる・・・握り編へ続く



# by tenmorimori | 2023-02-09 18:19 | 北の国 | Comments(0)

やっぱり恐るべし隆盛の世界

コロナ過でなかなか来られなかった隆盛にひとり飛び込む。
今は完全予約制になっていて、ボクは知らずに飛び込んだので大将が怪訝な顔してたが「おー、てんもりさんね、久しぶりやねー」と座らせてくれた。
まず出されたのはフグと玄界灘のもずく。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17022073.jpg
ううーーー、やっぱり隆盛すげい!
唸っていると出てきた珍味皿。
まじゃくの爪の素揚げとメヒカリの南蛮、イカの卵と白子の煮付。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17022045.jpg
まじゃくは有明海の潟で獲れるシャコの仲間だが、アナジャコ呼ばれる貴重な高級食材。
いつかはこの爪の身をひとつひとつ出して刺身で食べさせてくれたなぁ。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17021874.jpg
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17021835.jpg
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17021933.jpg
いやしかし堪らんなー、ボクが酒飲みならこの時点で2合はいってるはず。
大将は「まだ作ったばっかりで熟成しとらんけどまじゃくの塩辛食べてみるね」と不敵な笑顔。
そりゃあ食べるクサ!
なんと言うさわやかな海の香り、こんなん初めて。これ熟成されたらどんだけ美味しくなるんだろう。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17021954.jpg
すっと出された蓋付き小鉢の中には・・・・
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17021982.jpg
水茄子の冷製ポタージュ、真ん中の赤いのはブルーベリーのコンポート。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17021944.jpg
そして隆盛の刺し盛。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17022043.jpg
たまたま今しかない生の海茸。茸と言いながらミル貝の様な姿をした貝なのだ。
かつては有明海で豊富に獲れた海茸だが、近年は絶滅のおそれで禁漁となっている。
資源調査のために行われる試験操業の海茸を仕入れられたらしい。
こんな日に来るなんて、ボクはやっぱりクェーブーなのだ(笑)
そのグロテスクな姿がこちら。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17235739.jpg
大きな水管表面の黒い部分を丁寧に丁寧に掃除しないと臭くて食べられないと言う。
そして刺身で出せるのは今日明日ぐらいで残りは干して食べるとの事。生で食べられるなんてなんと言う幸運。
それがこれ!
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263452.jpg
うわー、なんと言う歯応え。ミル貝好きのボクの好みにぴったりの貝。
きれいな馬刺し。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263442.jpg
鮃のエンガワの昆布〆。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263429.jpg
鯵。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263471.jpg
甘エビ。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263372.jpg
マグロ。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263200.jpg
大将がカウンターの花瓶からアジサイを抜いて「今からこれば揚げるけんね」。
アジサイの花の天ぷら!
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263365.jpg
その前にオコゼの唐揚げ。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263309.jpg
うひー、ブリブリホクホクしとる。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263389.jpg
破竹に豚肉と馬肉をブレンドして詰めて、蒸してトマトソースとチーズを乗っけて焼き上げる。
こんなもんどうやって思いついたんやろか?
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17263461.jpg
あーこれめちゃくちゃ旨い。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17354406.jpg
アジサイの花が揚がった。
茎の苦みがたまらない大人の味。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17354593.jpg
ここらで、いつもの〆、高菜巻きおにぎりをお願いする。
土鍋ごはんをフワッと握って佃煮を入れ、青高菜の葉で包む隆盛名物。
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17354654.jpg
やっぱり恐るべし隆盛の世界_b0049152_17354679.jpg
やっぱりすごい隆盛。
でも大きな変化が。
いつもカウンターの奥に座って元気に笑われていたママさんが昨年の3月に亡くなられたという。
いつもの席にはにっこりほほ笑んだ姿の遺影が飾られていた。
数年前に体調を崩されて、一旦復活された時には変わらずにも大きな声で「あらー、てんもりちゃん。あんたいっつもヨカ時に来るねー」と変わらずに可愛がってくれた。
ときにはママさん手作りのカレーやスープやお握りを冷凍便で送ってくれた。
晩年はコロナで、毎年行っていた海外への食べ歩きにも行けずに残念でした。
大将もひとりで寂しそうで、そういう状況なので今は予約が入った時に営業していて、飛び込みのお客さんは断わられているらしい。
ママさん、ありがとうございました。まだまだ大将が頑張るかぎり通いますのでよろしくお願いします。
:隆盛は完全予約制です。

# by tenmorimori | 2022-06-29 17:51 | 隆盛 | Comments(0)

鮨大前 

有楽町のガード下に鯖の旨い店がある。
鮨大前 _b0049152_18494745.jpg
鮨大前 _b0049152_18494744.jpg
鮨大前は東京にありながら青魚、特に鯖美味いと評判の店。
たまちゃんたちが食べに行ってるのを見て行きたいとコメントしたら誘ってくれたので東京に飛ぶ。
カウンターのみの店で夜は2回転の予約制。
いつものお仲間とカウンターにみっちり座る。
白魚から開始。
鮨大前 _b0049152_18494862.jpg
名物鯖の食べ比べ。
瀬戸内海の鯖と佐世保のハーブ鯖。
瀬戸内の天然鯖はこりっとした歯ごたえ、佐世保の鯖は養殖なのでさすがに脂がのって身が白い。
鮨大前 _b0049152_18494812.jpg
鮨大前 _b0049152_18494869.jpg
東京でこんな生の鯖が食べられるなんて、たまらんなー。
鮨大前 _b0049152_18494636.jpg
博多ではまず見ない、大きな腹身の胡麻鯖。
鮨大前 _b0049152_18494681.jpg
たまちゃんが頼んだ白身の魚(名前忘れたww)を獺祭の酒粕に漬けたもの。
鮨大前 _b0049152_18494677.jpg
卵を抱えてないハタハタを頭からバリバリ。
鮨大前 _b0049152_18494611.jpg
大きな岩牡蠣は口の中いっぱいになる、うめーなー。
鮨大前 _b0049152_18494743.jpg
さて握りが始まる。
天草の小肌(九州ではこのしろと呼びます)
鮨大前 _b0049152_19013529.jpg
瀬戸内の生鯖。
鮨大前 _b0049152_19013559.jpg
鯖の腹身、だったと思う(時間が経って記憶が曖昧ww)
鮨大前 _b0049152_19013431.jpg
北海道の鰯。
鮨大前 _b0049152_19013405.jpg
鰹。
鮨大前 _b0049152_19013489.jpg
多分鯖の巻物。
鮨大前 _b0049152_19013540.jpg
穴子で〆。
鮨大前 _b0049152_19013585.jpg
この日の一組目だったので、店を出たのはまだ8時前。
近くのカラオケに突入。
あー美味しかった、楽しかった、ご一緒していただいた皆様ありがとうございました、また遊んでください。

# by tenmorimori | 2022-06-28 19:09 | 祭り・イベント | Comments(0)