ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:博多んモン( 405 )

創業明治6年 博多名代 吉塚うなぎ屋

寅さんからリクエストが有ったので(笑)アップしてなかった写真の在庫の中から、去年の12月に食べた博多中洲の吉塚うなぎ屋。
b0049152_19530314.jpg
吉塚うなぎの特徴の一つ、蒲焼のタレが小皿で出される事。
これに蒲焼を付けながら食べる。
b0049152_19530387.jpg
山椒と七味。
b0049152_19530487.jpg
肝吸い。
b0049152_19530365.jpg
これが博多独特のこなし焼きで焼かれた吉塚うなぎ屋の蒲焼だ。
独特のクリスピーさと香ばしさ。タモリさんも大好きなのが分かるなぁ。
b0049152_19530331.jpg
b0049152_19530259.jpg
そしてなんかご飯がふっくらとした炊きあがり、甘くて異常に美味しかった。
b0049152_19530282.jpg
ごっつぉーさんでした。
b0049152_19530207.jpg

by tenmorimori | 2019-02-20 20:05 | 博多んモン | Comments(0)

福岡はお魚天国 そして久留米の餃子と焼き鳥

冬の福岡、鯖が食べたい鰤が食べたいってことで調べたら薬院大通交差点近くに海鮮丼の専門店があるではないか。
海鮮丼日の出。
昼、夜それぞれ5食限定の胡麻鯖丼が残ってた、良かったー。
刺身がトッピング追加できるので、対馬の寒鰤3枚を追加、たまらんなー。
b0049152_20021369.jpg
b0049152_20021150.jpg
b0049152_20021350.jpg
魚が新鮮!博多でもかなり上級の刺身がこの店のレベルの高さを物語る。また来よう絶対来よう。
博多駅にもあるみたいだ。
夜、J子と待ち合わせて長浜の市場会館へ魚を食べに行く。
博多魚がしの開店時間までまだあったので、一魚一栄で食べましょ。
お通しから美味しいなぁ
b0049152_20021102.jpg
がめ煮(筑前煮)はいかにも博多の家庭風の甘い味付け、なんかこういうがめ煮は久しぶりに食べたな。
b0049152_20021168.jpg
胡麻鯖と胡麻カンパチ。
b0049152_20021249.jpg
b0049152_20021270.jpg
穴子天ぷら。
b0049152_20021298.jpg
大きなアラカブの煮つけ。
b0049152_20021266.jpg
たまらずおにぎりと味噌汁を注文。
b0049152_20162579.jpg
b0049152_20021205.jpg
ご飯と味噌汁が美味しい店は信用できます、そして安い。
J子を渡船場に降ろしてもまだ早い時間。
久留米で久しぶりに又兵衛の餃子。相変わらず賑わっている。
b0049152_20162555.jpg
餃子2人前18個900円。
b0049152_20162610.jpg
やっぱりここの野菜餃子は旨いなぁ。
b0049152_20162643.jpg
焼き鳥も美味しいので豚バラを2本。
b0049152_20162682.jpg
瓶コーラが旨い!
b0049152_20162607.jpg

by tenmorimori | 2019-02-06 20:20 | 博多んモン | Comments(0)

