ちゅらかじとがちまやぁ

<   2007年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

上原美智子さんの世界に震える

b0049152_1852432.jpg

ひょんなご縁から上原美智子さんのご自宅でお手伝い。詳しくは書けないが、ガテンな仕事の助っ人として呼ばれたのだ。朝9時から作業開始し、けっこうな人数が集まったので予想外に作業が進む。上原美智子さんは高名な絹織り作家で、海外での個展開催や、昨年はNHKのETV特集でも1時間半に亘って番組が組まれたほどの方だ。恥ずかしながらボクは知らなかったのだが、ネットで調べてみるとその作品の数々は素人のボクが見ても震えがくるほどの衝撃の作品群だった。

昼になり、上原美智子さんがランチを振舞ってくれた。パッションフルーツの棚の下の日陰には爽やかな風が吹き込み極上のランチタイム。
b0049152_1865899.jpg

パッションフルーツの花(撮影地宗像堂)
b0049152_1881863.jpg

大きな寸胴に丁寧に仕事がされた野菜たちがたっぷりのポトフ。
b0049152_1824138.jpg

b0049152_1825727.jpg

ポトフに恐ろしいほど合う宗像堂のパンたち
b0049152_1833686.jpg

おにぎりと沖縄てんぷら
b0049152_184191.jpg

b0049152_1842083.jpg

大皿には生ハム、アボカドの入ったサラダ
b0049152_185612.jpg

これらの良質の食べ物(沖縄てんぷら以外(笑))が普段し慣れない作業で疲れた身体に染み渡っていく。
昼飯の後は、予想外に作業が進んでいるのでお昼ねタイム。工房の前の芝生に大の字。
b0049152_1813595.jpg

午後の作業も順調に進み、やがて終了。差し入れの熊本のスイカがとても美味しい。
b0049152_18141687.jpg

スイカをパクついていると、一人の女性が現れた。見ると面識は無いが、島や宝コンサートでお見受けし、さらに先日のホクレア号出航イベントでフラのバックで演奏していた方だ。
偶然にもこの1週間で3回もお会いした。
ヒロミさんと皆に呼ばれているこの人は、アフリカンパーカッショニストなのだ。そして、アフリカの楽器カリンバ(親指ピアノ)を演奏してくれた。
b0049152_18203987.jpg

パッションの棚下の日陰に座り込み、さわさわと吹き込む風に乗ってカリンバの音が心地よいリズムと音量で疲れた身体に響いてくる。みんなシンとして聞きほれている。
もうたまんないのである、こんな贅沢な時間ってあるだろうか、いつまでもこうしていたい、ずっと沖縄に居たい・・・・そんな事が頭に浮かんでいるときにふいに始まったヒロミさんの唄。
風笛の様に静かにフェイドインしてきたその唄はいつから始まったのかさえも分からないほど自然に始まった。と同時にぐっとこみ上げてくるものに耐えてしっかりと目を開いたまま聞き続けた・・・
決してこんな流れに意図した訳ではないが、集まってくる人たちが絶妙のタイミングでそれぞれの仕事をし、図らずも〆の音楽までもが聴けた。
こんなご縁と出会いをもたらしてくれた沖縄に感謝!沖縄の究極の魅力は“ひと”なんだなぁと改めて確信した一日だった。

そして大きなおまけ。顔と手を洗い、汗だらけのTシャツを着替えてご自宅の中で作品を見せていただく。ご自宅にあるのは、娘さんのためのウエディングベールなど極めて私的なもので、美術館に展示されているものと違って逆に貴重である。
“あけずば織”(あけずばはとんぼの羽の意)と呼ばれる絹織物。
b0049152_18422595.jpg

ここでカメラの電池が切れた。しっかりと目に焼き付けなさいという意味だろう。
次々と出される布は、単に布と呼ぶことは出来ないほどの生命感を感じる。特に薄い布の綾なす彩りは折れた部分、曲がった部分、重なった部分で驚くほどの表情・色合いの変化を見せ、見せてもらっている全員が息を呑んで凝視している。
そして最後に見せられた驚異の布。
生きた蚕の繭からほどき、その髪の毛の十分の一(50分の1ミリ)ほどの細さの単糸だけで手織りされた3mほどの布。糸の細さの単位デニールで言うと蚕の糸は3~3.7デニール。1デニールは9,000mつまり9kmの長さで1グラムの重さがあるので、蚕の糸は3,000mで約1グラムの重さになるという。
その目に見えない程の糸を織る様はテレビで見るとパントマイムの様だったと言う。そして当然ちょっとした湿気でも切れやすいので「切れては結びの繰り返しだったのよ、そのうちもう仕事ではなく、あっ切れたじゃあ結ぼうと淡々とした作業の様に思ってやったの」と仰っていた。その結ぶ手法も糸が見えないので勘で、まさにパンマイムの様に行われたという。
そしてふわっと丸められた3m余りの布を手に乗せてもらうと、重さの無いまるで暖かい空気の玉を乗せているようだった、そう暖かいのだ。
そしてその布は全然染めていないのに、静かに銀の光を放っているようだった
そのとき俗人(ボクの事です)の頭に浮かんだのは「天女の羽衣」という文字だった。
by tenmorimori | 2007-04-30 17:46 | 祭り・イベント | Comments(6)

