ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:宮古島( 25 )

宮古 初夏の風景編

前浜の若者たち、女の子が一人も居ない(笑)
b0049152_1884438.jpg

東平安名崎。
b0049152_189279.jpg

b0049152_1810124.jpg

世渡橋駐車場から。
b0049152_18102555.jpg

b0049152_1813672.jpg
b0049152_18131622.jpg
b0049152_18133697.jpg

PANIPANIの看板猫。
b0049152_1814739.jpg


以下、DP3Merrill
道中気になったトラクター。外国製か?
b0049152_18145855.jpg
b0049152_18152880.jpg

東平安名崎にて。
b0049152_18341110.jpg

b0049152_1816741.jpg

b0049152_1834361.jpg

b0049152_18162143.jpg

b0049152_18172560.jpg

世渡橋から。
b0049152_1818763.jpg
b0049152_18181627.jpg
b0049152_18182715.jpg

前浜の夕暮れ。
b0049152_18191548.jpg

交差するヤドカリの通り道。
b0049152_18195230.jpg

by tenmorimori | 2013-03-25 18:20 | 宮古島 | Comments(8)

日帰り宮古 食事編

春分の日、宮古島に日帰りで行ってきた。
あえてプロペラ機を選ぶ。
b0049152_19113314.jpg

天気予報は芳しくなかったが、意外と天気いいやん。
b0049152_19121289.jpg

朝ごはんは、料理の美味しい民宿「YONA-PAHALE」にお願いしてあった。ブログはこちら
新入り猫ノタ。
b0049152_19141838.jpg

朝ごはんの全貌、うっひゃぁ~~~~
b0049152_1915030.jpg

塩味のアーサー入りゆし豆腐。DP3m
b0049152_19153526.jpg

ゴーヤーとひき肉の宮古味噌炒め。薄い揚げ豆腐も入っている。DP3m
b0049152_19165417.jpg

宮古で揚がったサワラの煮物。DP3m
b0049152_19173017.jpg

卵焼きにクーブイリチー。DP3m
b0049152_1918351.jpg

ジーマミー豆腐はプレーンと黒ゴマ入り。DP3m
b0049152_19183146.jpg

食後に黒糖。DP3m
b0049152_1919668.jpg

圧力窯で炊かれた石垣のご飯も美味しくてお替り、最高の朝食だぁ、お願いして良かった。
食後はのんびりと猫を愛でる。
看板猫のピッピとテンテン。
b0049152_1921657.jpg
b0049152_19212098.jpg

テンテンの若かりし頃。
b0049152_19215843.jpg
b0049152_19221240.jpg

貫録が出てきたノタ嬢。
b0049152_19225797.jpg

前浜に行き、それから東平安名崎に行ってみる。
天気が良くて海がきれいで、そしてすっかり日焼けした。
冷たいものが飲みたくて、看板につられて「新香茶(あらたかちゃ)」と言うカフェでマンゴージュース。
b0049152_19285519.jpg

2階のテラス席からは周りのサトウキビ畑が見渡せる。
宮古は丁度刈取りの時期真っ最中らしい。
おばあちゃんとお孫さんだろうか・・・・・
b0049152_19301836.jpg

昼はここと決めていた、ネパールカレーの「ナマスカール」
b0049152_1934579.jpg

カレーも旨いが、ナンが旨い!ランチタイムは1枚まで無料でお替りできる。
夜はカレーの種類も増え、ナンの種類もいろいろオーダー出来るようだ、今度泊まった時は夜に来てみたい。
池間島~西平安名崎から来間島まで戻ってきてパニパニで休憩。
b0049152_1936569.jpg

夕日は思ったほど焼けなかったが、昼間は天気が良くて大満足で雨の降り始めた宮古から那覇へ飛ぶ。
那覇も雨が降っていて、48PANでちゃこママ定食。
カボチャの煮物、エゴマ葉のキムチ、ジャガイモのスティック。
b0049152_19381283.jpg

