ちゅらかじとがちまやぁ

<   2017年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

北谷 VONGO & ANCHOR(ボンゴ&アンカー)で美味しいサンドイッチ

ZHYVAGO COFFEE WORKS(ジバゴコーヒーワークス)が手掛ける新しい形態のカフェ「VONGO & ANCHOR(ボンゴ&アンカー)」でとある打ち合わせ。
海を目の前にデリカテッセンやコーヒーが楽しめる気持ちの良いカフェ。
ジバゴコーヒーから海沿いに歩くとすぐにある。
サーモンとアボカドのサンドイッチプレート。プレートにするとサラダとスープが付く。
b0049152_18332029.jpg
海老のサンドイッチ。
b0049152_18333355.jpg
美味しいサンドイッチだなー、副菜も美味しい。
b0049152_18340012.jpg
ミネストローネ風のスープ。量もたっぷりあって本格的に美味しい。
b0049152_18334797.jpg
とにかく店の造りもかっこ良くておしゃれなのだ。そして広々としている。
場所柄、アメリカ人のお客さんも多い。
b0049152_18341186.jpg
b0049152_18342349.jpg
珈琲はもちろん美味しい、だってジバコだもん。
b0049152_18343555.jpg
b0049152_18344632.jpg
b0049152_18350394.jpg
b0049152_18351427.jpg
b0049152_18475344.jpg
ジバゴは珈琲専門なので、なにか食べるものが出せるお店をと始められたそうだ。この日は最高に気持ちの良い日曜日で、こんな場所で美味しい朝食が食べられるなんて。
b0049152_18405798.jpg
b0049152_18410835.jpg
いいなー、こんな店。北谷の海側ががぜん面白い。
b0049152_18412418.jpg
2階に上がり、アイスチョコレートを飲みながらタイムレスチョコレートの林さんと熱い話。
b0049152_18413588.jpg

by tenmorimori | 2017-02-20 18:46 | 昼ごはん | Comments(0)

ファイダマ(faidama)で紅豚のトンカツ定食

去年の4月にオープンして、その料理の美味しさにファンになった日とは多いファイダマ。
野菜の美味しさに驚く人は多いが、FBで見たトンカツが美味しそうだったので紅豚のトンカツ定食にした。
定食には前菜が必ず付いてくる。
ピーナッツの香りが芳しいじーまみー豆腐、胡麻たっぷりの白和え、白菜のコールスロー?
いやぁー、やっぱり美味しい。薄皮1枚剥いだようなクリアな美味しさ。
b0049152_20365585.jpg
b0049152_20370807.jpg
良い豚ってやっぱり脂が美味しい。臭みなくあっさりと溶けていく。
そして元気いっぱいの野菜と自家製の人参ドレッシングがとにかく美味しいのだ。
b0049152_20373089.jpg
カツオ出汁の優しいお汁。
b0049152_20372096.jpg
試食させてくれた肉みそがやばいくらいご飯に合う、生姜が効いている。
b0049152_20374127.jpg
ご飯をお替りして、べにふうきと言うやんばるで栽培されている紅茶を注文。
美味しーなー。
b0049152_20381041.jpg
ファイダマは、肉の定食、野菜の定食、八重山そばとじゅーしーの定食があり、その時の食材で調理方法は変わるので、いつ行っても飽きさせない、お勧めっ!
b0049152_20382164.jpg
振り返るとこんな景色が。頑張ってるな赤瓦家(あかがーらやー)
b0049152_20383412.jpg

by tenmorimori | 2017-02-18 20:46 | 昼ごはん | Comments(0)

琉球麺 茉家の黒いやつ

茉家では大将の気まぐれで、レギュラーメニューのほかに期間限定で変わりそばが出される。
FBで告知されるので油断できない。
今週は待ちに待ったイカ墨そばとイカ墨ジューシー。
茉家のイカ墨そばとジューシーを食べたら、ほかの店では物足りなくなる、それくらい美味しい。
イカ墨が濃厚で、たっぷりの野菜と分厚くて柔らかく煮込まれたイカ、豚肉、揚げかまぼこ等々、汁が真っ黒で分かりにくいがそれがまた食べるときの楽しみだ。
イカの香りとイカ墨のこくがたまらない1杯。
今回の分は今まで茉家で食べたイカ墨そばの中でも群を抜いて美味しい。
b0049152_20215296.jpg
ジューシーがこれまた・・・・・
b0049152_20214135.jpg
でやっぱり(笑)
b0049152_20220344.jpg
追加仕込をしてくれたようで、来週火曜日まで食べるとか食べられないとか。
そばに満足して、午後は石川の街を走る。
もうこんな建物も少なくなってきたなぁ。
b0049152_20221578.jpg


by tenmorimori | 2017-02-18 20:29 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

