ちゅらかじとがちまやぁ

<   2006年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

玉家2号店 そーき小

土曜日にとある人と玉家の話になり、たまらず今日行った。うっかり1号店に行って定休日だったのでUターン。カメラを忘れて携帯画像、しかも設定をし直さずに小さな画像です。
今日のそーきは一段と旨かった。
今日のスープは比較的若いスープ。もちろん残さず飲み尽くす。
b0049152_1804232.jpg

by tenmorimori | 2006-07-31 18:01 | 沖縄すばDay By Day | Comments(2)

1万人エイサー後編

今日は平敷屋の東。平敷屋青年会エイサーには東と西があり、チョンダラーの衣装が色柄物なのが東だ。
b0049152_2113575.jpg

派手な大太鼓は無く、手持ちのパーランクーのみが鳴り物だ。全員裸足!
鳴り物は地味だが、全員の掛け声、20人以上居るチョンダラーが指笛を一斉に吹く。ビューイ、ビューイと凄い迫力である。このへんが平敷屋青年会の魅力だなー。始まりはいつも鳥肌が立つ。
b0049152_21131867.jpg

b0049152_21133580.jpg

b0049152_21134778.jpg

b0049152_2114195.jpg

b0049152_21141516.jpg

今回はあくまでもイベントなので、一組の演舞時間は10分もないくらい。
さーて今年もエイサーの本番、ウークイのエイサーに行くぞ。去年のウークイエイサーはここ
国際通りは凄い人
b0049152_21142895.jpg

路地を通って帰る
b0049152_21144162.jpg

今日も夕日がきれい
b0049152_21145218.jpg

by tenmorimori | 2006-07-30 21:24 | 祭り・イベント | Comments(4)

1万人エイサー 中編

そしていよいよ各地の青年会エイサーが登場。光あふれるむつみ橋交差点。
八重瀬町の安里青年会。いままでの創作エイサーと太鼓の音・演舞の迫力が違う。
b0049152_20485042.jpg

b0049152_2049334.jpg

米軍家族の女の子が演舞の合間に路上で踊りだす。やんやの喝采。
b0049152_20491786.jpg

これも八重瀬町具志頭(ぐしちゃん)青年会。
b0049152_20492937.jpg

b0049152_2131435.jpg

今帰仁からは湧川青年会。地謡(じがた)には女性が居る。
b0049152_2050341.jpg

躍動感あふれるエイサーだ。
b0049152_20505013.jpg

女性の手踊りがかわいく、手の動きは非常に滑らかで美しい。
b0049152_2051358.jpg

b0049152_20511684.jpg

b0049152_20512860.jpg

b0049152_20514017.jpg

ボクにはお馴染み、糸満の座波青年会。さすがの実力
b0049152_2053819.jpg

b0049152_20532211.jpg

そしていよいよ平敷屋青年会。異形の集団が現れた。
b0049152_20533956.jpg

後編へ続く
by tenmorimori | 2006-07-30 20:55 | 祭り・イベント | Comments(0)

1万人エイサー 前編

さとしさんのブログを見ていると、新宿エイサーのレポートがあがっていた。年々盛大になっていくなーと見ていた。あっ!それどころではない、今日は国際通りで1万人エイサーの日だ。
演舞で参加する人だけで1万人近いという世界最大のエイサーイベント。オープニングは1,500人のエイサー隊がいっせいに踊る。なんと国際通りの半分以上1kmに渡って演舞グループが並び、3曲を披露。このエイサーイベントの前半は創作エイサー中心だ。
b0049152_20272538.jpg

いい顔してる夏の少女たち
b0049152_20274383.jpg

b0049152_20275697.jpg

b0049152_2028841.jpg

むつみ橋前演舞場の演舞スケジュール。目当てはやっぱり平敷屋青年会
b0049152_20282419.jpg

休憩はグランドオリオン通りの沖たこ
b0049152_20283795.jpg

ゆで卵が丸ごと一個入ったバクダンが焼かれている。
b0049152_20285086.jpg

ねぎたこ焼きを買って希望が丘公園で食べる。箸が入ってなく木の枝で食べた(泣)でも美味しい。
b0049152_2029164.jpg

おぉっ!安室ちゃんみたい。
b0049152_2029149.jpg

そして青年会中心のエイサーの本番。迫力の後半へ続く
by tenmorimori | 2006-07-30 20:29 | 祭り・イベント | Comments(2)

