ちゅらかじとがちまやぁ

<   2013年 11月 ( 47 )   > この月の画像一覧

Ploughmans Lunch Bakery プラウマンズランチベーカリー

ランチ難民である。
昼ごろに所要で宜野座に行ったので、車海老食堂へ行くも5組待ち。
じゃあってことで、DAIKEIへ行ったら「大量のオードブル作成のため臨時休業」って、うそ~~ん。
すぐに取って返し、タイ料理のアリドイへ行ったら今度は定休日でもないのにシャッターが閉まっていた、うっそぉ~~~~ん!
それから島袋へ登り、ライカムからローズガーデンへ行ったら案の定駐車場は激混み。
怒りを通り越してふふふと笑いながら北中城へ。
サンスーシィ目指してたが、久しぶりにプラウマンズランチベーカリーに行ってみようと駐車場に車を停めて歩く。
気持ちの良い日だし、お庭の席が空いてなかったら引き返そうと階段を上ると大きな木の下のテーブルが空いていた。やっと昼飯にありつける。
宮崎あおいが歌いながらぶら下がっていた鉄棒も健在。
b0049152_20433295.jpg



プレートランチは、料理のプレートと食べ放題のパン、スープにデザート、そしてソフトドリンクが付いて1200円。
今日は沖縄でも年に何日も無い最高に気持ちの良い日だ。
木漏れ日と乾いた風に気分は上々。ランチ難民になって結果的によかった(笑)
b0049152_2046344.jpg


以下、写真はSIGMA DP3Merrill
b0049152_20475350.jpg
b0049152_20485696.jpg
b0049152_20475881.jpg

かぼちゃみたいな丸い器に入っているのは牛蒡のポタージュスープ。
b0049152_20482161.jpg

ひよこ豆のカレー風味。
b0049152_20485138.jpg

生ハムに木漏れ日が射し込む。
b0049152_20492272.jpg

ピンクグレープフルーツにはカッテージチーズ。
b0049152_20495846.jpg

麦旨いっ!
b0049152_20502962.jpg

はぁ~~~美味しかった。
b0049152_20514866.jpg

椅子の背。
b0049152_2052302.jpg

エスプレッソにはケーンシュガーを一袋ジャっと入れ、かきまぜずに一気に飲む。
そして残った砂糖をスプーンですくってジャリジャリと食べるのが好き。
b0049152_2054132.jpg


極上の一日は極上の夕焼けで暮れて行った。
b0049152_2054635.jpg

by tenmorimori | 2013-11-30 20:56 | 昼ごはん | Comments(2)

おとん元気に週末営業中

おとん池田さんは、徐々にではあるが回復へ向かっている。
現在は、金曜土曜の夜のみの営業です、頑張ってます。
b0049152_2031294.jpg

今週末は那覇マラソンのため、土曜は休んで明日日曜日は午後4時から開店。
定番ポテサラ。
b0049152_20301100.jpg

おとん名物のグルクン100%のかまぼこは、温めて出してくれるんで、ふわっとにちっと独特の味わいで旨いんだなぁ。
b0049152_20323823.jpg

by tenmorimori | 2013-11-30 20:32 | おとん | Comments(4)

京都ラーメン 林屋

この寒いのに屋外で立会い仕事。
北谷だったのでラーメンを求めて林屋へ行く。もちろんあの唐揚げも目当て。
つべこべ言わずに一心不乱に京都ラーメンを啜る。
ランチ限定の切落チャーシューメン。ご飯が付いて630円。
b0049152_2061039.jpg

博多でラー麦のラーメンを食べたばっかりなので、余計に麺が美味しく感じる。
薄いチャーシューがたっぷり入って、九条ねぎと絡ませて食べるとより美味しい。
唐揚げ2個250円。
b0049152_2075721.jpg

カリッカリであっちあちの唐揚げにはカレーパウダーをかけて食べる。
by tenmorimori | 2013-11-29 20:09 | 昼ごはん | Comments(2)

宜野湾大山 孔雀楼(ピーコック)

今日の沖縄は雨模様で寒かった。
こんな寒い日は汁物、あんかけ物が欲しくなります。
汁物であんかけと言えば、ピーコックの五目中華そば(正式名は広東五目スープそば)。
これと言って突出した特徴は無いんだが、ただ良い材料と丁寧に取られたであろうスープが旨い。
孔雀楼(ピーコック)の一番人気メニューだ。
b0049152_21555953.jpg

あったまるぅ~~~
by tenmorimori | 2013-11-28 21:58 | 昼ごはん | Comments(5)

