ちゅらかじとがちまやぁ

<   2004年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

魔都 上海 2004年11/26~11/28

今は2013年。
8年ちょっと前の写真を今頃アップ(笑)
もうこの古い街並みも無くなっているだろうな。
山盛りシャコと上海ガニ。
b0049152_17585475.jpg
b0049152_1759487.jpg

大きくて立派なホテルの下界は古い街並みが広がる。
b0049152_1759990.jpg

みんな朝飯を食べている。
b0049152_17594118.jpg

麺専門店
b0049152_180662.jpg

b0049152_1812250.jpg

b0049152_1815612.jpg
b0049152_182840.jpg
b0049152_1822094.jpg

b0049152_1823672.jpg
b0049152_182469.jpg
b0049152_1825711.jpg
b0049152_1833243.jpg
b0049152_183412.jpg
b0049152_1835382.jpg

大きなショッピングセンターの食品売り場。
鶏の足だけ、いろんな味付けで売っている。
b0049152_184563.jpg

豚の鼻先だけ!
b0049152_1854082.jpg

丸ごとの雀?
b0049152_1855998.jpg
b0049152_1861387.jpg
b0049152_186319.jpg

夜、上海駅に向かって歩いていると、暗がりから手が伸びてきて腰にぶら下げていたカメラが狙われる。
軍手をはめたその手を振り払って振り向くともう姿は無かった。
b0049152_1864391.jpg

b0049152_1892483.jpg
b0049152_1893083.jpg

朝マック
b0049152_1895877.jpg
b0049152_18101226.jpg
b0049152_18102322.jpg
b0049152_18103276.jpg

b0049152_18105490.jpg

リニアモーターカーで空港に1直線。
b0049152_18114724.jpg

以上、ダイジェストでお送りしました。
また行きたいな。
by tenmorimori | 2004-11-30 18:28 | Go Abroad | Comments(3)

歓会門

北谷の名店から味を引き継いだという、木灰そばの店。
b0049152_11353094.jpg
豚、いりこ、鶏等でスープをとっているらしい。
木灰そばは、ぽくぽくした感じになるのだが、ここの麺は意外と引きが強い。
いりこ出汁は、ともすると下品になりがちなのだが、ここのは上品に仕上がっている。
麺との相性はとても良く、食べているときにはこれといって突出するものは感じないのだが、食後に、あーまた食べたいと思わせる。
こういうのを沖縄版おふくろの味と言うのだろうか。



b0049152_11354682.jpg



沖縄県那覇市銘苅211-1 098-862-1712
11:00~20:00
無休
by tenmorimori | 2004-11-25 11:27 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

麺処てぃあんだー

てぃあんだーとは「手のあぶら」と言う意味。
手のあぶらが付くほど手間ひまをかけて、料理を作ると言う、沖縄独特の言葉である。
那覇新都心の無印良品の裏にある、おしゃれなそば屋である。首里から移転してきて間もないようで、モダンな作りの店内。
まぁ、そんな事はどうでも良く、要はそばが旨ければいいのだ。
b0049152_1191746.jpg
数種類の無漂白の小麦粉をブレンドした生麺使用で、てんtoてんと同じく、釜揚げの沖縄そばである。運ばれて来たそばを見て旨いと確信した。
まず、プーンと匂いたつかつおの香り、最近はそばが来たときの匂いである程度判断がつくようになってきた。
首里そばと同じく、針生姜が予めトッピングされている。
丁寧にとられたスープだ、旨い。首里そばが味のエッジを立てているなら、ここはかつお、豚、昆布などのうまみが混ざり合った調和のスープである。
麺は釜揚げらしく、ややふわっとした表面と、噛むとぐいっと粘るこし、かみ込むと口の中は小麦の香りで満たされる。そこにかつお風味のスープをすする。旨いです。
てぃあんだーの名に恥じぬ、ていねいな沖縄そばである。

b0049152_11185970.jpg


この美人麺は数量限定、売り切れ仕舞いです。

那覇市天久1丁目6-10  098-861-1152
11:00~売り切れまで
月曜定休
by tenmorimori | 2004-11-24 10:57 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

うるかそば

昼になっても忙しい、遠くに行く時間はないので近くにある「うるかそば」に行く。
小禄のうるくそばとよく似ているが、こちらは宮古そばの店(と言っても沖縄そばはもちろん他の定食メニューも多い)。

b0049152_1611926.jpg

宮古そば500円を注文。宮古そばは、丸みのある細麺とやや濁ったスープ。揚げるときに指ですじをつけたちきあげ(つけあげ)のスライス、肉は三枚肉ではなく豚の赤身。
と、ざっと自分なりに特徴をつかんでいるつもり。
沖縄そばと違って味のベクトルはバランス重視といった感じで、豚、鰹節、昆布等が均等に効いている。
やや甘みを感じるやさしいスープ。人気店らしく万人受けしそうな味で美味しい。


b0049152_16142550.jpg



すば屋 うるかそば
那覇市金城3-4-10  098-859-6555
休日は正月のみ
by tenmorimori | 2004-11-22 15:59 | 沖縄すばDay By Day | Comments(2)