ちゃこママ得意のアレ(笑)
b0049152_19393081.jpg

若狭の妙に美味しいイカの塩辛と山芋短冊。
b0049152_19401165.jpg

浅利とホウレンソウ、福井ねぎの炒め。
b0049152_19404467.jpg

ご飯に自家製糠漬け。
b0049152_19411215.jpg

あー、美味し。
1日たっぷり遊んで朝ごはんから晩ごはんまで美味しいもの食べた休日でした。
by tenmorimori | 2013-03-21 19:43 | 宮古島 | Comments(3)

宮古島最終日 朝から大サービス

さて最終日の朝、目が覚めて部屋の窓から見るとまだ薄暗いが、こんな月と星が出ていた。
b0049152_17392339.jpg

朝焼けは今日もまたきれい。
b0049152_17394965.jpg

そのまま早朝のテレビを見ながらぼーっとしているとメールが入る。
「てんもりさん、大きな虹が出てる!」
Nさんからのメール。
Nさんは訳あって港を望むリゾートマンションに居るのだ。
あわてて港側のバルコニーに出てみると・・・おぉ!
b0049152_17422460.jpg
b0049152_17423615.jpg

朝から大サービスやなぁ(笑)
朝食を食べて、まだ行ったことがなく、行った人みんながきれいだと言う砂山ビーチへ。
なるほどぉ、こりゃあきれいだ。
b0049152_17443651.jpg
b0049152_17445049.jpg

おっさんは炎天下この砂山を登って帰るのを回避してビーチまで下りなかった。
もう一度海に浸かりたいので前浜へ行く。
ビーチ横の漁港でこのきれいさだもの。
b0049152_17483485.jpg

観光客で賑わうビーチを抜けて一人仰向けに耳まで海に浸し、プカプカ浮かんで空と雲を眺める。
b0049152_17501676.jpg
b0049152_17502920.jpg
b0049152_17503711.jpg

小さな子犬も海水浴。
b0049152_1751565.jpg

レンタカーを返す前にダグズバーガーで昼ごはん。
ダグズチーズバーガートマト抜きオニオン多め。
b0049152_1752146.jpg

トマトは嫌いじゃないんだが、食べているうちに汁が出てくるのがなんか邪魔。
b0049152_17525889.jpg

また来るぞーっと飛行機に乗り込む途中、コックピットを見るとコーパイロットはユキちゃんだった、サングラスがかっこ良かったなぁ。
ボクは離陸前から寝てしまって目が覚めたのは着陸直前。
スムーズなランディングだった。
ウチに戻り洗濯物を干してるとこんな夕焼け。
b0049152_17561171.jpg

天気に恵まれた3日間だった、この夏のうちにもう一度宮古行きたいなぁ。
by tenmorimori | 2012-07-25 17:56 | 宮古島 | Comments(4)

宮古島 小料理きょうわ

b0049152_1841626.jpg

さて「小料理きょうわ」
2年前に初めてその料理を食べていたく感激した。
まる山とまた違ったアプローチで宮古食材の和食を提供されている。
美味しい店には多少不便な場所でも人は集まるもので、最近予約も多く入っているらしい。
2年ぶりの大将吉田さんの料理はやはり気持ちのこもった美味しいものだった。
前菜
パパイヤのきんぴら。
b0049152_18111711.jpg

なーべらー味噌、モウイの漬物、島豆腐と苦菜白和え。
b0049152_18123350.jpg
b0049152_1812499.jpg
b0049152_18125999.jpg
b0049152_18131188.jpg

小鉢 野菜と魚
b0049152_18133084.jpg
b0049152_1813412.jpg

もずく酢
b0049152_18142296.jpg

材料の見立てと調理はもちろん素晴らしいんだが、やはり素材の美味しさあってのこと。
もうこの時点でボクら4人はメロメロである(笑)
そこに月桃の香り高く出てきた一皿。
b0049152_18162419.jpg

やんばる地鶏の月桃包み蒸し。
きのこ、大きなきくらげは宮古産だろう。
肉には月桃の香りは思ったほど移ってない、それがまたいいのだ!
ポン酢で食べると4人とも箸が止まらないほど旨い。
b0049152_1819977.jpg
b0049152_1819216.jpg

