ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:沖縄すばDay By Day( 382 )

大東そば

昼は那覇の大東そば、沖縄の福助とも呼ぶべきごん太そば。文字で著すと…
ハムッ!モムモムモフモフ、グニュヌニュくっちゃくっちゃゴックン

南大東島の塩と木灰を使ったそばは、噛むほどに旨み、甘みが出てくる。
すごい麺だ。

b0049152_18444687.jpg

by tenmorimori | 2004-10-21 18:42 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

そば匠

台風は過ぎた、今頃本土は大変な事になっているみたいだ。
まさに台風一過の晴天のもと郊外の現場へ車を走らす。BGMはホール&オーツの新作。
これが良い。アメルィカッ!とゆー感じでこんな晴天のドライブには最適。

昼は糸満の匠でピリ辛味噌そば。
麺が沖縄そばになっただけの味噌ラーメン。野菜たっぷりでこれはこれで旨い。

b0049152_1842336.jpg

by tenmorimori | 2004-10-19 18:40 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

そば街角

アジア名「TOKAGE」の台風23号が接近。沖縄は確実にやられそうだ。
そんな中、昼飯は国際通りのほぼ真ん中に位置する「そば街角」で沖縄そば。
b0049152_18372153.jpg





スタンダードな沖縄そばで、滋味系とはこの事か。
隣の薬屋さんと並んで、国際通りに面した店で、貴重な木造店舗。



b0049152_18373589.jpg

by tenmorimori | 2004-10-18 18:35 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

亀かめそば

終日那覇の中心部で仕事、午後のオンライン会議のために一旦事務所に戻らなければならない。時間が無いので近場でどこかそば屋はないかと考える。
そうだ、現場の前の道をまっすぐ海のほうに下れば「亀かめそば」があるじゃないか。
この店はボクのsoulすば「玉家」に麺を卸している亀濱製麺の直営店。
ここも客が多いのだが、またもやひとり客の強み。すぐさまカウンターでそばを注文。
厨房を覗くと片方にはソーキが醤油でぐつぐつ煮られて、かたや隣のグリルにはスープの小型寸胴が強火でがんがん炊かれている。寸胴の上から漉し網が入れられていて、おばちゃんが丼にスープを汲みながら荒削りの鰹節を放り込む。

そばが来る、わお!麺は玉家と同じ、細めんでややちぢれて、つるつると啜りやすい。
旨いなー、これで350円。はやるはずだ、今度はぶっち隊長を連れて来たいと思いながら勘定をすませるのだった。

ここ数日で感じた事。
沖縄そばはスープで食わせると言うが、やはり麺が圧倒的に旨いと言う事だ。
今日の亀かめそばを見て確信した、スープも丁寧にとっているのだろうし、旨い店は唸るほど旨い。
でも店々で違う個性豊かな麺は、麺好きならば必ずや「麺」にはまるであろう。

b0049152_18285448.jpg

by tenmorimori | 2004-10-16 18:27 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

てんtoてん

このところ旨いそばに当たるので、すっかりそばじょーぐーになってしまった。
今日の昼は那覇市の高台にある「てんtoてん」ここも昨日と同じく木灰そば。
木灰だからどうなの?と聞かれても、わからん!としか答えられない。

建物外壁がほぼ完璧につた類に覆われたいかにもおされなお店。てんとてんと読む。
スープは上品、鰹節がほどよく香る飲み干し系のスープ。
麺は注文を受けて茹で上げるので、いわば釜揚げすば。
釜揚げらしく、表面はぬめりがあり、つるつると口に入り、もぐもぐ噛むと程よい弾力。
ここは三枚肉ではなく、赤身のロース肉が乗っかっている。
味は泡盛が効いたラフテー味。

b0049152_18255113.jpg

by tenmorimori | 2004-10-14 18:23 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

