ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:北の国( 31 )

北海道に行ってきた 魚彩酒家またつ からの黄金スープの塩生姜ラーメン

さて2泊3日の北海道、またつで締めなきゃさっぽろの夜は終わらない。
実は2月に予約を入れていたのだが、まさかの大寒波で新千歳便が欠航し当日キャンセルと言う迷惑をかけていたのでずっと気になってたのだ。
親父さん女将さんに迎えられ無事に席に着けたやれ嬉しや。
今夜も目くるめく北海道の食のワンダーランドに入り込むのだ。
まずは北海縞海老。
b0049152_19101128.jpg
わははは、始まった。
b0049152_19432031.jpg
左から熊笹に巻かれたいなり寿司、親父さんが気が向いたときにしか作らないイカの塩辛。
b0049152_19082880.jpg
ホタテ(だったと思う)。とホタテの塩辛とツブガイ。
b0049152_19082811.jpg
刺身も出て。
左の北寄貝はごく軽く熱が通されほんのりピンク色になっている。北寄貝の甘味が最高に出されている(涙)
鮃に鮭に生きている北海縞海老、蝦夷アワビ。
b0049152_19082808.jpg
カウンターの上はお祭り騒ぎじゃー!
b0049152_19082853.jpg
次に出されたのはムラサキウニの茶碗蒸し。
おほぉ~~~、たまらないす。
b0049152_19085408.jpg
雲丹の茶碗蒸しで心落ち着いたときにどんと出された時不知(ときしらず)のカマ焼き。
b0049152_19173756.jpg
これはもう夢中でほじりました。こんなに集中力を使ったのは久しぶりってくらい(笑)
なんちゅう美味しさ。
そしてまたつは和食だけではない。
これはなんでしょう。
b0049152_19175901.jpg
アスパラの上には分厚いホタテ、そしてキャビアが乗っけられている。
b0049152_19180052.jpg
この白いソースは苫小牧で生産される氷室メークイン。
そう、ジャガイモのメークインを天然の氷室で半年間寝かせたもの。
b0049152_19175972.jpg
北海道でもわずかしか出回っていない希少なジャガイモだ。とにかく甘くて滑らかで驚きの味。
こんなこともします。
b0049152_19175978.jpg
よく言われるが、これはほんとに皿をなめたかった。驚きっ!
毎回のお楽しみ、優しい昆布出汁と魚介からあふれ出る極上のスープの蒸し物。
b0049152_19173757.jpg
これはいつもスープまで飲み干します。
美しいイクラ丼。もちろん自家製だ。
b0049152_19273627.jpg
はぁ~~~、またつのイクラは最高。
そしてたまたま翌日の海水浴(というかビーチ宴会)のために作られていた出来立ていかめし。
「ほんとは冷めた方が美味しいんだけどね」と親父さんは言うが、このほんのり暖かいいかめしは今まで食べたどのいかめしより美味しい。
b0049152_19273797.jpg
この断面よ、ご飯への出汁の染み具合がもう・・・・
b0049152_19273776.jpg
さて、デザートは先ほど出てきた氷室メイクイーンのジェラート。
信じられないほど滑らかでほんのりジャガイモの風味がしてこれまたたまらん。
親父さんがふと思いついて知り合いのジェラート屋さんに試作をお願いしたところ、当のジェラート屋さんがあまりの美味しさに自分の店でも商品にしたと言う。
希少な氷室メイクイーンのジェラートが食べられただけでも札幌に来たかいがあった。
b0049152_19273763.jpg
またつさん、ご馳走様でした。今度はいつ来られるかなぁ。
b0049152_19081124.jpg
すすきのは三連休の中日とあって大変なにぎわい。
b0049152_19275330.jpg
今回はラーメンを食べてなかったので、すすきの散歩をしてお腹を空かせて、深夜になればなるほど行列が長くなるラーメン信月で黄金スープの塩生姜ラーメン。
b0049152_19372368.jpg
たっぷりの生姜がクセになります。
今回の札幌も美味しいもんばかりで大満足でした。出来れば今年中にもう一回来たいな。

by tenmorimori | 2018-08-04 19:40 | 北の国 | Comments(0)

