ちゅらかじとがちまやぁ

<   2006年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

クラッシュ

今年のアカデミー作品賞を受賞した「クラッシュ」を観に行く。
b0049152_21531758.jpg

流石の作品である。人種のるつぼロサンジェルスが舞台の人間ドラマ。
ささいなクラッシュ(事故)やアクシデントで運命の糸に操られる人間達の姿を、アフリカンアメリカンやヒスパニック、チャイニーズ、ペルシャ人そして白人が綾なす人種問題を軸に家族、親子、兄妹、夫婦、同僚、仲間・・・・様々な登場人物のドラマが見事な編集で綴られていく。
ネタばれになるので具体的には描けないが、最後は静かな感動と少しの哀しみを感じて見終わった。サンドラ・ブロック、マット・ディロン、ドン・チードル・・・・役者達の好演も光る。お勧めデス!
by tenmorimori | 2006-04-29 22:04 | Films | Comments(2)

GW雨の初日 宗像堂へ行く

朝から雨の休日。明日は快晴の予報なので、海遊びは明日にしよう。午前中の内にと宗像堂へ急ぐ。宗像堂は薄いビニール袋を手にはめて、パンを手でつかんでざるに入れる様になっている。パンの重さや暖かさを感じてもらうためだとか。今日は石釜からパンが次々出てくる時間にいったので、パンがまだ暖かい。もちろんフワッと軟らかいので、次々ざるに入れてしまった。
b0049152_2143014.jpg

帰りの車中で一個食べ、新都心のスターバックスに寄ってもう一個食べる。旨いっ!!!
b0049152_21431469.jpg


昼飯はリンガーハットの夏季限定の「からまろちゃんぽん」。言わば野菜の多い担々麺。
肉味噌も旨いし、スープにもたっぷり胡麻が擂り込まれて旨い。
b0049152_21433412.jpg

by tenmorimori | 2006-04-29 21:50 | しかまんけぇ | Comments(4)

波の上 波蔵(なみぞう)  黄色いカレー番外編

通る度に車がよく停まっていて、前々から気になっていた店だ。
b0049152_1743370.jpg

細麺の塩とんこつラーメンと、太麺の野菜たっぷりタンメン風のなみぞうラーメン。
b0049152_1744951.jpg

極細麺の塩ラーメンを注文。ビンゴである。久茂地の武蔵屋の関係店と言う情報から、もっと濃厚なスープを想像していたが、程よいこってり感だ。
嬉しいのは、博多でもなかなか見ない程の極細麺。麺自体も旨い。ランチサービスで替え玉一個無料なのがまた嬉しい。いい店見つけた。波の上自練近く。
b0049152_175462.jpg


しまやの焼きカレーパン。中身はなんと“あの”黄色いカレー
b0049152_1755326.jpg

by tenmorimori | 2006-04-28 17:06 | てんたびめん | Comments(0)

せながじま

仕事を定時に終わらせ、自転車で瀬長島へほんの10分程度で到着。夕焼けに間に合った。
b0049152_933143.jpg

小さな子供を連れたファミリーが遊んでいる。芝生に座り込み、本を開く。
b0049152_933159.jpg

足元にはこんなきれいな花がたくさん咲いていた。
b0049152_9332988.jpg

b0049152_9334386.jpg

b0049152_9335715.jpg

陽は落ちても高いところにある飛行機雲には光が当たる
b0049152_9341295.jpg

暗くなって、晩御飯の買物をして帰る。
by tenmorimori | 2006-04-27 09:32 | Comments(7)

てだこ亭 メディチ家ソースのスパゲティ

昼間、ジャスコに行き駐車場に車を停めてふと横を見てドキッとした。犬達が行儀良く車の座席に座っていた。まるで犬たちだけで買物に来たみたいだった。
b0049152_22165740.jpg

なにげなくてだpashaを見ていたら、メディチ家風パスタのお知らせが。以前手打ちパスタで作ってもらって美味しかったのを思い出し、空席を確認すると今夜は空いてますよぉとの返事。
折からの豪雨の中食べに行く。
おぉ~これこれ。メディチ家風のパスタというのは、メディチ家で食べられていたと言うパスタで、ミートクリームソースにグリーンピースが入っている。でも、てだこメディチ家風はアグーのミートソースなのだ。いにしえのメディチ家の方々もこれは食べてないだろう、そしてこちらの方が旨いかもしれない。確かな歯応えのアグーが甘い。
b0049152_22252162.jpg

アップにするとソースのからまり具合がよく分かる。
b0049152_222611.jpg

これは旨い豆のスープ。
b0049152_22273424.jpg

by tenmorimori | 2006-04-26 22:17 | てだこ亭 | Comments(3)

