ちゅらかじとがちまやぁ

<   2005年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

フミオファミリー

3泊4日でフミオさん、奥さん、娘のエリちゃんのファミリーで来沖
初日の夜は北谷のトニーローマでアメリカンなディナー、海辺の街でまったり過ごす
下の2枚の写真はちゅらうみ水族館で見たアナゴの一種。直径7〜8ミリの胴体で砂に下半身を突っ込み、上体を10センチほど水中に立ち上げてゆらゆらしている。
こうやってアップで見ると大変かわいい
b0049152_1542824.jpg

b0049152_15425446.jpg

自分より大きなアラを見るエリちゃん
b0049152_15432326.jpg


ご存じ、ローズガーデンのブレックファスト。今回はミセスフミオが頼んだフレンチトーストwith自家製ソーセージバージョン
b0049152_15445034.jpg

ローズガーデンでブランチの後ちゅらうみ水族館へ、その後名護で八重食堂のそば、夜は偶然同じ日程で沖縄に来ていた、M原ネェネェ、3103(サトミ)ネェネェと南風へ行くも満席。魚が食べたいので「ぱやお」へ。途中前夜桜坂のおでん屋でネェネェたちと知り合ったと言う謎の青年オサムちゃんも合流する事に
ぱやおの後、以前satoyanをホテルに送った帰りに見つけていた“ぢる屋”に行く。
もちろんぢる屋なんて変な屋号ではなく「汁専門 地釜や」と言う店。
b0049152_1546535.jpg

b0049152_15475850.jpg

b0049152_15553689.jpg

凄い店だった。いか汁を知らない人は写真を見てもただの真っ黒の汁だが、この味を知っているひとは堪らんと思う。この匂い、風味、味が舌に甦ってくるでしょう。
特にこの店のは旨い。使ってる墨の量と、普通豚肉も入っているのだが脂身を多く使っているらしく、ナントも言えないこくがあるのだ。
魚汁も味噌加減が絶妙でもちろん旨い。つき出しはあばさーの皮のポン酢。あばさーははりせんぼんの事でふぐの仲間だから良く似ている。で、コリコリして旨い。

席を立って帰る時カウンターの中を見ると、へっついがしつらえてあって、かまどが四つあり、それぞれに大鍋がかかっている。それぞれの汁が旨そうである。
カウンターの客の前には焼きはまぐりと白子が並んでいる。
ちょこっと写っている大将もかっこ良く粋である。
b0049152_15564457.jpg


翌日はフミオさんとCooさん夫婦とホエールウォッチング。出航早々にクジラが見つかり、結構何度も見る事が出来た。船酔いするフミオさんの奥さんはエリちゃんとふたり、首里城から市場散策を楽しんでいた。
午後は休憩し、夜はM原さん、サトミさんも合流して昨夜振られた「南風」へ行く。
魚とすしを楽しみ、最後は今夜が結婚記念日のフミオ夫妻のために大将が三線を弾いて「十九の春」を歌ってくれた。しみじみと沖縄の夜は更ける。

がらり夜が空け、本日は最終日。M原&3103コンビはレンタカーを前夜に返しているので、午前中仕事があるボクの車をフミオさんに貸し、お買い物をしていてもらう。
昼に合流してすっかり島豆腐の美味しさにやられたご婦人3人のために、最後の昼餐は海洋食堂。南風原で津嘉山ロールを買い、東風平の風庵へパンプキンぜんざいを食べに、が、季節がらかぼちゃが無いのでこの時期は紅イモペーストのぜんざいだった。このペーストも旨かったのである意味ラッキーかもしれない。
海洋食堂は期待を裏切らず、美味しい。豆腐ちゃんぷるー、ゴーヤちゃんぷるー、ゆしどうふの皿が並ぶ。フミオさんはなぜかソーキそば。あまりの量に、旨いけどこれ以上食べられないジレンマに歯噛みしつつ料理を残して席を立つ。
空港に着き、荷物を降ろしていると大型バスが来た。見るとヤクルトスワローズと書いてある。
「ヤクルトの選手が来たバイ」と教えるが3103さんは選手知らんもんとクールな反応だ。
しかし「古田がおるやんっ!」といきなり思いつき、荷物を置き去りにしてM原さんとダッシュして見に行った。かなりカッコ良かったらしい。

