ちゅらかじとがちまやぁ

<   2006年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

汁ビーフンはいつにも増してさわやかに旨い

昼、会社の同僚がうめ~家の乾麺が食べたいと言うので一緒に行く。
b0049152_17582589.jpg

ボクは汁ビーフンの肉抜き。ひとすすりスープを飲むとこれがもう・・・・旨い。今日のは特に旨い。恐ろしいスープだ。
b0049152_17585424.jpg

うめ~家のビーフンは台湾直送の極細ビーフン。スープに良く合う
b0049152_17591199.jpg


うめ~家
豊見城市高安927−11
098−850−2519
11:00−20:00
無休 水曜のみ15時まで
NHK入り口信号から旧NHK方面に昇り、すぐ右側
by tenmorimori | 2006-08-31 18:01 | うめ~家 | Comments(11)

なかむら家の伊勢えびは・・・・・

Cooさんから、夕方に魚の旨い店を教えてくれと電話が入った。晩飯が決まってなかったのでなかむら家で合流することに。所用を済ませて店に着くと伊勢えびの姿盛がどでんと置いてあった。
それから出る料理出る料理はやっぱり旨い。
b0049152_17452817.jpg

ここのすくがらす豆腐は旨い。
b0049152_17463852.jpg

なかむら家特製のハバネロコーレグース。これをさしみの醤油にひとたらしすると旨いのだ。
b0049152_17465048.jpg

これははずせない、セイイカの味噌炒め。酒にも飯にも良し。
b0049152_17471250.jpg

これまたはずせない、グルクンのから揚げ。大型のグルクンを絶妙に揚げてあり、頭以外はバリバリと食べられる。
b0049152_17473191.jpg

伊勢えびの味噌汁は、えびの味噌が半端ではなく効いていて、濃厚。ボクはおにぎりを貰ってほぐし、味噌汁に投入。下品だがこれが旨い!
b0049152_17484739.jpg

ネタの新鮮さは一目で分かる。
b0049152_17545546.jpg

で、3人で飲み食いして勘定は1万数百円。旨い安いで連日満席。
by tenmorimori | 2006-08-31 17:35 | しかまんけぇ | Comments(6)

田(DEN)そば 中華そば的いなせな沖縄そば

今日は暑い、暑いったら暑い、おまけににわか雨も降り、湿気も加わる。
そんな中、首里に向かう。「しむじょう」に行くも、定休日。首里そばは時間から見て行列必至。そこで頭の中を検索して昼飯は「田そば」に決定。幸い駐車場は空いていた。
b0049152_18131851.jpg

この店は限定の大きな三枚肉そばが人気だが、ボクは肉に重きを置いてないので、田そばの中530円を注文。ボクはここのスープが好きなのだ。
資料によると、カツオは土佐の一本釣りのカツオ節。ベースは豚の尾骨と鶏、利尻昆布使用。豚は県産豚のみ使用とこだわっている。
沖縄そばでは数少ない醤油色をしたスープはカツオ節の酸味と、動物系の旨みがしっかりとして、上等の中華そばの美味しさと通ずるところがある。しかし、やはり沖縄そば。麺がよい意味でもっさりとして、噛み込むほどにもっちりと粘度をましてくる。久々に食べたが旨い!

田(DEN)そば
那覇市真嘉比3-5-6
098-884-5150
11:00-20:00
月曜休
Pあり
by tenmorimori | 2006-08-30 18:21 | 沖縄すばDay By Day | Comments(2)

帰福につき仲間とコーリアン

仕事がらみの一泊帰福。那覇空港のロイヤルホストで朝飯。
b0049152_17502730.jpg

昼飯は因幡うどん@博多駅でえび天そば。薬院店の方が旨いなぁ
b0049152_17511831.jpg


夜は晩飯に数人付き合ってくれるので、ホテルオークラ近くの韓国料理店「鄭家」でワイワイ
早く着いたので、すぐ近くの「つきよし」でぶり大根でひとり軽く一杯やる、ってもウーロン茶ですけどね。
b0049152_1757058.jpg

b0049152_17571159.jpg

b0049152_1758415.jpg

鄭家の料理は2000円でおまかせだったが、キムチ、ナムル、パジョン?(海鮮ちぢみ)、プルコギ、ダッカルビ(最後のご飯付き)、冷麺と種類が多く、量は多すぎず大満足でした。
b0049152_1759378.jpg