藁焼きみかんと能古島

沖縄を出る飛行機が30分以上遅れたが、なんとかJ子、ナユちゃんと合流。
ボクが予約していたのは藁焼きみかん。
このやちむんに盛られた刺身が食べたかった。
b0049152_19470907.jpg
鰆、鰹、穴子は藁を焼いて炙ってある。鯛も鮪も烏賊もレベルの高い福岡に有って標準以上の美味しさ、あー美味しい刺身だ。
b0049152_19473130.jpg
鯖のきずし。
b0049152_19464883.jpg
b0049152_19465817.jpg
ナユちゃんが大好きな呉豆腐。葛で固められている。
b0049152_19472017.jpg
これは是非もの!鴨の棒葉焼き。味噌がえらく美味しいのだ。骨付き肉も乗っかっている。
b0049152_19474372.jpg
穴子の白焼きは塩と本山葵で。
b0049152_19475596.jpg
b0049152_19480794.jpg
能古島へ渡る最終便に乗って古賀家に泊まらせてもらう。
遅い時間だったが、まずはイチゴ大福、これ美味しい!
b0049152_19482260.jpg
ボクが持って行ったタイムレスチョコレートの黒糖とカカオ果肉のキャラメル。
b0049152_19484111.jpg
博多湾で養殖されている「万葉牡蠣」。
大きくて味が濃い。
b0049152_19590193.jpg
翌朝、目が覚めるとうっすら雪が積もっていた。
ともえもこの春から小学生。サンタさんから貰ったというピンクのランドセルがピカピカだ。
b0049152_19591206.jpg
シズカさんが淹れてくれた美味しい珈琲を飲んで出発。
船着き場まで送ってくれた。
b0049152_19592399.jpg

by tenmorimori | 2017-02-17 20:02 | 博多んモン | Comments(0)

軍艦島上陸 2017.1.8 SIGMA sdQuattro

軍艦島に上陸してきた。行ってから知ったのだが、軍艦島は外洋の波の荒い場所にある孤島なので、ツアーが運休したり海に出られても上陸できずに軍艦島を船の上から見て帰るだけと言う場合も珍しいことではないらしい。現にボクが行った翌日のツアーは午前午後とも運休になっていた。
天気は上々だ。
軍艦島上陸ツアーのクルーズ船。
b0049152_19194436.jpg
途中、このツアー会社の本社がある高島へ上陸する。軍艦島資料館や三菱の創業者岩崎弥太郎の銅像が有る。(軍艦島は長く三菱の所有だった)
高島を出て間もなく見るからに怪しげな島影が見えてくる。
b0049152_19195654.jpg
おおおっ!まさに軍艦!
b0049152_19200811.jpg
島の小中学校の建物。
b0049152_19201901.jpg
丘の上の建物は三菱の社員の住居。ここだけは間取りが広くバストイレ付。
b0049152_19203366.jpg
この丘のどてっぱらをくりぬいて、ボタ(石炭ガラ)を24時間体制でベルトコンベアーで反対側の海に投棄していたらしい。
しかもそのトンネルの上は一般の居住区。
ツアーガイドの説明を聞いて奥に向かうと見えるのは、大正5年(1916年)に建てられた日本最古の鉄筋コンクリート造の共同住宅。
左側のくの字に曲がった建物も共同住宅だが、なんと防波堤の役目も兼ねていたという。住んでた人は大変だっただろうな。
b0049152_19204669.jpg
b0049152_19210583.jpg
波にえぐられた防波堤。
b0049152_19211883.jpg
波にブッ飛ばされた防波堤の断面。
b0049152_19355995.jpg
構造物のコンクリートの酸化が進み、鉄筋にまで達して鉄筋が錆びて爆裂して建物は徐々に壊れていっている。
b0049152_19213144.jpg
b0049152_19353520.jpg
船着き場の石垣。
b0049152_19214420.jpg
さらば軍艦島、また来る日まで。ツアーのスタッフの緊張感から海の状況がギリギリだったのを感じる。
日本最大の廃墟をじっと眺めていると、人が居なくなって40年以上経っているのだが濃密な人の気配を感じる不思議な体験だった。
かつては世界一の人口密度だった街の、人々の生活の残滓が残っているのか。
b0049152_19381946.jpg
長崎湾に入ると、長崎らしい景色が楽しい。
b0049152_19384740.jpg
b0049152_19390315.jpg
海から見るグラバー邸。
b0049152_19412333.jpg
b0049152_19414873.jpg
夜、稲佐山に登ってみる。
b0049152_19420159.jpg
さすが、夜景は素晴らしい。
b0049152_19421591.jpg
b0049152_19433370.jpg
動画を貼り付けときますね。
https://youtu.be/jVFJDsqzGCg
https://youtu.be/klORj4y3pdw


by tenmorimori | 2017-02-15 20:13 | 風景・スナップ | Comments(2)