鮨割烹やま中

博多・やま中で検索すると出てくるのはもつ鍋ばかり。
変わったもんだなぁ。
鮨のやま中は、博多を代表する鮨屋と言っても過言でない。
多くのすし職人を生み出してきた伝説の名店「河庄」で修業した店主が独立した昭和47年創業の名店である。
ボクは博多に居る時は給料日になるとよくホテルセントラーザの地下にあるやま中で鮨を1人前だけ食べに行ってた。
大トロの炙り鮨を有名にしたのはやま中だし、JR九州の豪華列車「ななつぼし」の中でも提供されている。
新装なった博多駅のAMU PLAZAにも出店されているので、沖縄へ戻る前に食べに行った。
b0049152_18364373.jpg

久しぶりのやま中なので特上握り4200円をお願い。
まずはひらめ」。
b0049152_18354210.jpg

中トロ。シャリは黒酢が使われていて黒っぽい。
b0049152_18373550.jpg

鯛。
b0049152_18364752.jpg

イカは塩で。
b0049152_18374696.jpg

車海老、頭は天ぷらで出してくれた。
b0049152_1838472.jpg

ひらまさ。
b0049152_18381063.jpg

雲丹といくら。
b0049152_1839815.jpg
b0049152_18384453.jpg

鮑、塩で。
b0049152_18401049.jpg

穴子。
b0049152_18403176.jpg

卵と鉄火。
b0049152_1841331.jpg

山芋と梅肉の高菜巻き。
b0049152_1841133.jpg

ネタケースの品数はあえて増やさず、限られた厳選地元のネタで勝負する。
これぞ博多の鮨だ!
最後に熱いほうじ茶が出される。
b0049152_18432027.jpg


やま中で修業された方が沖縄に店を出されているので今度食べに行こう。
by tenmorimori | 2013-11-28 18:47 | 博多んモン | Comments(6)

今、福岡のカレーがほんとにおもしろい Tiki(ティキ)

衝撃の「GARAM」のカレーの登場は福岡のカレー地図を塗り替えてしまった感がある。
遠くからなんば言いようと?と言われそうだが、遠くから見ているとそんな感じが強い。
福岡の食いもんと大人の遊びなら任せとけ(笑)のフミオ氏が足繁く通っているのは、昔から「シップスログ」、そして最近は「GARAM」とこの「Tiki」なのだ。
そして今回の福岡出張にかこつけて気になるTikiに行ってきた。
住所で言えば渡辺通5丁目、博多での魚介系醤油ラーメンの人気店郷屋の向かい側から路地裏に入り、一番奥のこんなところにという古びた民家を改造されて営業している。
客の少ないであろう昼前に行ったので2階のテーブル席に座った。
b0049152_8263327.jpg

新作のスパイスMAXチキンカレー800円をオーダー。
店主のおくさんなのか、笑顔の接客にほっとする。
スパイスMAXチキンカレー
b0049152_8271979.jpg

b0049152_8292921.jpg

スパイスMAXであるが、辛さはガラムカレーの方が辛い。
辛さよりも所謂スパイシーさを追求した配合なのかな。
食べるうちに感じてくる数々のスパイスのハーモニーに陶然となる。旨いなぁこれ。
ご飯はインディカ種のジャスミンライス。
普通のタイ米よりも香りが凄くいい。このご飯に添えられたライムを絞って食べるんでスパイスの辛さと見事に融合するのだ。
チキンはよくある煮込まれてほろほろのタイプではなく、身がぶりんとして噛み応えがある。
いやぁ~~~、趣味の良い店内と旨いカレー。
いい汗かいてご馳走様でした。
b0049152_8532087.jpg

当然ネットや口コミで人気は広がり、ボクが食べ終えるころには昼休みのサラリーマンやOLさんで10人以上の待ちが出ていた。

カレーを食べる為だけに福岡ツアーが出来るほど、福岡のカレー界のポテンシャルは高い。

路地裏カレーTiki
by tenmorimori | 2013-11-28 08:47 | 博多んモン | Comments(7)

どうした!博多ラーメン

J子と別れてホテルへ歩く。
途中ラーメンで〆た(さっき〆たやん(笑))
祇園町にある「うま馬」。
博多ラーメンの源流を謳う店で、大名店にも何度か行った事がある。
ラーメン。
b0049152_16255293.jpg

匂い、スープの味、流石博多のラーメン。
このぎりぎりの下卑た感じがたまらんのよねぇ~と麺を啜るとなんじゃこりゃあ~~~!
この不自然なこしと張り、はぁ~~~なんで昔の素直な麺を使わんとかいな。
最近うどんでもこういった風潮が見られるが、さぬきうどんブームの弊害と言っていいのか、なんでもかんでもこしがあればよかって言うもんじゃないバイ!おいさんは情けなか。

