ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:晩ごはん( 386 )

BACAR PIZZA

ポカポカと暖かい日曜日。
新都心にメガネの調整に行って帰ってたらピザが食べたくなった。
そうだ、今日の晩ごはんはBACARのPIZZAにしよう、やったやった嬉しいな。
開店間もないのでカウンターにひとり滑り込む。
まずはマリナーラ。
b0049152_20163079.jpg
アレンジバージョンで自家製のセミドライトマトを乗せてくれた。
オリーブオイルたっぷりのピザをナイフとフォークで食べるのがバカールのスタイル。
前菜はブロッコリーで決まりなのだ。さっと茹でられたブロッコリーとニンニク、オリーブオイルのシンプルさが最高に美味しい。
パラリと散らされたパクチーもいいなー。
b0049152_20163008.jpg
b0049152_20163054.jpg
そしてコルニチョーネ(ピザの縁)が美味しいのもバカールの大きな魅力。生地の美味しさがダイレクトに味わえる。
b0049152_20162856.jpg
薄い生地に濃い味のミニトマトを巻いて。
b0049152_20162940.jpg
ほんとはマリナーラ1枚食べてさっと江戸っ子的に帰るつもりだったが、マリナーラが無くなるにつれて寂しくなって「すみません、マルゲリータを1枚」。
b0049152_20162987.jpg
こちらもアレンジバージョンで、半分にはペコリーノチーズを乗っけてくれた。モッツァレラのもっちり感とペコリーノチーズの甘いコクがたまりません。
b0049152_20162937.jpg
最後に残ったコルニチョーネ、あぁぁ無くなる寂しい・・・・・。
b0049152_20163012.jpg

食べ終わる頃には続々とお客さんが入ってきたので、今度こそサッと席を立つ。
PHOTO SONY RX1RⅡ


by tenmorimori | 2019-01-15 20:34 | 晩ごはん | Comments(0)

クリスマスの目福口福 おっさん3人で炭火焼肉やまもとで石垣牛

12月25日
クリスマスの夜はおっさん3人で石垣牛の焼肉。
言わずと知れた日本一の焼肉「炭火焼肉やまもと」だ。
お任せでお願いした最初は看板メニュー石垣牛の焼きしゃぶ。
ロース美しい。
b0049152_18254594.jpg
タン塩。
b0049152_18254529.jpg
何回も来ているがいつも売切れてて、焼きしゃぶは初めて食べるなぁ、とろけるなぁ。
ボクらはあまりの美味しさに目をまん丸にして食べる。
b0049152_18254589.jpg
b0049152_18254620.jpg
次の肉が来たぁ~~~!
b0049152_18254634.jpg
b0049152_18254665.jpg
b0049152_18254637.jpg
お約束の画。
b0049152_18254795.jpg
肉とホルモンを追加。
b0049152_18254796.jpg
b0049152_18254791.jpg
大盛りご飯も食べたし、結構腹は膨れているが、ぺんぎんあいりさんリコメンドのトリガユを食べなきゃな。
b0049152_18301443.jpg
濃厚な焼肉の脂をさっぱり洗い流してくれるようなや優し優しいおかゆ。
これはもう次も絶対食べたい美味しかーーーーっ!
店オリジナルのやまみそが合うこと合う事。
b0049152_18301422.jpg
b0049152_18301411.jpg
渡辺先生、松ちゃん先生、お付き合いありがとうございました。
また行きましょねー

by tenmorimori | 2019-01-11 18:34 | 晩ごはん | Comments(0)