b0049152_17591599.jpg

b0049152_17592988.jpg

b0049152_17594462.jpg

b0049152_1862849.jpg

b0049152_17595669.jpg

b0049152_180997.jpg

楽しい夜はあっという間に過ぎ、一風堂のイベントに行っていたエヌさんに今夜の宿、J子邸まで送っていただく。もちろん元祖長浜経由で。
J子の新築マンションに着き、シャワーを浴びている間にしこたま酔ったJ子は布団で寝てしまい、ボクは仕方なくソファーで寝るという仕打ちを受けて、翌朝沖縄へ帰った。
夏じゃなかったら添い寝をしてやったのに。
by tenmorimori | 2006-08-29 17:48 | てんたびめん | Comments(2)

京都 新福菜館 取り寄せラーメン

京都には若い頃から縁があり、何度も訪れている。いつも頃からか「新福菜館」のラーメンを知り、すっかり好きになってしまった。麺が染まるほどの濃い醤油色のスープが特徴なのだが、見た目ほどしょっぱくない。以前からときどき取り寄せて食べていたのだが数日前にANDさんのブログで見かけて久しぶりに無性に食べたくなって即取り寄せ。便利な世の中だ。
b0049152_2321462.jpg

店で食べるそのままが味わえる。しかし、ボクは店ではねぎ大盛りが好きなんだなぁ
次はねぎを足して食べよう。久々に食べると麺が旨くなってる気がした。
京都駅に近い本店は、なぜか第一旭という同じようなラーメン屋さんが隣にあって、どちらも旨く、繁盛している。第一旭の方がややスープの見た目が薄い。
ああ~~あの濃い醤油色のチャーハンも食べたくなってきたぞ。
by tenmorimori | 2006-08-27 23:25 | てんたびめん | Comments(8)

伊平屋島に遊ぶ 昼寝~散歩編

2時間ほど伊平屋の海を楽しみ陸に上がる。こんなきれいな海に居るのは2~3人。なんという贅沢。
b0049152_22263178.jpg

浜に座り込みぼんやりしていると、聞こえてくるのは小波の打ち付けるちゃぷちゃぷという音と、珊瑚が鳴るちりちりきりんという音のみ。それらの音によってよりいっそう静けさが強調される。
b0049152_22285522.jpg

よーく気をつけて耳を澄ますとかさかさとわずかな音がする。良く見てみるとヤドカリが歩き回っていた。
b0049152_22301952.jpg

砂浜に寝転がり、しばし読書、こんな本を読む。
b0049152_2231667.jpg

志ん生の半生記。志ん生の話を聞き書きしたもので、昭和初期の風俗が良く描かれ、落語の貧乏話を地でいく志ん生の語りっぷりにうなる。読んでいるとあの独特の高い声が聞こえてくるようだ。
日が傾いてきたので、古い町並みをそぞろ歩いてみる。
b0049152_22351768.jpg

b0049152_22355571.jpg

やぎにめちゃめちゃ見られる。
b0049152_22362589.jpg

これは、野甫島の共同売店(地域で運営する日用品の店)。残念ながら閉店時間を過ぎていた。
b0049152_22375370.jpg

そして晩飯。獲れたての魚の刺身と、いろいろ。ご飯が炊きたてで旨かったなぁ
b0049152_2240238.jpg

左上のおかずが正体不明だったので、宿のおばちゃんに聞くと照れながら小声で「ここらへんじゃホーミーと呼んでて、そこらへんの岩にくっついてるんですよ」と半笑いで教えてくれた。
b0049152_22405411.jpg

ボクも沖縄に来て3年目なので分かるのだが、なんちゅー直接的な名前だろう。
えーっと、沖縄では那覇の近くにマン○公園というものがありますよね。つまり“ホーミー”とはそういう意味の方言です。
呼び名はどうであれ、味噌とにらで炒められたホーミーは珍味だ。乾燥なまこの様な食感だが、福岡の柳川で食べられる「わけのしんのす(若者の尻の穴)」と呼ばれるイソギンチャクの味噌煮に一番似ている。
晩飯が済み、涼しくなった風に吹かれていると見事な夕焼けが始まった。こんなにきれいな雲は夕焼け番長のボクでも珍しい。このグラデーションの見事な事ったら!
5分間位で消えてしまった。
b0049152_22474321.jpg

