ちゅらかじとがちまやぁ

山原そば

今日は北部。やんばるへ来たからには、以前閉まっていた「山原そば」へ行く
b0049152_23455244.jpg
















名護からひとやま越えて古い木造の白い建物はすぐ分かる。
丁度昼時でほぼ満席。こんな山奥なのにさすが有名店である。
ソーキと三枚肉とで悩んだが、結局三枚肉そばにする。我部祖河食堂と味のベクトルが
良く似た味付け。ここもやっぱり肉の味付けが「あじくーたー」で好みではない。
麺とスープは旨いので、かけそばが有ったらなぁー・・・あくまでも個人の好みです。

b0049152_2346995.jpg


本部町伊豆見70-1
11:00~16:00売り切れ仕舞い
0980-47-4552  月曜・火曜休
# by tenmorimori | 2004-12-16 23:45 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

今は無き、南京食堂

4月に沖縄に来て、コザのゲート通りを通っているときに見つけた「南京食堂」。白い壁に赤い文字で南京食堂と書かれた外観にただものではないオーラを感じた。
b0049152_195628100.jpg

それから、いつか行こうと思っていたが、時間が合わなくて7月にやっと入店した。
b0049152_20149.jpg

上海生まれの小柄なおじいさん一人で切り盛りされていて、古いが清潔な店内だった。
b0049152_19581873.jpg

小龍包が名物なのだが、一人だったので大好きな酸らー湯と炒飯をたのんだ。
b0049152_2002615.jpg

酸らー湯スープは酸っぱ辛くてとても旨い。炒飯は卵使いが絶妙でこれぞ老練の技とうなってしまうほど。勘定を済ませていると「在庫が無くなったら店を閉めます」との衝撃発言。
来といて良かったー、これはぜひ小龍包を食べに来なければと思った。
そのとき2ヶ月後ぐらいに締めますと言われていたのだが、2週間後くらいに数人で訪ねると明後日くらいに終わりと聞かされた。ショックだった、と同時に間に合って良かったなーとみんなで喜んだ。
b0049152_208047.jpg

b0049152_2081519.jpg

b0049152_2083165.jpg

小龍包、高菜炒め、卵とえびの炒めその他いろいろ頼んで食い尽くす。
小龍包はもちろん、卵とえびの炒めは驚嘆の味だった、卵はあくまでもふわぁーっとしてえびはプリプリ、塩加減と火加減の芸術作品のようだ。
これらが無くなるのかー、料理が旨ければ旨いほど残念無念の思いが胸に沈殿する。
かつては奥さんと2人で切り盛りされていたらしいが、今ではひとり。
体力的に持たないのだろうなー、なんでも、息子さんはアメリカに居るので店の後継ぎは居ないらしいのだ。最後に食べられただけでもラッキーなのだろう。
b0049152_20161335.jpg

最後におとうさんと記念撮影をして店を出た(食いすぎて腹がいつも以上に出ている)
いつまでも元気で、孫や家族に上海料理を作ってあげてください。ごちそうさまでした。
# by tenmorimori | 2004-12-15 20:18 | しかまんけぇ | Comments(8)

源治そば

b0049152_1153350.jpg那覇市の中心部に近い那覇中学の裏にあり、店の前面には「納得のいくスープが出来ない場合は営業しません」と仰々しく書いてあるかなり気合の入った店。
以前から通るたびに気になっていたので食べてみることに。
店内は広く、民家風の落ち着けるそば専門店である。





メニューは沖縄そば、ソーキそば、ゆしどうふそば、かけそばといなり、じゅーしーのみ。
かけそば350円があるのがうれしいが、沖縄そば500円を注文する。
b0049152_11152062.jpg

インパクトのある見た目である。薄切りの三枚肉をズラーっと敷き詰め、島ねぎの小口切りと白ねぎの細切りがトッピング。
島ねぎはくせが強く、ニラと間違うくらいににおいが強いので、白ねぎが混ざる事によってお互いが美味しく感じる。上手い組み合わせ。
麺は大好きな亀濱製麺。スープは鰹を押さえ、昆布の旨みを強調したスープだ。
肉の味付けも好みで、スープも熱々でズミっ!
追記:スープには天然にがりが入っていて、痩せるそばとしても密かに人気。

那覇市若狭3ー2ー24
若狭大通り、那覇中学校真裏
11:30〜20:00頃 売り切れ仕舞い
火曜日休
# by tenmorimori | 2004-12-14 11:01 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)