ちゅらかじとがちまやぁ

淡すい

今日はすばが食いたい。会社の近く、南部の人気店「淡すい」へ。
b0049152_1321783.jpg

ここは超こだわりの店で、無化調はもちろん丼も特注のセラミック丼で、そばが冷めにくいらしい。肉の調味の際も波動塩なるものでアクを取り除いているとの事。
そば(小)とじゅーしーを注文。ここのそばは毎日食べてもいいくらい、なるほどあっさりしていて、出汁がしっかり底を支えている。細めの自家製?麺との相性も良い。内地の人が食べたら多少もさもさ感が有るかもしれないが、沖縄そばらしくて好きですこの麺。
b0049152_13242535.jpg

そばを啜っていると、横から椎茸のいい香りが漂ってくる。一緒に頼んだじゅーしーから匂いたつ。首里そばのじゅうしぃより、和風な感じで内地の炊き込みご飯に近い。
b0049152_13272990.jpg

折からの豪雨にもかかわらず、家族連れ、おばちゃんの一人客、会社の同僚同士・・・様々な客層でたちまち満員になる。

明日から、福岡の友人satoyanが、遊びに来る。沖縄の文化、食をどんな風に感じて“調理”するのか楽しみだ。メロメロにして帰してやろう。

沖縄すば専門店 淡すい
糸満市武富603-1
098-992-1302 11:00~16:00売り切れ仕舞い
定休 水曜日
# by tenmorimori | 2005-01-27 13:36 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

やんばるの弁当

好天のもと、久志~辺野古~東村~大宜味村~名護のルートを辿る。海沿いの道は海面がキラキラ光り、やんばるの森に入ると、濃い緑の中に真っ赤なはぜの木がアクセントになってきれいだ。初夏の陽気で、クーラーをときおり入れるほど。まだ1月なのに。
東村の海が見える山の中に弁当屋がぽつりとあった。自宅の庭先におばちゃんの楽しみでやってるような弁当屋。ひとつ買う400円。

b0049152_16351726.jpg

それから大宜味村に向かう途中で小さな物産館があり、島らっきょうの漬物が200円で売ってた。塩屋湾口の塩屋漁港防波堤に座り込み、弁当をつかう。ぽかぽかいい天気で弁当が事の外旨い。辛子菜の炒めもの、ぱぱやーしりしり、ナポリタンスパゲティ、飯のうえには豚の生姜焼き。自家製の島らっきょうがぴりりと旨い。
b0049152_1634368.jpg

# by tenmorimori | 2005-01-25 16:36 | しかまんけぇ | Comments(0)

小ねた とんかつ太郎の漬物

沖縄のそばチェーン店「鶴小(ちるぐぁー)」系列のとんかつ屋さん。
とんかつもまあ旨いのだが、ここに行く理由は漬物が美味しいからだ。キャベツ・大根・きゅうり・にんじん・鷹のつめを浅漬けにしたもので、食べ放題。書いてるとまた食べたくなる。
b0049152_1621465.jpg

# by tenmorimori | 2005-01-23 15:54 | てんたびめん | Comments(2)