ちゅらかじとがちまやぁ

<   2007年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧

久住へ

久住へ
b0049152_1742892.jpg

沖縄へ居るので、なかなかちびキャンもやってやれない。くまさんが付き合いを申し出てくれたので、久住山荘を予約してお泊り宴会。温泉もあり、きれいな部屋で寝られて、庭には、苔と芝が敷き詰められた広場があるので子供達を安心して遊ばせられる。
以前、部屋が取れなかったので、このフカフカの苔の庭にテントを張らせてもらった事もある。
とある企業の保養施設なので、夕食をバーベキューに変えてもらっても1泊2食で2、800円と家族連れには嬉しい設定。
b0049152_17463192.jpg

蚊も居ない涼しい庭先でバーベキュー
b0049152_174783.jpg

小国で仕入れた馬刺し。霜降り、赤身、たてがみ、心臓、心臓の血管、みんなえらく旨い。
b0049152_17481418.jpg

J子に花火を持たせると人が変わり「だっひゃっひゃっひゃ・・・・」と火ついた花火でコーキを追い回す。まだ5歳のコーキは真顔で逃げる。
みんな酔いが回り、喋ったり歌ったり泣いたりボケたり笑ったり寝たり、思い思いに夜が更け、最後はボクのiPodになぜか入っているラジオ体操を日付が変わった深夜に全部踊る?
b0049152_1752596.jpg

b0049152_17522241.jpg

のっぺらぼう現れる
b0049152_1831784.jpg

翌朝、出発前に記念撮影。並び方が間違っとる、横に並べよこにぃ
b0049152_17573313.jpg

J子の提案で高森の「田楽保存会」へ
堂々たる古民家で本格田楽を堪能
b0049152_185040.jpg

b0049152_1851836.jpg

熱々の生揚げ
b0049152_1854586.jpg

雲が晴れると根子岳が間近だった
b0049152_186285.jpg

お疲れ様でした

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2007-06-30 17:40 | てんたびめん | Comments(5)

おりいの四季 

昼間の仕事が終わり、大名のおりいの四季で晩飯。J子、かっつん、ともぞーにぐっさんが顔を合わせて博多の魚に舌鼓。おりいの四季は、オープンして5~6年経つが、大名の激戦区で順調な営業を続けている間違いのない優良店なのだ。
b0049152_17151986.jpg

かにみそ茗荷
b0049152_1716579.jpg

いさきの刺身のきれいな事
b0049152_17172547.jpg

鯖刺しは冬ほどの脂ののりは無いが、あっさりして今の季節には合っている。
これも切り身のきれいさが際立つ。
b0049152_17195948.jpg

b0049152_17201567.jpg

今夜の白眉はこれっ!穴子の白焼き。香ばしさと身の甘味。
b0049152_17211453.jpg

穴子の薄造り
b0049152_17214015.jpg

いさきの煮付け。充分旨いが、マース煮で食べたいほどの新鮮さ
b0049152_17222757.jpg

J子邸に場所を移し、紀乃川でもらった巨大な(長さ40センチ)あばしゴーヤをスライスしてサラダにする。
b0049152_1724484.jpg

深夜にここに・・・・年末年始しか休まない元祖長浜屋が、突如臨時休業して騒ぐになっていたが、丁度今日営業を再開した。
b0049152_17262429.jpg

b0049152_17264023.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2007-06-29 17:04 | てんたびめん | Comments(2)

濃すぎてダメ 島系ラーメン

博多出張。昼前に着いて、空港近くの島系ラーメンへ飛び込む。
最近福岡のラーメン好きの間で好評なのだ、がっ、背脂が嫌いなボクにはきつかった。
所謂ラーメン二郎インスパイア系ラーメンか?極太麺は旨い。
b0049152_174788.jpg

by tenmorimori | 2007-06-29 16:59 | てんたびめん | Comments(2)

やっぱり絶品!紀乃川のじーまみー豆腐

夕方に名護で打ち合わせ終了。晩飯は紀乃川へ行こう。
名護を見下ろす
b0049152_20334924.jpg

夕日を追いかけながら本部へと車を走らす。
紀乃川到着
b0049152_20344114.jpg

西日がよしず越しに差し込むが店内はクーラーが効いていて、火照った身体に心地よい。
夕方過ぎの時間はお父さんもお母さんもカウンターに座ってゆっくり。いいなぁやっぱり紀乃川は。
まずはジーマミー豆腐をいただく。
b0049152_20373878.jpg

いまさら言うのもなんだが、やっぱ旨いなぁ紀乃川のジーマミー豆腐。
今日は刺身定食。近海物の本まぐろ、天然かんぱち、そしてお母さん自慢の〆さば。
決して名のある鯖ではなく、多分輸入物の鯖だと思うが、那覇時代からこの〆さばは美味しい。
酸っぱくなくて、甘いのだ。この〆加減は紀乃川ならでは。
沖縄は今、本まぐろの旬を迎えている。
b0049152_20401935.jpg

b0049152_20403636.jpg

ゆったりと食べてお勘定。許田に着くころには日が落ちかけていた。
b0049152_20412530.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2007-06-28 20:41 | 紀乃川 | Comments(10)

