ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:博多んモン( 386 )

愛新軒のオムライス

博多区美野島、OLさんなんかは決して来ないであろう中華屋さん「愛新軒」。
小さな餃子が美味しいのと、ここのラーメンも好きなので、昔からちょくちょく食べに行っている。
以前、中華屋さんのチキンライスが好きだと書いたが、ここのオムライスも中華屋さんが作るオムライス。
洋食屋さんとなにが違うかと言うと、それは圧倒的な火力だと思う。
そして中華鍋に染み込んだ微妙な旨み。
どうですこのふてぶてしい面構え。
b0049152_17525425.jpg

中のチキンライスのケチャップは濃い。
b0049152_17541379.jpg

スープはラーメンと同じ豚骨スープに溶き卵。
b0049152_17545988.jpg

腹ぱんぱんの700円。

以前居た老猫の姿が見えなくなっている。天に召されたんだなぁ。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-21 17:58 | 博多んモン | Comments(4)

和牛100% BaguBaguのハンバーグ。

take4のブログに姪浜のハンバーグの記事がアップされ、旨そうだったので行こうと思ったが姪浜はちょいと遠い。
そうだ!会社の近くにBaguBaguがあ~るじゃないか。
しかし財布を忘れ、ポケットの中にあるのは800円余り。
和風ソースの100gハンバーグ、750円を注文(サラダ、スープ、ご飯付)。
b0049152_17305139.jpg

この店の和風ソースは店自慢らしく、ほんとに美味しかったなぁ。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-20 17:35 | 博多んモン | Comments(3)

チャンポンと野球

昼は以前勤めていたころよく食べに行ってた「山王飯店」のチャンポン。
地下にあるこの店は、換気が悪いのか、炒めものを始めると一気に店内の空気が変わる。
歴史を感じる中華屋さんのチャンポン。濃厚で旨い。
b0049152_17201131.jpg

野球のチケットを貰ったので、6年ぶりくらいにyahooドームへ行く。
福岡ドームのときしか知らんもんね。
b0049152_1721216.jpg

ラッキーセブンの風船飛ばしはまっ黄っ黄。
b0049152_17215571.jpg

ホークスVSライオンズは2対9でホークスの負け、あ~~ぁ。
勝てばドームの中で花火が上がり、屋根が開くのになぁ。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-19 22:23 | 博多んモン | Comments(0)

ちょいのみ つきよし

「ちょいのみ つきよし」でJ子とチョイ飲み、チョイ話。
今夜はラッキーだ、だってアラが食べられれたんだもの。
本州ではクエと呼ばれるが、博多ではアラと呼ばれ、冬のアラ鍋は最近では我ら庶民はなかなか口に出来ない高級料理になってしまった。
11月の大相撲九州場所に来るお相撲さんは、博多のアラ鍋を楽しみに来る。
アラのアラ煮。身の弾力、皮のぶりぶり感がやっぱり旨い。
b0049152_20124037.jpg

刺し盛りにもアラの切り身が。
生でもくにくにとした弾力があり、噛んでいるとじわりと甘みが出てくる。
左側の白身がアラ。
b0049152_20145318.jpg

おきゅうと。
b0049152_20153121.jpg

豚タンの唐揚げ。
b0049152_2016937.jpg

水産庁長官賞受賞の長谷川商店の鯖味醂。
これが旨いのだ。博多では新藤商店も有名だが、鯖味醂は長谷川商店がボクは好きだ。
b0049152_20195614.jpg

つきよしの特徴は、多彩な美味しいメニューが手頃な値段で食べられる事と、店主のぜんちゃんの手打ちうどんが食べられる事。
カウンターの中のぜんちゃんの素晴らしい動きを見ながらあれこれ食べて、締めはうどん。
ボクはひやひや(麺もすめも冷たい)に揚げたてごぼ天。
b0049152_20221742.jpg

それにしてもお客さんが引きも切らない。ひと組帰ったと思ったらすぐに次の客が入り、常に満席状態のつきよしだった。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-17 19:57 | 博多んモン | Comments(8)

