ちゅらかじとがちまやぁ

SNSでの発信

ブログの更新が滞っておりますが、やめたわけではありません。
インスタグラムツイッターフェイスブックではほぼ毎日記事をアップしておりますので、そちらでもお楽しみください。

# by tenmorimori | 2019-12-04 09:30 | Comments(2)

中尊寺~盛岡~乳頭温泉の旅

毎年恒例の秋のみちのく旅。
去年は行けなかったので2年ぶりの乳頭温泉黒湯目指して秋田空港へ飛ぶ。
2017年の見事な紅葉の旅
レンタカーを借りて、まずは平泉の世界遺産中尊寺へ。
紅葉には少し早かったが、多分のこの日の数日後には見事だったはずだ。
でもこの湿った濃い緑も良いなぁ。
金色堂は写真撮影NGなのでしっかりと目に焼き付けた。
b0049152_18375187.jpg
中尊寺本堂。
b0049152_18375293.jpg
b0049152_18375170.jpg
不動明王。
b0049152_18375155.jpg
はぁ~~~、気持ちいいなぁ。
b0049152_18375113.jpg
b0049152_18424553.jpg
この後盛岡で美味しい鶏モモを食べて乳頭温泉へ。
標高が上がるにつれて錦秋の景色が広がってきた。
乳頭温泉に着いたころには暗くなっていたので紅葉は見えなかったが、結構な雨が降っていたので葉っぱは落ちてるだろうな。
雨で水かさが増した先達川の川音がいつもより激しい。
朝目をさまし、明るくなるのを待って露天風呂へ。
b0049152_18423100.jpg
b0049152_18423195.jpg
泊まった部屋からの景色が素晴らしい。窓枠に小さな三脚を置いて取る。
b0049152_18424460.jpg
b0049152_18424434.jpg
ひんやりした空気の中で浸かる白濁した温泉がたまらない。また来年も来よう。
明るくなるにつれて雲が晴れてきた。
b0049152_18423143.jpg
b0049152_18424510.jpg
b0049152_18423070.jpg
b0049152_18423127.jpg
ブナ林を縫いながら黒湯を後にする、黒湯はもう2週間ほどで雪に閉ざされて来年5月まで休業に入る。
b0049152_18423175.jpg
さて、秋田駅近くの美味しい中華そばを食べに行こう。


# by tenmorimori | 2019-11-01 18:53 | 風景・スナップ | Comments(0)

PASTA!PASTA!!PASTA!!! Vol.4 ARDOR その2

料理が始まります。
今回、ARDORの専属ソムリエ石原さんがノンアルコールのドリンクペアリングをやってくれるのでお願いした。
前菜として、パスタ作りには参加しない比嘉シェフのイタリア旅で食べた思い出の料理。
鰻の薪・炭火焼き シチリア島 やんばる豚のジェラティーナ サルディーニャ島。
b0049152_17355428.jpg
この緑のソースの美味しい事。
薪で焼かれた鰻は香ばしくパリッとふっくらと。
b0049152_17355495.jpg
ペアリングドリンク。
トマト水を使ったもの。飲んだことが無いような味、美味いっ!
b0049152_17355486.jpg
b0049152_17355478.jpg
さて、パスタが始まります。
まずは9月でBACARを卒業する雄三さんのアンダリノス/浅利 唐墨 サルディーニャ島。
このパスタは1本1本指で台に押し付けながらねじられてこの形になります。一皿分の分量だけでも結構な手間。
濃厚な浅利出汁が絡み、唐墨の塩気と香りが立ち昇る、一皿目からカウンターパンチです。

