ちゅらかじとがちまやぁ

武蔵屋 豚骨ラーメン

札幌でだるま軒のラーメンが食べられなかった事が、今になって悔しくなってきた。
そこで、かねてから目をつけていた「武蔵屋」と言うラーメン屋へ行く。
b0049152_18552143.jpg

入店してから聞くと、醤油豚骨ですとの答え。少々出鼻をくじかれたがラーメンを注文。
見るからに“ど”とんこつ。濃厚な豚骨スープが匂い立ち、うまそうだぞと思いスープを啜る。
b0049152_18545297.jpg

濃厚かつクリーミー、お好きな人にはたまらない味。博多でもそうそう味わえない濃厚とんこつ「元気いっぱい」に似ている。最近のはやりなのかな。
麺が凄い、沖縄そば麺と見紛うばかりのごん太麺。ラーメン界の大東そばと命名してもOK
# by tenmorimori | 2005-01-05 18:46 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

楽園へ帰る

b0049152_2057460.jpg
最終日、10時半の便なのでゆっくりできない。ピキっとした冷気には名残惜しいが、札幌を後にする。



















b0049152_2058885.jpg

b0049152_20582265.jpg

早めに着いたのでゆっくり朝飯を食べる。空港内には実物大のクラシック飛行機の数々が展示されている。
b0049152_2104433.jpg

b0049152_20592247.jpg

話題の空弁新千歳オリジナル、生ハムの握り。これも食べたい物のひとつだった。
生ハムの塩気が酢飯に良く合っている。
b0049152_2145773.jpg

モノクロームの世界から・・・・・
b0049152_2115081.jpg

約4時間飛ぶと原色の世界へ。頭がクラクラしそうだ。
b0049152_2125447.jpg

家に帰り、晩飯はいくら丼
b0049152_2153835.jpg


北の食材の豊富さに圧倒された旅だった。一番旨かったのはヂンギスカンに決まり!
# by tenmorimori | 2005-01-03 20:54 | てんたびめん | Comments(6)

小樽海猫屋 一国堂

六時に起きる。目当ては市場の朝食。最近の二条市場は、観光客が遠のいているとタクシーの運転手が言ってた。今日の朝食は札幌場外市場で食べる。
縞ほっけの炭火焼き、かに汁、生うに丼。最強の朝食である。縞ほっけは真ほっけより大型で脂ののりがよく、地元の人は縞ほっけの方が旨いと口を揃えて言う。
b0049152_18263774.jpg

b0049152_18265367.jpg

b0049152_1827562.jpg

さすがに旨い、ほっけは福岡あたりの北海道うまいもの市なんかで売っているものとは全然違う。うには、蝦夷ばふんうに、甘みと風味は陶然とするほどだ。
史上最強の朝食!あー満足満足。

すっかり満足して札幌駅へ向かう。小樽近郊に住む知人を十数年ぶりに訪ねるのだ。
札幌を出てしばらくは住宅地と農地の間を進むが、小樽に近づくと右手に海が広がってくる。沖縄とは違う鉛色の海。雪が斜めに降り、海鳥が風に逆らって飛ぶ演歌の世界。
列車はすっかり凍り付いていた。
b0049152_18352999.jpg

b0049152_18354377.jpg

久しぶりの小樽駅は、駅前の様子も含めてあまり変わってない。運河近くの海猫屋まで歩く。ここは、村松友視の「海猫屋の客」などで有名になった店。小樽運河の人力車観光のコースになってるみたいだ。ここ数年小樽の先の余市に別荘を持つ椎名誠のエッセイによく出てきて、カレーが旨いと書いてある。
なるほど、店内は古い建物を改造していい雰囲気に、いい具合に古びている。

b0049152_1841157.jpg

カレーと、塩辛とバターで食べるポテトを頼む。待つ間、サッチモとエラ・フィッツジェラルドの軽妙な歌を聴きながらぼんやりと深煎りのコーヒーを飲む。「エラ アンド ルイ」は若い頃の2人の競演アルバムで、ジャケット写真も若い。(実家に三枚組のLPレコードがあるのだ)特にエラの歌声は張りと艶があり、全盛期の美空ひばりを彷彿とさせる。
b0049152_18512764.jpg

b0049152_18514232.jpg

じゃがいもがうめーなー、バターはもちろん、イカの塩辛が抜群に旨い。
カレーは辛くて旨いのだが、思ったほどではなかった。
海猫屋は本日が今年の営業開始。今年一番目の客はボクなのだ。

しばし、運河を散策して小樽駅へ、ひとつ先の塩谷という処へ知人♀を訪ねる。
b0049152_18554975.jpg

b0049152_18562094.jpg
b0049152_1857592.jpg

久しぶりの再開に、あんな話しこんな話し、すでに夕暮れは近い。小樽に戻る。
b0049152_1735451.jpg

小樽駅から札幌に、ホームの立ち食いそば。北海道はそばも旨いんですよねー
濃厚出汁のスープに香りが強い茹で置きそば。鼻水を流しつつそばをすする
b0049152_173755.jpg

札幌最後の夜は粛々と過ごす。
最後にラーメンをもう一杯、が、主な店は明日くらいまで休業なので、どっか開いてるだろうと札幌駅前までぶらぶら歩き、一国堂と言う新進の店を発見。
b0049152_14253640.jpg

醤油ラーメンを頼む。最近のトレンドなのか、この店の醤油ラーメンは豚骨醤油だった。
背脂が浮かぶ自分の中では苦手なタイプだったが、スープをひとくち啜ってみると、意外とあさりしている。札幌と言う土地柄なのか、豚骨と言ってもドロっとはしていない。
b0049152_1512737.jpg

食べ進むうちにどんどん美味しく感じてくる、加速度ラーメンだ。しかももたれない。
もう一杯食えるなーと思ったが、自粛。コンビニを覗いて帰る。
地方のコンビニには意外と面白いものが売っている。このカステラなんかも札幌ではむかーしから売っているんだろう。総裁賞受賞と書いてあるが、何時の事なんだろう。
部屋に帰り、濃厚な飲むヨーグルトと一緒に食べると実に素朴に美味しかった。
b0049152_153478.jpg

# by tenmorimori | 2005-01-02 18:18 | てんたびめん | Comments(8)