ちゅらかじとがちまやぁ

<   2008年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

盛岡温麺 ユッケジャン味

盛岡のピコさんから頂いた「盛岡温麺」。
盛岡と言えば「冷麺」が有名だが、ほんとは温麺も美味しいのだ。
今夜はユッケジャンスープの温麺を作る。
b0049152_1832993.jpg

ニラを一把と大量のもやしをさっと塩茹して黒胡椒を振りかけて。
b0049152_183945.jpg

澱粉で作られた独特の平麺が旨い!
b0049152_184296.jpg

ピコさん、ご馳走様です!

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2008-01-31 17:57 | 家飯 | Comments(0)

てだこ亭で麻婆豆腐?

すーじぐゎーもこうやって上から見ると、まるで有機物の様に絡み合っているのが分かる。
下を歩いているだけでは分からないが、赤瓦の木造家屋も残っている。
b0049152_17114468.jpg

b0049152_1712436.jpg


雨の木曜日、てだこランチ
赤ワインに漬け込まれたチーズは、スペイン産のヤギのチーズ。ほんのりした苦味が美味しい。ゴート臭は殆どしない。
b0049152_1715940.jpg

今日は島豆腐のクリームスパゲティの辛いバージョン。かつてのてだこ亭の常連さんSタケさんは、麻婆豆腐と呼んでいた。写真のピントが甘かったっす。
b0049152_17172844.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2008-01-31 17:18 | てだこ亭 | Comments(4)

辺境に旨いそばあり くんじゃんそば

辺境と言っては大袈裟だが、那覇から100km余り北、国頭村に「くんじゃんそば」はある。
奥間ビーチ方向に入る道の少し先のローソンと同じ敷地で、まだ新しいそば屋だ。
木の香も香ばしい店内に入りメニューと壁メニューを見るとくんじゃんそば、よもぎそば、もちろんソーキ、三枚肉もある。中でも野菜そばに目を引かれた。
風邪気味で身体がビタミンを欲しているのか、先日の三極そばに引き続き野菜そば(中)を注文。
b0049152_17381233.jpg

(中)でもかなりのボリュームで、まずは野菜を片付けるのだ。
ここはやんばる、野菜が旨い、ほんと旨い。しばし野菜の食感を楽しむ。キャベツをばりばり、もやしをさくさく、にんじんをこりこり、ねぎはしゃくしゃく、かまぼこぷにぷに。
そして現れた麺は、やや細めの自家製麺。もふもふもふとほうばれば美味しい麦の味。
あっさり出汁も美味しく完食。
寒いさむいやんばるで、ほっこり温まる一杯でした。

沖縄そば専門店 自家製麺 くんじゃんそば
国頭村字浜521-1
0980-41-3121
11:00-18:00
木曜休
Pあり

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2008-01-30 17:47 | 沖縄すばDay By Day | Comments(7)

博多みやげ

久留米荘のうどん。
創業60年を越える久留米の老舗。戦後すぐからこの味をずっと守られている。
昔はさぞかしご馳走だったのだろう。特徴はなんといってもこの“すめ”。いりことかつお節、大量の昆布をこれでもかと煮出してあって、どんよりと濁っている。そして凄い出汁の香り。
ボクが初めてこのうどんを食べたのも、店の外に流れ出す出汁の匂いに引き付けられたから。
持ち帰りする人も多くて、家庭でも手軽に食べられる。
素うどんが260円だったのが、20円上がって280円になっていた。それでも安い!
今回はカリッカリのごぼ天を乗っけて。
b0049152_17224382.jpg


博多よかろーる
b0049152_18494938.jpg

高級素材で作られたスポンジは、しっとりとキメが細かく、スポンジと言うよりテンピュールみたいだ。
先日、笑ってイイともで香取慎吾クンがもしゃもしゃ食べてた。
福岡空港限定です。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2008-01-29 17:22 | しかまんけぇ | Comments(2)

三極の野菜そば 与那原麺で

沖縄北ICを降りてまっすぐうるま市の方に進むと、右側に大きなそば屋さんがある。
「三極そば・らぁめん」と言う店で、店を半分づつに区切って、北海道ラーメンと沖縄そばが食べられる。
そばが食べたかったので、なんでもいいやと入ってみたのだが、どうしてどうして美味しいそばが食べられた。
麺が4種類あり、最も沖縄そばらしい与那原麺、名護の平麺、八重山の丸細麺、宮古の扁平細麺から選べる。そしてスープもあっさりかつお出汁かこってり豚出汁も選択可。
与那原麺であっさりスープのやさいそばにした。
b0049152_16501276.jpg

たっぷりの野菜をじゃくりじゃくりと食べ進み、麺にとりかかる。
b0049152_16505242.jpg

もちっとしたこの麺は相当旨いぞ!自家製麺だろう。
まるで博多の食堂でちゃんぽんを食べているようだった。ウスターソースも合うかも。

三極そば・らぁめん
沖縄市登川3丁目1205-1
098-929-0078
Pあり
休不明

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2008-01-29 16:53 | 沖縄すばDay By Day | Comments(7)

やながわで せいろむしを くてかえる

冬晴れの気持ちの良い筑後路を走って柳川へ。
川くだりの終点近くの「富貴」という店でせいろ蒸し。
久しぶりに食べると、柳川独特の蒲焼の味を感じるなぁ、焼いた後に蒸されるので、適度な弾力が残っていて旨い。
b0049152_1854117.jpg