最後に意外なオプション付きで沖縄旅行終了、また来てね~
by tenmorimori | 2005-02-28 15:52 | しかまんけぇ | Comments(10)

アワセ スペシャルサンド

昨夜はCooさんと那覇で焼肉「五割安」。久しぶりの焼肉で旨かった。その後Cooさんは紀ノ川へ行ったらしい。
今日はアワセ メドウズ ゴルフコースのレストランで昼食。
b0049152_16213741.jpg

なぜかCooさんも一緒。金曜日なのでフライデースペシャルメニューがあった。ボクはビーフのソテー、Cooさんはデイリーサンドイッチスペシャルのローストビーフをセレクト。まあ写真をご覧あれ、これで4ドル余り
b0049152_16215473.jpg

by tenmorimori | 2005-02-25 16:22 | アメリカンフード | Comments(0)

泊 県漁連市場

全てのメニューに、まぐろの中落ちが皿いっぱいにサービスされるという「まぐろ食堂」へ行った。泊の県漁連市場の中にあるのだが、なぜか休み。がっくしである。
b0049152_163171.jpg

b0049152_164158.jpg

b0049152_1683164.jpg

しかし、市場内は面白い。昼の時間は競りも終わり、一般客相手の小売が行われていた。中でも驚いたのは30cm×30cm×50cmくらいの二等辺三角形の巨大イカみみで、一人の客が20枚近くあるそれを全部買っていた事、おまけにその値段が全部で500円だった事。
まぐろの目玉だけが売られている。目の周りの肉が旨そうだ。
b0049152_1675680.jpg

皮をはがれたアバサー(はりせんぼん)
b0049152_1692268.jpg

b0049152_1694015.jpg

まぐろ食堂は次の楽しみにとっておこう
by tenmorimori | 2005-02-24 15:57 | しかまんけぇ | Comments(2)

愛と青春の旅だち〜ギルバート・グレイプ

前回の帰福のおり、WOWOWのデコーダーを持ってきた。引っ越してから1年近く経ってやっと持ってきたのだ。アカデミー賞の中継も近いので、最近のプログラムは過去の受賞作が多い。昨夜は「愛と青春の旅だち」、原題は「An Officer And A Gentleman」を観た。
公開当時は邦題を見て引いてしまい、後からビデオで観た。リチャード・ギアが演じるザック・メイヨが教官から退学を迫られ「俺には行くところが無いんだ」と泣き出すシーンでボクもぼろぼろ泣いたのを憶えている。それから何度か観て、昨夜は久しぶりにWOWOWのきれいな映像で新たな感激を味わった。やはり好きな映画は何度観ても良いし、違った観方も出来る。ていねいに作られた映画は飽きない。

今朝、早く目が覚める。どうも最近早く起きてしまうが、まあ本を読んだり、DVDを観たり有効に使えるので良いのだが、昼間眠たくてしょうがない。
で、朝から「ギルバート・グレイプ」を観た。この映画も好きで何度も観た映画だ。
ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス等々役たちのキャラクターが非常によく出来ていて、若手俳優たちも生き生きと演じている。
障害者の弟(ディカプリオ)、凄く太った母親、不倫相手の人妻、トレーラーハウスでアメリカを旅行する祖母と孫娘、葬儀屋、やむなく商売替えをする友達、進出してきた大型ショッピングモール。これら日常の様々な出来事に翻弄され、イラつき、でも街から抜け出せない葛藤をジョニー・デップが見事に演じている。自閉症アーニー役のディカプリオも難しい役どころを演じきっていて、兄に対する思いや母親に甘える感情や旅行者の娘(ジュリエット・ルイス)への憧れ、障害者である自分に対する情けなさ、他の様々な感情の揺れを、当時十代であったろう彼が顔のちょっとした表情やしぐさでこれも見事に演じている。
母親の死後、兄妹がとった驚きの行動からハッピーなラストシーンに到るまでしんとした心で観られる映画です。音楽も大変よろしく、シーンにぴたっとマッチして、結構泣かされる。この映画からジュリエット・ルイスが好きになった。お勧めです。