美味しいお造り。アカハタとミーバイだったっけ。
b0049152_18222861.jpg

そして驚きの煮物、軟骨ソーキ!
b0049152_18274557.jpg

ボクは過度に豚臭いのは苦手で、ソーキそばも軟骨トロトロソーキそばなんて食べないのだが、丁寧に時間をかけて鰹出汁で煮られ、下処理やアク取りも細かくやられているのだろう、臭み無しで軟骨がやっと箸でつまめるほどに柔らかい。
ボクと同じく豚臭いのはちょっと苦手なNAさんもしっかり食べられていた。
b0049152_1828646.jpg


続きはこちら・・・・
by tenmorimori | 2012-07-23 19:05 | 宮古島 | Comments(6)

宮古2日目 午後~夕方

2日目の午後、ひとり晩飯までぶらぶら。
前浜を覗いてから来間島のPANIPANIでしばしの休憩。
b0049152_1962283.jpg
b0049152_1963232.jpg

お目当てはこの自家製パン。中央が極端に薄いので、特にこのシナモンシュガーはパリパリともちもちの二つの食感が楽しめるのだ。
b0049152_1981124.jpg

元気ジュースが旨い。
b0049152_1991895.jpg

日陰のカウンターでのんびり煙草をふかして、そろそろ夕日の時間だからこの時期の海に沈む夕日を見るために西平安名崎まで車を飛ばす。
途中にきれいなひまわり畑があった。
b0049152_19105655.jpg

ちょっと早めに着いたので、波を撮ったり・・・
b0049152_19113354.jpg

やどかりのデートをすーみーしたり(笑)
b0049152_19113547.jpg
b0049152_19122613.jpg

b0049152_19124657.jpg
b0049152_19122292.jpg
b0049152_19123053.jpg

あ~~~、気持ちいいなぁ。
さてそろそろ腹も減ってきたし、「きょうわ」へ行きましょう。
by tenmorimori | 2012-07-20 19:13 | 宮古島 | Comments(5)

宮古2日目午前中

二日目の朝はこんな朝焼けから始まった、月も見える。
b0049152_1927199.jpg

今日はNさんの友人のNAさんの別荘に遊びに行くことになっている。
ボクと同年輩のNAさんは会社を早期退職されて、ここ宮古島に家を建てて移住された、だから正確に言えば別荘では無い。奥さんはまだ仕事を持たれていて宮古ではきれいな海に面したお宅できままな1人暮らし・・・・心底羨ましい、今まで真面目に仕事を頑張って来られたんだろうな。
階段の窓から。
b0049152_19303730.jpg

バルコニーから。
b0049152_19302740.jpg
b0049152_1931820.jpg

そして歩いてこんな海に行き・・・・・
b0049152_19311949.jpg
b0049152_1931577.jpg

しばしのスノーケリング。
b0049152_19315444.jpg

透明度が高く、海の中でも明るいのでコンパクトデジカメ」でもえらくきれいに写る。
b0049152_19335673.jpg
b0049152_1934819.jpg
b0049152_19342165.jpg

ウミヘビもでかい!
b0049152_19345132.jpg

みんなが海から上がってからボクはひとりしばらくビーチでぼーっとしてた。
家に戻るとNAさん手作りのランチが待っていた。
豆乳ヨーグルト。
b0049152_19373443.jpg

目の前の海で獲れたサザエはガーリックバターで。
b0049152_19383925.jpg

今獲れたタカセ貝とサザエ。
b0049152_19413115.jpg

健康野菜ジュース。
b0049152_19415350.jpg

もずく旨い!
b0049152_19414853.jpg

どしっとした自家製パン。
b0049152_19432461.jpg

無水カレーに漬けて。
b0049152_19435678.jpg

マンゴーまで、はぁ~~~しあわせ。
b0049152_19443271.jpg


そして夕食の予定はもう一軒の外せない店「きょうわ」。
それまで解散!
前浜に寄るとこれぞリゾートビーチ。
b0049152_19464570.jpg

つづく・・・・・
by tenmorimori | 2012-07-19 19:47 | 宮古島 | Comments(7)