胃袋 関根麻子劇場

京都のへんこ山田女将がやって来た。
今宵は胃袋で麻子さんの料理を堪能するのだ。
b0049152_18492328.jpg
メンバーはへんこ女将、サンスーシィ女将、サプライズ登場のタルケンさんこと南方写真師垂見健吾さん。タルケンさんとは2日前に石垣空港でお会いしたばかりww
b0049152_18492384.jpg
ひと皿目。
覚えてる限りの食材を言うと、脂を落とした鶏、マッシュルーム、焼き芋、沖縄のセリetc
b0049152_18492411.jpg
蕪をホタホタに煮てさらに蒸したスープは最低限の味付け。読谷の当真さんのチンヌク(里芋)チップス。
上にかけられているのは麻子さんが中国辺境を旅したときに入手したという岩塩。
b0049152_18492460.jpg
b0049152_18492272.jpg
板の皿に・・・・
b0049152_18492249.jpg
クルキンマチにセロリと金柑。
たまらん美味しさです。
b0049152_18492246.jpg
メインは豚にトロトロに煮込まれたたまねぎ。シークヮーサーとカレーリーフ。
b0049152_18492215.jpg
玉ねぎから溢れた旨みのスープが美味しくてたまりません。
b0049152_18492341.jpg
パンにたっぷり染みこませて。
b0049152_18492350.jpg
最後に驚きのデザート。
凍らせた読谷のパインにバジルを合わせた削りアイス。
b0049152_19033000.jpg
女優の様な麻子さんだがこんなお茶目な一面もww
b0049152_19083390.jpg
ご馳走様でした!


by tenmorimori | 2018-12-08 19:09 | 晩ごはん | Comments(0)

モンパチWWW 三人娘と食べた美味しいもんその1 加藤食堂

福岡から今年もモンパチ三人娘がやって来た。
2年ごとに開催される通称モンパチフェスWhat a Wonderful World!! に2日間参加するため。
福岡から着いた夜は、3人のリクエスト加藤食堂で前夜祭。以前の同僚松本さんも一緒に5人で楽しんだ。
石垣島から直行したボクは先に着いて1人静かにエスプレッソを飲んで待つ。
b0049152_20492831.jpg
大雨渋滞で遅れていたメンバーも揃っていざいざ!
アンチョビガーリックブロッコリーで静かに始まる。これ食べとかないとね。
b0049152_20492854.jpg
赤いサラダ。赤い野菜と葡萄、柘榴の甘味、そして底に敷かれたヨーグルトソース。
b0049152_20492606.jpg
アッシ パルマンティエ。マッシュポテト・チーズ・挽肉の重ね焼き。
b0049152_20492682.jpg
ホロホロ鳥タプナード パン粉焼き。
ぎしっとした鳥の身の味濃い美味しさとキノコのクリームソース。
b0049152_20492683.jpg
ニューカレドニア産天使の海老のソテー ピラフ添え。パスティス風味。
頭から殻ごと食べると天使の海老の旨みが凄い。古代米が入ったピラフも絶品。
b0049152_20492681.jpg
本日のハイライト エゾ鹿のステーキ ジンジャーマデラソース。
この焼き加減よ!しっとりと美味しい赤身の肉に一同悶絶。
b0049152_20492718.jpg
これ食べとかないと。
b0049152_20492747.jpg
ジンジャーマデラソースがもったいないので仕方なくww
b0049152_20492728.jpg
ピキオス
パプリカに魚のすり身。
b0049152_20492774.jpg
松本さんが居るのでイエラムサンタマリアを出してくれた。
b0049152_21051598.jpg
デザートは3種全部。
加藤食堂冬の楽しみフォンダンショコラ。
イエラムを数滴垂らすと驚くほど美味しくなる。

b0049152_21051445.jpg
ヌガーグラッセ フランボワーズソース
b0049152_21051461.jpg
これは食べなきゃクレームブリュレ。
b0049152_21051510.jpg
はぁ~~~、今日も美味しかったと、5人はニコニコと大満足で明日のフェスに期待と天気の心配が膨らむばかりだった。

by tenmorimori | 2018-11-06 21:13 | 晩ごはん | Comments(0)

