ちゅらかじとがちまやぁ

2012年 08月 10日 ( 3 )

札幌最終夜 森のレストラン「やぎや」

積丹半島ドライブを終え、Sさんがアテンドしてくれたのは札幌でも知る人ぞ知る自然素材にこだわった「やぎや」というレストラン。
店名にあるように、ヤギを飼い、その乳でチーズを作り、薪窯パンは道産全粒粉とヤギ乳酵母から作られる。
とにかく自然の素材を大切に、自分で作れるものは敷地内で作られている。
札幌郊外の森の中に山小屋風木造の洋館が建っている。
b0049152_19402955.jpg
b0049152_19404158.jpg
b0049152_19405630.jpg

前菜はヤギのフレッシュチーズのカプレーゼ風。
やや酸味のあるヤギのチーズと濃い味のトマト。
b0049152_19505073.jpg

自家製フランクフルトソーセージとコールスロー。
b0049152_19515285.jpg

きっちりと詰まった身が美味しい。
b0049152_1952571.jpg

この後ろが調理場となっていて次の料理の音や匂いが流れて来、いやがうえにも期待が高まる。
b0049152_19534947.jpg

作っているのはボクよりも上の年配の女性一人なのだ。
ガスパッチョに野菜。パン2種。
b0049152_1955536.jpg
b0049152_1956304.jpg
b0049152_19564417.jpg

素材のチカラとはこう言う事なのか、食べてすぐに旨いのではなく、ここまで食べてきて、ん?なんだこれ、なんだこの美味しさ、身体の内から自然に湧き出る欲求というか、そんな気持ちが現れてくる。
野菜も美味しいし、パンも美味しいし、バターもえらく旨い。
夏野菜のバーニャカウダ。
軽くグリルされた野菜の味の濃い事。
b0049152_2012093.jpg
b0049152_201831.jpg

メインは子羊のロースト。高級フランス料理店と違い、あくまでも肉肉しさを感じるロースト。
釧路近郊で育てられた子羊は、北海道でも羊を育てる名人で“ひつじおとこ”呼ばれている人の生産した肉とのこと。生後8か月だ。
ラム肉の美味しさがぎゅっと詰まった一品。
この肉の味は濃く、ソースなんか要らないくらいに旨味に溢れている。
b0049152_2063997.jpg

続いてリゾットは、出た!北海しま海老、そして大豆と古代米。
b0049152_2074727.jpg

海老の出汁とチーズのこく、大豆の甘さ・・・・・・わたくし、お替りしました(笑)
b0049152_2084560.jpg

デザートはヤギチーズフレッシュのテリーヌ、ベリー添え。
b0049152_2010359.jpg
b0049152_20104629.jpg

ラズベリーやグースベリー、敷地内に植えられていて料理やジャムにも使われている。
野性味たっぷりの野のイチゴたちは最高に旨い。

あるんだなぁ、こういうレストラン。
b0049152_20185056.jpg

Sさんに連れて行かれないと絶対に行けてないなぁ、今日1日ありがとうございました。
こりゃまた札幌に来なきゃ!

翌日は朝から空港へ。
b0049152_20193264.jpg

空港で豚丼
b0049152_20195440.jpg

福岡空港で、また787。
b0049152_2019596.jpg

沖縄に戻って、余市の大粒で美味しいサクランボを食べながら早くも次の札幌に思いを馳せる。
b0049152_20212962.jpg

by tenmorimori | 2012-08-10 20:22 | てんたびめん | Comments(5)

みーばるビーチでカレーを食べよう!食堂かりか

食堂かりかまでちょっと足を延ばしてネパールカレー。
b0049152_1703419.jpg
b0049152_1704250.jpg

注文をして、風に吹かれながらしばし待つ。
b0049152_1715092.jpg

以前食べたようなワンプレートランチは9月に復活するそうだ。
注文したのはキーマ茄子カレー800円。
b0049152_1743799.jpg
b0049152_1744681.jpg

美味しいカレーだなぁ。
こんなロケーション、うはははは。
b0049152_1752954.jpg

by tenmorimori | 2012-08-10 17:06 | 昼ごはん | Comments(4)