海洋食堂のカツ丼に名護の夕焼けは幻想的に焼けた

昼は海洋食堂でカツ丼。豆腐が入ったメニューが食べたいが、いわばブログのためにいろんなメニューを食べるシリーズ。
意外な事にちゃんとした陶器の蓋付きで現れた。そして蓋を開けると見た目は至って普通。
しかしとんかつの下にはたまねぎとレタス。しかも一旦炒めてから卵でとじてある。波布食堂のカツ丼も思えば野菜は炒められていたなぁ。これぞ沖縄カツ丼、粋ではないが旨い!
b0049152_1315121.jpg


夜は仕事で名護へ。名護祭りを横目に見ながらとある公民館へ。高台にある公民館から夕焼けがよく見えた。日は落ちたが、山の向こうにある太陽から高空の雲に光線が当たり、雲の切れ間からレーザービームの様に光が伸びている。
b0049152_139458.jpg

b0049152_1395595.jpg

by tenmorimori | 2006-07-29 12:59 | 海洋食堂 | Comments(2)

久茂地 なかむら家 沖縄居酒屋の実力

久茂地では比較的古い店「なかむら家」で職場の宴
b0049152_1072728.jpg

b0049152_1084247.jpg

b0049152_1085585.jpg

シンプルなソーミンチャンプルー
b0049152_1074061.jpg

島蛸、イラブチャー(青い魚)等々地物の刺し盛
b0049152_1075315.jpg

古宇利島産のしらひげうに
b0049152_108540.jpg

名物のちきあぎ「なかむら揚げ」熱々のほくほく
b0049152_1081685.jpg

b0049152_1082779.jpg

すくがらす豆腐、島豆腐ならではの味わい。泡盛が飲めたらなぁ
b0049152_1094082.jpg

ミーバイのマース煮(塩煮)。ほんのり香る泡盛が絶品煮汁の隠し味。今日はえーぐぁが小さく価格が高かったのでミーバイで。
b0049152_1095449.jpg

セイイカの味噌炒め。田舎のおばぁ料理の定番だそうだ、甘い味噌味が泡盛にもご飯にも良く合う。
b0049152_1010777.jpg

豆腐煮付け。煮魚に添えられる味の染みた豆腐は大好きなのだが、これは正にソレ。魚の煮汁で炊いてあるだけの島豆腐は実に旨い。
b0049152_10101979.jpg

大きなグルクン(たかさご)の唐揚げ。沖縄でもめったにみないくらいの大きさのグルクン。しっかり上手に揚げてあるので骨はもちろん、殆ど全身食べられる。
b0049152_10114938.jpg

ねこまんまおにぎり
b0049152_1012235.jpg


なかむら家
沖縄県那覇市久茂地3-15-2
098-861-8751
17:00-25:00
日祝休 年末年始休
by tenmorimori | 2006-07-28 10:06 | しかまんけぇ | Comments(6)

整体を受けに

6月はじめから苦しんでいた頚椎ヘルニア。umeさんの紹介の鍼を受けかなり楽になったが、まだ完全ではない。で、今日はてだこシェフ紹介の整体を受けてみた。
ひと気の無い階段を下っていると、近所の高校生とおぼしきカップルがチュウをしていて、ボクに気づいてパッと離れる。勉強しなさいっ!べんきょおおお
浦添の高台から慶良間方向を見る。
b0049152_9583749.jpg

小一時間ボキボキとやってもらい終了。
昼飯は通りがかりのMacでチキンサラダ。チキンが型押しされた様なチキンパティなのが不満だが、流通その他を考えるとファストフードではこのへんが限界かな。
b0049152_1021739.jpg

今日は雲が盛大に出て面白かった。
b0049152_1045481.jpg

by tenmorimori | 2006-07-28 10:00 | しかまんけぇ | Comments(2)

今日は弁当300円!

