ちゅらかじとがちまやぁ

<   2016年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

かでかるのワンタンメン

与那原のかでかるで久しぶりにわんたんめん。
会いたかったぁ~~ん。
端正だなぁ。
b0049152_18272748.jpg
北海道のとろろ昆布ごはん。
b0049152_18274378.jpg
スープとワンタンを合わせてこうなる。
b0049152_18275507.jpg
美味しゅうございました!


by tenmorimori | 2016-10-31 18:29 | 昼ごはん | Comments(0)

博多駅バスターミナルビルで牧のうどんとふきやのお好み焼き

博多駅近くで会議だったので、昼食は博多駅バスターミナル地下の牧のうどんでかき揚げ・肉うどん。
b0049152_18084261.jpg
かつてはキャナルシティや天神大丸の地下にあったのだが、撤退してしまったが、博多駅の直近に新たに都市型店舗が出来てうれしい限り。
しかし、郊外店舗と違って価格が微妙に高いのはしょうがないのかなぁ。店内製麺で釜揚げが売りなので、店舗面積も大きくこの場所だったら家賃も高いと思う。
それを考えるとむしろ安い価格なのだろう。
ただ、夕方に買ったかしわ弁当のかしわ飯の量が郊外店の半分ぐらいの量だったのがショック!半分ぐらいと行っても通常の弁当の量くらいなんだが(笑)
夕方の会議が終わり、飛行機に乗る前に早い晩飯は同じビル内にある「ふきや」でお好み焼き。
考えてみれば、福岡人の二大ソウルフードが同じビルで食べられるなんてありがたい事だ。
ミックスを注文してしばし待つ。
目の前には、これ無しには食べられないオリジナルのマヨネーズと粘土の様なソース。
b0049152_18091095.jpg
ミックス上がり!
b0049152_18092506.jpg
マヨネーズをたっぷりと乗っけると、お好み焼きの熱で透明な液体になる。
そしてボクは一味唐辛子を振る。
たまらんなぁ、いつも半分くらいで飽きてくるのだが、それも含めて大好きなふきやのお好み焼き。
b0049152_18094345.jpg

by tenmorimori | 2016-10-31 18:19 | Comments(4)

隆盛 自家製からすみ仕込中

所用が有って隆盛に寄ると、大将がボラの卵巣を掃除中。
丁寧に丁寧に掃除されてます。
b0049152_17354307.jpg
こんな状態のボラの卵巣って初めて見た。お腹の肉が付いてるんですねー。これがあの美味しい隆盛のからすみになるんだ。
b0049152_17350425.jpg
蕎麦猪口にコーヒーを淹れてくれて。
b0049152_17351645.jpg
丁度茹でられてたピーナッツを試食。
珍しい三粒ずつ入ったピーナッツは、大将の故郷鹿児島でも入手困難な品種で、大将の幼なじみが送ってくれるものらしい。
小さな粒だが、これが甘くて嫌みのない濃厚さで美味しい。
やっぱりその土地土地で美味しいものってあるんだなぁ、また勉強になりました。
b0049152_17353192.jpg
熊本のブランド栗「利平栗」で作られたポタージュスープを分けてもらって帰る。

by tenmorimori | 2016-10-31 17:52 | 隆盛 | Comments(6)

博多魚がしアゲイン

今回は1泊の出張だったので、1泊後の朝食はまたまた市場会館の博多魚がし。朝7時からやってるからべんり!
前日、ちらっと見えたイカ丼とイカ天のセット870円を注文。
b0049152_18032898.jpg
これですよ、コレコレ。天ぷらを食べるとはっきり分かるが新鮮このうえない。
b0049152_18033999.jpg
b0049152_18031515.jpg
これで870円は安かです。
こんなサインが。
b0049152_17294406.jpg

by tenmorimori | 2016-10-29 18:00 | 博多んモン | Comments(3)