ほけっと休日

今日はなんもない休日。午前中はブログの更新なんぞを済ませて、洗濯済ませて映画を観に行く。映画が終わって外に出ると良い天気になっていたので瀬長島へ。
国際通りはトランジットモール中
b0049152_19581847.jpg

明るい内に瀬長島へ着き、写真をパチパチ。
ジャンボはでかい。
b0049152_19591744.jpg

ANAの金色飛行機
b0049152_19595686.jpg

自衛隊機と月
b0049152_2002166.jpg

そして瀬長島は暮れてゆく
b0049152_2005193.jpg

by tenmorimori | 2007-04-29 20:01 | 休日 | Comments(3)

ANTHONY HAMILTON SOUTHERN COMFORT

CD屋さんの新譜コーナーで発見。エイッとジャケ買い。
70年代ソウルテイスト溢れる1枚だ。初期のE,W&Fを彷彿とさせるアナログな音作りも最高です。
b0049152_12263919.jpg

アンソニー・ハミルトンなる人物について何も知りません。
どなたかご存知ですか?
by tenmorimori | 2007-04-29 12:37 | Music | Comments(5)

ローズガーデンでランチ

ホクレア号のセレモニーが終わって、所要でKAWAさんmkさん夫妻に会う。
そして昼飯はローズガーデンへ。今日は明るいローズルームへ案内される。
b0049152_11464720.jpg

追加で大好きなローズガーデンのクラムチャウダー。クラムチャウダーにしてはさらっとしたスープで、貝類、ジャガイモ、ベーコンが丁寧に細かく切られザクザク沈んでいるのだ。
b0049152_11481831.jpg

ボクはビーフシチューを注文。酸味と甘味の絶妙なバランス。こりゃ旨い。
b0049152_11483589.jpg

b0049152_11485296.jpg

ん~~~まだまだ食べたいものがごまんとある。
by tenmorimori | 2007-04-28 11:44 | アメリカンフード | Comments(0)

ホクレア号北へ 出航セレモニー

アロハスピリッツの伝承のため、古代の航法スターナビゲート(機械的なコンパスなどを用いず、星や月の位置、潮の流れなどを利用して外洋を航海する技術)を実践して、ハワイから沖縄へやってきたホクレア号が24日に糸満漁港へ入港し、次の寄港地熊本への出発が迫ってきた。(公式ページはこちら)
b0049152_11252667.jpg

b0049152_11254717.jpg

沖縄滞在中は様々なイベントが組まれ、今日は出航に際しての彼らへの感謝のセレモニーだ。風雨が強く吹き付ける中、多くの人たちが集まった。
b0049152_112651.jpg

b0049152_11272797.jpg

80歳を超える名人が作ったというパドルが糸満市に贈呈される。
b0049152_11274220.jpg

クルー達も涙を流している。アロハスピリッツを持つ彼らは、この数日でオキナワンスピリッツを感じてくれたのだろう。(因みに右端の黒いキャップの男性はボクじゃありませんから(笑))
b0049152_11275814.jpg

皆で手を繋ぎ、大きな輪になって航海の安全を祈る。
b0049152_11281799.jpg

b0049152_11283398.jpg

いよいよ別れのとき、みんな名残惜し気だ。
b0049152_11285032.jpg

b0049152_1129638.jpg

小さな女の子がいつまでも手を振っていた。
b0049152_112922100.jpg

アロハスピリットとオキナワンスピリットの邂逅。同じ島としての合い通じるモノが間違いなく有ると思う。
あぁ~~なんかハワイに行きたくなったなぁ
by tenmorimori | 2007-04-28 11:19 | 祭り・イベント | Comments(12)

