ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:お取り寄せと旨い土産( 53 )

晩ごはんは風雲の持ち帰り餃子

風雲で久しぶりにネギラーメン。
b0049152_18213824.jpg
食べてる途中にふと思いついて、持ち帰りの冷凍餃子を(3人前24個1,000円)買って、今夜は博多一口餃子じゃい!
風雲の餃子は毎日手作りで仕込まれる本場博多に負けてない博多一口餃子なのだ、ボクは大好きなのだ。
ドーナッツ状に丸く並べてへんこ山田のゴマ油をたらーり注いで焼いて、真ん中にもやし1パックを茹でて盛る。
もやしには辣油と福岡の大明火鍋城の四川麻婆豆腐のペースト。
b0049152_18215222.jpg

by tenmorimori | 2018-08-06 18:25 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(0)

唐津一泊からの博多の食事と持ち帰りの数々

唐津の定宿「唐津第一ホテルリベール」。
ここは朝食が抜群に美味しくて、大浴場も有り快適。
唐津の名物川島豆腐、魚ロッケ、イカしゅうまい。
b0049152_18365524.jpg
鯛茶漬け。
b0049152_18365522.jpg
朝はゆっくりして、さて博多で何食べよう。
新天町の飛うめで天丼もいいなぁ。
b0049152_18365636.jpg
と思いながら博多駅の地下街で名代ラーメン亭のチャンポン。ここはしっかり煮込まれてくたっとなった野菜と、スープの旨みを吸いに吸った太麺が美味しくてここのファンは多い。
久しぶりでこりゃ美味しか。
b0049152_18365642.jpg
塩にぎりに激辛高菜を乗っける。
b0049152_18365606.jpg
博多の老舗和菓子店如水庵では、市内の各店舗を太鼓焼きキャラバンが巡回している。
この日は長住店だったので買いに行く。
店内で焼かれて、熱々が買える。黒あん白あん塩クルミあんを購入。
b0049152_18365510.jpg
さすがに餡が美味しい。
b0049152_18365742.jpg
b0049152_18365674.jpg
唐津の魚屋さんで買ったうなぎの蒲焼でうな丼。
レンジで温め、錦糸卵を敷き詰めたっぷりと山椒を振り掛けて頂きます。
この時点で沖縄本島で一番美味しいうな丼かもしれんってくらい美味しかった。また買って来よう。
b0049152_18365696.jpg

by tenmorimori | 2018-06-27 18:48 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(2)

沖縄で福岡の旨いもん

日曜の夜は福岡で買ってきた英ちゃんうどん牧のうどんのかしわ弁当。
英ちゃんうどんのごぼう天は拍子木タイプで食感が楽しめる。
スーパーで買った丸天をプラス。
b0049152_09484334.jpg
ぎちぎちのかしわ飯。
b0049152_09484462.jpg
月曜の夜はふきや竹下店で買ってきたミックスモダン玉。
ふきやの中でもこの店が一番通ったかもしれん。博多店にないモダン焼きがある、そしてわさびマヨネーズがあるのもこの店の特徴。
粘度の様なソースと、対照的にさらりとしたオリジナルマヨネーズ。
ネギを乗っけて、四国吉野川の天然青海苔をパラリで美味しかぁ~~~。
b0049152_09484405.jpg

by tenmorimori | 2018-04-17 11:09 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(0)

博多の種おでん

福岡出張のついでにおでんの種を買い出ししてきた。
柳橋連合市場の中にある「高松の蒲鉾」でいろいろ仕込む。
餃子巻はもちろんの事、焼売巻きや銀杏串、ウズラ串、角いわし、里芋巻き、自家製がんも、飛龍頭等々。上の段の真ん中にある白っぽい丸天は吉塚商店街平和蒲鉾の唐辛子天。
b0049152_17141270.jpg
b0049152_17141234.jpg
餃子巻とウィンナー巻。
b0049152_17141221.jpg
銀杏串。
b0049152_17141262.jpg
焼売巻き。
b0049152_17141331.jpg
具によって練り物の種類が使い分けられており、色んな食感が楽しめる。
一緒に煮込んだめメイクィーンが美味しかったなー。

by tenmorimori | 2018-01-23 17:22 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(0)

津奈木町「このみ漬」第二弾 このしろ炙りバジル丼

このみ漬のメニュー第二弾は軽く炙ってまたまた丼に。
スーパーで新生姜を見つけて、思いつきでバジルを買って散らしたらこれが大ヒット。
炙ったこのしろは香ばしくなり、旨味がギュッと濃縮された感じにバジルが合います。
魚肉ソーセージに見えますが(笑)新生姜の茎のスライスです。
b0049152_08300498.jpg
地域で取り組んでおられるつなぎスローフードのフェイスブックページはこちら。


by tenmorimori | 2017-12-15 08:32 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(0)