宮古島 まる山 2012夏

宮古島に来たらここで食べない訳にはいかない。
「まる山」
お通しはチンゲン菜と薄揚げ。
b0049152_18273960.jpg

最高の出汁が喉を滑り降り、すっと清涼感が広がる。
大将のきおさんが、なにやら蓮根のような物体を切ると・・・
b0049152_1828233.jpg

なんと宮古の太ごぼうにひき肉を詰めたものだった。
ごぼうのほくほくした煮え具合とひき肉の味が合う。
b0049152_18302818.jpg

椀の中には焼き茄子、っくぅ~~~~。
b0049152_18304156.jpg

そして宮古島産の希少魚「アズキハタ」の造り。
b0049152_18323797.jpg

シークヮーサーをちょこっと絞り、粗塩で食べると得も言われぬ甘みと歯応え。
上等の鯛を食べている様な香り。これは旨い!
そしてもう一品のお造りは、「ツチホゼリ」と「アカマチ」。
b0049152_18375361.jpg
b0049152_1838241.jpg

今度は醤油でこれまた旨い!南の魚だって旨いのだっ!変な固定観念で食べないと大損をするぞっ!
この皿が出されるとカウンター席の空気が一変する。
それくらい鮮やかな皿には宮古牛が盛られた。イチボの塩焼き。
b0049152_1844456.jpg
b0049152_18435057.jpg
b0049152_18442419.jpg

この皿はきおさんが京都で一目ぼれして買ってきたとの事。
宮古牛のイチボは、赤身ながら適度な脂と柔らかさそして最高の焼き加減。

まだまだ続く・・・・
by tenmorimori | 2012-07-18 19:05 | 宮古島 | Comments(3)

宮古の休日はウェルカム夕焼けで始まった

海の日を絡めた3連休で宮古島へ夏の旅はもう3年連続だ。
今年の宮古は優しい夕焼けで迎えてくれた。
b0049152_17522590.jpg

夕方近くに着く便で行き、毎度お世話になっているNさんが迎えに来てくれた。
パイナガマビーチで、丁度滞在最終日の宮古の大先輩必撮さんにお会いしてまずはリッコでジェラート。
以前食べそびれたピスタチオを頂く。
b0049152_17565422.jpg

初めてお会いする必撮さんとつかの間のおしゃべりをしてからお別れ。
Nさんの友人で移住者の女医さんを迎えに行き、お勧めの夕焼けポイントへ行く。
土曜日だけ営業するバーで、テラス席から夕焼けを眺めながら飲めるのだ。
b0049152_1853327.jpg
b0049152_1854212.jpg

劇的ではないが、なんとも優しい夕焼けが始まる。
b0049152_1862222.jpg

ボクはクランベリーティー飲みながら、Nさん達は冒頭の写真のジェイコブズ クリークと言う発泡ワイン。
b0049152_187393.jpg

b0049152_1891670.jpg
b0049152_1891346.jpg

b0049152_18104792.jpg

見事なグラデーション、オレンジから緑~黄色がかった色になりピンク、パープルから空の藍色に溶け込んでいく。
b0049152_18155113.jpg

東の空には夜の雲が光る。
b0049152_18164861.jpg

さあ今夜は「まる山」だ。
by tenmorimori | 2012-07-17 18:19 | 宮古島 | Comments(7)

2012年突発的宮古島その3 民宿 YONA-PAHALE

まる山で満腹になり、今夜の宿は民宿YONA-PAHALE。
去年の宮古旅のときに縁あって晩ごはんだけ食べさせてもらった。
食事が美味しくて居心地が良くて猫が居て、リピーターも多いんで今からのシーズンは予約が取りにくくなりそうだ。
今回、丁度一部屋空いてて運良く泊る事が出来た、ここの朝食が楽しみなのだ。
ワインクーラーに映る看板猫てんてん。
b0049152_17361714.jpg

腹いっぱいだったが美味しい美味しいソーキ汁と紅芋ご飯を出してもらった。
これは旨いっ!
b0049152_17373061.jpg

清潔で落ち着ける和室で就寝。初めはクーラーをかけていたが、寝苦しくなって窓を開けると涼しい風がふぁ~~~と吹きこんできて、それから朝まで快眠。
朝、バルコニーの手摺の上には猫の足跡(笑)思わず頬がゆるむ。
b0049152_17393558.jpg

b0049152_17401226.jpg

さて朝食。
b0049152_17403080.jpg

b0049152_17404697.jpg
b0049152_17405420.jpg

フーチャンプルー、ピリ辛のパパイヤ・人参きんぴら。モズク・オクラ・アロエの小鉢。シイラの焼き物にはコールラビと冬瓜の摺り下ろし、ジーマミー豆腐とゴマ豆腐、パッションフルーツ等々
もう言う事ありません、美味しかったぁ~~~、また泊りたいぞっ!
これから宮古旅を計画されている方々にお勧めしたい宿です。
by tenmorimori | 2012-05-16 17:45 | 宮古島 | Comments(3)

