ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:沖縄すばDay By Day( 412 )

西原そば

プラザハウス近くで調査を済ませ、宜野湾へ移動、さてなにを食おうか。
やっぱそばが食べたい。そう言えば長田から首里に抜ける道沿いにけっこうそば屋があるなぁと思いつく。しかも、どのそば屋も良い面構えをしている。
直感にまかせて「西原そば」へ行く。ここはいつも昼時は駐車場がいっぱいになってる店。
料理のメニューもバラエティに富んでいる。
b0049152_1733933.jpg

b0049152_17332931.jpg

色々悩むがやっぱりデフォルト、沖縄そば450円に40円の稲荷を一個付ける。
サービスのふーちばが入ったそば登場(玉家はふーちば入れ放題なのだが)
b0049152_17334879.jpg

かつお出汁にこのふーちばの香りが混ざり、食欲を直撃、写真を撮るのももどかしく、スープをひとすすり、旨い。三枚肉も肉の繊維がキシキシと噛み応えがあり、旨い。
昨日今日と正しい沖縄そばを食べたなぁ
あーしあわせ

西原そば
中城郡西原町棚原
by tenmorimori | 2005-01-18 17:35 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

好きですこの雰囲気 丸安そば

今日は恒例の長時間会議。約7時間の会議が終わるとすでに8時をすぎ、日はとっぷり暮れている。おまけに寒い。沖縄はこの時期が一番寒いらしい。
こういう冷える夜はうどんが食べたいねー、でも沖縄だからやっぱり“すば”だねー。
古島の会議場から、ひめゆり通りを通って帰る。途中右折し開南に向かう途中にこのそば屋がある。24時間営業でそばのほか、おなじみの食堂メニューが並ぶ。
前の道路は少し広くなっているので、路駐して店へ。タクシー運転手も多い。
b0049152_1727821.jpg

このあたりは農連市場や中央卸売り市場があり、那覇でもかなりディープなところ。
三角の土地に納まって店が有り、端っこに食券の販売機がある。
室内の席も有るのだが、今夜は雰囲気のある外のカウンターで食べる。写真の左端、販売機の裏にも一人分くらいのスペースがあり特等席みたいだ。
そばを待つ間厨房では、トーフチャンプルーや肉そばなどが次々と調理され運ばれていく。
どれもウマソー。その合間にも持ち帰りのおばぁ、おじぃも次々現れる。
肝心のそばは・・・うん、これこれ、こんなシチュエーションで食べるのにふさわしいそば。内地の人が思い描く「沖縄そば」のイメージぴったりのそば。
b0049152_17262482.jpg

寒風に背中を晒し、たっぷりの麺をすするとかつお出汁の酸味と豚の甘みが実にやさしい。
これがうちなーんちゅのソウル麺だなー、旨い!

沖縄で食べ歩きをした人は、この箸は懐かしいんではないでしょうか。

丸安そば
那覇市樋川2-3-7
24時間営業 無休
098-834-2785
by tenmorimori | 2005-01-17 17:22 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

ドラゴンボール なかむらそば  金武町ゲート1

許田の道の駅へお土産を買いに行く。天気が悪い。
ラッキーな事に、ドラゴンボールが揚げたてだった。お土産用と自分用と大量に買う。
ドラゴンボールはサーターアンダギの粉にタピオカを混ぜて揚げた物で、サクサクふわふわもちもちで旨い。ボクの知る限りここでしか買えないし、しかも昼と夕方しか出ないので見つけたらすぐに買う。
b0049152_2330325.jpg




















まだ湯気のでるやつを頬張りながら58号線を南下。万座毛の手前に「なかむらそば」がある。有名店でいつも客が多いので気になっていた店。
b0049152_23382886.jpg

あーさー(あおさ)そばを注文。配膳されると凄く良い匂いで、旨いと確信する。手打ちの麺には、あーさーが練りこんであり、スープにもあーさーが浮かんできれいな色だ。
b0049152_23343953.jpg

スープをひと啜り、旨いここも旨い。いつも旨い旨いと書いているが、本当に旨いんですよ。
ここは、限定で三枚肉そばがあり、人気だ。三枚肉の味付けが絶妙に旨い。
甘めの味付けにあっさりして鰹の効いたスープが良く合い、あーさーの爽やかさが際立つ。
満足!ずみっ!

