ちゅらかじとがちまやぁ

<   2011年 10月 ( 41 )   > この月の画像一覧

うめ~家さん、本日で一旦閉店

道路拡張による立ち退きのため、移転を余儀なくされていたうめ~家さんですが、移転先がなかなか決まらず、10月いっぱいで一旦閉店される事になりました。
これを機にお二人にはゆっくり休んでもらいたいですね。
by tenmorimori | 2011-10-31 07:51 | うめ~家 | Comments(3)

三角点で支那そば カレーのセット

三角点で醤油ラーメンと小さなチキンカレーのセット1000円
b0049152_17115287.jpg

塩も試したいけどやっぱり醤油を選んでしまう。
b0049152_17123138.jpg

チキンごろごろの旨いカレー。
b0049152_1713438.jpg


支那そば三角点
by tenmorimori | 2011-10-29 17:14 | 昼ごはん | Comments(2)

やんばるスパイスでカレーうどん

思いがけず、今話題のやんばるスパイスが入手できた。
さっそく試したのはカレーうどん。遅くから作ったので簡単に出来るものでどうでしょう。
スパイスの匂いを嗅いでみるとカレー粉に似た匂いだったので合わないはずはない。
通常より出汁に溶かしこむカレー粉の量を少なめにしてやんばるスパイスを入れる。
さらに仕上げに振りかけて出来上がり。
b0049152_9545011.jpg

へえ~~~~、時々カレーにピパーツを振りかけたりして、これも美味しいが、出汁で溶くカレーうどんにはこちらの方が合うなぁ。
やっぱり香りがすごく良くなる。
肉類の下味付けに使っても美味しいだろうな。
こりゃ色んな料理にためしたくなるなぁ。
b0049152_101713.jpg

やんばるスパイスを使った料理が食べられるのはこちらのお店たち
by tenmorimori | 2011-10-29 10:02 | 家飯 | Comments(0)

四川飯店 ふかひれコース

ある夜、降って湧いた様に四川飯店の誕生月半額サービスの恩恵に授かる事になった。
そりゃあやっぱり普通じゃあ絶対注文しない様な「ふかひれコース10,000円」!
b0049152_1855312.jpg

前菜からして高級。
b0049152_18553056.jpg

おわっ!!干しアワビと松茸のスープ。
b0049152_18561485.jpg

干しアワビから出る出汁と松茸の香り、うう~~お金持っていつもこんなもん食べてるのか。
b0049152_18572739.jpg

大正海老の塩炒め。まこもと銀杏と美味しいアスパラ。
b0049152_18583241.jpg

ふかひれをホールで食べる日が来るなんて・・・・
b0049152_18591139.jpg

北京ダックの様な料理。味噌が美味しい。
b0049152_1922971.jpg

ミーバイの蒸し料理。ねぎ油と淡白な白身がベストマッチです。
b0049152_1932038.jpg

そして陳麻婆豆腐。
b0049152_1935343.jpg
b0049152_194037.jpg

この店の杏仁豆腐は、本物の杏仁を使っていて、滑らかな事この上ない。
b0049152_196983.jpg

いやぁ、目福口福でごじゃいました。
by tenmorimori | 2011-10-28 19:07 | 晩ごはん | Comments(0)

登竜門の担々麺

ボクには実につぼを得た店を紹介してくれるブレーンが居て、これまでに「とんき」「きょんたろう」「竜丹」といずれもうんうんうんと頷きたくなる店ばかり教えてもらっている。
そしてまたひとつ、今日行った「登竜門」は、あげ萬に近くて、その存在は知っていたし美味しいという評判は聞いていた店だ。
いつになく強くここの濃厚担々麺(“坦”々麺ではなく“担”々麺が正しい説がある。昔中国で担いで売られていた麺が発祥だからという。)を食え!との指令が飛び食べに行った。
自家製手打ちの太麺と平打ち麺が選べ、さらにトッピングを1種類とご飯かデザートが付いてくる。
ボクは太麺に青菜をトッピングしご飯をもらった。
b0049152_15311289.jpg

