ちゅらかじとがちまやぁ

久留米のグルメ 松尾食堂 久留米荘

あの松尾食堂の閉店が近いという噂が飛び交っているので行ってみた。
土曜の昼だったが、普段通りの落ち着いた雰囲気で営業中、はぁ良かった。
カツ丼950円とお吸い物100円を注文。
何十年も使われているであろう蓋付き丼で登場。
b0049152_18430533.jpg
自分史上日本一のカツ丼。
厚めのロースカツには胡椒で下味が付けられている。
出汁の色がほぼ透明なのが松尾食堂の特徴だ。昔ながらの甘い味付けのつゆがご飯にまんべんなくコーティングされている。
いつも卵の加減が素晴らしい。
b0049152_18431207.jpg
会計の時に聞いてみると、店主が高齢なのでまあいずれは閉店しますよと、後継者は居ないみたいだ。
この素晴らしい空間と味よいつまでも。
b0049152_18431497.jpg
ボクはいつもカツ丼を食べるが、お客さんのオーダーを聞いていると肉丼の注文が多い。
久しぶりに肉丼も食べたいが、2杯も食べられないので初めて松尾食堂で持ち帰りをした。
大切に沖縄へ持ち帰り、冷蔵庫で保管して電子レンジで温めなおす。もちろん分厚いたくあん2切れも付いてくる。
卵の黄身を乗っけて唐辛子を散らしネギをトッピング。
b0049152_18431396.jpg
細切れにされた牛肉とたまねぎにはすき焼き風の甘い味付けがなされている。うまかぁ~~~~!
ここまで来たら久留米荘のうどんも持ち帰らないとね。
クリスピーなごぼう天ときつねをトッピング。
b0049152_18431300.jpg
うまかぁ~~~~!
あ、別日ですよ(笑)

# by tenmorimori | 2017-12-12 18:57 | 博多んモン | Comments(4)

長浜市場会館 博多魚がしの朝どんぶり

朝7時から開いてる、長浜の魚市場会館にある博多魚がしで朝丼。
旬の魚を海鮮丼にした旬丼の定食。
鰤と真鯛とマグロ系の魚かな。
小ぶりな丼で朝にぴったり。美味しいなー
b0049152_18121409.jpg
定食なので小鉢と味噌汁と鰤の揚げ煮。
b0049152_18121501.jpg
鰤の大きいことったら。こうでなくっちゃ。
b0049152_18121531.jpg

# by tenmorimori | 2017-12-12 18:17 | 博多んモン | Comments(0)

博多呉服町 もつ幸のもつ鍋と宇宙猫

所用により博多1泊。
着いてから呉服町に直行して移転したもつ幸でひとりもつ鍋。
移転して広く明るい店内になったが、以前のごちゃごちゃした雑多な雰囲気が懐かしい。
鶏がらの白湯スープで酢醤油に柚子胡椒や粗挽きの唐辛子で食べるのがもつ幸のスタイル、博多でも珍しい部類のもつ鍋だ。
餃子の皮が被せられているのがもつ幸のもつ鍋。
b0049152_17532814.jpg
ぐつぐつ行ってきたら店員さんが餃子の皮を鍋に押し込み野菜を混ぜてひと煮立ちしたら食べごろ。
ボクは水餃子を追加することが多い。
b0049152_17532824.jpg
b0049152_17532943.jpg
さて、
b0049152_17532996.jpg
やっぱり好きだなー、もつ幸のもつ鍋。
そして大きな楽しみがこれ!
特製のチャンポン麺を摺り胡麻をたっぷりかけて残ったスープを吸わせて出来上がり。
ボクが勝手に呼んでいる「胡麻麺」
これを食べないともつ幸に来た意味が無い。
b0049152_17532966.jpg
b0049152_17532981.jpg
櫛田神社方面に向かっていると、博多の老舗蕎麦屋古式蕎麦ひさやの横がえらい事になっていた。時代の流れだ。
b0049152_18183867.jpg
b0049152_17540157.jpg
新しいタイプのホテルらしい。外国人客が多いみたい。
博多の町もどんどん変わる。


# by tenmorimori | 2017-12-12 18:06 | 博多んモン | Comments(3)