福岡はうどん天国 三井うどん~麺や長政

正月に2杯食べて以来食べたくて食べたくて三井うどん店。
少し早めに着いてのれんが出るのを待っていたら「寒かけん入っとってよかですよ」と店内に入れてくれた。
カウンターに座って、思いがけず開店前の状況を見ることが出来た。
テキパキと準備が進み、11時少し前だが、店主がきりりと帽子をかぶり「開けましょうか」と一言。
すると店主と女性スタッフの3人が神棚に手を合わせて大きく柏手を打ち、お互いに礼をして「今日もよろしくお願いしまーす」と声掛けして開店。
なんかヨカ場面を見せてもらったなー。
前々日に電話して小海老天とごぼう天の持ち帰りをお願いしているので、シンプルにきつねうどん。
よくある甘く煮込まれたタイプではなく、大阪のきざみうどんみたいに色の付いていない揚げが乗る。
注文を受けてから生の揚げを小鍋で出汁でサッと煮込んでうどんに乗せられる。
なみなみと張られたすめを丼の縁からすする・・・・・・うっまままま~~~~~!これこれ!
b0049152_19593935.jpg
フミオさんが食べていたく感激していたかしわ飯のおにぎり。
具は殆ど入ってないが、もっちりした炊き加減の米に鶏の出汁の染み具合が半端ない。
b0049152_19594053.jpg
持ち帰りうどんをぶら下げて店を出るへへへ
向かうは飯塚。
豊前裏打ち会としては初めての筑豊地方の店「麺や 長政」。
筑豊に芽吹いた裏打ち会の芽はどんな花を咲かせるのか。
真新しい店舗で、店主山下さんは元気に麺あげ中。
肉ごぼううどん。
b0049152_19594046.jpg
裏打ち会の名物ごぼう天の形がきれいだな。
b0049152_19593864.jpg
しっかりと熟成された麺は黄色みがかっている。
細くて引きの強い、まさに裏打ち会の麺が美味しい。
b0049152_19593975.jpg
この地に開店してからちょうど1か月。
次々と押しかける老若男女様々な客層のお客さんを見ていると、早くも地域のうどん屋さんとして根付いてきているなーと嬉しくなってしまった。
また食べに来ますね!来来と連食だ(笑)
沖縄に帰って晩ごはんは三井うどんの小海老天うどん。
博多で買った丸餅を焼いて加える。
三井うどんの持ち帰りうどんで大きな喜びはすめ(スープ)の量。
福岡からうどんをよく持ち帰るが、大抵のすめの量は300ccから350ccなのだが、ここは400cc。
店でもそうだが、丼になみなみとすめを張った状態を家で再現できる。
b0049152_19593909.jpg
翌日の夜はごぼう天+餅うどん。
b0049152_19593908.jpg
やっぱ好きです福岡のうどん。

by tenmorimori | 2019-02-05 20:18 | 博多んモン | Comments(0)

年末年始の目福口福 南京ラーメン黒門の初商い

われらがクモさんの「南京ラーメン黒門」の初商いに車を走らす。
途中川沿いの道で少し前を走る車が対向車と車の幅半分ずつどうしの半正面衝突を起こしたが、様子を見るとどちらも男性一人で怪我もなさそうなのでそのまま走る、なにせこちとら黒門のラーメン食べなきゃいかんのだ。
初商いなので待ちわびた客が多数、そして予想していたが知り合いがちらほらいて笑いながらやあやあと正月のあいさつ。
久しぶりなので大盛りラーメンとおにぎり1個、有明海の一番摘み海苔を注文。
うひゃぁ~~~~、コレコレ、このお姿、すごいいい匂い。
b0049152_20163074.jpg
丁寧な仕事ぶりは相変わらずだ。
b0049152_20163171.jpg
高級初(はな)海苔、生干しタイプ。
お握りにちょいと足して食べると口の中で海苔が融けだし磯の香りがもう最高。
b0049152_20163196.jpg
開業の時から黒門の塩握りは美味しい、いつ食べても美味しい。
b0049152_20163101.jpg
ラーメンに海苔を加えるとパッと広がり淡麗豚骨スープの美味しさをより引き立てる。
b0049152_20163131.jpg
はぁ~~~、ご馳走様でした、今年もよろしくお願いします。

by tenmorimori | 2019-01-09 20:28 | 博多んモン | Comments(0)

