ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:沖縄すばDay By Day( 393 )

SOBA ROCK CAFE

今日は休日、今日も天気が良い。
昨夜「24」のセカンドシーズンを観終わった。なんだこの終わり方、すぐにでも次期シリーズを観たくなるじゃないか。仁義無き戦いの「代理戦争」の終わり方を思い出した。

洗濯を済ませ、さぁー朝飯。
ドトールで読書朝食。ゆっくり読み、外に出るとクラクラするような日射し。
土日はそば以外のものを食べたいのだが、すぐ近くに「SOBA ROCK CAFE」が有るので行ってみることにする。

b0049152_19503227.jpg

入り口のドアノブはギターのネック、内側はドラムスティック、店内のテーブルはLPレコード盤の形で、そば屋には珍しい、ロックした店。
チャーシューがのった「そばROCKそば」の小400円を頼む。
やや濁った茶褐色のスープだが、飲んでみるとすっきり、鰹出汁が効いたスープ。
あっさりの中にナニモノかが潜んでいる。ここらがプロの腕なのかナニモノかはわからないが旨い。
甘めにと言うか、かなり甘いチャーシューは好みではなかった。
奥の座敷では店主夫妻の子供らしい兄弟が昼ごはんを食べて遊んでいた。
商売人の子供は大変だろなー
b0049152_19584545.jpg
 
那覇市田原241-10 那覇ジャスコから近い
098-859-0819
12:00~23:30
木曜休
そばだけでなく、カレーやスパゲティもあり、夜は飲めるそば屋らしい
by tenmorimori | 2004-11-14 20:01 | 沖縄すばDay By Day | Comments(1)

ひらら

豊見城市、会社から近い食堂「ひらら」の宮古そば。
写真を見るとかけそばかな?と思うでしょうが、ところがこれが宮古そばの特徴。
麺の下に具が隠れているんですね。なんでこんな事をするかと言うと、わかりません!

ここは宮古そばと言いながら、スープは本島風のスープ。
いかにも食堂のそばといった感じで、安心のスープです。ほどよく鰹が効いてます。
麺は亀濱製麺か?旨いです。

麺のしたから肉をほじくり出すと、スープで蒸されあったかーくなってます。
かまぼこは宮古のちきあぎ風。
食べてから店を出ると11月の乾いた風(かじ)がさわやかに汗を乾かしてくれます。
あーしあわせ

b0049152_18175359.jpg

豊見城村高安567-1
098-850-4015
定休日 水曜日
営業時間
10:00~18:00
ナンコツそば 500円  宮古そば 300円~500円
by tenmorimori | 2004-11-12 18:16 | 沖縄すばDay By Day | Comments(4)

あしびうなぁ

首里城近くの「あしびうなぁ(遊び御庭)」。
沖縄芸大の向かい側、古い沖縄住宅を改造して店にしてある。
うどぅんやま、真壁ちなー、風庵などを思い浮かべるが、こちらはかなり広い。
昔は豪邸だったようだ。
b0049152_1651957.jpg


そばを頼んでメニューなどを見ていると、RyojiFamilyの文字が。
ふーん、沖縄ご当地ラーメンを有名にした「通堂」や居酒屋りょうじなどを展開する、飲食店グループの店だ。

で、そば登場
b0049152_15343776.jpg

見た目に驚く。黒門みたいなコウトウねぎの小口切りがトッピングされている。
スープの色もベージュ色でまるで黒門みたいだ。
写真を撮るのももどかしくたっぷりのスープをひと啜り、うっこれは旨い、旨いが沖縄そばなの?見た目通り、豚の旨みを前面に押し出したスープ。
鰹節の香りは殆どしない。塩使いが上手く、上等の塩とんこつラーメンのようだ。
麺は木灰そばのように表面に透明感のあるぬめりがある。
やや細めの扁平麺はたまご麺の様につるつるっと口に入る。

そして、コーレグースとの相性は抜群である。店によってはコーレグースを入れた途端にスープのバランスがくずれるのだが、このスープはピリッと辛味がきて、さらに旨みを増す。
紅しょうがを入れるのも忘れ、ずりずりとスープを飲み干した。

那覇市首里当蔵町2-13 TEL098-884-0035
お昼   11:30~15:00
三時茶 15:00~17:00
夜    17:30~24:00

沖縄そば    600円
そーきそば   700円
てびちそば   700円 他定食類、沖縄料理有り
by tenmorimori | 2004-11-11 16:00 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

てんぷす

首里城そば(側です、念のため)で調査業務。11時半くらいに終了。
当然首里そばに行くが、相変わらず客が多い。
そこで先日行ったものの閉まっていた浦添市の「てんぷす」へ行く。

まわりに何も無いバイパス沿いに店をかまえる「てんぷす」。沖縄方言で「へそ」の事。
脱サラのそば屋さん。

鰹節が非常に効いている、ただし、他の鰹ぎんぎんスープと違ってなんと言うかドライな感じだ。簡単に言うと甘みが抑えられていて、アゴ出汁の吸い物みたいなスープ。
当然沖縄そばなので豚の旨みが底を支えている。旨い。
スープを飲み終えてふと気付く。
看板に粟国の塩使用と書かれている。そうか塩か、いままでけっこう沖縄そばを食べたけど、塩の事はあまり考えていなかった。
京都伏見から取り寄せていると言うあげを使ったジャンボ稲荷も旨かった。