エントリーしました

と言う事でエントリーしました。東御廻い国際ジョイアスロン
ボクは佐敷のコース「バイク15km~ウォーキング12km~スイムウォーク200m」
J子にそそのかされて・・・・・

ちなみに
東御廻い(あがりうまーい)とは聖地巡礼の意味合いがあります。
by tenmorimori | 2006-04-26 09:37 | Comments(12)

そして大団円、隔月来沖男うめ~家に散る 大東そばで締めっ

うめ~家お母さんのポテンシャルはまだまだ余裕があるみたいだ。今日も食べた事のない料理が出てくる。いずれも薄味で素材の新鮮な味がよく分かる。
ダイビング帰りのCooさんも合流して、まずは茹で車えびからスタート。のっけから新鮮な海老にノックアウト。
b0049152_1238572.jpg

みーばいの揚げ煮(多分)このみーばいははずせないメニューだなぁ
b0049152_123911100.jpg

蒸し鶏のねぎソース。きゅっと締まった鶏肉が旨い。
b0049152_12392781.jpg

豚の粗挽き団子と白菜の煮物。底にはマロニーが入っている。大きな豚団子はもちろん旨いが、白菜がなんともいい味出してる。そして決め手は干し海老。
b0049152_12394339.jpg

定番、セロリとイカの炒め物。イカは片栗粉を付けて下揚げしてある。
b0049152_12403620.jpg

今日の炒飯はベーコンと海老入り。
b0049152_124025.jpg

さらに途中から参加したumeさんの晩御飯用に作られたチンゲン菜ときのこの炒めも非常に旨い。ついでに少し作ってくれた。汁物はソーキと大根のスープ・・・サイコー
Cooさんは、ダイビングの残存窒素と酒の酔いで早々といい気分になって寝てしまう。さらにはJ子のヒザ枕を求めて大きな身体をのたうち、最後は子供用のバスチェアを枕に轟沈。
今夜はumeさんが居るので、お父さんお母さんは先に帰り、店を閉めてまったりとゆんたく。
外はしのつく雨が降っている。
Cooさんを送り、部屋に帰ってから、J子は持ち帰った炒飯と蒸し鶏を平らげて寝てしまう。

翌朝、J子は昼の便で帰るので、あまりゆっくりは出来ない。開店の11時を待って大東そばへ
塩味の効いた手打ち太麺は旨い。ずずっと啜れないので、モムモムハムハムと口に運ぶと、モチモチっとして大好きな麺だ。鰹ががっつり効いたスープも旨い。
b0049152_1240554.jpg

by tenmorimori | 2006-04-23 12:36 | うめ~家 | Comments(4)

隔月来沖男と南部を周る そして「しむじょう」へ

朝は阿里でお粥。ボクは前回に続き鶏粥、それに切り干し大根の卵焼きを追加で注文。それでも400円余りだ。旨い旨い、この卵焼きは台湾では普通の家庭料理らしく、うめ~家さんでも作ってくれる。九州で見る切り干し大根よりも厚みがあって、さいころ状でポリポリと歯応えがあり旨い。タクアンで作っても旨そうだなぁ
b0049152_12242551.jpg

b0049152_12244138.jpg

朝食後はゆるぅ~~~いラジオ、FMたまんを聞きながら糸満を経由して南部方面へ。なんとなく米須大渡海岸へ立ち寄ると体験ダイブのグループが大勢居た。東屋に座り込みボケーッとしていたら耳元で「イカスミ・イカスミ・イカスミ」とつぶやく声が・・・・J子が早くイカ墨を食わせろと言っているのだ。で、奥武島へ急ぐ。天ぷらで有名な中本鮮魚店の2階のレストランに入る。
食事にはセルフサービスでもずくが食べられるのだが、正に旬の産地。すぐ目の前海で採れるモズクの旨い事!塩漬けしてないのでたっぷり太くて瑞〃しい。
b0049152_12245618.jpg

イカゲソ揚げも美味。
b0049152_12251117.jpg

J子が頼んだイカ墨汁。少し味見すると、えんがんほどではないが、濃くて充分旨かった。たっぷりの軟らかいイカが旨い。
b0049152_12252495.jpg

ボクは日替わりの煮付け。正式名は忘れたが、通称オジサンの煮付け。普通の白身の魚よりも少しクセのある匂いがする。濃い味で煮付けられてて旨いです。豆腐も旨い。
b0049152_12254614.jpg

アゴの下にはひげがある。だからオジサン。
b0049152_122671.jpg

アーサーたっぷりのソーメン汁。
b0049152_12262383.jpg

天ぷらも買っちまった。
b0049152_12273474.jpg

玉城城跡へ行く。
b0049152_12275289.jpg

夕方まで時間があったので、そばが食べたいと言うリクエストで「しむじょう」へ行く。
場所は非常に分かり難いが、けっこう次々とお客さんが来る。みんな好きだなぁ
b0049152_12332786.jpg

