ちゅらかじとがちまやぁ

<   2013年 04月 ( 39 )   > この月の画像一覧

博多2泊3日のたかざるき

「たかざるき」とは古い博多弁で遠出をすること。
市場会館で朝飯を食べた後、天気が良いので大濠公園のスターバックスへ。
新緑がきれい。
b0049152_173971.jpg

b0049152_173391.jpg

b0049152_175517.jpg

大濠公園は絵に描いたような休日の都会の朝(笑)
こぎれいでおしゃれな親子や、ランニングウェアをバッチリ決めたウォーカーやランナー、着飾った犬(笑)
みんなそんな風景の一部を演じているように見える。
スターバックスはマグカップが変わったんですね。
b0049152_1751618.jpg


その夜、中洲の出会い橋の上から川の風景。
b0049152_17214657.jpg

b0049152_17221399.jpg


三日目の朝、カーテンを開けると天気がいい!
そうだ!湯布院行こ!
そそくさとホテルをチェックアウトして、やよい軒で朝ごはん食べてから高速に乗る。
朝、ベッドの上で思いついてから2時間足らずで湯布院到着。
b0049152_1782278.jpg

自然な川のある風景がよかですなぁ。
b0049152_17203074.jpg

いつも立ち寄る「牧場の家」。
b0049152_17182596.jpg

湯布院駅からも近く、夢想園みたいに有名ではないので人も少なく、ボクにとっては気軽に露天岩風呂が楽しめる穴場なのだ。
立ち寄り湯は口開けだったので入ってから約30分、その間誰も来なかった最高のシチュエーション。
湯に浸かってiPhoneで写真を撮る。特徴的な双耳峰の由布岳が見える。
b0049152_17281697.jpg

随分登って無いなぁ、真冬の東登山ルート登攀は楽しかったなぁ。
牧場の家には水車があって、苔が見事に育っている。
b0049152_1726325.jpg

b0049152_17192286.jpg

ゆっくり温泉に入って、ゆっくり写真を撮って、辛子椎茸を買って混まないうちに福岡へ戻る。
昼過ぎには福岡帰着。
早起きは三文の徳!

PHOTO SIGMA DP3Merrill
by tenmorimori | 2013-04-30 17:31 | 風景・スナップ | Comments(5)

博多2泊3日 何食べた?

名前のない料理店以外で何食べたか、取り急ぎ。
ともえは元気、ちょっと会わないうちにすっかりおしゃべりになっている。
b0049152_16184699.jpg

那覇空港にて。
b0049152_16191636.jpg

二日目の朝は長浜の市場会館おきよ食堂で胡麻鯖の定食。
b0049152_1621593.jpg
b0049152_16211411.jpg
b0049152_16213196.jpg

鯖の煮つけも追加。
b0049152_16225647.jpg

身体にすんなり馴染むなぁ、やっぱり醤油のせいかなぁ、いりこ出汁の味噌汁の旨いし、こんな食堂が早朝からやってるのは最高です。
一日目のイベントが終わり、古賀家で晩飯。
買ってきたインドカレーとタンドリーチキン、ナンで。
b0049152_16275611.jpg
b0049152_16282071.jpg
b0049152_16281583.jpg


薬院にある肉肉うどんで牛蒡天を追加。
b0049152_16283018.jpg

最終日、空港に向かう前に博多駅の二葉亭でラーメン。
初めて二葉亭に行ったのは、もうかれこれ30年以上前、駅東店だった。
そこで初めて辛子高菜を食べた、衝撃の旨さだった。
ボクの知る限り、ラーメンに辛子高菜を合わせたのはこの店が最初だと思う。
その時から変わらず辛子高菜は辛くて美味しく、ちょっと太めの自家製麺も変わっていない。
最近は時流なのか麺の固さを聞かれるが、そんな事は聞かんでもいいのになぁ。
店に入って「ラーメン麦」といつもの一言。
ラーメンと麦ごはんの事。
辛子高菜は丼に入っていて好きなだけ取れる。
b0049152_16365616.jpg

必ず先にご飯が出てくるので、ラーメンを待つ間に辛子高菜で一口。
口の中がビリビリしてくるが、やめられないのだ。
b0049152_1638665.jpg

変わらぬ二葉亭のラーメン。
胡椒を2振り、ニンニクを少量、辛子高菜を適量。
もうこれは決まっているボクのルーティン。
b0049152_16395796.jpg

辛子高菜は切り方が大きいので、葉の中に唐辛子を隠し持っていて、それがスープに溶け出して底に溜まる。
ラーメンを食べ終えて最後にスープを飲むときにその唐辛子と胡椒を味わうまでがボクにとっての二葉亭のラーメンなのだ。
ねぎがたっぷり使われた炒飯も旨いし、野菜たっぷりのチャンポンラーメンも捨てがたい。
そんなこんなで熱い胃をかかえ空港に向かうのでした。
by tenmorimori | 2013-04-30 16:47 | 博多んモン | Comments(0)