b0049152_17355575.jpg
次のペアリングドリンクはローゼルと紫蘇、だったと思う。すみません今度からメモします。
b0049152_17355582.jpg
パスタ二皿目は、乾麺を使ったサッシさんのスパゲットーニ/ソースはズッキーニ・ミント・バジル シチリア島。
こんな美しく美味しいパスタが食べられるなんて。配膳されてチーズグレーターでリコッタチーズがかけられます。
コクと爽やかさの見事な融合。
b0049152_09595529.jpg
三皿目、エリちゃんがてぃーあんだの心を込めて作ったクスクス/夜光貝 魚のスープ シチリア島。
b0049152_09595509.jpg
夜光貝の殻から濃厚魚介スープが注がれます。
b0049152_09595470.jpg
b0049152_09595482.jpg
クスクスとスープを絡めるとあー、美味しい、魚も夜光貝も美味しい!シチリアと沖縄の融合だ。
ペアリングドリンク。
b0049152_09595481.jpg
ラベルにもなっているがマンビカー(シイラ)を使ったと石原さんが言ってたような。
続いて四皿目。これもエリちゃん作ロリギッタス/羊 パプリカ サルディーニャ島。
生地を伸ばし指でねじりながらリング状にしたパスタ。
本当は山羊を使いたかったらしいが、良い山羊が見つからず羊を使ったとの事。
もちっとしたパスタにソースが絡み羊肉の香りをまとって美味しい。
b0049152_09595443.jpg
b0049152_09595453.jpg
次のペアリングドリンクは柑橘系、だったかな。
b0049152_09595552.jpg
次のパスタは、れこれををやると決めたサッシさん自体が後悔するほど手間のかかるもの。
福田萌子さんがイタリアで餃子を作った時に同じようなパスタがあるよと教えられたもの。
餃子の様に生地を伸ばし、中身を入れて編み込むように包んだもの。
五皿目、クルルジョネス/黄金芋 やんばる鶏 トリュフ サルディーニャ島。
b0049152_09595560.jpg
パスタの部位によって茹で具合が微妙に違い、モチモチだったりアルデンテだったり、それが美味しい。
具材の黄金芋の甘さとやんばる鶏のスープの塩気、パスタの食感、それらを包み込むトリュフの香り。
ペアリングドリンク。
やんばる産の貴重な紅茶を水出ししたもの。いやいやいやこりゃ美味しいじゃないですか。
石原さんに聞いたら、生産量が限られているため一般にはなかなか入手困難らしい。
b0049152_10311277.jpg
六皿目、とりを飾るのは雄三さん。マッカローネス ディ ブザ/県産伊勢海老 サルディーニャ島。
このパスタは鉄の棒に巻きつけて作る中空の長いマカロニの様なパスタ。
b0049152_10311318.jpg
薪火で焼かれた伊勢海老のグインとした歯ごたえ、クラッシュドナッツのかけられたパスタのソース・食感、はぁ~~~美味しいずっと食べていたい。
蕎麦湯の様に、パスタの茹で汁が出された。
b0049152_10311383.jpg
ソムリエ石原さんの今回の自信作 エスプレッソの表層にピスタチオのミルク。素晴らし!
b0049152_10311256.jpg
ドルチェ
ブリオッシュ コン ジェラート/ピスタチオ ヌテッラ
パンに挟まれた2種のジェラート。エリちゃん作。
b0049152_10452991.jpg
お土産は、雄三さんのグエッフス。アーモンドの粉を丸めたお菓子。
b0049152_10311209.jpg
開始前の萌子さんの説明で、イタリアには今600種類以上のパスタが有り、いろんなソースや調理法で食べられている種類を考えると数えきれないほどのバリエーションが存在するはずとの事。全くそうだと思う。
イタリアの人たちは毎日の家庭料理の中でいろんなパスタを作って食べているんだなー、そして大変な手間をかけられているんだなーと感じる夜でした。
こんなパスタのイベントはおそらく東京でも無いんじゃないかと言う萌子さんの言葉に大きく頷きます。
ARDOR仲村さん、シェフ、スタッフの皆さん、そして福田萌子さんありがとうございました、ご馳走様でした。
福田萌子さんは秋からのアマゾンプライムビデオの主演も決まったようですが、是非また5回目を企画してください、待ってます!

# by tenmorimori | 2019-09-21 11:00 | 祭り・イベント | Comments(0)