年末年始の目福口福 小郡の三井うどん あまりの美味しさに2杯食い

1月4日。
空港から直行したのは九州横断道小郡ICからすぐの「三井うどん」。
地元の人は分かるが「みいうどん」と呼びます。
以前へのさんのブログで見てその見目麗しい姿に一目ぼれ、やっと念願かなった。
注文したのはきつねうどんに小海老天をトッピング。
揚げ物は基本注文を受けてから揚げられるみたいだ。
ジューッと揚げたての音がしそうな小海老天登場。きつねは煮しめられてないタイプ。
b0049152_19322043.jpg
こりゃあ美味しいぞ見ればわかる。小ぶりの丼にたっぷりのすめ(つゆ)が嬉しいのー。
秋月の篠原製麺所の麺に惚れ込んだ店主が、この麺を美味しく食べるために作り込んだすめ。
小海老からも出汁が出ておいしいのなんの。
美味しすぎてカウンターの席でカチャーシー踊りそうだ(笑)
b0049152_19321911.jpg
b0049152_19321960.jpg
b0049152_19322098.jpg
b0049152_19322078.jpg
勘定を済ませ、車を走らせながら舌の奥に残る余韻を楽しんでいるともう1杯食べたくなった。
みっともないので普段連食なんかしないのだが、これはもうたまらん。車をUターン!
店に入ると怪訝な店主とホールの女性。
「すんません、美味しかったけんもう1杯食べさして下さい」
ごぼう天とかしわうどん。さらに熱々のすめがたっぷり!
揚げたてカリホクのごぼう天が甘い。鶏肉の部分に柚子胡椒を落として。
1杯目よりも冷静に味わえたが、このすめの美味しさと何と言ってもこの麺の美味しさよ!
これを書いてる今も食べたくてたまらん。
b0049152_19322009.jpg
ごちそうさまでした、また近いうちにじぇったい来ます。
b0049152_19322008.jpg

by tenmorimori | 2019-01-09 20:11 | 博多んモン | Comments(3)

福岡日帰り出張はウェストで始まりだるまで終わる

福岡日帰り出張。
会議会場に行く前にウェストで朝食。
ごぼう天に肉をプラス。
久しぶりにウェストのうどんを食べたが、麺が格段に美味しくなってる。
b0049152_19134460.jpg
仕事が終わって遅い昼はだるま本店で天ぷら定食。基本のさかな定食に冬の楽しみ牡蠣の天ぷらを追加。
いつでも来い!
b0049152_19134462.jpg
キスから始まる。
b0049152_19134555.jpg
茄子
b0049152_19134511.jpg
玉ねぎ
b0049152_19134388.jpg
鯖とアマダイ。
b0049152_19134474.jpg
イカと牡蠣、ピーマン
b0049152_19134432.jpg
牡蠣うっま!

by tenmorimori | 2018-12-17 19:20 | 博多んモン | Comments(0)

つらつらと九州路 11月中旬編その2

早朝から前日に静岡日帰り出張から帰っていたJ子と合流。
向かうのは飯塚の来来
本来は10時から10時半くらいのオープンだが、並んでいるお客さんが気の毒だと、店主は準備が出来ると早めでも開けてくれる。
しかしスープの仕込み量が限られているので売り切れも早くなるので油断できない。
はぁ~~~、これこれこんなにシンプルな豚骨ラーメンは他にあるだろうか。
スープはきれいな透明なスープだが、豚の旨みがしっかりと出されている。
b0049152_20013502.jpg
沖縄のスーチカー(本当の呼び名はスーチキージシ)の様な美味しい叉焼のみが乗っけられている。
b0049152_20013507.jpg
ご飯の中にもチャーシューが。
b0049152_20013529.jpg
あー、美味しかった次はいつ来れるかなぁ。
福岡から小一時間かけても食べに来たいラーメン。
b0049152_20013696.jpg
J子と別れ、昼は丸天うどん専門店万平。
和食出身のご主人が腕を振るう万平が空港に近い場所に移転してきた。
10種類の揚げたて丸天の中から1種選んでうどんに乗っけてもらう。
b0049152_20013660.jpg
ボクは玉ねぎ天と月替わりのサツマイモとカボチャ天。
b0049152_20013412.jpg
出汁と手打ちめんとふわふわの丸天が見事に融合してこれは美味しい。
夕方からの会議が終わり、那覇に帰る前に王将で餃子。
かなり良い焼き加減。
b0049152_20013402.jpg

by tenmorimori | 2018-11-30 20:17 | 博多んモン | Comments(0)