Cooさんと和な夜 北谷の和niマニ

Cooさんから晩飯の誘い。じゃあ今夜はかねてから蕎麦以外のメニューが食べたかった「手打ち蕎麦と京の味 和niマニ」へ行こう。
Cooさんが酒で迷っている間にずらっと注文。
京のお揚げさん焼き
b0049152_1033646.jpg

山椒がたっぷりまぶされたにしん棒
b0049152_10333676.jpg

もっちりした生麩を使った揚げだし。
b0049152_10341610.jpg

鶏の山椒焼き
b0049152_10345878.jpg

コレは嬉しいそばがき
b0049152_10353673.jpg

なめこと辛味大根
b0049152_1036592.jpg

天ぷらの盛り合わせ
b0049152_10363085.jpg

〆の蕎麦は鴨南蛮。辛味大根を追加して適宜混ぜて食べるんだなぁ、旨いなぁ
b0049152_10373290.jpg

こんなロケーションで旨い蕎麦が食べられるのは、日本中でここしかないかもしれない。
by tenmorimori | 2007-04-27 10:30 | しかまんけぇ | Comments(0)

うめ~家で汁ビーフン

ひさしぶりにうめ~家で汁ビーフン。やっぱ旨いやぁほんとに。
b0049152_10264397.jpg

ちまき
b0049152_1027673.jpg

今日のしーぶん(おまけ)。トマトに台湾の魔法?の粉を振りかけたもの。この粉はフルーツ全般に良く合うらしい。塩気と甘味と独特な匂い。
b0049152_102926.jpg

by tenmorimori | 2007-04-27 10:25 | うめ~家 | Comments(2)

宗像(堂)さん家族とイタリアン 浦添コンタ ディーナ

先日、宗像さんにボクがコンタ ディーナに行った事がないと話していたら、今夜の食事に誘ってくれた。本日のコースにずわいがにのリゾットと手長海老のタリアテッレポルチーニ風味を追加。娘さんふたりはコースの途中で寝てしまったが、お二人の出会い話も含めていろんな話をしながらゆったりと食事。てだこシェフもお気に入りのイタリアンは、美味しくないはずがない。
趣味の良い店内で食べる、しっかりした旬の素材をふんだんに使った料理はどれも美味しかった。特に春野菜の苦味が旨い。
b0049152_10103945.jpg

b0049152_10105570.jpg

b0049152_10111170.jpg

アサリの入った魚介のスープ。豆が入っていたのが意外で旨い!
b0049152_1012843.jpg

b0049152_10122398.jpg

b0049152_10124567.jpg

b0049152_10131534.jpg

b0049152_10134576.jpg

b0049152_10142893.jpg

てだこ亭とはまた違ったイタリアンは大層美味しゅうございました。
宗像さんありがとうございました。
by tenmorimori | 2007-04-26 10:03 | しかまんけぇ | Comments(0)

昼飯は海洋食堂

ボクは元来職場での連れ飯は好きでない。日本の会社では変わった奴だと思われているだろう。
今日は連れ飯、海洋食堂へ。同僚は「やさいおかず」、ボクは沖縄一美しい「ちゃんぽん」
野菜と豆腐たっぷりの「やさいおかず」
b0049152_959036.jpg

オムライスで半熟面を上にするのは大反対。だって冷めてきたときの半熟って気持ち悪いから。でも、海洋食堂のちゃんぽんなら許されるんだなぁ
b0049152_9592432.jpg

b0049152_9594127.jpg

by tenmorimori | 2007-04-26 09:56 | 海洋食堂 | Comments(2)

おとんでインターナショナルな晩飯

島や宝コンサートが終わり、KUWAさん、ひとみさん、山本さん夫妻と挨拶を交わし、ひとりおとんへ行く。
なにやら賑やかだと思ったら、外人さんが4人。おとんでは当たり前、仲間に入れてもらっていろんな話。聞けば、沖縄出身、現パリ在住のの女性がフランス人のだんなさんと昨日識名園で琉装を着て式を挙げたという。で、外人さんはフランス人とスイス人。言葉がじぇんじぇん分からん(笑)ボクの前に件の女性が座っていたので、仏語・英語・日本語・うちなーぐち取り混ぜていろんな興味深い話。日本の女性がしゃべるフランス語がかわいくて聞きほれるなぁ
b0049152_1991370.jpg

きのこのホイル焼に残ったすじコンを放り込む、旨いっ!!
b0049152_1985066.jpg

焼おにぎりはボクが焼く
b0049152_1993064.jpg

by tenmorimori | 2007-04-25 19:01 | おとん | Comments(10)