さつま珍味 隆盛

名前のない料理店福岡のために福岡入り。
まず向かったのは「隆盛」
引き戸を開けるとカウンターはほぼ満席で、端っこの席に座る。
ママさんは体調不良でお休み、隆盛料理教室のお嬢さん方が手伝いで入っていた。
いつものように大将に身を任せて繰り出される料理を驚きながら喜びながら次々と食べる。
お通しは菜花、湯葉、湯葉の下には自家製じーまみー豆腐。
b0049152_12565753.jpg

じーまみー豆腐には大将のある隠し味が入り、なんともミルキーな味わい。
刺身盛り
b0049152_12581676.jpg

さてひとつずつ・・・・
まずはおこぜの薄造り。そりゃあもうしこしこで甘い。
b0049152_12585343.jpg

おこぜの表皮・内皮・胃袋、肝、真子。
なんとも淡く優しい歯ごたえと味。
b0049152_130591.jpg

壱岐の大きな鯵、うまぁ~~い!
おこぜに匹敵する甘みと歯ごたえ。
b0049152_1313919.jpg

子持ちシャコとぷっくりと厚みのある鮃のえんがわ。
b0049152_1325568.jpg

そしてそして、ここからは鯨の旨さを強烈に再認識させられる。
大将が不敵な笑みを浮かべて差し出す一皿。
鯨のすのこ。
胸びれの付け根、マグロで言えばカマトロの部分にあたるのか、希少な部位の肉。
b0049152_1352623.jpg

馬とも牛とも違う、さっぱりとした脂と赤身のバランス。
これ炙ったら旨そうですよね、と言うと大将がさっと炙ってくれた。
熱の入った脂が適度に溶けだして・・・・・・あわわわわ、じぇじぇじぇじぇじぇ!
b0049152_1373065.jpg

いわし鯨の自家燻製。
厚い皮は切り分けられて添えられている、この皮の旨い事ったら。
b0049152_139485.jpg

同じ皿に天然ウナギの燻製。
b0049152_1393327.jpg

あーーー、この燻製セット、食べ終わるのが惜しい。
いつもはママさんが担当する洋食シリーズ、今夜のビシソワーズは大将製。
ママさんのよりドライな感じで、やっぱり男性的なのかなぁ、これはこれで凄く美味しいのだ。
b0049152_13115984.jpg


そして後半は天ぷらから
by tenmorimori | 2013-04-29 13:31 | 隆盛 | Comments(2)

胡麻鰤丼とかけもずく

スーパーでおっさん主婦は、カゴをひじに下げアゴに手を当て「今夜はなににしようかな」と見ていたら、きれいなブリの切り身が売っていたのでとりあえず買う。
帰りながら確か胡麻があったなぁと考えて胡麻鰤丼に決定。
ご飯が炊ける間に胡麻とさしみ醤油で和えて冷蔵庫へ。
干し小エビを混ぜ込んだ錦糸卵を作って炊き上がりを待つ、そして日本酒と昆布を入れて炊き上がったご飯にはすし酢と進藤商店から最近取り寄せた新物のかなぎちりめんを混ぜ込む。
錦糸卵と有明海苔を周囲に配し胡麻鰤丼のかんせー。
b0049152_7322984.jpg

汁物は新鮮なもずくでかけもずく。
桃屋の麺つゆでかけつゆを作って温めて、ねぎをざく切りして乗っけてから熱々のつゆをぶっかけ小エビをひとつかみ。
b0049152_7344626.jpg


PHOTO SIGMA DP3Merrill
by tenmorimori | 2013-04-25 07:36 | 家飯 | Comments(4)

吉野家 牛丼(並)280円をDP3で撮る

吉野家の牛丼が値下がりした。
280円でこんなものが食べられていいのか悪いのか?
ともあれ有り難いのは有り難い。
b0049152_1815577.jpg

by tenmorimori | 2013-04-24 18:16 | 昼ごはん | Comments(5)

浦添に本格宇都宮餃子の店が誕生

餃子の店平塚
珈琲店主S氏の福島の知り合いが通われていた宇都宮の餃子屋さんが沖縄に移転し、S氏が食べに行ったら美味しかったと興奮気味なメッセージを頂いた。
その写真を見て、いてもたっても居られず電話で営業しているのを確認して食べに行った。
焼き餃子5個250円、水餃子5個250円、持ち帰り生餃子5個230円。
メニューはこれのみ!
焼き餃子10個をお願い。
b0049152_15104361.jpg

うわわわ!このお姿!長らくお待ちしておりました、こんな餃子が食べたかったんだぁ!
焼けた面はカリッと、下面はもちっと、噛むと汁が溢れニンニクが程よく効いた野菜たっぷりの餡が甘くて旨い。
う~~~ん旨い、これは特に関東出身の方々は喜ぶだろうなぁ、くくるの東京ラーメンと並べて食べたいなぁ(笑)
b0049152_15143258.jpg