なかむらそば
恩納村瀬良垣1669-1
11:00~20:00 冬季は変更あり
無休
098-966-8005

参考画像:金武町ゲート1のジャンボバーガー
b0049152_23391730.jpg

別の日に食べたものだが、参考にして下さい。
この日、ボクの前に米兵がオーダーしていた。タコスを三つとなぜかホットドッグのソーセージだけ、値段は一緒で良いから調理せずにくれと言っている。
バイトの女の子は言葉が分からず、助けを求めて厨房へ駆け込んだ。
マスターらしき人が身振り手振りでようやく理解、しかしソーセージはしっかりあぶられて出てきた。米兵はそれを受け取るとサッと外に出て行った。
ボクのハンバーガーが出来上がり、外にでるとさっきの米兵が基地の前で野良犬にソーセージをちぎってあげていた。なるほど、そういう事だったのか。
ほほえましい、ちょっといい話でした。
ハンバーガーは、バンズの直径13センチでしっかり鉄板で焼かれて、表面パリパリで中はふっくら。バーガー本体も表面がカリッとクリスピーで中はじゅわっと肉汁たっぷり。
これで350円、基地の町の実力を見せ付けられた。旨い!まいりました。
by tenmorimori | 2005-01-14 23:23 | 沖縄すばDay By Day | Comments(5)

首里そば

今日は寒かった。今年最初の“すば”はどこにしようか、折しも首里へ行く用事が出来る。ならばあの店、首里そばにいくべし。開店前に着きしばし待つ。
そばの中と今日はじゅうしぃも注文。じゅうしぃとは、ぞうすいが訛ったと言われている豚の出汁で炊き込んだ炊き込みご飯。ぼろぼろじゅうしぃは雑炊状である。
b0049152_19223738.jpg

具は椎茸と豚肉、人参のみ、シンプルなじゅうしぃである。島ねぎの風味が彩りを添える。
旨い!ここのじゅうしぃは旨い。米の粒にしっかり豚の旨みが染み込み、口に入れたとたんにやさしい豚の風味がふわぁ~と広がる。開店したばかりの炊きたてなので余計に旨い。黒門のスープで炊いたらこんなご飯が出来るかも。
b0049152_19284491.jpg


そばについては、相変わらずの美味しさ。もうこのそばには言葉は要らない。
ただただ食べる。最後の一滴までスープを飲み干し、ごちそうさまです。

首里そば
那覇市首里赤田町1-7 098-884-0556
11:30~14:00頃 売り切れ仕舞い
日祝休
by tenmorimori | 2005-01-12 19:33 | 沖縄すばDay By Day | Comments(8)

武蔵屋 豚骨ラーメン

札幌でだるま軒のラーメンが食べられなかった事が、今になって悔しくなってきた。
そこで、かねてから目をつけていた「武蔵屋」と言うラーメン屋へ行く。
b0049152_18552143.jpg

入店してから聞くと、醤油豚骨ですとの答え。少々出鼻をくじかれたがラーメンを注文。
見るからに“ど”とんこつ。濃厚な豚骨スープが匂い立ち、うまそうだぞと思いスープを啜る。
b0049152_18545297.jpg

濃厚かつクリーミー、お好きな人にはたまらない味。博多でもそうそう味わえない濃厚とんこつ「元気いっぱい」に似ている。最近のはやりなのかな。
麺が凄い、沖縄そば麺と見紛うばかりのごん太麺。ラーメン界の大東そばと命名してもOK
by tenmorimori | 2005-01-05 18:46 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