博多もつ鍋 万十屋

シズカ嬢が帰る日、J子と3人で万十屋へ行く。
博多では昔っからの名店で、濃い出汁で頂く、すき焼きスタイルのもつ鍋が旨い。
以前はもっと山手の木造家屋で営業されていたが、今は近代的なデザインの大きな店舗になっている。
実は移転してから初めて訪れる。
前回来たのは10数年前、デビュー間近の浜崎あゆみと一緒に食べたきりだ。
(あっ、一緒と言っても偶然背中合わせの席になっただけです(笑))
もつ鍋以外のメニューも旨そうだったんで・・・・馬刺し
b0049152_18552276.jpg

酢もつ
b0049152_1855408.jpg

馬のゼラチン煮(別名馬キムチ)
b0049152_18561279.jpg

もつ鍋は以前は鉄の鍋だったが、今は石鍋。煮詰まりにくいので、以前の様に生卵を絡めて食べない方が味がよく分かるという。
きれいなモツ(小腸、大腸、心臓、センマイ)をざばっと入れて
b0049152_1858015.jpg

野菜をのっけて
b0049152_18581973.jpg

はいっ!食べごろです。
b0049152_18584057.jpg

あぁ・・・・やっぱ旨いや。モツも野菜も追加追加
b0049152_1859571.jpg

鶏飯も名物です。
b0049152_18592835.jpg

〆はやっぱりチャンポン麺。
これが・・・・・
b0049152_18595724.jpg

こうなると食べごろです。
b0049152_1902515.jpg

b0049152_191620.jpg

うどんもあり。
b0049152_1912591.jpg

まんぞくデス!

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-16 18:48 | 博多んモン | Comments(3)

カレー カレー カレー

ここのところ昼食にカレーを食べる事が多かった。
中央区高砂 和牛100% ハンバーグ&ステーキ BaguBaguのハンバーグカレー。
鉄板なのでカレーがグツグツ言ってます。
温野菜ともちろんハンバーグが旨い!
b0049152_18385940.jpg


かつて春日と鳥栖で営業していた「田舎風大盛りカレー 曲角」。
今は鳥栖店は無くなり、春日の「世界のハンバーグ曲角」で食べられる。
定番のカツカレーは一見家庭風だが、スパイスがピリリと効いている。
b0049152_1844610.jpg


和食の食堂「田中田」系列のボン☆田中の海老フライカレー1000円プラス激辛50円。
ポケットマーニーの7倍くらいの辛さ。
よぉ~~く煮込まれた牛肉の繊維がほどけて、ルーにたっぷり入っている。美味しい!
b0049152_18472073.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-16 18:36 | 博多んモン | Comments(2)

チャイニーズダイニング劉

湯布院~大牟田旅行から戻ったJ子とシズカさんと3人でチャイニーズダイニング劉で晩飯。
海鮮サラダから
b0049152_16354077.jpg

海老春巻き
b0049152_1636665.jpg

鱧の甘酢あんかけ
b0049152_16363973.jpg

b0049152_16365371.jpg

ほたてのトウチソース
b0049152_1638278.jpg

b0049152_16381853.jpg

小龍包
b0049152_16391476.jpg

イカのさくさく揚げピリ辛ソース
b0049152_1640087.jpg

鶏と唐辛子のアレ(笑)
b0049152_16403432.jpg

b0049152_16405211.jpg

大量に残る唐辛子がもったいないなぁ
b0049152_16412537.jpg

やっぱり麻婆豆腐は食わんとねぇ
b0049152_1642868.jpg

b0049152_16422183.jpg

フローズン杏仁
b0049152_16424740.jpg

腹ぱんぱんで、J子んちで休憩
b0049152_16431858.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-14 16:33 | 博多んモン | Comments(3)

空ちゃんの旅の始まりはみわちゃんで

毎年夏になるとヒッチハイクで日本を縦断する空ちゃん。
那覇では、戦争で教育を受けられなかったおじぃおばぁのための学校で働いている。
そんな空ちゃんとはBar「土」で知り合い、いろんな話が出きる友達だ。
今年もそんな旅が始まり、今日彼女は福岡へ飛行機で到着した。
そんならおいちゃんが旨か魚ば食わせちゃろ!と、最近では予約が取り難いほどの人気店「みわちゃん」に行く。
福岡の西、姪浜漁港に隣接するみわちゃんは、舌の肥えた博多んもんでも驚くほどの新鮮な魚が安く食べられる店で、最近とみに人気を集めている。
この1000円の刺し盛りを見れば一目瞭然でしょう。かんぱちの腹身と背側の2種、地だこ、ひらめ、炙り秋刀魚。特にかんぱちの歯ごたえと甘味にはびっくり。
空ちゃんは目をまん丸にして足をバタバタさせている(笑)
b0049152_15405567.jpg