配膳された途端に良い匂いがぶわぁーと立ちのぼる。
肉味噌の美味しさと共に、食べている途中に干し海老や干し貝柱、椎茸等々出汁の出る食材を歯に感じる。
基本のスープはもちろん美味しいのだが、乾燥食材の出汁と濃厚な胡麻、落花生、くるみのこくが最高なのだ。
さらにラー油とミルに入った中国山椒「花椒(ホァジョー)」が一緒に配膳され、好みの「辣」と「麻」に調整出来る。ボクはもちろん舌が痺れるほどの「麻」で攻めた。
甘みを感じる太麺も美味しかったなぁ。
貝柱の旨みの塩ラーメンとか、醤油味の中華そばとか、汁無し担々麺とかつけ麺とか、いろんな麺を試したみたい。
丼に残る筋は上等のギネスビールみたいに美味しさの証か?
b0049152_17111419.jpg


登竜門 自家製極太麺 ラーメン / 県庁前駅美栄橋駅旭橋駅


by tenmorimori | 2011-10-27 15:31 | 昼ごはん | Comments(4)

まいすく家で昼ごはん

浮き島通り、ポールスミスの脇から狭い路地を入りこむとまいすく家
b0049152_1849887.jpg

ランチは初めて食べに来た。
今日のおまかせは「県産若鶏の白ワイン蒸し焼き」
小鉢はレタスとはんだまーのサラダ、絹ごし豆腐に黒島のアーサーの佃煮、ゴーヤーのピクルス。
b0049152_18512917.jpg
b0049152_18513818.jpg
b0049152_18515081.jpg

木の香漂う店内で静かにゆっくりと昼ごはんを味わう。
黒米の入ったご飯とアーサー汁。
b0049152_18524538.jpg

b0049152_18532629.jpg
b0049152_18533473.jpg
b0049152_18534155.jpg

しんみり旨いお母さんの料理、ご馳走様でした。
by tenmorimori | 2011-10-26 18:55 | 昼ごはん | Comments(2)

くくるの新メニュー 海鮮たまご丼650円

要は親子丼の海鮮バージョン。
イカ海老ホタテを卵でとじた丼。
卵のとろとろ具合、出汁の美味しさ、文句無し!
これは早く未食の親子丼食べてみないとなぁ。
b0049152_16414281.jpg


くくる
by tenmorimori | 2011-10-25 16:42 | 昼ごはん | Comments(2)

手作りスパゲティミートソース

ひ~~~~~さんちで美味しいミートソースを食べさせてもらったが、やっぱり麺で味わいたいので久しぶりに作った。
ハバネロの入った調味料を混ぜたのでピリ辛になり旨いがなぁ。
これそのままホットドッグのソースにしたらチリドッグになるな。
b0049152_937312.jpg

by tenmorimori | 2011-10-25 09:37 | 家飯 | Comments(2)

那覇をぶらぶら ナハマヤー

次の本の取材絡みで那覇をあちこち。やっぱり猫たちが目に付くな。
b0049152_18324249.jpg

b0049152_18333962.jpg

この猫、瞳の色と鈴の色がターコイズブルーでコーディネートされてる。
b0049152_18335253.jpg
b0049152_1834027.jpg
b0049152_18341039.jpg
b0049152_18342619.jpg
b0049152_18343186.jpg

おとんで撮影がてらみんなで食事。
軟骨ソーキポン酢。
b0049152_18352272.jpg

牛すじ煮込み。
b0049152_18354791.jpg

イカ焼きに牡蠣入りお好み焼き。
b0049152_1836114.jpg
b0049152_18362158.jpg

次の本はかなり違った本になりそうです。
by tenmorimori | 2011-10-24 18:37 | Cat's | Comments(2)

momoto vol8は那覇特集

momoto vol8は那覇特集
個人的にはvol4首里特集の様に面白く読んだ。
しかし、面白さと同時に悲しくもなってくる。
ほんの数年前までは、写真に撮られた様な所謂那覇らしい町並みはそこいら中に残っていた、しかし今ではあえて探さなければならないし、もう写真や記憶でしか存在しないものに急速に変わりつつある。
ボクが沖縄に移り住んだ2004年当時、那覇にはまだまだ迷路的路地が複雑に入り組んでいた。
平たくて整然とした那覇なんて面白くも何ともないのだ。
仲村清司さんの本にも登場する、東京在住の下北Nさんはずっと若いころから沖縄に通い、那覇をこよなく愛しておられる、しかしここ数年家庭の事情で沖縄には来られていない。
ボクら沖縄の仲間はいつか来られる時を楽しみにしているのだが、今の那覇を見られたらどう思われるだろうか、それが怖いのである。
そんな事を思い起こさせるくらい、胸がきゅーんとなるのだ、必読!
b0049152_16272920.jpg

by tenmorimori | 2011-10-24 16:27 | Comments(0)