翌日、沖縄へ帰る前の〆(笑)
しばらくの祇園店に行く。
ラーメン。
b0049152_16333789.jpg

小さな丼になみなみとスープが張られ、きくらげもたっぷり、これがしばらくのラーメン。
しばらくのラーメンには擂り胡麻たっぷりが基本。
おーし!と麺をすすればこれまたあの変なこしと張り・・・・はぁ~~~がっくし。
見れば、福岡県が音頭を取って開発されたラー麦(ラーメン用小麦)を使った麺らしい。
だけん役人に考えさせたらイカンって!
そのせいかどうかは知らないが、今では120店舗以上でこのラー麦麺が使われているらしい。
同じラー麦でも製麺所や店によって配合や打ち方は変わるんだろうが、あの不自然さはどうやって出されてるんだろう、片栗粉でも混ぜてるんだろうか?
「いえいえ、このこしと張りがラー麦100%使用の特徴で、いままでの輸入小麦より美味しくなりました」ってもし言われても、そらあんたたちの勝手な考えやろ、昔から食べよったあの麺があたしゃあ美味しかと思うとりますばい。
先日行った元祖長浜の麺もその傾向が少し感じられてがっかりしたものだ。
いつも食べられないので、こういう変化には敏感になっているのか、とは言ってもやっぱり本場博多のラーメンは旨いのでなんだかなぁ、もったいないなぁ。
やっぱりほんとに旨い豚骨ラーメンは佐賀や久留米や北九州に行かないと食べられないのかなぁ、残念。
アメトーークでやってくれんかなぁ、華丸大吉仕切りで「どうした!博多ラーメン」。
by tenmorimori | 2013-11-27 16:48 | 博多んモン | Comments(7)

冬の博多は鯖でしょう

出張のため夜9時半過ぎに空港到着。
そのまま春吉に直行して「きはる」に飛び込む。
残業を切り上げてJが付き合ってくれた。
博多で鯖と言えばきはるだ!まずは五島直送の泳ぎサバ刺し。
b0049152_1643025.jpg

ねっとりと脂がのり、適度な弾力で噛むほどに甘みが出てくる。
やらしい色だなぁ・・・・(笑)
b0049152_1682639.jpg

b0049152_1642510.jpg

ボクが子供の頃は胡麻鯖なんて外で食べるもんではなかったが、近年全国的に有名になり、博多の居酒屋では大抵の店に置いてある。
でもきはるの胡麻鯖はやっぱり旨い!オーソドックスに旨い!これでいいのだ。
b0049152_1665218.jpg

飯に乗っける。
b0049152_1671461.jpg

鯨のベーコン食べたり・・・・
b0049152_168211.jpg

明太卵焼き食べたりしてあんな話こんな話。
b0049152_1694135.jpg

b0049152_16104281.jpg

〆に胡麻鯖茶漬けを食べて店を出て春吉の交差点で「ならね」の一言で別れる。
by tenmorimori | 2013-11-27 16:11 | 博多んモン | Comments(2)

港町食堂 王道 牛リブロースのカツレツ

久しぶりに昼時に行ったら待ちが出るほどの大盛況。
平日でこれなら休日はどんな状況なんだろう。
注文は黒板に書かれていたスペシャル「牛リブロースのカツレツ1000円」
b0049152_15444060.jpg
b0049152_15443178.jpg

ヒレと違ってスジもあるが、このデミグラスソースとの相性は最高です。
カツレツもいいけど、オムライス食べたかったなぁ。

港町食堂
by tenmorimori | 2013-11-27 15:46 | 昼ごはん | Comments(0)

ローズガーデン 茄子とビーフのカレー

最近ローズガーデンも方々のブログや雑誌等で紹介されているが、エッグベネディクトだったりパンケーキだったりフレンチトーストばかりがクローズアップされている。
実はローズガーデンはカレーも美味しい。
きっちり作られた正統派のレストランカレーなのだ。
グリル野菜が乗っかる。
b0049152_1495484.jpg

b0049152_14103223.jpg

適宜カレーをかけながら。
b0049152_14101987.jpg

いつ見てもきれいなサラダとコーヒーかティー付で1200円。
b0049152_1417438.jpg

最近はグリーンカレーも登場していてこれまた美味しそう。
by tenmorimori | 2013-11-25 14:12 | 昼ごはん | Comments(2)