自宅で博多うどん三昧

持ち帰った博多うどんをいろいろと。
博多の老舗うどん店「英ちゃんうどん」のごぼう天うどん。
ここのうどんは製麺所麺ではなく手打ちの自家製麺。
箸で持つとでろーんと完全脱力して垂れ下がって重たい。これが博多のうどんたい!
b0049152_19464991.jpg
うどんのお供は「牧のうどん空港店」買ってきたかしわ弁当。
茶碗二杯分のかしわ飯がぎゅっと詰め込まれているのだ。
b0049152_19470121.jpg
博多ではないが、久留米荘のごぼう天うどん。
b0049152_19442286.jpg
美味しいなぁ、店とおんなじやぁ。
もう一つ英ちゃんうどんの丸天うどん。ごぼうの入ったいわしの丸天が旨い。
b0049152_19544111.jpg



by tenmorimori | 2017-02-14 19:52 | 博多んモン | Comments(5)

久留米荘のうどんと又兵衛の餃子

早い時間に久留米に入って久留米荘でゴクニボうどん。
ごぼう肉うどん。
泡立つ煮込みうどんは久留米荘唯一無二のうどんだ。これもかと煮干しが効いて昆布の旨みががっしりと旨い。
b0049152_19303082.jpg
稲荷の揚げの味付けも煮干しの出汁が染みている、美味いなー。
b0049152_19304048.jpg
隣にあった久留米キムラヤが閉店してしまって寂しい。六つ門の本店もしっかりシャッターが閉まっていた。
b0049152_19305294.jpg
しばらくホテルで休憩して久留米の街に出て餃子の又兵衛でばあちゃんの餃子を食べよう。
そう、ここの餃子の焼きは全てこの店のばあちゃんがやっているのだ。
餃子2人前。
b0049152_19311747.jpg
おおいと思われかもしれないが、又兵衛の餃子は殆ど野菜で食後の胃もたれが無い。
餡の山。カウンターのトイレ前に座ると目の前で皮が伸ばされ、この餡が次々に包まれて焼かれていくのが見られて楽しい。
b0049152_19310540.jpg
キムラヤが閉店したばかりだが、セブンイレブンではキムラヤの名物だったホットドッグが早くも登場していた。
食べてみると、なかなかの再現率。
b0049152_19313099.jpg
久留米も美味しいもんが多いなぁ

by tenmorimori | 2017-02-14 19:40 | 博多んモン | Comments(0)

どうしても食べたいラーメンがそこにある

今まで色んな飲み会で何度も顔を合わせてる店主の店。飯塚の「来来」。
店主のその飄々とした雰囲気とは裏腹にとことん突き詰めた豚骨ラーメンを作っていて、友人たちの間でも驚きの声は多く、東京から有名なラーメンイーターも驚いて帰ったという。
日曜休み、朝10時半くらいから開いていて、昼前には売り切れてしまう事もあり、なかなか行けなかったが、折しも大寒波に覆われた日に飯塚まで行った。
今はバイパスが出来て便利になったが、昔だったらしょうけ越え、八木山峠越え、冷水峠越え、いずれのルートも雪で通行止めで行かれなかったな。
これが店の外観。看板も何もない。
b0049152_19075549.jpg
よく見ると営業中の札が。
b0049152_19074241.jpg
店は古いが清潔で余計なものは何もない、うるさい音楽もかかってない。
本当は11時開店だったのだが、お客さんが並ぶので開けられるときは早く開けるとですよって以前仰ってた。
1日2~30杯分のスープしか仕込まず、スープが切れたら閉店。
沖縄好きな店主が「あたしゃあ、すかぶらですけん仕事が好かんとですよっ」て(笑)
ちなみにすかぶらとは、怠け者とかを指す方言。
ラーメンを食べてみると分かるが、このスープを仕込むのは2~30杯が限度なのだろうな。すかぶらどころか、とんでもないストイックなラーメン職人だと思う。
これが来来の豚骨清湯ラーメン、美しい。豚骨のみで作られ、ネギさえも排除されている。
b0049152_19065917.jpg
b0049152_19071464.jpg
染みわたる豚骨の“出汁”が絡む中太の柔らかい麺。
驚きの豚骨ラーメンである。
b0049152_19072887.jpg
失礼だがこんな場所にこんなラーメンが有るなんて、福岡恐るべし。