えん沖縄からのBACAR(バカール)夢のはしご

かつては毎年夏に沖縄から北海道までヒッチハイク旅を恒例にしていたそらどん、今は愛しい人の奥さんになり2匹の犬と一緒に毎日を過ごしている。
そんなそらどんの呼びかけで集まった3人は、沖縄ナンバーワンのピッツァBACAR(バカール)そして北谷のとんでもないレストランARDOR(アルドール)のオーナー仲村大輔さん、新都心の一般客はもちろん料理人の間で評価が高いビストロモンマルトルの元店長石原さん、そしてボクww
4人でえん沖縄の一次会。
ここはよくある沖縄居酒屋と一線を画し、よほど食材を吟味されているのか、刺し盛り食べてちょっと驚く。
沖縄の居酒屋でなかなか感じな沖縄の魚の活きの良さをここでは感じられる。ほんとにえっ!?と思った。
本部牛イチボのステーキや、なんでもないチキナーチャンプルー、ナーベラー味噌炒めなんかも素材の美味しさが際立つ仕上がり。
メンバーの恐縮して写真を撮らなかったが、ここはお勧め!多分リピーターが多いだろうなー
内地から来たお客さんを連れていくにはもってこいです。接客の良さも上級!
最後に1枚だけ撮ったビタローのバター焼き。これ見ただけでこの店の美味しさが分かると思う。
b0049152_20175682.jpg
そして仲村さんも居るし、えん沖縄から歩いて数10歩のバカールに行かないなんて考えられない。
涼しい夜は外の席が一番。
b0049152_20175761.jpg
まずはマリナーラ。
ボクはどうしても一人で1枚食べたかったのでホールで、そらどんと石原さんは1枚を分けて。
うわぁ~~~~、うわぁ~~~~!
b0049152_20175732.jpg
バカールではオリーブオイルたっぷりでピッツァは切られていない。仲村さんのこだわりだ。
ナイフとフォークで好きに食べると色んな表情を味わえる。
b0049152_20175719.jpg
b0049152_20175743.jpg
仲村さんの色んな話を聞きながらその本人の前で食べるという贅沢。
ピッツアに対する思い、店に対する思い、スタッフに対する思い・・・・
次はボクが焼きましょうと仲村さんが石窯の前に立つ。
今は主にアルドールに居る仲村さん、腱鞘炎もあって最近はなかなかピッツァを焼いてなく、スタッフも若干ざわつく(笑)
流石の手さばきで、ピザ職人の姿を久しぶりに見た。少し前までこれがバカールの日常の姿だった。
b0049152_20175871.jpg
b0049152_20175805.jpg
b0049152_20175818.jpg
窯から出され皿に置かれた瞬間、まだぐつぐつ言ってるマルゲリータ。特別に半分モッツァレラともう半分は可愛い名前のチーズ(名前を忘れた(笑))。
b0049152_20175838.jpg
自家製セミドライトマトの味の濃さ!
b0049152_20175895.jpg
皆さんそれぞれの分野で活躍されているので話が面白い。
最後にノーマルのマルゲリータを焼いてもらう。
b0049152_20314698.jpg
全然飽きないし腹にももたれない、これが本物のPIZZAなのかなぁ。
オーダーストップの時間過ぎてから来た若いカップル。入店できずに残念そうで女性がトイレにも行きたかったーと言うと、仲村さんがトイレ使っていいよと。
恐縮する女性に「いいよいいよ客が言ってるんだからどうぞどうぞ」と常連客の口ぶり。
トイレを済ませて帰るときに仲村さんに「ここのピザめっちゃ美味しいですよねー!」
仲村さん「そうだねー」とニコニコ。
まさかオーナーだとは思ってなかったみたい(笑)
「これが励みになりますね」と店主は嬉しそうだった。
そこへガンガラーの谷でのイベント出店を終えたビストロバスが帰ってきた。
b0049152_20314646.jpg
スタッフも疲れているだろうが充実した顔つきが印象的だった。
バカールをオープンしてから十数年、ここまで人と店を育ててきた仲村さんは凄いなー、そしてスカルペッターズの意味を知ってからますます好きになった。
10月28日12時から宜野湾マリーナでOKINAWA FOOD FLEAですよー

by tenmorimori | 2018-10-17 20:46 | 晩ごはん | Comments(0)

旧盆明けの夜ひばり

旧盆明けの日曜日の夜はコーヒー屋台ひばり屋で開催される「夜ひばり」。
昼は出されないアルコール類と腕利きの料理人の屋台料理を楽しめる夜。
今回はカナダで修業し、スペインの店に呼ばれそしてその店の東京の支店で腕を振るう若き料理人。
b0049152_17313208.jpg
焼イカメシ。
予め炊いたご飯に海苔を巻きイカに詰めたもの。仕上げに焼かれて香ばしく仕上がる。
b0049152_17313366.jpg
ソースと青海苔と、一味マヨネーズ。あえて和風のタコ焼き風な味付け。
b0049152_17313187.jpg
神戸牛のステーキ。あまりの美味しさに一切れで満足できる。
b0049152_17313109.jpg
神戸牛のすき焼き。
b0049152_17313106.jpg
ポーチドピーチ。
b0049152_17313103.jpg
b0049152_17313235.jpg
b0049152_17313273.jpg
旧盆の時期に咲くげっきつの花がきれいだった。
b0049152_17313279.jpg



by tenmorimori | 2018-09-11 17:47 | 晩ごはん | Comments(0)