透き通ったひらめ。
b0049152_15412444.jpg

表面を炙られた秋刀魚。
b0049152_15421188.jpg

太刀魚の煮付けは、皮付きでざくっと切られたごぼう、かぼちゃ、白ねぎ、豆腐と一緒に。
ほろほろする太刀魚の身がおいしくておいしくて、ちょっと二人とも黙り込んでほじくった(笑)
b0049152_15443848.jpg

そして揚げ物はかます。夏野菜のあんがたっぷりとかけられている。揚がった皮が旨い!
b0049152_15474064.jpg

出し巻きの味付けは砂糖か塩か、卵に混ぜ込むものまで選べる。これは甘い味付けでねぎ入り。
b0049152_15513645.jpg

最後にもう一品と思い頼んだこれが大ヒット。炙った魚のジュレかけなのだ。
表面を炙って、身はこりっとレア状の太刀魚と地だこに、出汁入り土佐酢をゼラチンでゆるく固めたジュレがかけられている。当然のように、出汁汁を固めたものなんだろうなと口に入れてびっくりの嬉しい裏切り。
やさしい土佐酢の酸味と魚の甘味が渾然一体となる逸品。ジュレは見る間に溶けてくる。
b0049152_1603742.jpg

いやぁ~~旨かったと呆然としていると、店からのサービスで梨のコンポートを出された。
初めて作ってみたんですよと店主は言っていたが、このしゃくしゃく感を残しているのは流石。
b0049152_163619.jpg

さわやかな梨でしめくくった美味しいさかな料理でした。こりゃあ流行るはずだぁ。
この後、彼女は日本人が殆ど居ない博多のドミトリーで一泊し、北九州の友人宅でもう一泊、そしてヒッチ開始らしい。約1ヶ月と10日かけて九州~北海道~九州~東京が予定のルート。いいなぁ~~、お気をつけていってらっしゃ~~い。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-10 18:28 | 博多んモン | Comments(9)

新天町 飛うめ

昼前に大名での仕事が一段落したので新天町で昼飯。
やっぱり老舗の「飛うめ」でしょう!
新天町の中で、この店はずっとその佇まいは変わっていない。
店内に入ると表の喧騒をよそに昭和にタイムスリップ出来る。
さて今日は海老天丼1000円。青身の海老が3本のシンプルな天丼だ。
昔から付け合わせは奈良漬と小梅なのだ。
b0049152_1845253.jpg

b0049152_1853819.jpg

実はこの店、博多に古くからありながら“東京”の濃いつゆの蕎麦が味わえる店。
もちろん天丼のつゆも味濃い、これがいいっ!
ボクはかけ蕎麦をよく食べるが、たまごとじ蕎麦やかしわ蕎麦、季節の松茸蕎麦とかあられとか多くの蕎麦メニューと人気の親子丼なども旨い。
いつ行っても新天町にお買い物に来た上品なご婦人たちで賑わっている。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-06 18:10 | 博多んモン | Comments(2)

博多ちゃんぽんの魅力

今日は長崎亭のちゃんぽん。
有名店ではない方の長崎亭である。
しかし、博多駅南店となっているので関係店かもしれない。
これはボクが「これが博多のちゃんぽんやけん!」と県外の人に勧められる一杯。
b0049152_20395392.jpg

あっさりしながらもこくがあり(どっちやん!)、野菜の甘味が存分にスープに溶け込み、野菜への火の通り方がややウェルダンな感じ。
加えて、ちゃんぽんの魅力は、いろんな野菜と肉と練り物、そして麺との食感の違いに見てとれる。
個人的に、博多の下町で子供のころから慣れ親しんだのはこういうちゃんぽんだった。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-08-05 20:46 | 博多んモン | Comments(3)