積丹半島ドライブ

魚政で寿司を堪能し、Sさんの友達Kさんをピックアップして向かったのは小樽方面。
積丹半島のドライブだ。
確か毛無山と言う嫌な名前の山(笑)の展望台。増毛(ましけ)に行ったら行って来いでチャラかな(笑)
小樽の街が見渡せる。
b0049152_7213290.jpg
b0049152_7214199.jpg

途中お勧めの山中牧場ソフトクリームを食べる。
クリームは周りの木々の緑に染まる。
b0049152_721586.jpg

羊蹄山を横目に見ながら着いたのはここ。
b0049152_726463.jpg

この日は北海道にしては暑い日だったが、高原には風が吹いて気持ちよかった。
神仙沼目指して歩く。
湿地の先に神仙沼があった。条件が良ければ湖面が青く見えるという。
b0049152_7275436.jpg
b0049152_728259.jpg
b0049152_7281283.jpg

b0049152_729036.jpg
b0049152_7291362.jpg
b0049152_7292384.jpg

岩内に下りて昼ごはんは泊原発のすぐ近くのお勧めの平安荘という民宿&食堂。
ウニ丼目当てだったが、まだウニが出てないとのことで3色丼を食べる。
イカ・ひらめ・甘海老の3色。うめぇ~~~~!
b0049152_7362874.jpg
b0049152_737133.jpg

丼はもちろん美味しかったけど、ラーメンが非常に旨そうだった(笑)
食堂の横にはいかにも北海道の建物。
b0049152_7374370.jpg

さてボクは運転はSさんに任せてすっかりお客様、すみません。
積丹半島の西の海岸線を北上し、神威岬に着く。
いつも強風が吹き荒れている場所で、車のドアの開閉には注意。
現在は岬の先端には行けなくなっているそうで、この日はガスっていて海もいまいち青くなかった。
天気がいいと、海はカムイブルーと言われる青い色に染まるらしい。
b0049152_7432121.jpg
b0049152_7432932.jpg

しっかしこの風、冬はさぞかし凄いんだろうな。
そして次は積丹岬。
ここは駐車場から徒歩でトンネルをくぐっていく。
思い出すのはハワイのダイヤモンドヘッド登山道の途中にあるトンネルだ。
b0049152_745438.jpg
b0049152_7455399.jpg

今度はうそみたいに晴れ上がり、海の色が沖縄みたいにきれいだ。
b0049152_746385.jpg
b0049152_7462477.jpg

余市へ下り「燻製屋 南保留太郎商店」で珍しい燻製を買い込む。
そして余市では今サクランボの出荷が始まっていると聞き、これは買わなきゃと柿崎商店に寄ってもらってサクランボを買い込み小樽へ。
b0049152_7555254.jpg

小樽では潮祭りの真っ最中。Sさんの知り合いの雑貨屋さんへ顔を出し、ちょっとだけ運河を見て札幌へ戻る。
b0049152_755382.jpg

雑貨屋さんは歴史的建造物を使用して営業されている。
b0049152_7563362.jpg

倉庫の中にびっくりドンキー
b0049152_7565757.jpg

この夏一番の気温のこの日、積乱雲も出ていた。沖縄とは違って不思議な見え方だなぁ。
b0049152_842951.jpg

b0049152_85296.jpg

銭函海水浴場。
b0049152_873286.jpg

北海道の海水浴は砂浜にテントを張ってバーベキューをするのがスタンダードなスタイル。
余市から海岸線を走るとちょっとした砂浜にもたくさんのテントが並び、短い夏を楽しむ姿が印象的だった。
札幌市内の大きなイオンモールによってもらい、ユニクロでジーパン(デニムとか言わない(笑))を買う。
実は神仙沼でしゃがんだ拍子に、気に入っていつもはいていたジーパンのお尻のポケットの下が横に裂けて。
それから車に乗り降りする度にどんどん裂けてきて、このままでは超セクシーショートパンツになりそうだったので急遽購入。
そして今夜は札幌郊外にある、ほんとうに隠れ家的なレストラン「やぎや」でディナーなのだ。
by tenmorimori | 2012-08-10 08:13 | てんたびめん | Comments(7)