ちゅらかじとがちまやぁ

北海道~東京麺報告

b0049152_20172433.jpg念願の巣鴨古奈屋でカレーうどん食いました。

日本中のじじばばが集まって来てる様な
参道をちょこちょこ歩きで,
とげ抜き地蔵横の古奈屋へ
揚げもち入りのカレーうどんを頼みました。


b0049152_2018188.jpg作り方は,片手なべを持ったおばちゃんが
右側の寸胴からカレーのルーをひとすくい鍋の中に入れ,
次に左側の寸胴から濃い目のすめを入れてかき回します。

でもって最後に牛乳を入れてひと煮立ちさせて,
うどんの入った丼にじゃーっとかけます。


何とも奇天烈な見た目の古奈屋カレーうどん

すぐに目の前に出された丼の中では
うどん玉のなかの空気がごぼっごぼっと
坊主地獄のように浮かび出てきてます。
ココナッツカレーみたいに白っぽいすめから
顔をのぞかせる麺は,細目で透明感があり,
しっかりエッジが立ってます。

かなりな江戸美人麺です。

噛むとクリュクリュして
のびはあまり無いが歯ごたえはかなり良かったです。

すめは微妙なつぶつぶを感じ,
基本のルーには,野菜と肉が複雑に溶け込んでいるようで,
飯にかければ,そのへんのカレー屋より
よっぽどうまそうでした。
ちょっと辛めで,牛乳が甘みとこくを出しているようです。

でも,たしかにここでしか食べられませんし,
非常に高いレベルでうまいのですが,
普通のカレーうどんで1200円は高すぎです。
池袋にも支店があります。



b0049152_20204059.jpgそれから,へのさんおすすめの中野青葉へ,
さすが武蔵と人気を二分する人気店,
小一時間ほど並んで
やっとカウンターに座れました。

いやーまいりました。
東京のラーメンはほんとにレベルが高く,
スープの複雑濃厚な味は,
もはや簡単にラーメンと言って良いのかとさえ考えました。
店をやっているひとは日々研究なのでしょうね。てぇへんだー
# by tenmorimori | 2002-10-14 20:14 | てんたびめん | Comments(0)

掲示板

こちらから
# by tenmorimori | 2001-11-19 20:14 | 掲示板 | Comments(0)

YOSEMITE

前日までの写真追加
ステイプルズセンターのバルコニーからロサンゼルスのダウンタウンを見る
b0049152_13314674.jpg

グレイハウンドバス
b0049152_13155325.jpg

車窓からの風景
b0049152_13161514.jpg

バーガーキングでの昼食
b0049152_13135461.jpg

ロサンゼルスのダウンタウンで朝食
b0049152_13142143.jpg

ハリウッドで「ナイトメア ビフォア クリスマス」時間表
b0049152_1315133.jpg

実際に映画で使ったセット&人形。これらの写真はさとしさんをくやしがらせ・・・いや、喜んでもらうためにアップしました(笑)ゴメンナサイ
b0049152_13164574.jpg

b0049152_131726.jpg

b0049152_13171584.jpg

11.3
バスの中では、後ろの方の席の革ジャンを着た青年が夜っぴて隣席の女の子をくどいていた。深夜バス、それもなれないアメリカの深夜バスでなかなか眠れず、うとうととしかけては目を覚ます事を繰り返している内にサンフランシスコの町並みが見えてくる。
ベイブリッジを渡って到着する。朝5時過ぎ、まだ日が昇っていず街には人は殆ど歩いていない。レンタカーオフィスは6時30分にならないと開かないので、24時間オープンのカフェに朝食を食べに行く。
b0049152_13303147.jpg

ユニオンスクェアに隣接して通るパウエルストリートは見事に人が居ない。ここはケーブルカーの転回地点になっている場所。坂を降りてきたケーブルカーを人力で180度回転させ、今度は上りに向かわせるのだ。昼間は観光客でごった返す場所は静かに夜明けを待っていた。こんな光景はなかなか見られない。
朝食は5枚重ねのパンケーキ。疲れた身体に甘さが心地良い。
b0049152_13304988.jpg