熊本県津奈木町 「このみ漬」が旨い

福岡の友人森千鶴子さんは、ライターをやっていて最近は熊本県の八代のもっと南下した津奈木町に通っている。
森さんのFBで見かけた「このみ漬」なるものがとても美味しそうで気になっていた。
津奈木漁港で揚がる獲れたてのこのしろを新鮮なうちにさばき甘酢に漬けたもの。小肌の成長したやつですね。
先週末に福岡に帰る用事があって、なにげなくFBを見ていると森さんが津奈木町に行っているではないか、ダメもとで買ってきてもらいたいとお願いしたら丁度森さんが戻る日に受け取りが出来るタイミング。
そんなこんなで、このみ漬は空を飛んで沖縄にやって来た。
もともと小肌の握りは大好きなので、どうやって食べようかと考えてこのしろを贅沢に敷き詰めた丼にした。
ご飯は気合を入れて青森の特A米「青天の霹靂」の新米。
気合を入れたので見事なまでにふっくらと炊きあがった。
炊き立てをすし桶に広げ寿司酢を混ぜながらうちわで水分を飛ばしつやを出す。
小さめの丼にごはんをよそい、四国吉野川の青海苔を敷く、そしてこのしろを放射状に並べて前夜にへんこ山田の女将に貰った柚子の皮をおろして散らす。
本当は中心にはガリを置きたかった。
味はもう完璧!
食べながらにやにやして一人で「旨いなー旨いなー」って言葉が出る、気色わるっ!(笑)
b0049152_10260953.jpg
このみ漬は塩加減も酢加減も優しくて、このしろの身が甘い。生でも美味しいが、こりゃ炙ったら美味しいだろうな。
これだけ使ってもあと半分ほど残っている。これで1パック480円って安いなぁ。
b0049152_10260955.jpg
原材料はこのしろと塩と酢、砂糖、生姜のみ素晴らしい!
b0049152_10261045.jpg
送料がかかるけどこちらで取り寄せ出来ます。
つなぎ物産館 グリーンゲイト

by tenmorimori | 2017-12-13 17:53 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(0)

沖縄以外のいろいろ美味しいもん

楢崎商店の青唐辛子明太子。
青唐辛子好きとしては素通りできなかった。
青森でたっくさんからお土産に頂いた青天の霹靂があまりに美味しかったので今年の新米を取り寄せた。
青天の霹靂は青森県で初めて特A米に指定されたブランド米。
b0049152_09010098.jpg
旨い米には旨い漬物。
博多東部の古くて今でも賑わっている吉塚商店街の八百屋さんで買ってきた白菜の漬物。
これが美味しい!白菜の素性が良いのか漬け方が良いのか、多分のその両方だろう。
美味しくて醤油が要らないくらい。
b0049152_09005979.jpg
はぁ~~~、幸せ。
東京で聖子さんに会った時に頂いた千駄木腰塚のコンビーフ。
そのまま食べても美味しいが、独り暮らしには量が多いのでいろいろ作ってみた。
コンビーフ丼。
b0049152_09010014.jpg
牛肉なので、やや甘めの味付けにして築地丸山海苔店で買ってきた四国吉野川の青海苔をトッピング、これが素晴らしく美味しい。
コンビーフとニンニクだけの焼きめし。黒胡椒を結構大量に使う。ここでも青海苔がいい仕事。
b0049152_09005894.jpg
浅草の老舗パン屋さん「ペリカン」の食パンが買えたので、ウチに戻ってサンドイッチ。
今話題の行列のできる食パン専門店乃が美の食パンより好き。
b0049152_09191247.jpg
コンビーフと一緒に頂いた羽二重団子の猫最中(ねこさいちゅうじゃないよ(笑))。
b0049152_09192805.jpg
コザのゲート通りソーセージTESIOのソーセージ。
太いのがヴァイスヴルストというノースモークのドイツソーセージ。
ドイツでは茹でて皮を剥いて食べるのが普通らしいが、フライパンで焼いてパリッとした皮も楽しむ。
テシオで分けて頂いたカレーケチャップをかけて。細いのはイエラムサンタマリアを使ったチョリソー。
b0049152_09005915.jpg
チョリソーは鍋の残り汁で作った雑炊にも入れてみた。
茹でたチョリソーも美味しい。
b0049152_09005923.jpg


by tenmorimori | 2017-10-30 09:33 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(2)

