ちゅらかじとがちまやぁ

<   2018年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

赤坂こみかん 博多に新たな人気店の誕生

ぺんぎんあいりさんのインスタグラムで紹介されていた赤坂こみかん。
以前行ったもの凄く美味しい藁焼きみかんの姉妹店なので期待大大大!
折よく山下達郎のコンサートに行くので終演後に一人で行く。
b0049152_18460224.jpg
しかし遅い時間ながら満席だったが、携帯番号を言ってから連絡を待っているとほどなく席が空いたと連絡有り。
席は厨房を囲んでコの字型のカウンターの大将の前の特等席。
水出し玉露の入った冷緑茶を飲みながら大将の仕事ぶりを見る。
お通しは温かい稲荷寿司に目の前で山わさびを削ってかけてくれたもの。
温かいと言っても熱々だった。ジューシーで柔らかくて美味しいぞ。
b0049152_18460030.jpg
b0049152_18542844.jpg
大将のまないた。拓郎と言う名前はお父さんが吉田拓郎のファンだから。店内に流れる曲は吉田拓郎だ。
みんな注文しているコールスロー。
粒マスタードが鎮座するキャベツの塔だ。
b0049152_18460186.jpg
そしてこんなギミックが。
b0049152_18460160.jpg
刺身はイカと鯖をお願い。
b0049152_18460132.jpg
b0049152_18460181.jpg
鯖は軽く〆てある。
やっぱりレベル高いな。
この店は大将が天ぷらをつまみながら飲める店として開いたのがもともとのコンセプトらしい。
好きなネタを一品ずつ注文できる。
舞茸。
b0049152_18460256.jpg
餅。
餅の天ぷらは、手でのばしからすみを挟んで海苔で巻いて食べる。からすみの塩気だけでなるほどなるほどこりゃ旨い。
b0049152_18460269.jpg
穴子。
b0049152_18460213.jpg
このお店の大きな特徴は厨房の真ん中にでんと構えるおくどさん。
そこに特製の土鍋がしつらえてあって、2時間ごとくらいにご飯が炊きあがる。
b0049152_18542879.jpg
ボクはこの炊き立て土鍋ご飯目当てに鰻を注文していた。美味しいご飯を食べるためには抜かりはないのだ。
朝倉産の半養殖鰻の蒲焼。なんでも、養殖の池に筑後川の水を引き込んでいるらしい。
b0049152_18542891.jpg
これがもう美味しすぎて危うくご飯が炊きあがる前に食べてしまうところだった、危ない危ない。
炊きあがった。
大将がご飯が炊けましたー、食べる人!と言うとほとんどの人が手を挙げる。
b0049152_18542849.jpg
ほっかほかの銀シャリやぁ。
b0049152_18542909.jpg
乗っけるよねー。
b0049152_18542944.jpg
もうひとつの御飯の友は藁焼きみかんにも有ったオキアミと青唐辛子。
オキアミも青唐辛子も大好きなのでたまらんのです。
b0049152_18542974.jpg
豆腐も味噌汁も美味しい!
b0049152_18542940.jpg
メニュー構成からもちろん料理の美味しさ、大将の気配り目配り、スタッフの皆さんも若いながらもしっかりと大将の意志が伝わって気持ちの良い接客。
こりゃあ予約困難だわ。福岡恐るべし。

by tenmorimori | 2018-09-21 19:09 | 博多んモン | Comments(0)

久留米 松尾食堂のカツ丼と久留米のグルメ

久留米松尾食堂。
昭和6年創業。
b0049152_17025232.jpg
b0049152_17025215.jpg
なにも言うまい、機会がある方は時間を作ってでも行って食べてみて下さい。
最近は肉丼が人気でボクも食べたいが、やはりいつも食べてしまうのはカツ丼950円。
こんな美意識を持って作られたカツ丼が美味しくない訳がない。
タレの色は薄いが、しっかりと出汁が香る、ボクの当人比で日本一のカツ丼だ。
b0049152_17235695.jpg
b0049152_17025117.jpg
久しぶりに行って、七味が置いてあるのに驚き、客ごとに小さなヤカンで出されていた熱いお茶が廃止され、セルフのお冷に変わっていた。
店主の高齢化で閉店がささやかれていたが、こうやって工夫をしながらでも長く続けて欲しい。ご馳走様でした。
ペンギンあいりさんの投稿で矢も楯もたまらず津福に行ってみると祭日ながらも丸好が開いていた。
2時過ぎだというのに広い駐車場はほぼ満車状態。地元での人気の高さがうかがえる。
b0049152_17025121.jpg
b0049152_17025118.jpg
さすがにカツ丼と連食は出来ないので、あいりさんの写真で心を打ち抜かれた久留米焼きめしとここの名物ソース焼きそばを大事に持ち帰り。
沖縄に戻って、フライパンで蘇生してから食べるともう美味しいったらありゃしない。
b0049152_17030732.jpg
b0049152_17030770.jpg
今度は絶対にここの久留米ラーメンを食べよう!
もう一つ、いつも持ち帰る久留米荘のうどん。案の定ごぼう天は早くから売り切れ。
出汁のよく効いた甘いあげをトッピング。
b0049152_17030875.jpg
久留米のグルメは素晴らしい。