石垣島 キミ食堂

今日は日帰りの石垣出張、前回に引き続き曇天。晴れていたらさぞかしきれいな海が見られたのにーざんねんっ!
昼は石垣市のキミ食堂で、話題の味噌そば。

b0049152_1895083.jpg












八重山高校の横、マックスバリューの向かい側にあり、駐車場はマックスバリューの駐車場が利用可だ。観光客も多く、殆どの人が味噌そばを食べている。もちろんボクも味噌そば500円を注文。
すぐに出てくる。さっと湯にくぐらせただけの、たっぷりのマーミナー(もやし)がぱりぱりの食感でおいしい。名古屋の味噌煮込みうどんのような色合いの味噌スープは飲んでみると、意外とあっさりしている、きりっとした味わい。旨い!
青菜もレア状態で程よいアクセントになって、飽きずにそばが食べられるのだ。
麺は八重山の麺でチャンポン麺に良く似た、色、形。

これは旨いです、お代わりしたくなった。

b0049152_18101031.jpg


キミ食堂
石垣市登野城319-6  0980-82-7897
10:00~20:00   第二・四水曜日休
by tenmorimori | 2004-11-21 18:14 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

北中城のローズガーデンのブレックファスト

今日は仕事だが、昨日泡瀬ゴルフクラブの事を書いていたら強烈に行きたくなり、泡瀬ゴルフクラブへ朝からなにも食べずに3時くらいに行った。
今日のリポートは北中城ICからコザに向かったところにあるイタリアンレストラン「ローズガーデン」のブレックファスト。
ここは仕事で何回も通るうちに見つけた店で、道路沿いの看板にブレックファスト8:00~17:00、ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~21:00
少し時間帯が違うかもしれないが、面白い時間構成なので気になっていたのだ。
ボクは朝食が大好きなので、朝行ってみた。
駐車場にはYナンバーの車ばかり(米軍人の私用車はみんなYナンバーです)。
店に入るとアメリカ人ばかり、泡瀬GCと同じくここ何処?の状態である。
アメリカ人はよくしゃべり、よく食う。
メニューを見てフレンチトースト&ベーコンの朝食を頼む。
トーストはフレンチか普通か、付け合せはベーコンかカントリーハムかソーセージ(平たいやつ)か、たまごの焼きは、サニーサイドアップかターンオーバーかスクランブルか、いろいろ悩ましい。

b0049152_19204940.jpg


フレンチトーストを切ってみると中はふわふわで口に入れると上等のカスタードプリンみたいになってる。トーストがどうやったらこんなになるのか?
たっぷりのカリカリベーコン、目玉焼きを食べながら生クリームやブルーベリージャム、メープルシロップでフレンチトーストを堪能。じゃがいもがいつも最後に残って、旨いんだけれど、食べられない事が多い。
アメリカ人の正しい食べ方は、最初にメープルシロップをざばーっとかけて、さらに生クリームやジャムをたっぷり付けて食べている。ときどき生クリームをお代わりする人もいる。
ここで朝飯を食べると一日お腹がすかない。そういう意味では安上がりである。
これで800円足らず。下の画像はトーストとカントリーハムのセット

b0049152_1930166.jpg


ランチも旨い、イタリアンレストランなので、パスタ類は味はもちろんディスプレイも凝っている。ディナーは未食。

北中城村字屋宜原 165-1
098-932-2800
by tenmorimori | 2004-11-20 19:32 | しかまんけぇ | Comments(3)

泡瀬ゴルフ場クラブハウス

コザの胡屋交差点から330号線を南下すると、プラザハウスを過ぎてライカム交差点がある。そこを左折すると道の両側が米軍専用の泡瀬ゴルフコースだ。
しばらく走ると左側にクラブハウスが見えてくる。ここは日本人も出入り自由でハウス内のレストランも利用できる。駐車場に車を止めるときは注意が必要、「士官専用」の表示が英語で書いてあるのでそこには停められない。
レストランに入るとそこはまんまアメリカである。入り口横の両替カウンターで名前と電話番号、両替金額を書き込む(もちろん名前は英語で)。中は米ドルしか使えないのだ。
頼むのは大体ハンバーガー($5.50)が多い。アメリカ風ではなく、現地で食べるアメリカのハンバーガーが質量共に味わえる。アイスティーもコーヒーもアメリカ本土と同じく、お代わり自由である、と言うかどんどん注ぎにくる。

b0049152_2174380.jpg
















b0049152_218099.jpg





















     