北海道に行ってきた 積丹半島夏の宝物エゾバフンウニ丼

朝7時半にちほさんを札幌駅近くでピックアップしてからあわださんを迎えに行って今日は楽しい積丹半島ドライブだ。
目的は6月から8月の3か月間だけ食べられる積丹半島のエゾバフンウニの丼。
店はあわださんが見つけて予約してくれたうに膳屋と言う店。
有名なみさきとか中村屋とかは予約出来ないので、予約して焦らずに行けるのが有難い。
早く着いたので店の近くの積丹岬で積丹ブルーの海を見よう。
積丹岬にはトンネルを通って行く。真っ暗なトンネルを抜けると一気に積丹岬のパノラマ広がる素晴らしいロケーション。
b0049152_19402632.jpg
この日は天気が最高に良くて、ここ数日なかなか見ることが出来なかったという積丹ブルーの海を見ることが出来た。
ちほちゃんを探せww
b0049152_19402777.jpg
b0049152_19402622.jpg
さて、時間になって。
b0049152_19402779.jpg
ボクが注文したのは積丹と利尻産のエゾバフンウニダブルかけ、その名も「ばふんばふん丼」この日はウニ160gの特盛で6500円。
右半分が積丹、左が利尻。一切れずつ食べ比べたがそうやって食べるとやっと分かるくらいの違い、どっちも超絶美味しくて夢中で食べた。
b0049152_19401088.jpg
貴重な夏の味覚、ここだけで味わえる積丹半島の宝物。
はぁ~~~~~~美味しい。また来年も食べに来られるよう1年間頑張ろう。
あわださんはマグロとのコンビ。
b0049152_20044883.jpg
自家製しめ鯖はしっとりとした身。北海道の鯖も美味しいな。
b0049152_20044971.jpg
焼き雲丹。熱の入った雲丹もいいもんだ。
b0049152_20044929.jpg
この写真もそうだが、トイレに貼ってあった子供客に関する注意書きとか(子供連れ客にも子供に迷惑を感じる客にも配慮した文章に感心した)接客とか、この店の店主の精神が素晴らしいと感じた、来年もここに来たいな。
b0049152_19464528.jpg
雲丹で腹いっぱいになって行きと違う道をあわださんのナビでドライブ。なんか珍しい雲が見えた。
b0049152_19464504.jpg
ボクは運転中で写真を撮れなかったが、ちほさんが早起きして握ってくれた岩のりと筋子のまだ温かいお握りがまさに北海道の味で美味しかったなー(写真はちほさんのを拝借)
b0049152_20050647.jpg
なんか時間が経つと余計に楽しかったよなーと思い出すドライブでした、お付き合いいただいたお二人、ありがとうございました。


by tenmorimori | 2018-07-24 20:14 | 北の国 | Comments(2)

北海道に行ってきた 札幌 飲茶はるのそら

昼は江草の絶品寿司、夜は札幌のはるのそらで美味しい中華。
ここもあわださんが足しげく通う店で、かつては狸小路近くの狭い店だったらしいが、美味しく人気で、5月に今の広い店舗に移転したとの事。
あわださんとその友人お二人、へんこ女将とボクの5人で楽しんだ。
b0049152_18295978.jpg
前菜とピータン。このピータンのタレが異常に美味しいらしい。
b0049152_18290521.jpg
b0049152_18290580.jpg
ジャブ的にシンプルに青菜炒め。おほほほ、美味しい。
b0049152_18290516.jpg
油淋鶏、うわい!美味しい、美しい。
b0049152_18290549.jpg
麻婆豆腐。
b0049152_18290614.jpg
エビチリも美味しいなー。
b0049152_18290636.jpg
何でもかんでも美味しい。
何と言うか、高級中華と大衆中華のいいとこ取りみたいな丁度いい美味しさ。
本格的飲茶。
海老餃子。
b0049152_18290654.jpg
こんな美味しい大根餅は初めて食べた。
b0049152_18290669.jpg
パリッパリの春巻き。
b0049152_18290700.jpg
小龍包。
b0049152_18290776.jpg
焼売。
b0049152_18295747.jpg
こりゃあ、飲茶だけを食べる会を催してもいいなぁ。
ラムのと豆鼓炒め。
b0049152_18295836.jpg
オジサンの蒸し物。
b0049152_18295852.jpg
ボクが隣のお客さんのを見て食べたくなった五目あんかけ焼きそば。
b0049152_18295807.jpg
b0049152_18295810.jpg
チャーハンも美味しい。
b0049152_18295955.jpg
またひとつ札幌で行きたい店が増えた、困ったもんだww
参加の皆様ありがとうございました。

by tenmorimori | 2018-07-23 18:49 | 北の国 | Comments(0)