♪よ~く考えよ~お塩は大事だよ~♪と頭の中にメロディがひびく
b0049152_17332850.jpg


・ソーキそば 650円
・そば 大600円、中500円
・いなり 150円
住所:浦添市前田1531-8
TEL:090-7585-7218
営業時間:11時~20時
定休日:月曜休(祝日の場合は翌日休)
by tenmorimori | 2004-11-10 15:44 | 沖縄すばDay By Day | Comments(4)

あじゃず

恒例の一日会議、朝9時から夜8時まで。
昼は「あじゃず」でおきなわそば550円。

ふわっと旨い。

予想に反して豚の風味で勝負しているスープ。
啜った瞬間、豚の旨みがふわぁーっと舌全体を包み込み、そのままのどに滑り落ちる。
黒門みたいなスープだった。クモさんが味見したらどんな意見が出るだろう。
こんなやさしい豚スープは初めてである。
b0049152_17305723.jpg

by tenmorimori | 2004-11-08 22:30 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

玉家 そーきそば

食べてからいつも思う。ここのそばは本当に旨い。
豚とかつおのバランス、塩の効き具合、そーきの味付け、麺の口当たり・味。
総合点でトップの座をゆるぎないものにしている。

本日は沖縄そばを食べた。
てびち好きには、やっぱりてびちそばがお勧め。
別皿に盛られているてびちは、ほとんど色が付いてなく、ほんのりピンクの肉が食欲をそそる。ボク自身はてびち(いわゆる豚足)はあまり好きではないのだが、沖縄に来てこの店や悦っちゃん、きよ食堂とてびちを食べていくにつれ、だんだん好きになってきている。
b0049152_17501668.jpg


画像はそーきそば
by tenmorimori | 2004-11-05 17:41 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

亀かめそば

朝から島内を走り回る。走行距離300kmを超える。
昼は亀かめそば。
那覇の中心部から近いので時間が無いときは、安くておいしくて有り難い。

亀濱製麺所の直営そばや。
ここの厨房を見ると沖縄そばのスープってなん?と思ってしまう。
小ぶりの寸胴にスープが入っていて、常に強火でぐらぐら煮立っていて、上から突っ込んだ三角錐のこし器に適宜鰹節を放り込み、ときたま湯を足しその合間に注文の丼にスープをそそぐ。時々小皿に取って味見をする。
アバウトなのだ、コレでいいのか?いいのだ!と思わせてしまう。
それでも旨い。亀かめそば 350円安い!
b0049152_17382557.jpg

by tenmorimori | 2004-11-04 17:37 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

しまぶくそば

今日は沖縄市の雄「しまぶく」へ行く

広く明るい店内、創業60年の老舗。
典型的な姿の沖縄そばだ。まずはスープをすすると濃厚な鰹出汁。
きしもと食堂の濃厚さとは違う。鰹の酸味が効き、さわやかとさえ言えるスープだ。
玉家や首里そばのように洗練とまでは言いがたいが、毎日食べても良いそば。
ぜいたくを言えば、麺がちょっと弱い。亀濱の麺で食べたらさぞかし旨いだろう。

ずみっ!
b0049152_1759574.jpg

by tenmorimori | 2004-11-02 17:58 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

八重食堂

見事な秋晴れの空の下、今日も名護へドライブ。
八重食堂へ行く。(あっもちろん仕事を済ませてです)
今日はソーキそば(小)450円を食べる。
ヤカンからじゃーっとスープをたっぷりかけて、めんをほぐしてまずはスープ。
ずずっと啜ると、ほのかな豚の風味とやさしい昆布の旨みがふわぁ~っと舌にまとわりついて、ほっと安心する。
柔わ目の扁平麺を啜って、ときおり感じるねぎの匂いがアクセントになっている。
ソーキも甘すぎず旨い。肉の噛み応えがなんとも食欲を刺激する。
コーレグースをひとたらしすると、スープの表情ががらりと変わり、スープを継ぎ足しつつどんどん食べていき、最後に紅しょうがを一つまみ入れて締め。旨かったー

名物の八重子おばぁ(80歳を過ぎてる)にお金を渡すと「おにぃは半そば食べたの?」と聞いてくる。「うん、今日は小にしたよー旨かったー」とボク。
八重子おばぁは「すぐひもじくなるよー」といたずらっぽく笑って見送ってくれた。

b0049152_1993080.jpg

by tenmorimori | 2004-10-28 19:08 | 沖縄すばDay By Day | Comments(3)

こどら

今日は那覇の宮古そば屋「こどら」。
Kヤン推薦の国際通り「どらえもん」の親子店。
宮古そばって旨い。沖縄そばより若干スープが濁っていて、鰹出汁ももちろん効いているのだが、鶏や豚の風味がうまい具合に調和していて、出来の良い塩ラーメンとでも言っていい様な美味しいスープなのだ。

おまけにこどらでは亀濱製麺の麺らしく、細めの扁平麺で玉家と同じく啜りこむ快感は半端じゃなく良いのだ。
なんと言うか上等のベルベットのクチビル当たりとでも言うか、これを口いっぱいに啜って噛むとこれがまた美味しいのよ。

b0049152_1962157.jpg

by tenmorimori | 2004-10-27 19:04 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)