大きなじゃがいも一個分はあろうかと言うフレンチフライもカリカリでおいしい。


b0049152_2181762.jpg


客は殆ど米兵とその家族、窓の外を見ると練習グリーンには未来のタイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン等が黙々とパットの練習をしている。ここ何処?
食後はチップをテーブルに置くのをお忘れなく、ここはアメリカですから。
ホットドッグとチリビーンズのセットも5ドル50セント







b0049152_2183651.jpg
by tenmorimori | 2004-11-19 21:11 | アメリカンフード | Comments(3)

我部祖河食堂本店

沖縄そばと言えば、ソーキそばがイコールだとカン違いしている人は多い。
そのソーキそばを民衆に知らしめた店(大げさな言い方)。
いまでは北部を中心に6店舗を擁するメジャーそば屋である。
支店は郊外型のファミレスみたいな感じなので、いまいち足が向かなかったので、今日は本店に行ってみた。

b0049152_2012272.jpg民宿も経営しているみたいだ。
ソーキそば小を注文。見た目が濃い、味も濃い、ソーキの味付けににんにく臭がしてボクの好みとは合わなかった。残念!
かけそばで食べると味わい深いスープが堪能できるかも、メニューにかけそばが無いので、今度は肉抜きでたのんでみようか。






b0049152_2010118.jpg


我部祖河食堂(がぶそか食堂)
名護市我部祖河177  0980-52-2888
10:00~20:00   無休
by tenmorimori | 2004-11-19 20:10 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

きらら屋

b0049152_19205868.jpg


糸満市の市場の先、埋立地に立つマンションの一階にある比較的新しい店。
まだ、ガイドブックなどにも一切紹介されていない。
研究熱心な店らしく、豚のさがり(横隔膜)そばとか、博多ラーメンでは当たり前の替え玉とか他店にはないメニューがある。そんなメニューの中でかけそば290円を注文。
かけそばも自分の知る限り2~3店でしか見たことがない。
注文を受けてから、ビニール袋にひと玉づつ入れられた麺を丼に入れる。ちぎりかまぼこも一緒に入れられている。工夫しているなー
この段階ではまだ麺はサラダ油でヌラヌラ光っている。それをさっと湯にくぐらせて油を落とし鍋で熱々にしたスープをじゃーっとかけて出来上がり。
スープの味がストレートに味わえる、かけそばにして良かった。かつおの他にいりこ出汁も使われているようで、古くからの漁村にふさわしい、なにか懐かしい味。すっきりした味でこれは飽きないな。夫婦二人でやられているらしく、店休日は定休の他に子供の運動会とか、学芸会の日、結婚記念日も休みだ。
旨かったです。あさり飯も旨かったーで、ズミっ!

b0049152_19352411.jpg


糸満市糸満前端区 糸満ロータリーから市場の前を通り二つ目の信号から左折、300mほど市役所方面に進んで右側
11:00-16:30  土曜日15:30まで
休日 月曜日、子供の運動会、学芸会、結婚記念日
by tenmorimori | 2004-11-18 19:41 | 沖縄すばDay By Day | Comments(2)

栄町ボトルネック

b0049152_22255260.jpg

モノレール安里駅を降りてすぐ、古い市場がある。国際通り周りの市場と違って本当に生活のための市場。回りには社交街が広がり、夜ともなるとスナックや簡易旅館の灯りがともり、一種独特な雰囲気を醸し出している。そんな「栄町市場」の中に目指す店は有った。途中狭く天井が低い市場の中をくねくね歩く。野菜屋の店先の陳列台のうえにおじさんがぐっすり寝てた。沖縄でしかありえない雰囲気だ。
入店してそばとチキンカレーを頼んだ。

ここのそばは八重食堂と同じくスープはヤカンに入れられて出てくる。
ヤカンをテーブルに置いた途端に早くもカツオの香りがプーンとしてきた。どぼどぼと麺のうえからスープを注ぐと湯気とともに凶暴とさえ言える魚系の香りがもわーっと鼻孔を刺激する。たまらずスープをひとすすり。きゅいーんと出汁の旨味が舌を刺し、舌の付け根から鼻の奥にふわぁーっと豚の甘みが抜ける。
なんでも、アゴ(飛び魚)もブレンドされているとの事。亀濱の麺との相性もバッチリで最後の一滴まで飲み干し、さらにヤカンに残ったスープも飲み干した。
かつおギンギン系の店は数有れど、ここのは最高峰に位置しそうだ。

ズミっ!お勧めっ!

追記:チキンカレー、これだけを食べにきても良い程旨かった。

b0049152_22272998.jpg


那覇市安里385
098-884-6640 17:00 - 24:00
日祝休
by tenmorimori | 2004-11-17 22:29 | 沖縄すばDay By Day | Comments(1)