北海道に行ってきた 琴似寿司江草

ホッキ丼をかっこんで札幌へ急ぐ。
昼はあわださんがお気に入りの寿司屋さん「江草」を予約してくれているのだ。
以前は札幌の中央卸売市場内の「魚政」がお気に入りで早朝からやっているので、江戸前の美味しい朝寿司を食べに行っていた。
大将が引退されてから、次の職人さんでは満足できない寿司好きのあわださんは一時寿司難民になり見つけたのが江草。
SNSにアップされる写真が美味しそうで、今回やっと行くことが出来た。
店はスナックがたくさん入居しているビルの二階。こんなところにと言うようなスナックだらけの中に凛とした店構えの寿司屋が有った。
カウンターに座り昼の握りをお任せで。
一貫目の鮃からその味の濃さに驚き。
写真の色がアレですが途中から良くなります(笑)
b0049152_19111332.jpg
北海道の鯛
b0049152_19111302.jpg

b0049152_19111488.jpg
マグロの漬け
b0049152_19111463.jpg
旨い!旨いなぁ、さすがあわださんの舌に適う店。
イカ
b0049152_19111443.jpg
繊細な仕事が一貫ごとに施されている。
この軍艦は内子、美味しかったな。
b0049152_19111466.jpg
大将自家製のイカの塩辛、これは旨い!
b0049152_19111504.jpg
茎生姜と茄子。
b0049152_19111571.jpg
圧巻の鯖は淡路島産。九州の鯖も美味しいがこれも美味しいなぁ。
b0049152_19113445.jpg
甘エビの昆布〆、参りました。
b0049152_19113488.jpg
毛ガニと味噌。
b0049152_19113542.jpg
キンキの濃厚さよ
b0049152_19113503.jpg
大きな塊から切り出されたトロ。
b0049152_19113510.jpg
筋子はもちろん自家漬け。
b0049152_19113558.jpg
ソイは新しくてあっさりなのでコクを出すためソイの下にアン肝が挟まれている、たまらんなぁ。
b0049152_19113659.jpg
ブランドとも言える美国の雲丹。
ムラサキウニとエゾバフンウニ。これはこれは!
b0049152_19113610.jpg
美味しい美味しい江戸前?北海道前?の鮨、15種類で7,500円、この内容で安いんでないかい?
鯖と鯵以外はすべて道産です。リピート確定やなぁ、あわださんヨカ店をありがとう。
江草の大将から教えてもらった丘珠空港近くの石窯焼き菓子の店でアップルパイ、これ美味しい。
b0049152_19113687.jpg

by tenmorimori | 2018-07-20 19:29 | 北の国 | Comments(0)

北海道に行ってきた マルトマ食堂のホッキ丼

7月の3連休、北海道に行ってきた。
いつもの事だが、こうやって旅程を組むと仕事が忙しくなる、まあ今年はずーーーっと忙しいのだが。
去年は山下達郎のコンサートをメインに行って丁度お盆休み期間中だったので、帰りの飛行機の前に行ったら大行列で諦め、近くの市場食堂で食べたがホッキが少ない寂しいホッキ丼だったのだ。
今回は新千歳空港からマルトマ食堂に直行、すぐに座れた。
お目当ては生の北寄貝をぜいたくに使ったホッキ丼。
うしゃしゃしゃ、たまらんなぁ。
b0049152_19044266.jpg
ホッキ関連のメニューがずらりと並んで壮観。
b0049152_19044298.jpg
苫小牧の漁港も少しずつ変わってきてるな。
b0049152_19044219.jpg
店に来る半分以上の人が注文するホッキカレーはレトルトを買って帰って家で食べる。
b0049152_19093718.jpg
b0049152_19095916.jpg

by tenmorimori | 2018-07-19 19:13 | 北の国 | Comments(0)