ご飯にもまんべんなくタレが染みている。あっつ熱やぞ。
b0049152_1855644.jpg

ご飯の底はこうなってます。
b0049152_18553068.jpg


久留米に寄り、久留米荘のうどんを買ってから自宅へ送ってもらう。
風邪が悪化しそうなので、夕方まで自宅静養。暮れ始めた空を飛んで沖縄へ戻る。
東京から来られている金魚さんに会えるので、おとんに寄りしばし歓談。
金魚さん、またちょくちょく会えそうですね。
博多から持ち込みのいわし明太
b0049152_18581530.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2008-01-27 18:51 | 祭り・イベント | Comments(5)

ロイヤルホストのパンケーキ

昨夜は福岡どころか、関東や熊本、北九州や佐賀、さらに沖縄からも来るもの好きな参加者(ボクの事です)総勢47人の麺好きが集まるオフ会。
帰省の日程とたまたま合ったので参加できた。久しぶりの面々、見飽きた面々、初めての方々と濃密な2時間を過ごした。
しかしこの日、ボクは沖縄から持ち帰った風邪が悪化しそうなので朝から夕方まで布団に包まって汗をかいていた。一次会が終わり、ラーメンも食べずに帰りの電車に乗って帰ってきたのだ。
明けて今日。J子が柳川の妹さん宅に有明海の新海苔を貰いに行くというので、ボクは久留米荘のうどんを買いに行く予定があり同乗させてもらった。
朝飯はなぜかコギさんも一緒にロイヤルホストで。
美しいパンケーキ。下北Nさんからメープルシロップが少ないと叱られそうだが、ビジュアルを重視しました(笑)
朝日を浴びて美しいですね。BGMを付けるならば、もちろんMJQの「ソフトリー アズ インナ モーニングサンライズ」でしょう。
b0049152_18451650.jpg

さあ、柳川で鰻のせいろ蒸しを食うぞっ!

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2008-01-27 18:36 | 祭り・イベント | Comments(3)

博多べいでよかろうもん

もつ幸で腹かちかちになった一行だが、人気店ゆえ2時間の時間制限がある。
店を出て二次会に向かったのが、祇園山笠で有名な博多の総鎮守「櫛田神社」のまん前にある「博多べい」。
櫛田神社は桃の節句の飾りつけ
b0049152_18253643.jpg

b0049152_1826899.jpg

ごまさばが切れていたのは残念だったが、気取らない酒肴であんな話、こんな話しで夜は更ける。
酢もつ
b0049152_18271249.jpg

もろ胡
b0049152_18274619.jpg

野菜たっぷりの自家製さつま揚げ
b0049152_18281244.jpg

博多では珍しい、たたみいわし
b0049152_1828414.jpg

2階席から櫛田神社正面がばっちり拝める。こりゃあ山笠んときゃ凄かばい
b0049152_18295294.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2008-01-25 18:22 | 祭り・イベント | Comments(5)

3ヶ月ぶりの博多、もつの海に溺れる

本日25日は休みを取って帰省。
午前の便で着いたので、昼飯は4年ぶりの「文化屋カレー」。美野島の会社に居たころはよく食べに来ていた懐かしい店だ。
そして必ず食べていた「玉ねぎフライカレー」。フライと言ってもパン粉は使ってなく、がりがりのオニオンリングが大量に乗っかっているもの。
b0049152_17371427.jpg

いやぁ~久しぶりで旨かった。

夜は有志を募って「もつ幸」へ。正月の特番でフジテレビもしもツアーズの面々が食べているのを見て、どうしてもあの胡麻麺が食べたくてメンバーも決めずに予約したのだ。
それこそ、美野島の会社に居たころ、会社のすぐ近くにこの胡麻麺が食べられる店があって、博多のもつ鍋でこの店のもつ鍋が一番好きだったのだ。
もつ幸の特徴は、スープが白い鶏がらスープということ、食べるときはポン酢に漬けて食べるということ、それと餃子の皮が野菜の上に乗っけられていて、鍋の蓋代わりの役目もし、ある程度野菜がしんなりしてきたら一枚ずつスープに沈めること、これがワンタンの様な食感となり旨い。
しかし何と言っても〆の胡麻麺が最大の特徴だろう。残ったスープに特製のちゃんぽん麺を投入して殆どのスープを麺に吸わせ、すり胡麻を大量に混ぜ込んで一気に食べる。
これは食べてみなけりゃ分からない旨さ。もつのエキスと野菜の旨みと胡麻の香ばしさで昇天しそうだ。
さらにもつが新しいので、臭み無し!内臓系が苦手なボクも躊躇無く食べられる。
もつ鍋屋定番の酢もつとせんまい刺し、旨い。
b0049152_17562935.jpg

b0049152_17565774.jpg

もつ鍋10人前登場。
b0049152_1758624.jpg

ぐつぐつと煮込む
b0049152_17582875.jpg

オプションで水餃子や豆腐を入れても旨し。
b0049152_175933.jpg

で、麺を投入。博多でも珍しいやや扁平のちゃんぽん麺。これで5人前。
b0049152_1802367.jpg

焦げ付かない様に手早く混ぜてスープを吸わせる。
b0049152_181598.jpg

仕上げにこいつをたっぷり。
b0049152_1813583.jpg

完成!食うぞぉ~~
b0049152_182942.jpg

b0049152_1822269.jpg

はぁ~~~~しみじみ旨い。これ書いているうちにまた食べたくなった。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2008-01-25 17:34 | 祭り・イベント | Comments(5)

留守にします

2~3日留守にします。
更新は帰ってから・・・・・・
by tenmorimori | 2008-01-24 22:04 | Comments(0)