振り返って東の空には・・・・・・
b0049152_22483051.jpg

やがて日が暮れる
b0049152_22492746.jpg

夜、散歩にでると文字通り降る様な星空が広がっていた。あんなに“濃い”天の川は久しぶりに見た。
夜が明けて朝飯
b0049152_22512815.jpg

by tenmorimori | 2006-08-27 22:51 | 祭り・イベント | Comments(8)

伊平屋に遊ぶ 海編

土日を利用して伊平屋島へ行ってきた。
本部半島の運天港から船は出る。小型ながら意外ときれいな船。
b0049152_21553676.jpg

伊平屋島に近づくと海の色が変わってきた。港の海もエメラルドグリーン。
b0049152_21562192.jpg

b0049152_21563422.jpg

今夜の宿は伊平屋島の南側にある野甫島の「民宿のほ」。伊平屋島からは大きな橋がかかり、その橋を渡ってすぐのところに宿はある。
b0049152_21581968.jpg

宿の目の前は海。
b0049152_21593915.jpg

荷を降ろし、早速海辺へ。ビーチは珊瑚で出来ていた。
b0049152_222579.jpg

早速スノーケリングを始める。遠浅で砂が白く、透明度が高いので海中が明るい。
b0049152_2225572.jpg

海中のお花畑。カサゴが隠れている。
b0049152_2231181.jpg

生きた珊瑚のどアップ。触手が見える。
b0049152_2232452.jpg

b0049152_2233819.jpg

b0049152_2243998.jpg

b0049152_2245228.jpg

b0049152_2251375.jpg

b0049152_2284242.jpg

しらひげウニの仲間?このウニはいろんなものをくっつけて擬態をしているつもりだ。
b0049152_2294246.jpg

口の周り。触手を出してわらわら動かしている。
b0049152_22102229.jpg

クマノミのコロニー発見
b0049152_22114226.jpg

大阪のおばちゃんみたいな模様のかわはぎ
b0049152_22133077.jpg

by tenmorimori | 2006-08-27 14:24 | 祭り・イベント | Comments(7)

新メニュー アグーのソテー

てだこ亭の人気メニューにアグーのローストがあるが、入荷数が限られているので品切れの場合が多い。そこで考えられたのがコレ。アグーの赤身肉のソテーだ。トマトソースとチーズソースが用意されている。アグーの肉の特徴は栄養価もさることながら、やっぱり脂の味が断然違う事。そしてもちろん肉自体の味も甘味と香りのバランスが抜群なのだ。
今日はシェフのお勧めでトマトソースにした。ズッキーニとかぼちゃが一緒にソースに絡み、付け合せのうりずんの緑がきれい。
b0049152_16363237.jpg

もっちりした肉とトマトソースの相性は抜群!もちろんよりいっそうソースを味わうにはフォカッチャも一緒に。
b0049152_16364488.jpg

てだちゃんをバックに県産レモンのアイスティー
b0049152_16365615.jpg


涼しくなったら“あの”パルミジャーノレッジャーノを使ったスパゲティが登場するかも・・・・
by tenmorimori | 2006-08-25 16:53 | てだこ亭 | Comments(4)

昨日の瀬長島

夕日の光線がとてもきれいでした。
b0049152_18253616.jpg

b0049152_18255090.jpg

by tenmorimori | 2006-08-23 18:25 | しかまんけぇ | Comments(4)

石垣へ

石垣へ日帰り出張。日が照ったり雨が降ったり忙しい。
b0049152_1893470.jpg

昼飯は石垣や本島でも店舗展開する焼肉金城でランチの和牛ハンバーグ(大)280g
b0049152_18103011.jpg

生姜の効いた和風ソースはご飯に良く合うが、お代わりをぐっと我慢する。
それにしてもこのハンバーグは旨い。
b0049152_18114677.jpg

帰りの待合ロビーは八重山商工の新聞記事が
b0049152_1813231.jpg

by tenmorimori | 2006-08-22 18:13 | しかまんけぇ | Comments(2)