GORDIES OLD HOUSE(ゴーディーズオールドハウス)でベーコンチーズバーガー

やっと爽やかになってきた沖縄。
座喜味での用事を済ませて快適ドライブ。
ハンバーガーが食べたいので、嘉手納のゴーディーズオールドハウスでランチ。
b0049152_17474261.jpg
いやぁー、こういうものは理屈抜きに美味しいですなぁ。
b0049152_17470794.jpg
b0049152_17471911.jpg
b0049152_17473182.jpg
店内には地元の子供たちがハロウィンの格好して誕生パーティーを開いていた、嘉手納の子供らしいなぁ、いい思い出になると思う。
相変わらずスタイリッシュな店内。
b0049152_17465342.jpg


by tenmorimori | 2016-10-29 17:51 | アメリカンフード | Comments(2)

王香(ワンシャン)から一九ラーメン糟屋 思い出のルート

会議が夕方に終わり、J子と合流して「王香(ワンシャン)」へ車を走らす。
店に着くと地元の人らしい客が座敷に1組。
もちろん思い出の屋台席に着席。
野菜たっぷりの餃子は今日も旨い(=^・^=)写真は2人前。
b0049152_17274137.jpg
鶏腿はもちろん一人一個。たまらんす、前回行ってからずっと食べたかった。
b0049152_17275267.jpg
スペアリブ。
塩胡椒のシンプルな味付けながら美味しい、そして臭みも無しで大好き。
b0049152_17280466.jpg
会計の時に客が切れたので、女将さんと娘さんとしばし歓談。箱崎時代の話や現在の場所ならではの話など、ここでは書けないが驚いたり爆笑したり。
次回もすぐまた行くだろう。
帰り道に「一九ラーメン糟屋店」があるのでピットイン。多分20年くらいぶり。
バイパスが出来る前は、筑豊地方へ抜ける唯一の幹線道路だったので、昔はもっともっと交通量が多くて賑わっていた。
b0049152_17283548.jpg
ボクが20代前半の頃にはわざわざ車を飛ばして行きよったなー。
今では代が変わっているが、店の作りも、凍らせたペットボトルの水も、カウンターの上の茹で卵も、持ち帰り用のペットボトルも変わってない。
カウンターのみの屋台みたいな店なので、座ったすぐ目に前に大釜で湯がぐつぐつ沸いている。
この店は昔から固麺のみ、替え玉なし。
一九の特徴はやっぱり甘いスープと軟らかいメンマ。そして昔からワンタンメンが有って、ここで豚骨ワンタン麺の味を覚えたといっても過言ではない。
変わらず美味しかったなー、ワンタンメン。
b0049152_17281804.jpg

by tenmorimori | 2016-10-29 17:39 | 博多んモン | Comments(0)

博多のタネでおでん

博多の台所「柳橋連合市場」の高松かまぼこでおでん種を買ってきてひとりおでん。
餃子巻、焼売巻き、餅巾着、がんも、飛龍頭、厚揚げ、ウィンナー天、枝豆天、高野豆腐サンド、結び昆布、野菜天・・・・・・
ちゃんぽんの麺と具材を練り込んだちゃんぽん天は売切れていた。
取り寄せた弘前の石川ソーセージの赤ウィンナーが丁度届いたので乗っける。出汁は佐世保で買ってきたアゴ出汁。
b0049152_09350751.jpg

by tenmorimori | 2016-10-29 09:36 | お取り寄せと旨い土産 | Comments(2)

スリランカ料理 天神ツナパハでヌードルカリー

午後からの会議に備えて、天神西通りの「ツナパハ」でヌードルカリー。
福岡のカレー人のある意味聖地。
海鮮丼がまだ消化しきれてなかったので、ここの人気メニュー、ビーフンとカレーを合わせたヌードルカリーが軽めでいい。
b0049152_17182393.jpg
辛くて旨い!
ランチにはサラダとアイスティー、ヨーグルトアイスクリームが付いてくる。
キャベツの繊細な切り方にびっくり、そしてドレッシングが美味しい。
b0049152_17181264.jpg
きんきんに冷えた器にヨーグルトアイス。痺れた舌に心地よい。
b0049152_17183673.jpg
平日なので、常連らしき人たちが次々に入ってくる。注文の仕方を聞いているとみんな慣れているな。

by tenmorimori | 2016-10-28 17:39 | 博多んモン | Comments(0)