どうでもいいけど、ダイドーコーヒーのCMの常盤貴子は変だ
by tenmorimori | 2005-02-23 07:12 | Films | Comments(1)

具志川  麺そ〜れ

沖縄で唯一のヤマダ電機に行くついでにすぐ近所の「麺そーれ」へ行った。
旨いと評判の店なのだが、ベタな店名に少し躊躇していたのだ。広い駐車場はほぼ満車で次々にいろんな客層の人たちが店に入って行く。期待値が高まる。
b0049152_17523039.jpg
















シンプルなメニュー、デフォルトの麺そーれそばを注文。
b0049152_17524811.jpg
















b0049152_175306.jpg

やいま(八重山)のかまぼこが乗り、厚めの三枚肉とロース肉がトッピング。スープをすすると、プーンと匂い立つやや辛口のスープ。鰹の他にも魚介を使っているみたいだ。これは旨い、やはり評判は本当だった。麺は玉家と同じく亀濱の麺。
八重山そばには石垣の麺が使われているという。今度は八重山そばだ。

そば処 麺そーれ
具志川市江洲1364番地
098ー973ー0439
11:00〜20:00
休日水曜日

昼間宜野座を通ると産直販売所に、宜野座村特産の紅じゃがいもの小芋がネットに20個ぐらい入って100円だった。この芋の旨さにやられているボクはもちろん買う。
で、久しぶりに家カレーを作った。
大きめに切った紅じゃがいもはあのじゃがいも独特の風味が強く、粒子が細かいような気がする。口に入れるとホクっとつぶれ、ネチっと粘る。うま~い!カレーには最高の芋だ。
b0049152_919251.jpg

ルーは市販で、最近コマーシャルをやってるグリコの絶品カレー
旨いけど、不自然なこくがあり、ボクはやっぱりS&Bが好きだ。
by tenmorimori | 2005-02-21 17:54 | 沖縄すばDay By Day | Comments(7)

長楽  博多

土曜日の夜、仲間うちのひとりが節目の誕生日を迎えた。誕生会と銘打った飲み会。
会場をまかされたので春吉の長楽に予約を入れた。
b0049152_19373597.jpg

まずは長楽の目玉「陳麻婆豆腐」の本場味。見ての通りがっつり辛い、辛いが旨い。
辛さの中に旨味がぎゅっと入っていてご飯が進む。用意していたタオルで汗をふきふき食べる。
b0049152_1938032.jpg

阿香婆(アシャンボ)えび炒め(多分こんな名前)
えびとピーマン、ねぎをスパイスを効かせて炒めたもの。新鮮えびがぷりぷりでボクは必ず尻尾まで食べる。どこかインド風なスパイスがひどく旨い。
b0049152_1938188.jpg

小エビの天ぷら。中国山椒を付けて食べる。
b0049152_19383486.jpg

鶏の唐揚げ。唐揚げと言いながら皮付き鶏肉の天ぷら。シンプルなねぎソースがあっさり旨い。
b0049152_19384917.jpg

一通り食べ終わりまったりしていると、長楽のお母さんが中国訛りで囁く「今日は白菜が美味しいよ」、「ほんと?じゃー食べる」
で、出て来た白菜のピリ辛炒め。シンプルに鷹の爪とオイスターソースでジャッと炒めたもの。こりゃー旨い。天興源でよく食べてたレタスのオイスター炒めと同じ様なものだが、白菜自体に味がありとても旨い。ご飯にも酒にも良く合う。

長楽を後にした一行は近くのカラオケに行き、ボクは沖縄の歌をたくさん歌った。
by tenmorimori | 2005-02-20 19:38 | てんたびめん | Comments(2)

アサヒ食堂

b0049152_17511987.jpg

沖縄そば博物館と言うHPの中で、亀濱製麺使用の店として紹介されていた。
この外観!たまらない。土砂降りの中行ってみた。
先客はカウンターに若い女性がひとり焼き飯を食べていた。店内は古いけど、掃除・片付けがきれいに行われており気持ちが良い。
そば250円!焼き飯300円、カレー300円・・・いつ時代の値段だろうか。そばと焼き飯を注文する。素早くはないが、確実にきっちり調理されてまずは焼き飯から先に出てきた。
豚ばらとたまねぎ、卵だけのシンプルな焼き飯が茶碗に軽く一杯ほどの量で盛られている。
熱々で旨い!や・き・め・しとゆー感じ。続いてそば登場。
b0049152_1751361.jpg

