ちゅらかじとがちまやぁ

滞在23時間福岡で食べたもの から揚げ餃子うどんカレー

土曜日18時過ぎに福岡空港に着いて、レンタカーを借りて雨の中東へ向かう。
目指すは王香(わんしゃん)。
真っ暗な山道の途中にある隠れた名店。
数十年前は福岡市東区箱崎の赤のれん節ちゃんの向かいで屋台営業されていた。
当時20代のボクはここで食べた鶏のから揚げと餃子に衝撃を受け、何度か行ったがそのうち屋台が出ないようになった。
数年前SNS上でそれらしい情報を見て感動の再開だった。店内は当時のお母さんが変わらず餃子を包み、店内のテーブルは屋台の屋根を外して車輪付きの下の部分を改造して使ってある。
以前の話ししたときに、夜はお客さんが途切れたら閉めるときもあるよと言われてたので、焦って店に着くと、良かったまだのれんが出ていた。
良かったーと扉を開けるとお母さんが悲しい顔で「あちゃー、餃子が丁度終えたとよ、から揚げならまだヨカよ」って。
しょうがない「ヨカですヨカです、んならから揚げとご飯と味噌汁下さい」と席に着いた。
見るからに高温の油でジャーッと揚げられ、仕上げに胡椒と塩の混ざった粉をかけられ完成。
これこれ!
b0049152_09484222.jpg
まずは持ちやすい腿の部分から食べる。
かぶりつくと、高温で素揚げされ薄くなった皮がパリッと弾けて肉汁が飛び出てくる、ここで絶対火傷するがボクは経験者なのでそうならないように用心できるのだ(笑)
どうですこの胸肉のジューシーさ。
b0049152_09484293.jpg
夢中で食べていると、先に小上りで飲んでいた地元の男性グループが先に注文を入れていた餃子三人前のうちから一人分をボクに譲ってくれるという。
おー、ありがとうございます!ボクが入店したときの絶望的な顔に同情してくれたんかなぁ。
という事でお母さんが一つ一つ包む野菜たっぷりの餃子、いつもより美味しゅうございました。
b0049152_09484346.jpg
翌朝、小倉で朝5時半に起きて朝6時から開いてるめん処たけやで小倉名物肉うどん。
岡山のテレビ局が取材に来ていたので岡山の皆さん、ボクがちらっと映るかもしれませんww
肉うどん(小)
b0049152_09484390.jpg
おろし生姜と粗挽き唐辛子は必ず!
カリカリのたまねぎ天とごぼ天をトッピング。カリカリの部分とつゆに浸ってふわふわの部分を楽しむ。
b0049152_09484362.jpg
昼は福岡大名でスリランカふくおか
フミオさんの情報で知り、ここのヌードルカレーが以前食べ以来食べたくて食べたくて。
フミオさんの教え通り、カレーに浸ってない部分のビーフンの美味しさも格別なので、今回はビーフン大盛りで注文。
これで余裕を持って焼きビーフン自体の美味しさとカレーに浸ってとろりとなったビーフンの美味しさを存分に味わえるぞ。
b0049152_09484379.jpg
これを書いている今、すでに食べたいww



by tenmorimori | 2018-04-17 10:55 | 博多んモン | Comments(1)
Commented by 博多のまみ at 2018-04-18 00:45 x
こんばんは。福岡にお帰りだったんですね。さすが、師匠。食に貪欲です。スリランカふくおかに今度行ってみます。