ちゅらかじとがちまやぁ

<   2017年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Roguii~mon chouchou 合同10周年の宴

夏の夜会「今夜はキリギリス」から早くも5年。
今度の夜会は、Roguii(ロギ)モンシュシュ10周年の合同パーティー。
たくさんのお客さんとたくさんの子供たちが集まり、旧暦の1月1日に目出度いパーティー!
会場の正面にはモンシュシュさんのお菓子が並ぶ。
お菓子のチェスト。
b0049152_19185072.jpg
「10」のクッキーが飾られたケーキは後からデコレーションされる。
b0049152_19190543.jpg
b0049152_19192586.jpg
次々と料理が並べられるが、人が多くて写真がなかなか撮れない。
b0049152_19193933.jpg
b0049152_19195411.jpg
1巡目。
b0049152_19200805.jpg
b0049152_19202146.jpg
タンカンのケーキ
b0049152_19210006.jpg
2巡目。
b0049152_19211440.jpg
b0049152_19243134.jpg
カボチャのタルト。
b0049152_19252010.jpg
b0049152_19253937.jpg
アポー!
b0049152_19255585.jpg
b0049152_19260946.jpg
b0049152_19262325.jpg
b0049152_19263969.jpg
料理ももっともっと美味しそうなのがたくさん出されました、ほんとにロギの料理は美味しい。
たくさんの人たちがニコニコと存分に楽しんだ夜のピクニックでした。
10周年おめでとうございます!
b0049152_19292264.jpg
この後、加藤さんで開かれていた女子会に顔を出すという贅沢。
フォンダンショコラ。
b0049152_19303014.jpg
クレームブリュレ。
b0049152_19304219.jpg
試作品の試食。ふぉんだんショコラのカスタードをかけて・・・・ううう美味しい。
b0049152_19305700.jpg


by tenmorimori | 2017-01-31 19:38 | 祭り・イベント | Comments(0)

わらいそばのゆし豆富そば

空港に行く前に近場で美味しいそばと言えばここ「わらいそば」。
もちろんゆし豆富そば500円。今日は雨が降って肌寒いからより美味しく感じる。
今日も宇那志豆腐のゆし豆腐が旨い。
b0049152_17335803.jpg
もちろんこれをやらない訳にはいかない。
自家製アンダンスーが美味しいんよねー。
b0049152_17340956.jpg
お勧めします!わらいそばのゆし豆富そばとご飯。三枚肉の乗ったゆし豆富そばも有りますよ。

by tenmorimori | 2017-01-30 17:36 | 沖縄すばDay By Day | Comments(3)

恩納村 なかむらそばでアーサそば

今日の沖縄は凄く天気が良くて暖かい。
名護からの帰り、高速を使わずに58を南下。心はなかむらそばのアーサそばだ。
以前よりアーサの量が減ったような気がするが、麺にもかまぼこにもアーサが練り込まれている。
やっぱり美味しいなぁ。
b0049152_19211344.jpg
ジューシー旨し、最後はもちろんスープをかけて。
b0049152_19212565.jpg
潔い水平線だった。
b0049152_19245802.jpg

by tenmorimori | 2017-01-27 19:25 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

ひらおの天ぷら 福岡空港店

土曜日午後から会議なので、昼飯は何にしようかなと走っていたら、ひらおが開店直後で空いてる!
ノーマルの天ぷら定食に魚を1品追加。
準備は万端だ、味噌汁が美味しいんよねー。
小鉢に人気の塩辛、もやし、大根とサツマイモの煮もの。
b0049152_19064633.jpg
アマダイから始まる。
b0049152_19073325.jpg
キス。
b0049152_19074560.jpg
茄子と鯖と安納芋。
b0049152_19080011.jpg
ピーマン、イカ、二つ目の鯖。
b0049152_19081415.jpg
美味しゅうございました。
翌日曜日、沖縄へ戻る前に福岡空港の新しいフードコートの「博多カレー研究所」で激にぼカレー。
b0049152_19082711.jpg
豚骨スープのアゴ出汁カレーがメインだが、激にぼに惹かれて注文。
ごぼう天と焼きねぎをトッピング。
b0049152_19083885.jpg
おー、旨いじゃないか、思ったほど煮干しはぐいぐぐ来ないが、これがカレーの懐の深さだろう。
和風だしの初めて食べるようなカレーだった。ごぼう天が美味い!


by tenmorimori | 2017-01-27 19:15 | 博多んモン | Comments(2)

名護 八重食堂のソーキそばとじゅーしー

宮里そばを食べたら、八重食堂のそばを食べない訳にはいかない。
ソーキの(小)とジューシーを注文。
ご存知の方はご存じ、八重食堂のそばは熱々のスープがヤカンに入れられて出される。
b0049152_20120166.jpg
じゅーしーは昆布たっぷりで薄味。
b0049152_20121123.jpg
スープをたっぷり注いでいったっらっきまぁ~~す。
b0049152_20122299.jpg
あひぃ~~~、美味しい!
じゅーしーを少し残してスープを注いでww
b0049152_20123284.jpg
たまらん・・・・

by tenmorimori | 2017-01-26 20:15 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