2012年突発的宮古島その2 まる山

なぜに1泊2日で突発的に行ったか?
大きな目的は2010年11年と連続で食べに行って大変美味しかった「郷家はなれ」。
その板長が今年の2月に自分の店をオープンさせた、その名は「まる山」。
宮古島産の食材を見事な和食に仕立てる「きお」さんの店。
残念ながらボクの本にはタイミングが合わず紹介できなかったが、やっと食べに来られた。
なんともセンスの良い入口と店内。
b0049152_1847686.jpg

カウンターには銀杏の一枚板。
カウンター越しにつぶさに調理の様子が見てとれる。
b0049152_1848518.jpg

お任せは3000円からだが「てんもりさんはしっかり召し上がるので」と、4500円のコース。
まずはお通し。
春菊豆腐と生湯葉。
b0049152_18562248.jpg
b0049152_18563769.jpg

宮古産車海老とアスパラのグリル、からすみかけ。
b0049152_18551328.jpg
b0049152_18553154.jpg
b0049152_18554454.jpg

お造りはあおりイカとティラジャー貝。
b0049152_18591519.jpg

細かい仕事がなされてます。
b0049152_18595274.jpg

この器の中身は?・・・・・
b0049152_1903125.jpg
b0049152_1904788.jpg

あかまちのカマ焼きに薄味の出汁が張られている。
お通しから一貫しているのは薄味だという事。
調味料を極力削ぎ落とし、出汁と素材の美味しさを存分に味わえるのだ。
次は一転して肉。
b0049152_193204.jpg

宮古牛のヒレ肉、そしてマヨネーズを使わないポテトサラダ。
ポテトサラダにはトマトといぶりがっこが混ぜ込まれていい感じで塩気をプラスする。
b0049152_1945619.jpg
b0049152_195825.jpg

そしてこれは宮古産のバジルを使ったバジル味噌。
b0049152_1955914.jpg

肉にもポテトにも合うのだ。
b0049152_1964185.jpg

アカハタのこれもカマの部分のから揚げ。
カリッカリでヒレまで食べる。
b0049152_198162.jpg

多良間牛のつくね。
ズッキーニもコーンも宮古産。
振りかけられているのは黒七味?
b0049152_198476.jpg
b0049152_1991557.jpg

出汁に染み出る多良間牛の風味がたまらんっす。
そして赤仁ミーバイの梅ソース、島タコの燻製、京都の伏見唐辛子、コロッケ。
b0049152_1914476.jpg
b0049152_19142037.jpg
b0049152_19143494.jpg
b0049152_1914428.jpg

コロッケの中には枝豆。
b0049152_19152341.jpg

土鍋で炊いたご飯は焼きアカマチが炊きこまれている。
混ぜ込まれるのは有馬山椒か?
b0049152_192116100.jpg
b0049152_19212810.jpg

宮古味噌の味噌汁にはアカハタと生ニラ。
そしてビーツ。
b0049152_19222922.jpg
b0049152_19224464.jpg

美味しくて、土鍋1杯ぜ~~んぶ食べました(笑)
デザートは豆腐のババロアとキャラメルとゴマのアイス。
b0049152_19234872.jpg
b0049152_1923584.jpg


若くしてこんな立派な店をオープンさせ、かわいい奥さんもホールで頑張ってて羨ましくってしょうがない(笑)
これからどんな店に育っていくのか楽しみなのだ。
この日はほぼ満席の大盛況だった、また来ますねご馳走様でした!

*お任せ以外にも美味しいメニューが揃ってます。
きおさんが厳選した日本酒や焼酎もあります。
by tenmorimori | 2012-05-15 19:28 | 宮古島 | Comments(6)