つらつらと九州路 11月中旬編その1

博多は九州場所の真っ最中。
昔は九州場所の時期は大層寒かった記憶がある、そして12月の最初の日曜日に福岡国際マラソンが開かれ、真っ黄色に色づいた銀杏の並木を国際的なトップランナーが走るともう本格的な冬が訪れていた。
なんかモヤーンと暖かいなぁ。
b0049152_18533685.jpg
b0049152_18533806.jpg
b0049152_18533928.jpg
昼はカレーの名店シップスログでスープカレーを食べた。
野菜・ベーコン・ミニオムレツ。
貫録の美味しさ。
b0049152_18533861.jpg
会議が終わって「眞」の鯖で晩めしだ。
と開店時間に行って無事にカウンターに座れたが、なななんとご飯が無いと。
こんなに美味しい胡麻サバと鯖の1枚焼きをご飯無しでた食べるなんてもったいない。
b0049152_18533707.jpg
b0049152_18533654.jpg
ご飯が無くて物足りないので、しょうがなく、ほんとにしょうがなく(笑)鉄なべで餃子。ライス・豆腐とわかめの味噌汁。
この日の焼きはほぼ完ぺき。
b0049152_18533762.jpg
美味しいなぁ。
b0049152_18533799.jpg
美味しいなぁ。
b0049152_18533732.jpg
中洲の一蘭ビル。
b0049152_18533847.jpg

by tenmorimori | 2018-11-29 19:09 | 博多んモン | Comments(0)

つらつらと九州路 11月初旬編

11月10日に日帰りで九州路。
九州自動車道基山PAで朝ご飯はかしわそばにごぼう天プラス。
b0049152_18565206.jpg
昼は久留米の丸好(まるよし)
相変わらず美しくて美味しいやきめしに豚汁。
b0049152_18565253.jpg
b0049152_18565251.jpg
テーブルに茹で卵が盛ってある昔ながらのラーメン食堂。
b0049152_18565235.jpg
山鹿温泉さくら湯に入っていい感じの喫茶店で休憩。
b0049152_18565032.jpg
手作りアップルパイが美味しくて驚き。
b0049152_18565316.jpg
空港に向かう途中で大地のうどん筑紫野店でごぼう肉うどん。
b0049152_18565102.jpg
前裏打ち会の麺は透き通っている。熟成の技だ。
b0049152_18565126.jpg
福岡のブランド苺あまおうを使ったお菓子が充実している空港の伊都きんぐで期間限定あまおう入りのわらびもち「博多あまび」を購入。
11月下旬までの限定なのでもうすぐ終わりかなぁ。
b0049152_18565100.jpg
練乳ときな粉も入っていてあっという間に食べてしまった。これ美味しいなー
b0049152_18565199.jpg

by tenmorimori | 2018-11-26 19:08 | 博多んモン | Comments(3)

別府の回転寿司は凄い 亀正

裏由布岳
もうすぐ冠雪だな。
b0049152_19050249.jpg
この山を見ると別府に着いたなーって感じる。
b0049152_19045934.jpg
駅前の高等温泉の熱い湯に入ってから。
b0049152_19050007.jpg
ナユちゃんから教えてもらった亀正と言う回転寿司。
とにかくネタが新鮮で美味しいと評判で、昼時には1時間以上待つのは普通らしい。
午後4時前に行っても30分近く待った、そして待ったかいがある寿司が食べられる。
b0049152_19050076.jpg
残念ながら関サバ関アジは売切れていた、そりゃそうだろう。
紙に注文を書いて待つ間に回っている軍艦を取る。
これ中トロやないと?
b0049152_19050013.jpg
まかない的な。
b0049152_19050033.jpg
愛媛の鯛。
b0049152_19050104.jpg
しめ鯖は和歌山産。
b0049152_19050119.jpg
臼杵のブリは2皿。佐賀の関のブリは身が締まっているぅ~~~
b0049152_19050115.jpg
別府の穴子。
b0049152_19050193.jpg
中トロ、この一皿380円って!いいんですか?
b0049152_19134720.jpg
別府の甲イカ。
b0049152_19134711.jpg
別府の鱧。
b0049152_19134790.jpg
青森の鰯。
b0049152_19134834.jpg
はぁ~~~~、美味しかったぁ~~~~、また来たいが行列が問題だなぁ。水天も美味しかったし恐るべし別府の回転寿司。
これだけ食べて3000円からお釣りが来た。

by tenmorimori | 2018-10-31 19:20 | 博多んモン | Comments(2)