山鹿温泉 彩座の馬刺し重

長崎県の多比良からフェリーで熊本県の長州へ渡り、玉名を通って山鹿温泉へ。
昼はこれでしょう!
彩座の馬刺し重880円。
b0049152_19552150.jpg
ここは熊本、辛子蓮根が旨い。
b0049152_19553393.jpg
b0049152_19554495.jpg
ボクは折に触れて山鹿温泉さくら湯に入りに来る。
昔の殿様が入った温泉が見学できるのだ。
b0049152_20014621.jpg
天井には龍の絵が描いてあり、湯に浸かるとこの絵が水面に映ってまるで龍が戦っているように見えるという。
温泉で腹が減ったら隣の山鹿温泉プラザにある「巻き寿司といなり ひろ瀬」で寿司の持ち帰り。
甘く優しい味付けはかあちゃんの味。
b0049152_19555565.jpg
福岡から高速を使って1時間足らずで極上の湯に浸ることが出来る。

by tenmorimori | 2017-01-26 20:06 | てんたびめん | Comments(0)

久留米 丸星ラーメンで朝ラーメン

丸星ラーメンは24時間営業。道から見える場所に大きな寸胴がみっつよっつ並んでいて、いつでもトンコツがグラグラと煮え立っている。
b0049152_20522580.jpg
NHKのドキュメント72時間に出てから一段とお客さんが増えた。朝からほぼ満席の入り。
これが久留米ラーメンだ。
b0049152_20523899.jpg
年齢を重ねると、どんどん美味しく感じてくる。
おでんも取るよねー、餃子巻と餅巾着。
b0049152_20525102.jpg
祈る安全運転。
最後に口直しで紅しょうがを少し。スープの底には大量の骨粉・骨髄が沈んでいる。
あー、また食べたくなった。福岡に居るなら今からでも走っていこうごたる。ユニオンじゃないが「いま開いてます」。
b0049152_20530358.jpg

by tenmorimori | 2017-01-25 20:59 | 朝ごはん | Comments(4)

千代町 玄風館

那覇から飛び立つ飛行機が機材の到着遅れで遅延、さらに福岡空港混雑のため上空待機。
40分ほど遅れた飛行機から降り、一縷の希望を託してタクシーで千代町へ向かったが、無情にも玄風館ののれんは降りていた。
泣く泣くあきらめ翌日の夜に再訪。こういう事にはしつこいのだww
カルビとロース1人前ずつ。玄風館オリジナルの甘くて辛いタレにまみれている、ワクワク。
b0049152_20412838.jpg
美味しいナムルはサービス。
b0049152_20414259.jpg
キムチ。
b0049152_20415470.jpg
b0049152_20420710.jpg
b0049152_20421787.jpg
煙もうもうの座敷で頂く。昔からちっとも変ってないなぁ。初めて来たときはあまりに美味しすぎて逆上して食べ過ぎて、家に帰って寝ていたら大腹痛。
食べて数時間後に下から出てしまった(笑)
千代町の店だけは、いつまでも変わらないでほしい。
b0049152_20423204.jpg
で、前夜どこに行ったかと言うと中洲の鉄なべ出合橋店。
ニラ玉は美味しかったけど、餃子の焼きが荒かった。
b0049152_20485460.jpg
b0049152_20490676.jpg

by tenmorimori | 2017-01-25 20:49 | 博多んモン | Comments(0)

サンポーの焼き豚ラーメン×基山の丸幸ラーメン コラボカップ

40年近く前から発売されている超ロングセラーの豚骨カップラーメン、サンポー食品の「焼豚ラーメン」。
ボクは未だにこれを超える豚骨ラーメンのカップに出会っていない、それくらい完成されたカップラーメン。
その焼豚ラーメンが時々いろんな企画を出してくるのだが、今回はローソン限定の「焼豚ラーメン×丸幸ラーメン」。
丸幸ラーメンセンターは佐賀県の基山町にある、白いスープが特徴の豚骨ラーメン店。
九州の高速が出来る前は国道3号線が物流の大幹線道路だった。久留米の丸星ラーメンと丸幸ラーメンセンターは大型車両も楽に停められる大駐車場を完備していて、どちらも24時間営業で多くのドライバーの食事を支えてきた。時代が変わり丸幸ラーメンセンターは少し違った場所で駐車場も縮小し、夜間は営業していない。
かたや全然変わっていない丸星ラーメンとは対照的な時代を経てきている。昔は丸星派、丸幸派が居てファンが争ってたが、味も雰囲気も変わってしまった丸幸にはボクはあえて行かなくなってしまった。
この二つのラーメンが組んで出したカップめんには興味津々。麺は福岡県がラーメン専用に開発したラー麦が使われている。
ローソンで買ってきて、丼に入れてクモさんから貰った上級有明海苔、へんこ山田の摺り胡麻をたっぷりかけて、一味と胡椒と白ネギで仕上げ。
b0049152_08441721.jpg
少しだけ丸幸ラーメンセンターの風味を感じる白い豚骨スープ、麺はさすがに美味しい。
でもこれはやっぱり昔から慣れ親しんだ焼豚ラーメンだ。
改めてサンポーの焼豚ラーメンのポテンシャルの高さをを認識したばい。

by tenmorimori | 2017-01-25 08:47 | 晩ごはん | Comments(2)

