ちゅらかじとがちまやぁ

アワセ スペシャルサンド

昨夜はCooさんと那覇で焼肉「五割安」。久しぶりの焼肉で旨かった。その後Cooさんは紀ノ川へ行ったらしい。
今日はアワセ メドウズ ゴルフコースのレストランで昼食。
b0049152_16213741.jpg

なぜかCooさんも一緒。金曜日なのでフライデースペシャルメニューがあった。ボクはビーフのソテー、Cooさんはデイリーサンドイッチスペシャルのローストビーフをセレクト。まあ写真をご覧あれ、これで4ドル余り
b0049152_16215473.jpg

# by tenmorimori | 2005-02-25 16:22 | アメリカンフード | Comments(0)

泊 県漁連市場

全てのメニューに、まぐろの中落ちが皿いっぱいにサービスされるという「まぐろ食堂」へ行った。泊の県漁連市場の中にあるのだが、なぜか休み。がっくしである。
b0049152_163171.jpg

b0049152_164158.jpg

b0049152_1683164.jpg

しかし、市場内は面白い。昼の時間は競りも終わり、一般客相手の小売が行われていた。中でも驚いたのは30cm×30cm×50cmくらいの二等辺三角形の巨大イカみみで、一人の客が20枚近くあるそれを全部買っていた事、おまけにその値段が全部で500円だった事。
まぐろの目玉だけが売られている。目の周りの肉が旨そうだ。
b0049152_1675680.jpg

皮をはがれたアバサー(はりせんぼん)
b0049152_1692268.jpg

b0049152_1694015.jpg

まぐろ食堂は次の楽しみにとっておこう
# by tenmorimori | 2005-02-24 15:57 | しかまんけぇ | Comments(2)

愛と青春の旅だち〜ギルバート・グレイプ

前回の帰福のおり、WOWOWのデコーダーを持ってきた。引っ越してから1年近く経ってやっと持ってきたのだ。アカデミー賞の中継も近いので、最近のプログラムは過去の受賞作が多い。昨夜は「愛と青春の旅だち」、原題は「An Officer And A Gentleman」を観た。
公開当時は邦題を見て引いてしまい、後からビデオで観た。リチャード・ギアが演じるザック・メイヨが教官から退学を迫られ「俺には行くところが無いんだ」と泣き出すシーンでボクもぼろぼろ泣いたのを憶えている。それから何度か観て、昨夜は久しぶりにWOWOWのきれいな映像で新たな感激を味わった。やはり好きな映画は何度観ても良いし、違った観方も出来る。ていねいに作られた映画は飽きない。

今朝、早く目が覚める。どうも最近早く起きてしまうが、まあ本を読んだり、DVDを観たり有効に使えるので良いのだが、昼間眠たくてしょうがない。
で、朝から「ギルバート・グレイプ」を観た。この映画も好きで何度も観た映画だ。
ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス等々役たちのキャラクターが非常によく出来ていて、若手俳優たちも生き生きと演じている。
障害者の弟(ディカプリオ)、凄く太った母親、不倫相手の人妻、トレーラーハウスでアメリカを旅行する祖母と孫娘、葬儀屋、やむなく商売替えをする友達、進出してきた大型ショッピングモール。これら日常の様々な出来事に翻弄され、イラつき、でも街から抜け出せない葛藤をジョニー・デップが見事に演じている。自閉症アーニー役のディカプリオも難しい役どころを演じきっていて、兄に対する思いや母親に甘える感情や旅行者の娘(ジュリエット・ルイス)への憧れ、障害者である自分に対する情けなさ、他の様々な感情の揺れを、当時十代であったろう彼が顔のちょっとした表情やしぐさでこれも見事に演じている。
母親の死後、兄妹がとった驚きの行動からハッピーなラストシーンに到るまでしんとした心で観られる映画です。音楽も大変よろしく、シーンにぴたっとマッチして、結構泣かされる。この映画からジュリエット・ルイスが好きになった。お勧めです。

どうでもいいけど、ダイドーコーヒーのCMの常盤貴子は変だ
# by tenmorimori | 2005-02-23 07:12 | Films | Comments(1)