先日食べたときよりも“こく”がプラスされているような味わい。
素のままで楽しみ、コーレグースを入れてまた味わう。
b0049152_1233419.jpg

あー旨かったと、しばし庭先で休憩。雨がぽつぽつ落ちてきたがさほど気にならない。

さぁ、一旦部屋に帰って晩飯にそなえて休憩だ・・・・・つづく
by tenmorimori | 2006-04-22 12:23 | しかまんけぇ | Comments(0)

隔月来沖男 スワン大谷に出会ったぁ~

隔月来沖男、J子がまたやって来た。
b0049152_9412423.jpg

本人の希望により、小禄のロードサイドに店を構える焼き鳥屋さんへ行く。時間が空いてたumeさんも合流して3人で出かける。
スワン大谷さんの焼き鳥屋
b0049152_9414750.jpg

金曜日の夜の人気店。さすがに満席だったが席を詰めてもらって無事着席。さぁ~なにを食おうか。今の時期、ボクはシャツ1枚で少し寒かったが、半野外で気持ちが良い。
b0049152_9423158.jpg

ささみの塩焼きはわさびで、
b0049152_9424923.jpg

カリッと焼かれた手羽、皮が旨いっ!
b0049152_94365.jpg

我那覇畜産の豚を使った“バラ”。さすがに脂が旨い。
b0049152_9432185.jpg

新鮮な白レバーは臭みなく、レバーが苦手なボクにも美味しく食べられた。焼かれる前の生を見ると本当にきれいだった。
b0049152_943572.jpg

大谷明正あばれ焼き。大きな切り身ににんにくの摩り下ろしをたっぷり塗りたくり焼く。じっくり焼かれて香ばしい匂いがテント内に立ち込める。早く出て来~~い
b0049152_9434222.jpg

で、出てきた。適度な歯応えと染み出す肉汁が旨い。
b0049152_9443167.jpg

名物、ギャートルズのつくね。新鮮な鶏を使い、軟骨の歯ざわりも楽しい大きなつくね。チーズ入りのハイジのつくねも有り。
b0049152_9444725.jpg

b0049152_94536.jpg

旨い焼き鳥と島酒でご満悦のJ子は、こいのぼりでほっかむりをする狼藉(トップ写真)

そばが食べたいと言うJ子と共に、栄町ボトルネックへ行くも、食べ物は終了していた。市場の中では地元の人たちが市場の通路にテーブルとイスをしつらえて、野外摸合を開いていた。
J子がステーツサイズと口走ったので、お互い牽制しながら車を進める。
ボクはさすがにステーキは入らないが、ガッツを見せるJ子は意地でステーキを注文。だが、弱気の虫が出たのか、少し小さめのニューヨークステーキを選んだ。
ステーツサイズのタコスは初めて食べたが、シェルにシナモンが混ぜられているみたいで、これはこれで旨い。umeさんは呆れ顔でタコスを1個食べていた。
b0049152_9452373.jpg

b0049152_945395.jpg

by tenmorimori | 2006-04-21 23:45 | しかまんけぇ | Comments(11)

うりずんやなぁ~~ 瀬長島でおべんと

凄く天気が良い。丁度弁当を作っていたので瀬長島で食べよう。こうやって見るとジャンボジェットってやっぱりでかいなぁ。右下の波打ち際ではどこかの園児たちが遊んでいる。
b0049152_17302582.jpg

今日の弁当は稲荷入り。実は昨夜稲荷寿司を作ったのだ。沖縄の稲荷寿司はすし飯が甘くて酢が強い。防腐対策なのだろうが、ボクの好みは揚げもご飯も薄味の稲荷なので、ふと思いついて作ってみる。揚げはいりこ出汁を効かせて、極力薄めの味付け。すし飯は市販の寿司酢を使って、これも薄めに仕上る。煎り胡麻とちりめんじゃこはたっぷり混ぜる。
やや甘みが足りなかったが、おおむね理想の稲荷寿司が出来上がった。揚げには、内地産と沖縄産の2種類を使った。沖縄産の揚げは引きが強い。
おかずは、ししゃもの味醂干しと魚肉ソーセージのウスターソース炒め。貧乏くさいけどスキなんです。
b0049152_1730471.jpg

渡嘉敷島を見ながら弁当を食べる。
b0049152_1731155.jpg

旧玉城村の大でいご
午後、佐敷に向かって車を走らせてると、道の正面に大きなでいごの木が見えてくる。新原ビーチ近くのこのでいごは、ずいぶん早くから花を咲かせていた。
b0049152_17311660.jpg

by tenmorimori | 2006-04-21 17:32 | しかまんけぇ | Comments(5)