ちゅらかじとがちまやぁ

<   2019年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

札幌大通西 魚彩酒家またつ

こちらも北の名店「魚彩酒家またつ」。
札幌に来たときは必ずコースに入れる、旅の行程が決まったらすぐ予約を入れる。
そして今回も新千歳空港から直行。
まずは出されるお通しを見るとまたつに来たなぁって実感する。今夜はどんなワクワクを感じるのだろう。
b0049152_19023409.jpg
蛸。
b0049152_19023451.jpg
ホタテの塩辛。
b0049152_19023512.jpg
北海縞海老。
b0049152_19023537.jpg
そして出鼻をガツンと責められるような雲丹の茶碗蒸し。
卵液の中には熱の入った雲丹、そして蓋をするようにエゾバフンウニがこれでもかと。
熱の入った雲丹と生の雲丹のコントラストが、これがもう絶品で・・・・
b0049152_19023598.jpg
刺身盛り。
b0049152_19023566.jpg
大好きな活北寄貝。
b0049152_19023553.jpg
時鮭(ときしらず)
b0049152_19023698.jpg
あおやぎとホタテ。
b0049152_19023616.jpg
蝦夷アワビの肝のきれいな事。
b0049152_19133333.jpg
活ボタン海老。もぞもぞ動いてます。
b0049152_19160572.jpg
焼き物はキンキ。これはこれは、北の魚の脂の乗り方は九州の魚と全然違う。
b0049152_19133482.jpg
またつには、季節ごとに北海道中から旬のものが届く。
b0049152_19133498.jpg
毎回これが楽しみで楽しみで。
個人的にまたつの宝船と密かに呼んでいる松前蒸し。
b0049152_19160628.jpg
アワビ、海老、貝類からはもちろん、下に敷かれた昆布からも存分に出汁が出ていて蒸されて熱々の器の角から最後の汁まで飲み干す。
親父さんがカウンターの中でなにやらカシャカシャと何かの殻をむく音が聞こえる。
そして出されたのは北海道の大きな甘海老の天丼!
あー美味い、これは美味い。
b0049152_19133408.jpg
その甘海老の頭をたっぷり使った味噌汁。濃厚!
b0049152_19133440.jpg
b0049152_19133302.jpg
デザートはあまおうとカベルネ・ソーヴィニヨンのシャーベット。
b0049152_19133321.jpg
はぁ~~~、今回も素晴らしい味体験。
次はいつ来られるかなぁ、出来たら次の冬に来たいなぁ、ご馳走様でした。

by tenmorimori | 2019-07-30 19:28 | 北の国 | Comments(0)

札幌琴似 寿し江草

札幌のあわださん超お勧め。琴似の駅近くのビルの中の目立たない立地にある「寿し江草」。
昨年も連れて来てもらったので楽しみ楽しみ。
今回は北海道の人気インスタグラマーcoba_cobacoさんも一緒に。
お任せで大将の料理と握りに身をゆだねる。
まずは、蛸の頭と北海縞海老。
b0049152_19014711.jpg
鰹。
b0049152_19014773.jpg
鮃のカルパッチョ風。
熟成具合がたまりません。
b0049152_19014753.jpg
ここで握りが。
鯵。
食べてびっくり!今まで食べて来た味の握りの中でいちばんかもしれん、うっまぁ~~~。
鯵特有の臭みが皆無で爽やかな青魚の身の香りってこんななんだ。
b0049152_19033235.jpg
そして網で獲られたという鮪の赤身。
ねっとりと旨い。
b0049152_19014849.jpg
同じ鮪の中トロ部分かなぁ、これほどまでに味わいが違うなんて。
b0049152_19014810.jpg
烏賊の沖漬けと塩辛のハーフアンドハーフ。こりゃ絶対日本酒だなぁと思いながらお茶を飲むww
b0049152_09560638.jpg
塩雲丹。
これも日本酒だなぁ。
b0049152_19014882.jpg
蟹と蟹味噌。
b0049152_19014972.jpg
甘海老。
b0049152_19014933.jpg
塩鱈子。
b0049152_19162858.jpg
太刀魚の焼き。
b0049152_19162932.jpg
蒸し鮑に雲丹と出汁のジュレ、うひぃ~~~!
b0049152_19162990.jpg
2種の雲丹とイクラのミニ丼、うひひぃ~~~~!
b0049152_19162996.jpg
穴子に卵でお終い。
b0049152_19162986.jpg
b0049152_19162993.jpg
追加で是非食べたかった鯖。
b0049152_19163034.jpg
小肌。
b0049152_19163006.jpg
これで12,000円って安くないですか?
満足満足大満足、今度は冬に来たいなー
あわださん、coba_cobacoさん、ありがとうございました。

