ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:沖縄すばDay By Day( 407 )

名護 真打田仲そば 読谷 ヤッケブース

名護で仕事。
そうであれば行くでしょう「真打田仲そば」。
今日はカツオ出汁がこれでもかと香る元味の厚揚げそば。
b0049152_17351054.jpg
島豆(しまとう)めしとセットで850円。
ジャスミン茶で炊いたご飯にソーキの煮汁で煮付けた豆腐がどんっと乗っけられている。
b0049152_17350941.jpg
最後の仕上げ。
b0049152_17351081.jpg
あー、美味しい。わざわざでも食べに来たい。

恩納仲泊での仕事を終えて読谷へ寄り道。
ヤッケブースは、アメリカの連休でここ3日は相当忙しかったらしいが、午後はのんびりとした空気。へとへとになっていたアキさんとしばしゆんたく。
アイスティーとパンケーキクラッシックでほっとする。
b0049152_17351141.jpg

by tenmorimori | 2017-05-29 17:45 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

茉家ロス

5月7日をもって閉店した茉家。
1週間経って茉家ロスが強くなってきた。
店主本村さんは身体のメンテをこの際ゆっくりやって頂いて、新生茉家の再開をお願いします待ってます。
最終日、北九州からのお客ゴマヒゲさんとそのお弟子さんも一緒にカウンターで食べる事が出来た。
b0049152_19533588.jpg
b0049152_19533395.jpg
b0049152_19533494.jpg
b0049152_19533359.jpg
はぁ~~~、茉家ロス・・・・・

by tenmorimori | 2017-05-14 19:54 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

名護 島豆腐とおそば。真打田仲そば

FBの記事で写真を見て、こりゃ絶対美味しいはずだと名護まで行ってみた。
島豆腐とおそば。真打田仲そば。
なんでも、東京の人気ラーメン店「ソラノイロ」を創業し、ミシュランの星まで獲得している麺職人宮崎千尋さんがプロデュースした店とのこと。
まずは元味と呼ばれるしっかりとかつお出汁を感じる一杯。
麺は自家製熟成の生麺を使用。
券売機を見ると厚揚げそばが有るじゃないか、嬉しかー!
b0049152_19121503.jpg
おーっほっほっほー、ぎんぎんとかつお出汁の効いたスープに感激。
南部風の中細麺はこしと言うよりも固めんと言った方が分かりやすいかな。
そしてどちらかと言えばこちらが目当ての島豆(しまとう)めし。
ジャスミン茶で炊いたご飯に、大きな煮込み豆腐がどでんと乗せられている。
b0049152_19121679.jpg
いい具合にソーキの煮汁が染みこんだ豆腐がフワフワで美味しいなー。
半分ほど食べて豆腐を崩してそばのスープをかける。これがたまらん。
b0049152_19121649.jpg
あー、美味しかったなー
b0049152_19121761.jpg
b0049152_19121549.jpg
b0049152_19121789.jpg
で、出勤日の今日、名護方面に行く予定が有ったので二日連続じゃい!
で、今度は真味のスープでソーキそば。
b0049152_19121823.jpg
どろりと濁ったスープからは豚骨ラーメンの様な香りが立ちあがる。
こっちはこっちで美味しいなぁ、若い人はこっちが好きかも。
島豆めしには、紅しょうがと七味でお化粧。
b0049152_19104222.jpg
断面。
b0049152_19240954.jpg
〆!
b0049152_19121363.jpg
真味のスープも美味しいなぁ、今度はどっちにしようか。
今年はデイゴの咲き方が尋常じゃないと思いませんか?去年は沖縄本島に上陸しなかった台風が今年はたくさん来るのかな。
b0049152_19121420.jpg
b0049152_19121400.jpg




by tenmorimori | 2017-05-06 19:27 | 沖縄すばDay By Day | Comments(2)

金月そば 国際通りむつみ食堂店

1958年(昭和33年)、ボクの生まれた同じ年にオープンしたむつみ食堂が、店主の老齢化と後継者が居ないので50年以上の歴史に幕を閉じた。
長年那覇市民に親しまれていて、大勢の人が悲しんだことだろう。
しかし、金月そばのたきろうさんが、以前の店の雰囲気とメニューを出来るだけ残す形で「金月そば 国際通りむつみ食堂店」として今年の3月にリニューアルオープン。
b0049152_15241546.jpg
b0049152_15241454.jpg
むつみ食堂へのリスペクトをビンビン感じる店内とメニュー。
b0049152_15241481.jpg
オープン日に行ったのだが、満席で入れず、今日水曜日限定のカレーそば目当てで行く。
これが金月そばのカレーそば。
b0049152_15241565.jpg
つゆにとろみを付けるタイプではなく、通常のそばにカレールーをかけたタイプ。
さすが金月そばの出汁は美味い、カレーはけっこうスパイシーだ。
カレーが混ざってないところ、ルーとつゆの境界線、そして食べ進むうちに混ざってくるスープ。
時間が経つにつれ美味しさが変化する、沖縄そばのカレーそばだ。
最後、完全に混ざったカレースープが美味しくてレンゲが止まらない。

by tenmorimori | 2017-05-03 15:30 | 沖縄すばDay By Day | Comments(4)

琉球麺 茉家 カウントダウン

茉家さんの現店舗での営業は今日を含めてあと6日。
開店時間を少し過ぎていくと、すでに駐車場はほぼ満車、多くの客さんが席に着いていた。
カウンターに座って、大将がささやく「琉球ひつまぶしがあるよ」、「はい!お願いします」
久しぶりだなー、これが食べられて良かった。
b0049152_19082815.jpg
b0049152_19082984.jpg
b0049152_19082971.jpg
最初は炙りソーキと美味しいご飯。
b0049152_19082932.jpg
ポットに入った熱々のスープをかけて。
b0049152_19083044.jpg
あーーー、やっぱこれ美味しいっす!
b0049152_19083073.jpg
この店で数々の美味しい食の変態メニューを食べさせてもらったなー、再開を楽しみに待ちますよー

by tenmorimori | 2017-05-02 19:12 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