泡瀬ゴルフ場 八重食堂 飯場まる ボトルネック

昨夜N子はうなされたらしい、悦ちゃんの女将さんから凄い質問攻めにあう夢を見た上に、隣ではJ子がパンツを脱ぎ、隣室ではボクの無呼吸症候群を交えたいびきが鳴り響き、にぎやかな夜だったらしい。朝、トイレの中でJ子が爆笑する。イカ墨汁が効いてきたようだ。今日はN子のお気に入り、ローズガーデンで朝食の予定だったが昼近くになったので、泡瀬ミードウズゴルフクラブのクラブハウスレストランで以前このブログでも紹介した泡瀬バーガーを食べようと出かけた。最近やっと改造工事が終わり、プロショップもきれいになってた。レストランに入ると、おぉっ今日はクリスマス。年に一度のクリスマスバフェの日だ。いつものブレックファストバフェメニューと別に特別にクリスマスランチバフェのメニューが加わり、ローストターキーやローストビーフ、ポテトグラタン、マッシュポテト&グレービーソース、ハウスメイドのクッキー、ケーキ等々アメリカの家庭のご馳走料理のオンパレードだ。うれしい事です。ひとり10ドル余りを払って食べまくる。
b0049152_19333974.jpg

本場のマッシュポテトが旨い、壷に入ったクラムチャウダーが旨い。本当のアメリカの味。
ワッフルは作り置きで少々固い部分も有ったが、イチゴソースが旨い。
b0049152_1934046.jpg

b0049152_19341869.jpg

b0049152_1934414.jpg

b0049152_19362525.jpg

すっかり満腹になり、そばを食べに北部へ車を走らす。途中嘉手納の道の駅や万座毛を観光しながらやがて名護市へ入る。J子は岸本食堂に行きたいみたいだったが、個人的に岸本よりも好きな「八重食堂」へ行く。三人ともソーキの小を頼む。
b0049152_19351320.jpg

扁平麺の上にソーキとねぎが乗っかり、やかんから熱々のスープをそそぐ。
途端に立ち上るスープのいいにおい、夢中で食べる。ずみっ!
今日は八重子おばぁは居なかった。
b0049152_19352649.jpg

店を出て向かいのとんでもない色に外壁を塗った雑貨屋さんを覗くと沖縄ではポピュラーなビンピーが有った。瓶の中にバターピーナッツがみっちり詰められておいしいのだ。
一本買う。300円を払って車にのり、よく見ると賞味期限は平成15年10月だった。
ボクの完敗である。
J子に運転を変わってもらい、部屋に戻る。今夜はCooさんと食事会。
b0049152_1936783.jpg

沖縄で有名な居酒屋りょう次グループでも異彩を放つ「飯場まる」。りょう次グループで一番旨いとCooさんお勧めの店である。さすがにいちいち旨い。
アグーの塩焼き
b0049152_19364760.jpg

b0049152_1937916.jpg

b0049152_19372837.jpg

b0049152_19374036.jpg

Cooさんの話しを肴に飲みかつ食う。ここのてびちの唐揚げがまた絶品であった。
ポテトのひらやーちも斬新で旨かった。
b0049152_19384675.jpg

その後、昨夜オーダーストップだった栄町のボトルネックでそば。やっぱり旨い、旨いなーここのそばは。
b0049152_19391384.jpg

今夜はJ子は記憶があるみたいだ。ふたりで、あきれるN子をよそに屁こき合戦で盛り上がる。なにやってんだぁー
by tenmorimori | 2004-12-25 19:32 | 沖縄すばDay By Day | Comments(4)

山原そば

今日は北部。やんばるへ来たからには、以前閉まっていた「山原そば」へ行く
b0049152_23455244.jpg
















名護からひとやま越えて古い木造の白い建物はすぐ分かる。
丁度昼時でほぼ満席。こんな山奥なのにさすが有名店である。
ソーキと三枚肉とで悩んだが、結局三枚肉そばにする。我部祖河食堂と味のベクトルが
良く似た味付け。ここもやっぱり肉の味付けが「あじくーたー」で好みではない。
麺とスープは旨いので、かけそばが有ったらなぁー・・・あくまでも個人の好みです。

b0049152_2346995.jpg


本部町伊豆見70-1
11:00~16:00売り切れ仕舞い
0980-47-4552  月曜・火曜休
by tenmorimori | 2004-12-16 23:45 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