by tenmorimori | 2019-07-23 19:20 | 北の国 | Comments(0)

バズる予感 琉球麺茉家の鶏そば

以前日替わりで出したら好評だったのでグランドメニューに昇格した鶏そば。
鶏を軽く下茹でし、特製のタレに漬け込んでピパーチを使って焼かれた鶏が軟らかくて美味しいのだ。
水菜と共にたっぷりと盛られている。
b0049152_08265438.jpg
で、茉家は純粋にスープと麺を味わうために具は別盛。これが汁麺好きにはたまらない配慮。
うっかりすると美味しくてそばだけノンストップで食べてしまいそうになる。
b0049152_08265347.jpg
実は何気なく添えられた、店主特製の漬物が美味しい。
b0049152_08265419.jpg
小ライスをもらって鶏と水菜を乗っけて鶏のたれをかけて鶏丼。うっめぇ~~~~。
b0049152_08265482.jpg
炙りソーキに引き続き、新たな茉家の名物になる予感がひしひし。

by tenmorimori | 2019-07-17 08:34 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

夏の積丹半島 赤うに丼を食べに行く

2年前から夏には必ず積丹半島に行く。
なぜなら6月から8月のみ食べられる蝦夷馬糞雲丹の赤うに丼を食べるため。
b0049152_19293379.jpg
今年も札幌在住のあわださんに予約してもらっているので、道中の店の大行列をしり目に余裕のドライブ。
うに膳屋積丹本店。
ボクは年に一度の贅沢、赤うに丼の特上。今年は8,000円くらい!
b0049152_19293552.jpg
もう、とろけて臭みゼロで最高の甘味のみを残して溶けていく。陶然とするなぁまた来年も食べられますように。
あわださんはカニと赤うに丼。
b0049152_19293353.jpg
ちほさんはムラサキウニとの2色丼。
ムラサキウニも美味しそうだなぁ。
b0049152_19293446.jpg
いやぁ~~~、3人とも大満足で、来年の再訪を誓って店を出る。
帰り道、あわださんのナビで美国のやましめ番屋に寄る。
百年以上前に建てられたニシン漁の番屋がそのまま残りその一部がカフェになっているのだ。
b0049152_19293316.jpg
b0049152_19293329.jpg
b0049152_19293475.jpg
岩のりのお握りとヘラ蟹の味噌汁。
高級品の岩のりは一枚1000円近くする。
ヘラ蟹の味噌汁は、もう匂いからして濃厚な蟹出汁。うめぇーなー。
b0049152_19293470.jpg
b0049152_19293438.jpg
このあとすごく眠くなりあわださんに運転を代わってもらって目が覚めたら小樽に着いていた。
ものすごい数の観光客がわらわら歩いている中ルタオパトスへ。
昨夜から魚介類が続いていたのでケーキ的なものが食べたいというボクのリクエストで連れて来てくれた。
テンションが上がったボクは有名なドゥーブルフロマージュ。
これがもう想像をはるかに超える美味しさだった。
b0049152_19293489.jpg
この行程に付き合ってくれたちほさんはこのあとお腹を壊したらしい、ごめんなさい、お付き合いありがとうございました。


by tenmorimori | 2019-07-16 19:51 | 北の国 | Comments(0)