ちゅらかじとがちまやぁ

2019年 07月 30日 ( 1 )

札幌大通西 魚彩酒家またつ

こちらも北の名店「魚彩酒家またつ」。
札幌に来たときは必ずコースに入れる、旅の行程が決まったらすぐ予約を入れる。
そして今回も新千歳空港から直行。
まずは出されるお通しを見るとまたつに来たなぁって実感する。今夜はどんなワクワクを感じるのだろう。
b0049152_19023409.jpg
蛸。
b0049152_19023451.jpg
ホタテの塩辛。
b0049152_19023512.jpg
北海縞海老。
b0049152_19023537.jpg
そして出鼻をガツンと責められるような雲丹の茶碗蒸し。
卵液の中には熱の入った雲丹、そして蓋をするようにエゾバフンウニがこれでもかと。
熱の入った雲丹と生の雲丹のコントラストが、これがもう絶品で・・・・
b0049152_19023598.jpg
刺身盛り。
b0049152_19023566.jpg
大好きな活北寄貝。
b0049152_19023553.jpg
時鮭(ときしらず)
b0049152_19023698.jpg
あおやぎとホタテ。
b0049152_19023616.jpg
蝦夷アワビの肝のきれいな事。
b0049152_19133333.jpg
活ボタン海老。もぞもぞ動いてます。
b0049152_19160572.jpg
焼き物はキンキ。これはこれは、北の魚の脂の乗り方は九州の魚と全然違う。
b0049152_19133482.jpg
またつには、季節ごとに北海道中から旬のものが届く。
b0049152_19133498.jpg
毎回これが楽しみで楽しみで。
個人的にまたつの宝船と密かに呼んでいる松前蒸し。
b0049152_19160628.jpg
アワビ、海老、貝類からはもちろん、下に敷かれた昆布からも存分に出汁が出ていて蒸されて熱々の器の角から最後の汁まで飲み干す。
親父さんがカウンターの中でなにやらカシャカシャと何かの殻をむく音が聞こえる。
そして出されたのは北海道の大きな甘海老の天丼!
あー美味い、これは美味い。
b0049152_19133408.jpg
その甘海老の頭をたっぷり使った味噌汁。濃厚!
b0049152_19133440.jpg
b0049152_19133302.jpg
デザートはあまおうとカベルネ・ソーヴィニヨンのシャーベット。
b0049152_19133321.jpg
はぁ~~~、今回も素晴らしい味体験。
次はいつ来られるかなぁ、出来たら次の冬に来たいなぁ、ご馳走様でした。

by tenmorimori | 2019-07-30 19:28 | 北の国 | Comments(0)