誠平~胃袋~ひばり屋 女たちの潮干狩り または男性禁漁区

誠平の金井さん夫婦、胃袋の麻子さん、ひばり屋のさちこさんが数年前から温めていた企画「潮干狩り」が2017年初頭に実現した。
なぜ潮干狩りか?数年前のその時に朝方まで飲んだ4人にしかわからない。
1月15日に胃袋で、そして1週間後の22日にAtelier cafe bar 誠平
ボクは22日の誠平に申し込んで見事当選!福岡出張からの帰りの便を早めて、いざ今帰仁へ!
会場に着くと、奇才金井エリさんの石板の様なケーキに目は釘付け。
b0049152_18324200.jpg
潮干狩り。やんばるのビーチに模したディスプレイは、わざわざクッキーを焼いて砕いた砂浜にコーラルに見立てたグラノーラ、貝の様なマドレーヌが配されている。
そしてきれいな海は瀬底島の蝶豆で色づけされたゼリー。
b0049152_18325672.jpg
出席者はそれこそ潮干狩りの様に好きに貝(マドレーヌ)を拾う。
b0049152_18330919.jpg
亮輔さんは、この時のための試飲でややヘロヘロ(笑)
b0049152_18332403.jpg
b0049152_18333988.jpg
ノンアルコールのボクにはスペシャルコーディアル、お替り自由!
b0049152_18335378.jpg
食前酒は誠平開店の頃から漬け込まれたスペシャルな酒。
b0049152_18341182.jpg
ひときわ緑が鮮やかな一皿目。
こんな明るい状況で麻子さんの料理が見られるのでドキドキだ。
b0049152_18342784.jpg
新えんどう豆と、スナップえんどう、スティックブロッコリーとチコリの葉に自家製チーズ。
かけられたジュレの美味しい事!
b0049152_18444826.jpg
藤本健さんの板皿に盛られた一品は、干した赤カブ、生のガーラ、キンカン?のスライス。
b0049152_18450253.jpg
b0049152_18451665.jpg
美しく美味しいなぁ、ほんとに。
ここでひばり屋さんから最初のスペシャルコーヒー。
浅煎りした珈琲に炭酸。飲んだ人からうぉっ!っと驚きの声が揚がる。
b0049152_18453301.jpg
豆と紫カリフラワー、ティラジャー貝にじっくり茹でられたビーツ、クッキー。(細かい説明は忘れました、すみません)
b0049152_18454763.jpg
ティラジャーの旨みの濃い事!
b0049152_18460163.jpg
カンパーニュはモンマルトルビスで特別に焼かれたもの。そろそろ肉かな?
b0049152_18461896.jpg
b0049152_18545827.jpg
藤本健さんの工房で出るガジュマルの木で燻された県産豚、九州の猪のロースともも肉。
燻製にはセミドライトマトとセミドライストロベリー。この組み合わせが悪魔の様に美味しい。
b0049152_18551388.jpg
さっきと同じ豆を今度は深入りして、ストロングな珈琲。
b0049152_18553165.jpg
石板の様なケーキが切られてきた。
みっちりと詰まったスポンジが噛めば噛むほど美味しさを増してくる。
b0049152_18554423.jpg
大歓声が上がったゼリーの海は天然素材の色なのだ。これ美味しかったー
b0049152_18555748.jpg
b0049152_18560900.jpg
プリン。
b0049152_18562286.jpg
お土産用甘さ抑えめビスケット。
b0049152_18563600.jpg
東京や大阪からこのために飛んでこられた人たちも大喜び。お土産にビスケットやマドレーヌ、ゼリーもたっぷりとありました。
仕掛け人の四人。
b0049152_18565035.jpg
そしてこのイベントの主役はあくまでも女性三人なのです。エリさんが「潮干狩りだけど、サブタイトルは男性禁漁区!(笑)」
沖縄の女性のパワーはすごいじぇ!
b0049152_18571100.jpg
この日この時間、日本中で一番幸せな時間を過ごしたのは、今帰仁に居た20人足らずのボクら客と仕掛けた4人かもね。
金井亮輔さん、えりさん、さちこさん、麻子さん素晴らしい時間をありがとうございました、そして黙々と頑張ってた誠平のスタッフさんお疲れ様でした。
また来年、潮干狩りしたいなぁ!(^^)!

料理 関根麻子

デセール&Souvenir 金井えり

珈琲 辻さちこ

ドリンク(食前、食中)きゅうじいぬ 金井亮輔


by tenmorimori | 2017-01-24 19:12 | 祭り・イベント | Comments(0)