翌日の朝は、久留米人のソウルラーメン「丸星ラーメン」で朝食。
24時間いつ行っても美味しい久留米ラーメンが食べられる。
朝日に燦然と輝く丸星ラーメン。
b0049152_19084885.jpg
固めんやら脂抜きやらねぎ多めやら無粋な事は言わずに、黙っておばちゃんに食券を差し出す。
おでんは取るよねー、餃子巻を一個とご飯と黄色いたくあん。
b0049152_19080986.jpg
たまらん豚骨臭を上げながらラーメン到着。
b0049152_19082172.jpg
相変わらずうめぇーなー。
左上の写真が面白い。アビーロードみたいに三号線を4人で横切っている写真ww
b0049152_19083563.jpg
沖縄に戻って、月曜日の今日、沖縄の誇る豚骨ラーメンを食べに行く。
風雲のねぎラーメンだ。
b0049152_19090004.jpg
今日のスープは、ややぽってりと程よい乳化で麺に良く絡む。
b0049152_19091289.jpg
風雲のラーメンは美味しいという人は多いが、実は餃子が本場博多に負けてないほど美味しい。どこで習ったっちゃろか?
b0049152_19092573.jpg
沖縄に風雲が有って良かった。




by tenmorimori | 2017-02-13 19:36 | 博多んモン | Comments(0)

ばあちゃんの焼きめし 北九州

北九州のブースカさんのブログに時々出てくる「月天(げってん)」の焼きめしがいつもとても美味しそうで、機会が有ったら食べたいとずっと思ってた。
その機会を作って行く、食べる、食べるったら食べる。
月天川渕町店。
b0049152_18372263.jpg
店に入ると、おばちゃんというか、おばあちゃん二人でやられている。
内装も涙もんの懐かしさ。
b0049152_18375298.jpg
奥の棚には丼と、チャーシュー、北九州のラーメンには欠かせないもやしが置かれている。
b0049152_18373625.jpg
ボクの経験上、ばあちゃんが作る焼きめしは美味い。
b0049152_18380699.jpg
あぁ~~~、美味いーこれこれ、これが焼きめし。
ラーメンは我慢したが、餃子を注文。
b0049152_18383374.jpg
ラーメンスープが美味しいのー。
b0049152_18381998.jpg
月天の焼きめしが思ったより少なかったので(多分ラーメンやチャンポンと一緒に食べる人が多いからだろう)、よぉーし!もう一つの焼きめしの名店「松崎ラーメン」の焼きめしも食べようじゃないの。
月天を出て若戸大橋に向かっていると、おおここは!
北九州市立総合体育館。
あのプリンスの今なお語り草となっている「ラブセクシーツアー」の福岡公演が行われた場所だ。帰ってから調べてみると1989年2月10日。
なんとこの日は2月11日!もう28年前かぁ。あの頃のプリンスは凄かったなぁ。
b0049152_18542792.jpg
そんなこんなで若松区の松崎ラーメン到着。
b0049152_18390426.jpg
今は息子さんに代を譲っておられるが、ボクが焼きめしを注文したらなんと先代の奥さんがエプロンをきりりと腰に締めながら登場、そう常連さんがいつも食べたいと願う先代の焼きめしが目の前で仕上げられていく。
やったー!ここでもばあちゃんの焼きめしが食べられる。
b0049152_18384767.jpg
おおお、月天とはまた違った焼きめし。これまた涙もんに美味しい。来てよかったなー。

かように北九州にはまだまだ昭和のラーメン屋さんが残る天国のような土地なのだ。でも最近みんなが愛するマルケンの閉店が有ったり、すこしづつ昭和の匂いも薄らいでいると聞く。
食べたい時に食べとかないと後悔することになるな。ブースカさん、勉強になります。



by tenmorimori | 2017-02-13 19:02 | 博多んモン | Comments(0)

SANS SOUCI 平日限定 冬メニュー 鍋焼きうどん

ひょんなことから誕生したというサンスーシィの鍋焼きうどん。
あのサンスーシィが出すんだもん、美味いに決まってるがその予想を超える美味しさに仕上がっている、なんじゃこりゃ。
b0049152_18224336.jpg
おばんざいは、苦菜と島豆腐の白和え。
b0049152_18225722.jpg
そして登場!サンスーシィの鍋焼きうどん。
b0049152_18231171.jpg
京都七味家の七味が付いてくる。
蓋を開けると・・・・・おおおおお!
b0049152_18232144.jpg
あえて厚めの衣でぽってりと揚げられた海老天が二尾、揚げかまぼこに九条ネギ、生卵、親ばか餅は焼いてある。つゆに沈んだお揚げと炙った鶏肉、そしてつゆをたっぷり含んだ車麩。
だしは甘めに味付けられ、贅沢な具材を上手にまとめる。それぞれの具材にこの甘いつゆが絡んでたまらない温かさと美味しさ。うどんはつるつるだ。
ご飯を貰ってこんな事する(笑)
b0049152_18233287.jpg
わははははは!
さすがです!
平日限定数量限定、どうしても食べたい方は電話確認したほうがいいですよ。
b0049152_18234684.jpg

by tenmorimori | 2017-02-13 18:31 | 昼ごはん | Comments(0)