by tenmorimori | 2018-09-20 17:22 | 博多んモン | Comments(1)

Timeless Chocolate またまた美味しいメニューが登場

タイムレスチョコレートのFBにお知らせが。
なんと大好きなカカオ果肉のフローズンをベースにしてバナナとドラゴンフルーツをあしらったフラペが登場。
ブラジル産の100%のカカオ果肉100%に自家製ドラゴンフルーツのソースがマーブル状になって美しい。
そして飲んでみるとカカオ果肉とバナナの自然の甘味と酸味、そして香りが口から鼻に抜け白目になりそうだ。
これは傑作!
b0049152_16523596.jpg
無くなるのが惜しい。
b0049152_16523518.jpg
まだまだ暑い沖縄だが、空と風は秋色である。
b0049152_16523614.jpg
牛乳は一切使ってなく、巷に溢れるフラペチーノの凶暴な甘さはもうボクには受け入れられないかも。
b0049152_16523712.jpg


by tenmorimori | 2018-09-16 17:06 | おやつ | Comments(0)

琉球麺茉家 やっぱりやっぱり美味しいや

なかなか行けなくて久しぶりに行きましたよ茉家
見た目普通のソーキそばの麺を雲南百薬の麺に変えてもらう。
b0049152_16523696.jpg
スープをひとすすり・・・・・んん・・・旨い!
やっぱり美味しい茉家のスープ。
別皿のソーキ。
b0049152_16523618.jpg
試食させてくれた三枚肉の炙りが香ばしくてたまらんです。
b0049152_16523693.jpg
小ご飯にソーキをバラしてネギとピパーツと島唐辛子の一味にスープをかけて至福の1杯。
b0049152_16523764.jpg

by tenmorimori | 2018-09-16 16:57 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

食堂faidama(ふぁいだま)のもの凄い塩さば

魚焼きグリルが入って、そのメニューに焼き魚が加わったファイダマの定食。
前回の鰯の丸干しに続き、今度は茨城越田商店のもの凄い塩さば。
塩加減、焼き加減共にパーフェクト!
b0049152_17241869.jpg
身も厚くてふわっとしている。
b0049152_17241724.jpg
食べ慣れた九州の塩さばに比べて、きりりと塩のエッジが効いた味わいは関東の味。
前菜は、珍しいジーマミー豆腐の揚げだしとお浸しとカボチャと枝豆の和え物。
b0049152_17241876.jpg
ご飯もキノコのお吸い物もさすがに手抜かりはない。
b0049152_17241783.jpg
今日のメニュー。
b0049152_17241706.jpg
10月8日月曜日(祭日)にはこんなイベントがあります、こぞってご参加ください。
b0049152_17241865.jpg
食べログはこちら。

by tenmorimori | 2018-09-14 17:31 | 昼ごはん | Comments(0)

やきとり白鳥(スワン)の平日ランチ

福幸地鶏と言う美味しい地鶏の生産を始めた大谷明正さんの焼き鳥店「やきとり白鳥(スワン)」。
この地鶏は相当美味しいらしく、いつか食べに行きたいと思っていたところ、なんと平日限定でランチをやっているとの情報。
早速行ってみた。
かつては小禄の屋台から始まって久茂地川沿いの店舗から、現在は泉崎のバスターミナルの裏に店舗を構えている。
もう13年になるらしい、感慨深いなぁ。
そして注文したのは焼き鳥丼1,000円(税込・鶏スープ付き)
注文を受けてから焼いてくれるので熱々で香ばしい。
つくねとモモ肉とネギマは胸肉、それにハツとボリュームたっぷり。
b0049152_17190331.jpg
流石に美味しい福幸地鶏、食べに行った皆さんが絶賛するのは分かるなぁ。
グイグイと地鶏を噛みしめながらタレの絡んだご飯を食べる幸せ。
この焼き鳥丼は旨いっす!お勧めっす!
b0049152_17190387.jpg
ランチは平日の11時半から13時オーダーストップで14時まで。
他に焼き鳥膳1,500円、鶏塩ラーメン700円があります。
まかないチキンカレーは持ち帰りのみ500円。

by tenmorimori | 2018-09-13 17:34 | 昼ごはん | Comments(0)