レンタカーオフィスが開くと同時に申し込み、間もなく夜明けを迎える町に車を走らす。行き先はゴールデンゲートブリッジ。着く頃には朝日が射して来た、今日も良い天気になりそうだ。ここも早朝で人が居ない。ゆっくりと景色を楽しむ。
b0049152_13322241.jpg

b0049152_13323620.jpg

仮眠をとったりして時間をつぶし、友人MとMの英語学校の仲間JとUをピックアップしにダウンタウンへ戻る。
Mの部屋でシャワーを浴び、JとUも到着。さあ!ヨセミテに向かってGOだ!
ベイブリッジを渡り、オークランドへ。フリーウェイの交わる場所は10車線以上の広さがあるので、しっかり標識を見てないととんでもない車線変更をしなければいけない。
ヨセミテに行くには580号線を東進しなければいけないのだが、なぜか頭の中でウェストとインプットされて、580WESTの表示に従って走ってしまう。着いたのはバークレイ。UCLAの本校がある町だ。時間はロスしたが枯葉舞うしっとりとした学園の町を見られたのは良かった。すまぬすまぬと今度は東へ向かって走る。
丘陵地帯を抜け、小さな町を抜け、だだっ広い平地を走り、暗くなってヨセミテのエリアに入った。それにしても空が広い。
b0049152_17272174.jpg

b0049152_17273275.jpg

真っ暗な森の中を走り、ようやく予約していたモーテルが見える。
b0049152_17382094.jpg

食事を済ませて部屋に戻り、ジャグジーに入りに行く。水着が無いのでトランクスだ。でも、満天の星と、大きな杉林を見上げながら入るジャグジーは気持ち良い。
朝になる、今日も天気が良い。アメリカンな朝食が旨かった、特にハッシュブラウン。
b0049152_17392382.jpg

b0049152_17393577.jpg


さあ、遊びの日の行動は素早く!ヨセミテバレーに向け一路車は進む。山道をくねくね進むと段々と雄大な風景になっていく。
b0049152_1744338.jpg

b0049152_17452759.jpg

まさに神々が住む場所だ。
高さ1000mの一枚岩「エルキャピタン」。フリークライマーの聖地である。よーく見ると豆粒みたいに見える人間が登っている。
b0049152_17453228.jpg

b0049152_17454556.jpg

ヨセミテのシンボル「ハーフドーム」
b0049152_1746542.jpg

b0049152_17461718.jpg


見るもの見るものあまりのスケールの大きさに息を呑むばかり、草原でランチを食べたり(ガーデンバーガーのまずいこと)写真を撮ったりするうちに帰る時間になる。
再訪を胸に誓ってヨセミテを後にし、サンフランシスコへ5時間を越えるドライブだ。全行程、運転出来るのはボクだけだったが、道が快適なのと、風景がきれいなので疲れは少ない。
途中軽く迷ったが、方向感覚のみで勝負して無事サンフランシスコ到着。マジックアイランドから見る夜景は素晴らしかった。レンタカーを返し、皆と別れて明日は帰国。

サンフランシスコ空港にて
日本人のバカップル:新婚旅行らしいカップルは奥さんが思い切り不機嫌。だんながピザを買ってくると「ハンバーガーって言ったじゃない、買ってきてよ」、だんな「いいじゃないピザで」「我慢してよ」「えーーーっ?」。ハンバーガーと言われてピザを買ってくるセンスもいかがなものかと思うが、奥さんもブーブー言わずに、人の話を聞かないダンナなら自分で買いに行けば?と思う。この人たちは新婚旅行の間、いっぱい喧嘩したんだろうな。
チェックインカウンターで、ボクの乗る便がオーバーブッキングでボランティアを募集していた。次の便に振り替えてもらったら、ファーストクラスで途中ハワイの高級ホテルに泊まってゆっくり日本に帰れるらしい。食事も航空会社負担。こういうときにサラリーマンは辛い、手を上げたかったなぁ~~

そんなこんなでボクの一回目のアメリカ旅行は終わった。日本に帰って写真をDPEに出すと、飛行機代よりもお金がかかってしまった。リバーサルフィルムをだいぶ使ったからなぁ。
# by tenmorimori | 2001-02-28 13:17 | Go Abroad | Comments(4)