琉球麺 茉家 一時休業へのカウントダウン

5月7日で移転のため一時休業する茉家さん。
やはり今のうちに出来るだけ食べたいとの想いは募る。
見た目普通のソーキにご飯追加。
b0049152_19280265.jpg
b0049152_19281456.jpg
醤油も使ってないし、圧力釜も使わない、じっくり煮込まれた旨み溢れるソーキ。
b0049152_19282618.jpg
そばには入れずにほぐしてご飯に乗っける、そして皿に残ったソーキの煮汁と自家製ピパーツ、石垣島の激辛一味。
b0049152_19283787.jpg
半分ほど食べたら残しておいたそばのつゆをジャバっとかける、うひひひひ。
b0049152_19284894.jpg
追いピパーツで最高の〆!



by tenmorimori | 2017-04-19 19:32 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

琉球麺茉家 5月7日をもって移転のため休業に入ります

茉家の本村さんがFB上の動画で、5月7日をもって一旦休業することを発表。
残念ではあるが、移転に向けての発展的休業なので茉家ファンは待つしかない。
本村さんは休業の間に料理の勉強をしっかりやりたいとの事で、再開後の茉家がどう化けるのか大いに楽しみ。
という事で、今のうちに食べときたい。
見た目普通のソーキ1000円に山形のミルキークィーンのご飯200円。
b0049152_18313710.jpg
どうしてこんなに美味しいのか、ワクワクと震えるほど。
b0049152_18321434.jpg
そばにはねぎを入れず、麺とスープのみで堪能する。
ご飯にねぎを乗っけて茉家のソーキを乗っけてソーキの汁をかけて頂く。
b0049152_18315883.jpg
食べ進んだところで、そばのスープをかけて。
b0049152_18323504.jpg
このソーキにはほんっとにピパーツが合うなぁ。
さて、今月何杯食べられるのか。
地方発送は4月25日までの受付です。

by tenmorimori | 2017-04-03 18:40 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

石垣島 丸八そばの八重山そば

石垣島での仕事が思いのほか早く終わり、帰りの便まで時間が出来たので丸八そばで八重山そばでも食べて帰ろう。
丸八そばは10数年前に初めて石垣島に行ったときに食べて感動した八重山そばの老舗。
しかしそれからすぐに閉店してしまって、近年旧石垣空港の近くで再開された。
そしてそばの味は昔と変わってない。
シンプルであっさりとしたスープに細い丸麺、刻み肉。肉の味付けは濃く、スープのあっさり味に味が溶けだして丁度良くなる。
やっぱり好きだなぁ丸八そば。
b0049152_10083916.jpg
以前と違ってそば専門ではなく、定食類や牛そばなどのメニューも有ります。
やっぱり石垣島では八重泉ww
b0049152_10085331.jpg
八重山の英雄オヤケアカハチの像は大浜公民館の近く。
b0049152_10090599.jpg
像の足元に咲く花が可愛くてきれいだった。石垣島ではデイゴが咲き始めている。
b0049152_10093522.jpg

by tenmorimori | 2017-04-02 10:15 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

浮かれ気分でたから家のクーブそば

昨日から天気が良くて暖かくて、昨日から始まった現場は観光客が大量に集まる場所。
関係ないのに、むしろ観光客が多くて気を遣うのに雰囲気にのまれて浮かれ気分。
これだものww
b0049152_18290099.jpg
昼はそばが食べたかったので「たから家」へ行く。
ここで食べるものは決まっている。
クーブそばと辛ニラめしだ。
クーブそば(小)太麺にフーチバーと針生姜をトッピング、七味をパラパラ。
無化調の優しいスープが美味しい。
b0049152_18291673.jpg
辛ニラめし(中)
b0049152_18292721.jpg


by tenmorimori | 2017-03-28 18:34 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

茉家でソーキ祭りじゃい

久米島の島娘wwあゆみちゃんが那覇に帰ってきてるので、茉家のそばを食べさせてやろう。
二人で、八重山そば、見た目酢通のソーキそば、炙りソーキ単品にご飯は美味しい山形のミルキークィーン。
そそり立つ炙りソーキ。
b0049152_19145345.jpg
見た目普通のソーキ。
醤油やみりんは一切使ってないというが、どうやってこの旨味を出されているのか。
もちろん炙りソーキも圧力鍋なんて使われていない。しかし、箸でほろほろと肉がはがれる。
b0049152_19150304.jpg
念願のソーキ丼。
ほぐしたソーキ肉とピパーツ、石垣島の粗挽き島唐辛子、仕上げにソーキの汁をかける。
b0049152_19151449.jpg
うっひゃっひゃっひゃ、こりゃあもうなんちゅうか、うひゃひゃひゃだ(笑)
最後にそばのスープを注いで雑炊風で仕上げる。
ご馳走様でした。
b0049152_19152791.jpg
ふと外を見ると懐かしいものが。
コカ・コーラのホームサイズボトル。
バスケの部活帰りに一気飲みしたなぁ、時にはロイヤルクラウンコーラだった。
なんとあゆみちゃんはこの壜を知らないという、そういう世代かぁ。
b0049152_19153750.jpg
そばの写真を撮り忘れたので過去画像で(笑)
b0049152_19254260.jpg

by tenmorimori | 2017-03-18 19:26 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)