ソムチャイの日替りBはイカの黒胡椒炒め

店に入り、今日のメニューの黒板を見て即注文。
リチャードさんの作るイカの黒胡椒炒め、聞いただけで美味しそう。
そしてそれはそれは美味しかった。イカは柔らかくプリプリしていた。
b0049152_17190395.jpg
b0049152_17190319.jpg
レギュラーメニューも食べたいが、やっぱり黒板に目が行ってしまう。
ソムチャイ


by tenmorimori | 2018-09-13 17:21 | 昼ごはん | Comments(0)

SEASIDE RISTORANTE

唐突に3月の記事。
UNOさんファミリーとシーサイドリストランテでランチ。
b0049152_18494742.jpg
b0049152_18494720.jpg
b0049152_18494657.jpg
b0049152_18494693.jpg
b0049152_18494639.jpg
b0049152_18494655.jpg
ハンバーガーやらステーキやらシーフードサラダやら。

by tenmorimori | 2018-09-12 18:51 | 昼ごはん | Comments(0)

旧盆明けの夜ひばり

旧盆明けの日曜日の夜はコーヒー屋台ひばり屋で開催される「夜ひばり」。
昼は出されないアルコール類と腕利きの料理人の屋台料理を楽しめる夜。
今回はカナダで修業し、スペインの店に呼ばれそしてその店の東京の支店で腕を振るう若き料理人。
b0049152_17313208.jpg
焼イカメシ。
予め炊いたご飯に海苔を巻きイカに詰めたもの。仕上げに焼かれて香ばしく仕上がる。
b0049152_17313366.jpg
ソースと青海苔と、一味マヨネーズ。あえて和風のタコ焼き風な味付け。
b0049152_17313187.jpg
神戸牛のステーキ。あまりの美味しさに一切れで満足できる。
b0049152_17313109.jpg
神戸牛のすき焼き。
b0049152_17313106.jpg
ポーチドピーチ。
b0049152_17313103.jpg
b0049152_17313235.jpg
b0049152_17313273.jpg
旧盆の時期に咲くげっきつの花がきれいだった。
b0049152_17313279.jpg



by tenmorimori | 2018-09-11 17:47 | 晩ごはん | Comments(0)

家飯いろいろいろいろ

家飯をまとめて
北海道から届いた岩のりをお握りにした。
b0049152_18302099.jpg
いつかの日曜日の昼、その岩のりを海苔段々弁当にして。
b0049152_18301983.jpg
北海道のちほさんから届いためちゃくちゃ美味しいトマトは色形によって味が全然違って、小さな粒トマトまで楽しく全部食べました。
シゼントトモニイキルコトトマト
b0049152_18302039.jpg
これしか思い浮かばなかった冷製カッペリーニ。
超美味しい。
b0049152_18301738.jpg
合わせるパンは宗像堂の、スタッフ自ら栽培する小麦の粒が入ったフォカッチャと黒糖とチーズのパンとプカプカプーカのソーセージ。
b0049152_18464436.jpg
b0049152_18464445.jpg
サブリナ。
b0049152_18464455.jpg
鹿児島県甑島の地魚さつま揚げがやっと届く。
b0049152_18301905.jpg
久しぶりにオムライス。
ケチャップはハインツを使い、ケチャップではなくデミソースをかけると思った以上にはハイカラな仕上がりになった。
b0049152_18301936.jpg
翌日、残った鶏肉を使って吉野のとりめし。
b0049152_18301920.jpg
前回食べた宗像堂のフォカッチャが美味しくて忘れられない。
ウチでホットドッグにした。残念ながらプカプカプーカの開店時間が遅かった日なのでスーパーでぶっといソーセージを買って。
これは旨いわぁ~~~。
b0049152_18424536.jpg
もちろんサブリナもね。
b0049152_18424412.jpg

by tenmorimori | 2018-09-10 18:51 | 家飯 | Comments(0)