源治そば

b0049152_1153350.jpg那覇市の中心部に近い那覇中学の裏にあり、店の前面には「納得のいくスープが出来ない場合は営業しません」と仰々しく書いてあるかなり気合の入った店。
以前から通るたびに気になっていたので食べてみることに。
店内は広く、民家風の落ち着けるそば専門店である。





メニューは沖縄そば、ソーキそば、ゆしどうふそば、かけそばといなり、じゅーしーのみ。
かけそば350円があるのがうれしいが、沖縄そば500円を注文する。
b0049152_11152062.jpg

インパクトのある見た目である。薄切りの三枚肉をズラーっと敷き詰め、島ねぎの小口切りと白ねぎの細切りがトッピング。
島ねぎはくせが強く、ニラと間違うくらいににおいが強いので、白ねぎが混ざる事によってお互いが美味しく感じる。上手い組み合わせ。
麺は大好きな亀濱製麺。スープは鰹を押さえ、昆布の旨みを強調したスープだ。
肉の味付けも好みで、スープも熱々でズミっ!
追記:スープには天然にがりが入っていて、痩せるそばとしても密かに人気。

那覇市若狭3ー2ー24
若狭大通り、那覇中学校真裏
11:30〜20:00頃 売り切れ仕舞い
火曜日休
by tenmorimori | 2004-12-14 11:01 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

豆腐家食堂 ゆしとうふそば

b0049152_18341974.jpg
今日の昼は凄かった。夜はなにかやさしいものが食べたい。
夕方空港に行く用事があったので、ついでに早めの夕食をとる。
奥武山公園近くの「豆腐屋食堂」へ行く。






以前、島豆腐の美味しさにどっぷりはまって、1週間通い詰めたこともある店。
J子と行ったときに、彼が食べていたゆしとうふそばが凄く旨そうだったので、今日はそれを頼んでみた。
元々、定食についてくるおつゆが旨かったので、そばも旨いだろうなと思っていた。
やっぱ旨い!ゆしとうふがたっぷりかけられていて、濃厚な島豆腐の味とあっさり味のそばのスープが良く合い、たちまち完食。J子が目をまんまるにして食べていたのもうなずける。
b0049152_18393725.jpg

他に豆腐をふんだんに使った定食類も非常に充実して、豆乳も飲み放題です。
写真は豆腐の味噌炒めと豆腐とニラと鰹節の炒めです。旨いです!
b0049152_18415254.jpg

b0049152_18421394.jpg


豆腐家食堂
那覇市山下町1-24 奥武山運動公園すぐ近く
098-857-3839
11:00~22:00 無休
by tenmorimori | 2004-12-08 18:42 | 沖縄すばDay By Day | Comments(14)

南の雄  玉家

沖縄のひとは、土日になるとそばが食べたくなるらしい。昔はそばは贅沢な食べ物で‘はれ’の日に食べていたそうだ。
玉家に行くと言ったら地元の人が我もと同行することに。
12時前に着くとすでに待ちが出ていた。店主自ら駐車場の整理をしている。
家族連れ、営業マン、カップル、観光客、現場のおっさん・・・客層の多彩さにこのそばを支持する幅の広さが現れている。
b0049152_14421144.jpg











回転が早いので、ほどなく入店。ボクはソーキの大600円、同行者はてびちそば。
b0049152_14422857.jpg















んーんなんか進化してないか?このスープ。いつにも増して旨いぞ。
ソーキの骨をすっすとはずし、食らいつく。
肉の味、麺の口当たり、スープの旨みを存分に味わい、コーレグースをひとたらし、ふーちばの葉っぱを3枚ほど乗せ、最後の一滴まで飲み干す。
あー旨い、ひと月ぶりの来店だが、やっぱり旨い
b0049152_1446640.jpg



そば処 玉家
島尻郡大里村稲嶺57
098-946-8885
11:30~16:00 売り切れ仕舞い
月曜休
by tenmorimori | 2004-12-04 14:50 | 沖縄すばDay By Day | Comments(2)