さよなら札幌

爽やかな北海道の夏の朝。
札幌を早く出て向かうは苫小牧。
そう、マルトマ食堂で朝めしをかっ込んで行くのだ。
しかし・・・・・
世間はお盆休み。マルトマ食堂には店外まで行列が出来ていた、オーマイガー。
並んでたら飛行機に乗り遅れるので、近くの市場みたいな場所の食堂でホッキ丼。
b0049152_17481818.jpg
むぅ~~~ん、北寄貝は美味しいがなんか見た目がわびしい。
これが食べたかったんだよー!!!
b0049152_17490389.jpg
気を取り直して新千歳空港へ。
搭乗待合ロビーで豚丼が食べられるよとあわださんから聞いていたので、早いランチは豚丼。
山わさび豚丼が有ったので注文。
b0049152_17481919.jpg
さすが美味しい。山わさびにむせて涙を流しながら完食。
さよなら北海道、また来るね。
b0049152_17481989.jpg

by tenmorimori | 2017-09-01 17:54 | 北の国 | Comments(0)

札幌狸小路のはずれ 中華チムウォック

山下達郎のコンサートが終わり、遅い晩ごはんにあわださん夫婦が連れて行ってくれた店は、狸小路のはずれにある「チムウォック」と言う名前の中華。
古いビルをリニューアルしたかっこいい小さな店なのだ。
若い料理人だが、夏の北海道の食材を使った一癖ある美味しい料理が並ぶ。
トリッパと山クラゲの甜醤油かけ。ボクはトリッパは苦手だが、臭みがない新鮮なトリッパ。
山クラゲの食感が面白い。
b0049152_18091596.jpg
水茄子とピータンの和え物。
b0049152_18091551.jpg
十勝マッシュルームとヤングコーンのスパイス揚げ。サクサクほっくり。
b0049152_18091632.jpg
エリンギと唐辛子の炒め。
b0049152_18092195.jpg
トロトロ牛すじ煮込みの麻婆豆腐。
b0049152_18092245.jpg
激辛青ナンバンと豚肉の焼売。青唐辛子の鮮烈な辛みが凄い。
b0049152_18092230.jpg
b0049152_18092341.jpg
穴子と完熟トマトの黒酢炒め。
b0049152_18092335.jpg
ポーションが小さく、お酒を飲みながら色々と中華が食べられる隠れ家的な店。
いーなー、夏の札幌。


by tenmorimori | 2017-08-31 18:17 | 北の国 | Comments(0)

札幌に戻って回転すし

積丹半島から札幌へ戻り、鮨に厳しいあわださんが連れていってくれたのは「鮨処 なごやか亭 発寒店」。
全国チェーンではない北海道で人気の回転すしのレベルはそりゃあもう高かった。
トロ鯖はなぜか鹿児島産だが、いきなり美味しかったなー。
b0049152_18032673.jpg
この店は鮨は回っているのだが、基本的には注文して握ってもらうのが楽しみ方みたいだ。
真イカには山わさびよねー。
b0049152_18032764.jpg
貝三種盛り。ホッキ、ホタテ、ミルガイ。
b0049152_18032745.jpg
なんかねー、いちいち美味しい。いかにも北海道らしいネタではないが、どのネタも味濃く美味しい、さすが北海道。
ヤリイカ。
b0049152_18032869.jpg
トロサーモンのバター焼き。
b0049152_18032889.jpg
鉄火巻きとかっぱ巻き。
b0049152_18032988.jpg
本マグロ赤身。
b0049152_18032923.jpg
これには驚いたし美味しかった、タコの頭。
大きなミズダコだからこそのネタ。これ美味しかったなぁ。
b0049152_18033023.jpg
さて、お腹もいっぱいになって、ホテルで休憩してから・・・・・
ここへ。
b0049152_18033077.jpg

by tenmorimori | 2017-08-25 18:09 | 北の国 | Comments(0)