実直なそばである。鰹の効いた少し濁ったスープが亀濱の麺によくからみ旨い。
ちょこんと添えられたほうれん草もにくい演出だ。
ボクに配膳し終わった店主は、座敷にご飯と野菜そばを持ち込み昼食をとり出した。
ボソボソと鳴っているラジオの音で、かえって静寂感が増し、ボクと店主のそばをすする音だけが店内にずるずると響いていた。静かな午後だった。

アサヒ食堂
沖縄県那覇市辻1-11-13
TELなし
11時半~売切れ仕舞い
不定休
P無し

おまけ画像:昨夜りょう次で食べたてびちのから揚げ。表面がカリカリで中がぷるぷるほたほた。最近ちょくちょく居酒屋のメニューで見かける。旨いんだぁ~これが
b0049152_17514518.jpg

by tenmorimori | 2005-02-17 17:51 | 沖縄すばDay By Day | Comments(4)

ちびスキーキャン ~久住~別府~

b0049152_23221830.jpg

11日からの3連休を利用して、への・take4・くまの3ファミリーとボクの甥っ子マサとで久住へ1泊2日のスキー&スノボキャン。キャンと言いながら山荘泊まり。夜は丁度開催されていた氷の祭典のライトアップを見に行く。
翌日は別府マリンパレスがリニューアルした「うみたまご」へ。
子供たちも楽しそう、ボクも楽しかった。
息子を見守るへの氏
b0049152_2323527.jpg

氷のシュレック
b0049152_23235122.jpg

b0049152_23242356.jpg

b0049152_23244890.jpg

b0049152_2325720.jpg

陽だまりの朝飯
b0049152_23252693.jpg

集団日向ぼっこ
b0049152_23255563.jpg

うみたまごにて
b0049152_2327523.jpg

古代魚のど正面顔
b0049152_23274160.jpg

b0049152_23282314.jpg

b0049152_23284144.jpg

by tenmorimori | 2005-02-16 23:28 | てんたびめん | Comments(0)

てんたび アップしました

2003年6月から2004年2月まで、一年前のちょうどいまごろの東北地方の旅までをアップしました。
改めて読み直すと我ながら、読み応えがあり面白いです。って自分の旅だから当たり前か(笑)
お暇なら読んでみてください。
by tenmorimori | 2005-02-14 21:34 | てんたびめん | Comments(3)

ダルビッシュを見た

b0049152_15555329.jpg
東京杉並が発祥のラーメンチェーン花月に行く。目当てはダブルスープの豚そば銀次郎。
ここはいろんなラーメンを期間限定で出している。オリジナルはにんにく拳骨ラーメンなのだが、どうも苦手なのだ。そこで、限定の看板が上がるとチェックして気になったら食べに行く。今回は魚介と豚骨のダブルスープ。近年ポピュラーになっているスープで、中野の青葉、えにしなどを思い出す。
入店して注文。まずはスープをすすると玉ねぎのみじん切りが入っている。スープは魚介と豚骨のバランスが程よくまとまっている。
青葉ほどの感動はないが、ラーメン屋の少ない沖縄では貴重な味ではある。
期間内にまた食べに来よう。飯とピリ辛生にらが旨い。

b0049152_1556619.jpg

ラーメンを食べ終え、東風平に用事があるので向かう。なんとこんな所で日本ハムファイターズの2軍がキャンプをやっていた。今、日ハムの2軍と言えばダルビッシュである。サブグラウンドでストレッチをやっているダルビッシュを見つけたが、やはり1軍選手と比べてまだまだ高校生の身体だ。これから鍛えられ、活躍したらオーラが出てくるのだろう。
住宅街で車を停め、ぼんやり考え事をしていると視線を感じる。ふと見ると野良猫が二匹「あんだよーてめぇ」とこっちを見ていた。
b0049152_1556205.jpg

by tenmorimori | 2005-02-08 15:58 | しかまんけぇ | Comments(0)