店主の方が、ご飯は近所の弁当屋さんで買えますからと言ってくれたので待ってる間に買ってきた。
ご飯持ち込んでもいいかもしれない。
開店したてで、お客さんの数が読めないのでまだご飯は用意してないらしい。
現在様子見の営業なので定休日も確定していないらしく、電話確認していった方が無難。
一応昼は11時半ぐらいから、2~3時ぐらいまで、中休みをはさんで夕方からも営業されているという。
移転前は醤油ラーメンや炒飯も作られていて美味しかったらしいので、今後の展開が楽しみだ。
駐車場は1~2台分は店の横にあるが、屋冨祖大通りのコインパークに停めた方がいいかもです。
浦添市屋冨祖1-4-1 TEL098-878-4366
b0049152_15325882.jpg

帰りに冷凍餃子を10個買った。
Sさん、ありがとうございました。
by tenmorimori | 2013-04-23 15:34 | 昼ごはん | Comments(10)

Sketches of Senagajima. apr,22,2013

SIGMA DP3Merrill
b0049152_816358.jpg


CANON EOS 5DMarkⅢ
b0049152_8162288.jpg

by tenmorimori | 2013-04-23 08:17 | 風景・スナップ | Comments(2)

ポケットマーニー宜野湾店は串カツがでかい

会社の連中3人で首里店へ行くもシャッターが閉まっていた。
もうほかのカレーでは満足できないので宜野湾へ行く。
b0049152_1412181.jpg

インデアンカレー大盛り8辛。
b0049152_14125973.jpg

串カツはなるほど、噂には聞いていたが首里の1.5倍ほど大きい。
沖国大の学生さんに合わせたのかな。旨そうなので今度は串カツにしよう。
b0049152_1414246.jpg

by tenmorimori | 2013-04-22 14:14 | 昼ごはん | Comments(2)

八重山そば 浦添玉屋

chojiさんの先輩が浦添に八重山そば屋さんを開店させ、やっと食べに行けた。
b0049152_1337551.jpg

大きなソーキがごろりと入り、茹で卵が特徴的な八重山そば。
荷川取麺の細丸麺を使い、豚骨スープの本格的な八重山そば650円。
ピパーツを振りかけ麺をすすると、おぉ!石垣の味!
こんな美味しい八重山そばが沖縄本島で食べられるのはうれしい事だ。
近所には歓会門とか玉家の3号店とか人気店が多いそばの激戦区だが、この味なら全然負けてないぞ。
メニューにあったニンニク焼肉の定食が気になる。



関連ランキング:沖縄そば | 儀保駅首里駅市立病院前駅


by tenmorimori | 2013-04-21 13:46 | 沖縄すばDay By Day | Comments(4)

IWA家ホームパーティー SHINMEN'S NIGHT

昨夜に引き続き、今夜は岩渕家にお呼ばれしてフレンチのシンメンナイト。
新免さんは東京恵比寿の三ツ星レストラン「タイユバンロブション(現ジョエルロブション)」で料理をされていた経歴を持つ。
先日、その店は情熱大陸で放送されたのでご存知の方も多いと思う。
現在は沖縄にご家族と共に住み東京にも行ったり来たり、カフェの料理の指導・監修のかたわら、店の立ち上げにも携わったりされているという。
もちろん、岩渕さんが経営するcafe GREEN GREENでも料理をされている。
昨夜の小島さんとは全く違った料理で、これまた美味しく面白かった。
b0049152_15453521.jpg

b0049152_15404365.jpg
b0049152_154009.jpg

料理はバーニャカウダから始まった。
b0049152_1543060.jpg

トマトキンカンサラダ。食用ほうづきも混ざっている。
b0049152_1544333.jpg

様々な職業の10人余りのゲストで話は盛り上がる。
シェフは黙々と次の準備。
b0049152_15453688.jpg
b0049152_15454591.jpg

パテ de カンパーニュ。素晴らしい盛り付け。
b0049152_15475462.jpg

b0049152_9584041.jpg

みんな、美味しい美味しいと食べ、皿が空になると盛り付け直して出される。
小さな白い花は、GREENGREENに植わっているパクチーの花。
赤とオレンジの花はナスタチウム。
b0049152_15492270.jpg
b0049152_15484949.jpg

大麦牛のローストビーフ。
やっぱり肉はテンションあがる(笑)
b0049152_1552689.jpg
b0049152_15521246.jpg
b0049152_15522532.jpg

新免さん。
b0049152_15524687.jpg

岩渕家は北谷の海の見えるマンション。
b0049152_15542394.jpg

夜なので残念ながら海は見えないが、バルコニーを反対に回るとキャンプフォスターの夜景が見える。
b0049152_15544530.jpg

最後の料理、キャベツ、ベーコン、お芋、オイルサーディンの蒸し煮。
b0049152_9585225.jpg

いやぁ~~~、これまた美味しいなぁ。
デザートはパテシェである新免さんの奥さんが作った、お酒たっぷりブラウニー。
ラムレーズンが入っていて、ホイップクリームがこれまた美味しいので、ボクの場合食べ過ぎ危険(笑)
b0049152_1602666.jpg

みなさま、ありがとうございました。
by tenmorimori | 2013-04-20 16:26 | 祭り・イベント | Comments(3)