ちゅらかじとがちまやぁ

2018年 06月 07日 ( 2 )

でいご食堂の天国のヒヤチューからの島豆腐レアチーズケーキ長命草ソース

ぺんぎんあいりさんのインスタグラムになにやら衝撃的な写真がアップされ目は釘付け。
石垣島新栄町のでいご食堂の冷やし中華の写真だった。
今度の出張で食べに行くーとコメントしたら、有難い事に都合をつけてアテンドして下さるという。
でいご食堂の冷やし中華。チャーシュー抜き、卵・胡瓜増し増しのあいりさんバージョン。
b0049152_19072669.jpg
薄焼きで細かくスライスされた錦糸卵はふわっふわでえらく美味しく、同じく丁寧に細切りされた胡瓜とよく合う事。
具に隠れてほとんど見えない麺は中細のストレート麺。
タレがなんとも甘すぎず酸っぱすぎず、あいりさんの言うようにこの冷やし中華の味はヘブンだ。
焼き餃子は表裏を焼いたよく焼きバージョン。薄皮がパリパリに焼けて食感のコントラストが美味しい。
b0049152_19072689.jpg
あいりさんのもやしラーメンを味見。やや甘めのスープに石垣島の細いもやしが旨い。
b0049152_19072661.jpg
もう1軒食べさせたいと連れて行ってくれたのは舟蔵の里。
広大な敷地に重厚な建物が作られ、建物の周りは様々な木々が生い茂って緑がまぶしい。
そこのカフェスペースで島豆腐レアチーズケーキ長命草ソース。
b0049152_19072733.jpg
おほほほほこれはこれは、レアチーズケーキの酸味とコクはきちんと感じられながらも重くない。
さらに長命草のソースが絶妙に青臭さを感じさせ、暑い石垣島にぴったりの爽やかさ。
あいりさん、ありがとうございました。おかげさまで石垣島での食の楽しみが益々広がります。
次もあの冷やし中華食べそうだ(笑)

by tenmorimori | 2018-06-07 19:19 | 石垣島 | Comments(0)

梅雨だけれども初夏の陽気の八重山

西表島の最果ての集落船浮。
船着き場から少し山道を歩いて集落の反対側に行くとイダの浜と言う人工物の一切ないビーチが広がっている。
イダの浜に続く道はきれいに掃除され、ホウキ目が入れてある。
木漏れ日が心地よい。
b0049152_18435266.jpg
b0049152_18435207.jpg
イダの浜。
b0049152_18435200.jpg
b0049152_18435382.jpg
石垣島に戻り、翌日の早朝に川平湾に行ってみると観光客の増える時間前で、店も閉まっている。
凪いでるなー、こんな川平湾は初めて。
b0049152_18435449.jpg
b0049152_18435387.jpg
ベタ凪で鏡のようになった海面に雲が映る、そして透明な海に船が浮かびなんとも不思議な雰囲気だ。
b0049152_18435468.jpg
干潟にくもり空が映っている。
b0049152_18440444.jpg
唐人墓駐車場の向かい側に海に続く道があった。
b0049152_18435424.jpg
トンボが先導してくれる。
b0049152_18435486.jpg
宮良農園のお庭。
b0049152_18435504.jpg
仕事も終わっていつもの場所で飛行機搭乗までの時間調整。この日は特に気持ちの良い風景だった。
b0049152_18440439.jpg
ジンベイに乗って那覇に戻る。
b0049152_18440405.jpg

by tenmorimori | 2018-06-07 18:55 | 風景・スナップ | Comments(4)