ちゅらかじとがちまやぁ

洋食味処 こうちゃん

久茂地にある「洋食味処こうちゃん」。オーナーシェフのこうちゃんが創作料理を食べさせてくれる。
b0049152_22174554.jpg

今日は1800円のお任せコース。
まずは、アボカド、サーモン、もういの前菜。わさびの効いたソースがアボカドに良く合う。生のもういは予想外の旨さ。
b0049152_22175771.jpg

水菜と鴨のサラダ。臭みのない鴨、と水菜がすがすがしい。
b0049152_2218959.jpg

イカとまこも竹のソテー、旨い!
b0049152_22182163.jpg

評判のタコス。ピリ辛のピクルスとサルサソース、サワークリームが付く。
b0049152_22183556.jpg

評判どおり、皮もタコミートも旨い。サワークリームがプロの技だなぁ
b0049152_22184643.jpg

ウンチェー(空芯菜)ともやしのソテーに牛肉がのっかる。
b0049152_22185731.jpg

パエリア。スペイン料理店で食べるパエリアよりも油が少なく美味しい。
b0049152_2219938.jpg

コースの他にうなぎのオムライスを頼んだ。写真はピンボケ、残念。フライパンでうなぎを焼き、その上からしめじ入り卵混ぜご飯をぶっかけて焼いたのだろう。スパニッシュオムレツのようななんとも不思議な味。ソースはケチャップを使った酸味のあるソースがたっぷり。
b0049152_22192126.jpg

b0049152_22193114.jpg

# by tenmorimori | 2005-09-09 22:29 | しかまんけぇ | Comments(5)

モス タンドリーチキンバーガー くろしお 生イラブーそば

今日は朝飯が食べられなかったので、仕事に向かう途中でモスに寄る。
b0049152_1814485.jpg

やっぱりモスは旨い。期間限定のタンドリーチキンバーガーを食べたけど、なかなか本格的なタンドリーチキンでスパイスの効きは抜群だった。モスを改めて見直した。

本日の昼飯は宜野湾にある「くろしお」と言う店。生のイラブー(ウミヘビ)を出汁に使ったそばが食べられると言う。丁度Cooさんからお誘いの電話があったので一緒に行く事に。
b0049152_182072.jpg

行ってみて分かったのだが、この店は宮古そばの店だった。
生イラブーそば(小)600円を注文。
出てきたそれは、見た目かなり上品だ。立ち昇るかつおの香り。
b0049152_1821268.jpg

まずはスープから。初めてのイラブーである。啜ったほんの瞬間だけ、クンっと普通のそばとは違う風味が鼻に抜ける。これがイラブーの匂いなのだろう。生なのでそんなにクセはない。と言うか燻製の真っ黒なイラブー汁は食べた事が無いので比較しようがない。
食べ進むと、しっかり出汁の効いた美味しいそばだ。美味しいスープは食べている内に微妙に味が変化して飽きさせないものだが、ここも滋養たっぷりであろうスープは最後まで飽きさせない。最後の方にあえてコーレグースを入れたり、紅生姜を入れたりしたが、この店はストレートで飲んでしまうのがいいみたいだった。
麺は宮古風の細麺、かまぼこも宮古のかまぼこでクニュクニュと旨いっ!
首里そばや玉家のスープはストレートでもちろん美味しいが、この2店に限ってはボクは最後にコーレグースを少したらす。コーレグースで劇的にさらに美味しくなる魔法のスープだからだ。

くろしお
宜野湾市愛知238-2
098-892-1965
11:30-15:00
水曜休
# by tenmorimori | 2005-09-06 18:02 | 沖縄すばDay By Day | Comments(7)

食堂 いなか 宮古そば

台風は沖縄直撃コースからはずれ、本土に向かっている。本土のみなさん、ご油断無く。
那覇新港へ仕事で行くが、強力台風の余波はけっこうきていて、岸壁では大きな波が砕けていた。
b0049152_14515355.jpg

この近くで未食のそばはと考える。と、以前J子から聞いた、宮古そばが旨いと言う食堂が近くに有る事を思い出す。以前たずねたときは少し長い休業中だったのだ。行ってみると今日は開いてた。
b0049152_145256.jpg

引き戸を開けるといきなり座敷で、普通の家を改造したようだ。数人が座敷に座り、そばを食べている。
メニューを見ると、テビチやソーキの煮込みが名物みたいだ。
b0049152_14522087.jpg

宮古そば500円を注文。ここの宮古そばは具は普通に麺のうえにのっかっている。ねぎの匂いが食欲をそそる。ズズッとスープを啜ると・・・・・
b0049152_14523181.jpg

豚の風味というか、もうここまでくると“匂い”がドンッと来る。八重食堂のスープをストロングにした感じ。かつおの風味は殆どと言って良いほどない。豚と昆布と塩の旨みで食わせる上質で迫力ある塩スープだ。観光客など意識せずに、古くから地元の人に定着した味。
肉はロース肉で醤油が効いた濃い味付け。麺は亀濱だろうか?細い扁平麺でスープが良く絡む。風味の強いねぎと相まって旨い!ずみっ!

いなか
那覇市安謝
58号線を安謝から新港の方へ曲り、すぐ左側の地域
探して下さい。すみません。


J子(♂)は、ずっと以前から沖縄に恋焦がれ、どっから調べてくるのか、ディープな情報をこちらに送ってくる。感度の良いアンテナを持っているようだ。
# by tenmorimori | 2005-09-05 14:53 | 沖縄すばDay By Day | Comments(8)