昨日とはうって変わって、今日は事務所に売りにくる弁当。150円・300円・400円と3種類あり、女性なら150円でも充分な量がある。
チキンカツ・さんまフライ・ブロッコリー・卵・鶏唐揚げ・カレースパゲティ・焼きビーフン・・・・これで300円でいいんですか?味もけっこう旨いんですけど。
b0049152_17591166.jpg

by tenmorimori | 2006-07-27 18:00 | しかまんけぇ | Comments(7)

意外な人に会い、アグーとウニの饗宴

気が付くともう10日以上てだこ亭の料理を食べていない。そうなると食べたくなるもので、昼に行った。「料理に、習慣性のある薬を使ってるんじゃないですか?」などと馬鹿な事を言いながらアグーのミートソースハバネロバージョンを注文。待つ間にJ子宛にメールを打ち込んでいると、スーツケースを持った人影が近づいて来た。最初逆光で顔が見えなかったが、なんとANDさんの奥さんだった。出張で昨日から来られていたらしく、飛行機に乗る前にてだこ亭に来ていただいたとの事。偶然の再会を喜び、向かい合わせに座る。あーびっくりした。
AND奥さんにはやっぱりウニを勧め、せっかく二人で食べるならとアグーのグリルも1人前お願いすると運良く1人分だけ残っていた。
アグーのミートソースハバネロバージョン
アグーの甘さが美味しい逸品
b0049152_1864389.jpg

b0049152_1865698.jpg

端正な生ウニのスパゲティ
なにも言うことはありません
b0049152_187812.jpg

取り皿をもらい分け合って食べたが、ハバネロはAND奥さんには辛すぎたみたいだった。
そしてアグーのロースト登場。今日の野菜は巨大さやいんげん、かぼちゃ、島にんじん、田芋、ミニトマト。皿は魚の形のかわいい皿。アグーはもちろん旨いが、野菜も旨い
b0049152_18245520.jpg


思わぬ人と会い、思わぬ食事が出来た。てだこ亭はボクにとって出会い系のイタリア料理店だ。
AND奥さん、マンゴーまでいただき、良く考えたらボクが割り勘勝ちしてました、今度お返ししますね、ありがとうございました。
by tenmorimori | 2006-07-26 18:18 | てだこ亭 | Comments(9)

名護の老舗 新山食堂 ふーちばーそば500円

北部に仕事で行くので、久々に八重でそばだっ!と意気込んではいたものの今日は火曜日、定休日なのだった。ん~~~ん、あるミッションを企てていたのだが残念。
そこで名護の老舗「新山食堂」へ行く。
b0049152_17325326.jpg

券売機の前でしばし悩み、ふーちばーそばに決めた。濃い緑のふーちばーが敷き詰められたそばからはヨモギの匂いが立ち上る。昆布のトッピングは高得点、さらに小さな厚揚げまで入ってさらに加点。名護の特徴のフェトチーネライクな麺はあくまでもやさしい。
老舗の余裕を感じるしみじみな一杯だった。
b0049152_17331153.jpg


名護から太平洋側へ横断し、大浦湾に出る。南部ではなかなか見かけないが、やんばるに来るとさすがにあちこち残っている「共同売店」。商店の無い集落ごとに有志を募って共同で店を開くという制度がまだ機能している。言わば過疎地のコビニエンスストア。生活用品はひととおり揃っており、休憩所も併設されている場合が多く、地域の社交場になっている。
b0049152_17332772.jpg

右に見える岬の先に、普天間基地の代替基地が建設されようとしている。所謂「辺野古問題」の現場だ。このきれいな大浦湾の入り口に当たる場所が埋め立てられたら潮の流れが変わり、生態系に大きな影響が出ると言われている。
b0049152_17334113.jpg

by tenmorimori | 2006-07-25 17:34 | 沖縄すばDay By Day | Comments(2)