SAM'S BY-THE-SEA

J子、ともえの沖縄第二夜はお母さんが友達と飲みに出るのでボクと3人で小禄のサムズバイザシーへステーキを食べに行く。
なんだかんだ言ってもバイザシーの炭焼きステーキ好きなんです。
b0049152_17565525.jpg
ともえもお姉さんになったなー
b0049152_17565653.jpg
b0049152_17565671.jpg
いつもの変わらないカレースープが美味しい。
b0049152_17565658.jpg
b0049152_17565626.jpg
ステーキはやっぱりサーロインがステーキらしくて好き。
b0049152_17565707.jpg
b0049152_17565705.jpg
ハワイ気分の父娘。
b0049152_17565889.jpg
b0049152_17565776.jpg

by tenmorimori | 2018-09-03 18:00 | 晩ごはん | Comments(2)

旧盆来沖 J子一家はウンケーの日にやってきた

J子家族が久しぶりに3人そろって来沖。
今回は旧盆に合わせての日程となった。
夜は旧盆でも営業していた久茂地のなかむら家で。
なんか懐かしいなーなかむら家。
なかむら揚げ。
b0049152_17043482.jpg
イラブチャーと島タコ、マグロの刺し盛り。
b0049152_17043433.jpg
セーイカの味噌炒め。
b0049152_17043436.jpg
島らっきょうの天ぷら。
b0049152_17043401.jpg
魚のマース煮。
b0049152_17043502.jpg
フーチャンプルー。
b0049152_17043560.jpg
なんか久しぶりに沖縄居酒屋のメニューを食べてホッコリする。

by tenmorimori | 2018-08-30 17:07 | 晩ごはん | Comments(2)

まいすく家 移転後の店舗でチョイ飲み会

池ぴょん(笑)が久しぶりに来沖。
chojiさん、松島さん、吉本のイズミさんと移転後初めてまいすく家で飲み会。
chojiさんは島猫映画nyahaの本編編集作業に追われている中来てくれた。
移転前は浮島通りから入ったまさに隠れ家的居酒屋で、ときおり男の集まりをやった場所だ。
新店舗は、牧市公設市場奥の居酒屋が次々に開店している一画。
角地で、昨夜は涼しかったので扉が開け放してあって開放的で、那覇の夜を味わうには最高の環境。
まあ、メンツが面子なので興味深い話で夜は更けていく。
おでん盛り。レタスたっぷりでいかにも沖縄のおでん。
こりゃ旨い。
b0049152_19110412.jpg
粒を残したポテトサラダ。
b0049152_19110490.jpg
黒豚餃子。
b0049152_19110541.jpg
ゴーヤー入り煮込みハンバーグ。
b0049152_19110514.jpg
料理は前店舗から黒島出身のお母さんがメインに作られていて美味しいのです。
まいすく家、ヨカ店です。
b0049152_19110592.jpg


by tenmorimori | 2018-05-10 19:14 | 晩ごはん | Comments(0)

榮料理店

旧友夫婦との第二夜は石川の榮料理店。
ここは間違いないでしょう!
旬を迎えた沖縄のもずく。
b0049152_20051502.jpg
お通しはほうれん草の胡麻和え。
b0049152_20051595.jpg
近海アカマチ(ハマダイ)と新玉ねぎの畑(ハル)パッチョ、これ美味しい!
b0049152_20051325.jpg
みんな大好きジーマミー豆腐の揚げだし。
b0049152_20051367.jpg
見事な揚げ具合のトウモロコシが美味しいなー。
b0049152_20051345.jpg
バター焼き、間違いない!
身がぶりぶりだ。
b0049152_20051424.jpg
空芯菜とエリンギの炒め。
b0049152_20051455.jpg
これこれ、必ず食べたい海ぶどうのソーメンタシヤー。
b0049152_20051425.jpg
テビチのから揚げ黒酢ソース。カリカリねっちりと美味しい。
b0049152_20051430.jpg
やっぱりここは特別だなー、石川まで高速を飛ばして来る価値あり。

by tenmorimori | 2018-04-12 20:13 | 晩ごはん | Comments(2)