夏野菜が旨い! てだこ亭 そして焼きおにぎり

暑いからなのか、疲れているのか、野菜が食べたくて食べたくて、夕方にてだこ亭にメールして空席を確認。てだシェフが「今日のお奨めはアグー」と悪魔の囁き。
一瞬ぐらっときたが、初志貫徹!てぃだサラダのフルサイズ(350gの野菜)と辛口アッラビアータ。初物のシークヮーサーを絞って、いやぁぁ~~旨いっ!!
b0049152_20284334.jpg

b0049152_20285929.jpg


おとんに寄ってビーチパーティーの話。来店した女医さんの焼きおにぎりがきれいに焼けたので写真を撮る。自分のはあせって焼きに失敗。そーゆーのは撮らない。
b0049152_20305618.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2007-06-27 20:25 | てだこ亭 | Comments(0)

映画 ひめゆり

b0049152_17421671.jpg

続々とロードショー・自主上映の予定が決まっています。お近くで機会があれば是非!
by tenmorimori | 2007-06-27 17:43 | 祭り・イベント | Comments(8)

美濃作のカレーそば

あっつい、あっつい中、久茂地の美濃作へ蕎麦を食べに行く。
那覇の久茂地にありながら、本格日本蕎麦をしっかり味わえる店だ。
カレーそばはメニューに無かったが、カレーうどんはメニューにあるので蕎麦に変えてもらった。
旨そうに写ってないが、上野の老舗蕎麦屋で食べたカレー蕎麦を思い出した。
具はシンプルに短冊切りの白ねぎと鶏のみ。とろみのカレー餡なので蕎麦はもちろん伸びる。
でもそれがカレー蕎麦。
b0049152_21123772.jpg

民家風の店内に居ると沖縄であることを忘れさせる。食べ終わり、外に出て強烈な太陽に照らされて、おきなわなのだと思い出す。

夕方は瀬長島へ・・・・・・
b0049152_21131142.jpg


PHOTO GRDigital
by tenmorimori | 2007-06-26 21:13 | しかまんけぇ | Comments(3)

居酒屋もも太郎 石垣牛の握り

海人ねーねーと晩御飯。思い切って新店開拓。知人から石垣牛の握りが旨いと聞いた店に行ってみる。三角公園のすぐ近く。
店内のコンセプトがはっきりしなかったが、はやっているようだ。
県産の食材を中心にオーダーしてみる。
県産ウニの軍艦巻き
b0049152_2101960.jpg

石垣牛にぎり、これは噂どおり旨い。
b0049152_2105635.jpg

県産うなぎの白焼き
b0049152_2112671.jpg

車えびの唐揚げ。よく揚げられた殻と尻尾が旨し
b0049152_212877.jpg

by tenmorimori | 2007-06-25 20:57 | しかまんけぇ | Comments(3)

亀の骨汁は売り切れだった

昼時に中部に居たのでしまぶくを目指すも定休日。取って返してそば処亀へ行く。
骨汁が食べたくて急いで行ったが、すでに1時前。ボクの前の客で売切れてしまった。
しかたなくたのんだそばがやけに旨い。中部の特徴であるカツオ出汁がビシィッ!と効いている。
b0049152_194560.jpg


PHOTO GRDigital
by tenmorimori | 2007-06-25 19:04 | 沖縄すばDay By Day | Comments(7)

うたの日おめでとう

BIGINを中心にして始まったうたの日カーニバル。今年は宜野湾の多目的広場での野外コンサートとなった。入場無料なのだが、BIGINを始め、宮沢和史、下地勇、キロロ、モンゴル800、紫、等々の申し分ないメンバーが揃っている。
まだまだ昼間のような5時前から夜9時過ぎまで、久しぶりの野外コンサートが楽しめた。
合言葉は「うたの日おめでとう」。戦争が終わり、命が助かってまた唄って踊れておめでとうという、前向きな沖縄らしい言葉だ。
聴衆は3万人集まったと言う。
ボクはイスを持って行き、後ろのほうで適当に聴いたり、すぐ裏の宜野湾トロピカルビーチで漏れ聞こえてくる歌を聴きながら夕焼け~夜空を眺めたりとのんびり過ごす。
沖縄の野外で聴くBIGINは格別だったなぁ
b0049152_2055447.jpg

b0049152_20555840.jpg

今日潜りに行っていた“宮古命っ!”の海人ねーねーと合流し、おとんで晩飯。
by tenmorimori | 2007-06-24 20:48 | 祭り・イベント | Comments(2)