博多魚がし 市場会館店

朝一便で福岡出張。
9時前に着いてレンタカーを借りて、都市高速に乗って長浜の魚市場へ急ぐ。
朝めしは決めていた、市場会館にある「博多魚がし」。
朝7時から新鮮な魚のご飯が食べられる夢の様な店。
その日に、すぐ横の市場から仕入れられた新鮮この上ない玄界灘の魚がたまらん!
なにかのテレビ番組で日本一の海鮮丼に認定されたらしい。
ちょっと高いが、旬の海鮮丼を注文。鯛の煮付け、小鉢、味噌汁が付いて1,300円。
旬の三種の魚のみの潔い盛りにワクワクする。ヤズ(若い鰤)、鯛、鰯の三種。
b0049152_17165960.jpg
小皿にわさびと丼タレ、刺身醤油、醤油をブレンドして混ぜてから刺身へかける。
b0049152_17172338.jpg
っしゃあ!
そろそろ秋めいて身が締まっとるなー、甘み旨味が最高。
鯛の煮付けも大きい!そして味付けは甘めの九州味、こりゃ旨か。
b0049152_17171146.jpg
b0049152_17164860.jpg
秋鯖が食べたくて胡麻鯖も追加注文。
b0049152_17173493.jpg
うん、これこれ、ねっちりと軟らかく甘い博多の鯖。摺り胡麻と甘くて濃い醤油が良く合う。
b0049152_17174623.jpg
b0049152_17175981.jpg
いい季節になってきたなぁ。
朝から中国人の観光客の方々がたくさん居て、賑やかな事。

by tenmorimori | 2016-10-28 17:30 | 博多んモン | Comments(2)

ピパーチキッチンの汁なし担々麺 と勝手にミニ丼

那覇市西町の人気カフェ「ピパーチキッチン」。
夏の人気メニュー「夏のさっぱり韓国冷麺」に替って登場したのが「汁なし担々麺」。
麺も特注で野菜たっぷりのピパーチキッチンらしい担々麺に仕上がっているようなので興味津々で食べに行く。
あまりガツンとした味や辛味にこだわらず、ホワジャオではなく辛味はピパーチで付けられているとの事。
でも安心してください、酢と辛いラー油、ピパーチは卓上に準備されます。
ドドーンと登場!野菜たっぷりで肉みそが旨そう!
汁なし担々麺と言うより、今はやりのまぜそばみたいだ。
b0049152_18571978.jpg
サラダと優しく美味しいスープ付きで870円。
b0049152_18573760.jpg
ぐりんぐりんと底の方から混ぜて食べる。
麺が旨い!製麺所に依頼した特注の麺は、つるつると口当たりよく、びよーんと伸びのある麺。
最初はそのままで充分美味しいが、途中からラー油や酢を適宜加え、この店オリジナルの赤い実のピパーチをたっぷりかける。
味が変化して更に美味しくなる。
そして勝手にミニ丼ww
汁なし麺は概して具材が丼の底に残るので、最初からご飯をもらってこれまた確信犯的に行為に及ぶ(笑)
b0049152_18575163.jpg
ははははは、そりゃ旨いっしょ。
しまった!スープをかければよかった、ボクとしたことがしくじったぁ(笑)
赤い実のピパーチはピパーチキッチンオリジナル。店で買えます。冷蔵庫にひと瓶有ったら心強いですよ。
ボクはカレーにたっぷりかけたりします。
b0049152_18580422.jpg
昨日のぬーじボンボンのカツ重もそうだけど、グランドメニュー以外で専門店に遜色ないメニューを打ち出してくる料理人ってすごいなー。

by tenmorimori | 2016-10-25 19:11 | 昼ごはん | Comments(0)