夏の北海道 ならばウニ! 積丹半島の赤うに丼

夏の北海道の大きな楽しみは何と言ってもウニでしょう。なかでも積丹半島の生うには、漁期である6~8月に多くの人がやって来る。
この時期北海道に居てウニを食べない訳にはいかないので、早起きしてあわださんを迎えに行き9時からやってる積丹半島の中村屋を目指す。
番屋を改装した広い店で、開店15分前に着くとすでに人だかり。
隣のみさき食堂がもっとも有名で、早くも駐車場が溢れそうだ。受付に名前を書いて待つことしばし、9時をちょっと過ぎて1巡目で入店できた。
6,000円を超えるエゾバフンウニの赤うに丼の値段にややビビるが、平気な顔をつくろって注文。あわださんは、3,000円くらいの、ムラサキウニを使った生うに丼。
塩水ウニでもない殻から出したそのまんまのエゾバフンウニをどっぷりと乗っけた赤うに丼。
b0049152_18325856.jpg
ムラサキウニの生うに丼。
b0049152_18325934.jpg
こんなに色が違う。
b0049152_18325992.jpg
エゾバフンウニはとにかく甘味が強く、海のクリームチーズやぁ。
b0049152_18330018.jpg
ムラサキウニは淡白で舌の上でのとろけ具合が快感。どっちもとにかく美味しいが、値段ではなく好みの差だと思う。
b0049152_18330059.jpg
中村屋さん、ご馳走様でした。また来年来られますように、パンパン(柏手)。
b0049152_18330023.jpg
せっかくここまで来たので積丹半島ドライブ。天気が良くて乾燥してて涼しくて、北海道の夏を存分に味わう。
道民の皆さんの短い夏の楽しみは北海道スタイルの海水浴。
砂浜にテントを張り、泊まりがけのBBQキャンプスタイル。小樽から積丹半島にかけていたるところのビーチでこの光景が見られる。
b0049152_18330135.jpg
沖縄の海と違ってこれもまたいいなぁ。
b0049152_18331414.jpg
神威岬まで足を延ばす。
b0049152_18325803.jpg
深みのある積丹ブルーの海がきれいだ。
b0049152_18325704.jpg
夏の北海道はフルーツ王国で、サクランボ、桃、スイカ、ブドウ等々安くて美味しい。
道路沿いに直販所がぽつぽつ有って、どこもトウモロコシの皮が小山になっている。
今は収穫時期で、朝採れのトウモロコシを茹でて食べられるらしい。
b0049152_18331286.jpg
茹でたて熱々で、あっまぁ~~い、うまぁ~~い。
この店は大きな羽釜を使ってボイラーで茹でられていた。奥に見えるのがトウモロコシの皮。
b0049152_18331395.jpg
さて、今夜はコンサートなので早めに札幌へ戻りましょう。



by tenmorimori | 2017-08-22 18:55 | 北の国 | Comments(0)

50年の歴史に幕 札幌福来軒本店

少し前に札幌に行ったクマさんの記事で無視できない情報が。
札幌ラーメンの老舗福来軒の本店が建物の老朽化のために今年の10月で閉店するという。
今回が食べに行ける最後のチャンスかもしれない。
大三坂の後に有志を募って(笑)永楽さんとあわださんと3人で食べに行った。
すすきのから少し南の住宅街の中に店は有って、大きなマンションに囲まれて、崩れかけた木造の空き家と、隣接する福来軒の場所だけがぽっこり昔の空間として残っている。
遅い時間でも地元の人や常連客がぽつぽつ集まる。
b0049152_17120238.jpg
感激しながら店に入ると床や壁は微妙に傾いている。
b0049152_17120156.jpg
現役の黒電話は久しぶりに見た。
b0049152_17120048.jpg
ボクは醤油ラーメン、永楽さんとあわださんは味噌ラーメン。
醤油ラーメン。
b0049152_17120128.jpg
カウンターが傾いているのか、スープ面が斜めってるww
味噌ラーメン。
b0049152_17120091.jpg
炒められたたっぷりのもやしが香ばしく、スープは熱々だ。
昔ながらの札幌ラーメンてこんなだったんだろうなー、実に美味しいなー
出来れば雪の積もった冬に来てみたかったな。

by tenmorimori | 2017-08-21 17:51 | 北の国 | Comments(0)