きしもと食堂

今日も名護に行った。決してきしもと食堂狙いでない事だけはここに記す。
12時半くらいに本部の町に入る。今日も並んでいるのだろうか。
店の前に行くと行列は無し、そそくさと路上駐車して入店(ここらにはコインパーキングすら無いのだ)店の前には竈用の薪が積み重ねられている。
b0049152_11163056.jpg
店内は殆ど観光客らしい客でほぼ満席。
ひとり客の強みですぐ着席。そば小を頼むと、出てきた丼はちっちゃ!大にすれば良かった。
沖縄そばは店によって量の設定がバラバラなので、値段と先客の丼を見てそのサイズの申告を瞬時に判断しなければいけないのだ。b0049152_11164631.jpg





あまたの沖縄そばの中でも濃い色のスープで、脂が浮かんでいる。
啜るとムワッとした鰹節の香り。
うわさの麺はさすがに旨い!北部の特徴である扁平麺は昨日の八重食堂とは全然違うタイプ。だご汁のだごにも似た感触で、口中快感は最高潮に跳ね上がる。

b0049152_1116299.jpg

by tenmorimori | 2004-10-14 11:12 | 沖縄すばDay By Day | Comments(7)

八重食堂

さて今日は名護市への遠出。
きしもと食堂は定休日。ならば八重食堂へ行ってやろうじゃないの。
いいです、ここ。名護の飲み屋街の中にすっぽりと納まって「八重」ののれんがへんぽんと風に揺れてます。
ぷりんとした平打ち麺は上等のフェトチーネのよう。店の八重おばぁがスープの入ったヤカンを持ってくる。ていねいにとられたであろう透明スープは薄味。豚と昆布の旨みがほのかに感じられる。たびたび来よう。

b0049152_10555570.jpg

by tenmorimori | 2004-10-13 10:54 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

首里そば

3連休の週末ですっかりでぶってしまった。
気を取り直して仕切り直しだ。とゆー事で昼は首里そば(中)のみ。
裏切らない味。旨い最高のバランス。


b0049152_1052469.jpg

by tenmorimori | 2004-10-12 10:49 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

うどぅんやま

昼はJ子と行ったときに麺が売り切れで食べられなかった「ゆんたくすば御殿山(うどぅんやま)」に行き、すば(中)。b0049152_10431960.jpg
風庵、真壁ちなーと同じく、古民家を改造した店でここは小高い丘のうえにあるので眺望が良い。
うどぅんやまのすばは木灰すば(ガジュマルの木でかまどを炊き麺を茹でて、その灰の上澄みをカンスイの替わりに麺に練りこむ)。
他の沖縄そばと違ってボソボソ感がなく、'つるしこ'の麺。
個人的にはボソボソの麺が好きだ。スープは鰹が効いたタイプで旨いが個人ランクでは上位には入らない。

「まーぬすばゆか、やーぬすばるまし」
他の人のそばより、あなたのそばが良い。
すばと側をかけた沖縄の古い口説き文句である、今度使ってみよう。
b0049152_10415272.jpg

by tenmorimori | 2004-10-05 10:38 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

八重山そば

本日は日帰りで石垣島の現場調査。沖縄本島から250マイルほど南下、飛行機で小1時間ほどの位置に有る島。
本島は陽が照っていたのだが、石垣に近づくにつれ雲が多くなり着陸すると曇天、帰るころには大雨。
行きの飛行機で面白い現象を見た。雲の中に虹が見えてきれいだなと思っていると、よーく見たら飛行機の機影が雲のスクリーンに映り、機影をきれいに囲んで虹が丸く出ている。飛行機と太陽の位置関係と、雲との距離とそれを見ている乗客(ボクの事です)の位置条件がぴたり一致した時にしか見ることが出来ない珍現象。
慌ててデジカメで撮影したが写ってなかった。ざんねんっ!

帰りの便は那覇経由の大阪関空行き。
乗客の80%が若いおねえちゃんだった。

石垣では初めて八重山そばを食べる。軟骨そーきそば。
軟骨がポクポクした食感で美味しい。麺は本島と違って殆ど福岡のちゃんぽん麺のようだ。スープもちゃんぽんそっくりでうれしかった。
ジューシーおにぎりも旨い

b0049152_20192484.jpg

by tenmorimori | 2004-09-14 20:15 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)