誠平の新作 カリビアンバターとレモネード

やんばるの仕事終わりにふらりと誠平に寄ったら何やら見慣れぬ瓶が目に付いた。
あのリリコイバターの瓶に青緑の物体が詰めてあるのだ。
新しい誠平のバターだ。その名もカリビアンバター。
この色は最近スーパーフードとして名高い藻の一種スピルニナの色だという。
原材料は、シークヮーサー、パイナップル、ライム、ココナッツ、ブルーベリー、生花、きび糖、卵、バター、スピルニナ。
試食して美味しかったので一瓶購入。
b0049152_18015672.jpg
そしてもう一つ、今まさに厨房で出来上がったばかりのコーディアルレモネード。
まだラベル貼りも終わってない瓶に詰めてもらった。持つとまだ熱々の状態。
ラベルは金井さんの長男カミュの絵が使われるらしい。
b0049152_18015683.jpg
b0049152_18015952.jpg
ソーダ水で割ったら旨いのなんの、もうすでに無くなりかけている。
この日の1週間前くらいに那覇のイベントで残ったバターサンドを食べさせてもらった。
作られてから1週間を超えて、ラムレーズンの香りがバターに行きわたり、一番おいしい食べごろだそうだ。
表面のサクサク感は残っているが、クッキーは微妙にしっとりしていてバターの濃厚な旨味がねっとりと舌を包む。
これは美味しい!
b0049152_18015891.jpg
誠平からの帰り道、こんな広場が。
かかしはまだまだ増殖しそうだ。
b0049152_18015721.jpg

by tenmorimori | 2017-10-25 18:08 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(2)

神カレー鬼カレー 食堂ぬーじボンボンZ監修

構想5年、食堂ぬーじボンボンZから2種のレトルトカレーが発売された。
神嘉例 琉球ロイヤルポークを入れ過ぎた黒カレー(中辛)
鬼嘉例 琉球ロイヤルポークと唐辛子を入れ過ぎた黒カレー(鬼辛)
那覇カレーグランプリを2連覇したぬーじボンボンなので、半端なカレーは出したくないと、研究を重ねレトルトカレーとしては破格の売値1000円を超えた。
空港のリウボウで1200円(税別)。
それでも利益は薄いというギリギリの値段設定に作り手の心意気が見える。
まずは神カレーから食べてみる。
b0049152_16550354.jpg
けっこうさらっとした粘度で、豚肉の塊がゴロゴロ入っている。なんでも内容量180gのうち80gは豚肉の重量だという。
上質の豚の旨みと様々なスパイスがきっちりまとまり、レトルトとは思えないほどの満足感を感じる。
b0049152_16545372.jpg
鬼カレー。
b0049152_16550380.jpg
きっちりと刺激的な辛さ。かといって昨今の激辛ブームに悪乗りした度を越えた辛さではない、ちゃんと美味しさを感じる辛さだ。
Coco壱で言えば4から5辛ぐらいかなー。
神カレーと同じくゴロゴロ入った豚が美味しい。お魚ハンバーグを添えた。
b0049152_16545368.jpg
さすがぬーじボンボン奥間さん、かなり美味しいレトルトカレーに仕上がってて正直驚き!
価格は高くなるが、美味しさには妥協できない、かなり悩まれたとお思いますがその成果は味に現れてますよ。
ぬーじボンボン店舗、那覇空港内リウボウ、ドンキホーテ国際通りで買えます。ぜひ一度試してみて下さい。
b0049152_17351443.jpg

by tenmorimori | 2017-07-31 17:32 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(2)

小倉来々軒宇佐町 哀愁の焼きめしと緑の無花果

北九州のブースカさんに教えてもらった来々軒宇佐町の焼きめしが食べたくて車を走らす。
あぁ、変わってない。
b0049152_12002737.jpg
b0049152_12002964.jpg
実はこの店、豚骨ラーメンのルーツのひとつであるとかないとか。
確かに豚骨ラーメン発祥と言われる久留米のラーメンに似たラーメンを出されている。
うどんを食べたばかりなのでラーメンは食べず、焼きめしを持ち帰った。焼きめし500円ですよ!
ラードを使い強火で炒められた焼きめしを沖縄に帰ってフライパンで炒めなおす。
b0049152_12002801.jpg
小さく切られたたまねぎとかまぼこ人参、ラーメン用の煮豚も混じる。この匂いこの匂い。
あああ、たまらん。
b0049152_12002851.jpg
デザートは道の駅むなかたで見つけた緑の無花果。
最初バンシルーかと思った(笑)
とよみつひめみたいなブランド無花果と違って甘味は少ないが、フレッシュな青臭さが有って美味しい。
b0049152_12050445.jpg

by tenmorimori | 2017-07-05 12:09 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(0)