ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:隆盛( 40 )

那覇に戻ったら

夕方の便で那覇に戻ったら、どうやら直前まで大雨が降ってたらしく滑走路や誘導路に水が溜まっていて、おまけに西の空が焼けていて思わぬ天からの贈り物。
b0049152_18234890.jpg
そしてウチに着いたらすぐに宅配便が届く。
それは、これまた思わぬ隆盛大将とママさんからの贈り物。
大将自家製の梅肉と、ママさんのお握り(栗ご飯と生姜ご飯)の詰め合わせ。
b0049152_18234925.jpg
誰も居ない部屋に戻って、旅装を解いている時に届いた幸せな箱詰めになんかジーンと来てしまった。
ボクの事を考えてお二人から小さな手紙も添えられて、今すぐにでも隆盛に飛んでいきたくなった。
今朝、久留米から持ち帰ったごぼう天うどんと共に幸福朝めし。
絶妙に軟らかい炊き加減のお握りは、塩加減がたまらない栗ご飯と、新生姜がピリリと効いた生姜ご飯。秋なんだなぁ。
b0049152_18234910.jpg
b0049152_18234946.jpg
大将、ママさん、ありがとうございます!来月には行けるよう仕事がんばります!

by tenmorimori | 2017-09-11 18:58 | 隆盛 | Comments(0)

さつま珍味 隆盛で生涯最高のみかんに出会う

隆盛に所用が有って寄ると店じまい中。
ママさんが美味しいもんば食べていきんしゃいとカウンターに座らせてくれた。
帰り支度をしていた大将もエプロンをきりりと締めなおす、すんません。
出された美味しいもんは、大将が摘んできた田ぜり。嬉しいなぁ、まさに季節の味。
さっと茹でて絞って、鰹節を削って。
肉は黒毛和牛のたたき?ローストビーフ?
b0049152_18232758.jpg
肉にかけられたタレは、大将手作りの中濃ソースにボクが持って行ったタイムレスチョコレートのカカオ入り粒マスタードをブレンドしたもの。
大将がちょっと味見して、んんんと考えて自家製ソースに混ぜて使ってくれた。
優しいソースに酸味がプラスされ、カカオのこくと香りがわずかに華やぐ、美味しかぁ~~~!
b0049152_18233653.jpg
「これは誰にも出しちゃらんと、ほんとはあたしたちだけで食べるとよ、果物は殆ど食べん大将がこれだけは食べるとやけん」とママさんがしきりに出し惜しみ(笑)する喜界島から送ってくるという、島外には殆ど流通しない大きなタンカン。
b0049152_18235013.jpg
皮を剥いたときに忽ち香るとてつもなく上品なタンカンの香り。
食べてみると、その糖度と絶妙な酸味、溢れる果汁。これは芸術品だなぁ、ママさんが出し惜しみするのが分かる。
食べさせていただきありがとうございました。
b0049152_18240070.jpg
b0049152_18241263.jpg
カウンターのちょっとした花のしつらえに春を感じる隆盛でした。
珍しい鹿児島の椿。
b0049152_18242544.jpg
遅い時間にありがとうございました。



by tenmorimori | 2017-03-10 18:42 | 隆盛 | Comments(0)

さつま珍味 隆盛 

出張のついでに福岡に遊びに来るという札幌の友人あわださんのご希望は隆盛。異存はございません。
今年初めての挨拶を済ませ、さあ後は大将とママさんにお任せ。
鰯のカレー焼きからスタート。
b0049152_17512867.jpg
鰯も自家製ピクルスもブロッコリーにかかった胡麻ドレッシングもいちいち美味しかー。
そして大村湾のなまこ。青森の岩もずく、もみじおろしと三杯酢が美味しくてボクもあわださんも飲み干す。
b0049152_18310256.jpg
大将の手作りこのわた。
わ、わ、わ、こんなにしょっぱくなくて、なまこの香りのするこのわたは初めて!本当はこんなに美味しいんだ。
b0049152_18304870.jpg
刺し盛りは、あこや貝(真珠貝)の貝柱、尾長マグロ、愛媛の鯖、くじらの百尋(ひゃくひろ(小腸))、さえずり(舌)、ベーコン。
b0049152_18311506.jpg
大将のさすがの目利き。こんなクセ無く美味しい百尋は初めてだし、さえずりの濃厚な美味しさよ!
今回の鯖は愛媛産。温暖化の影響で良い鯖の産地は徐々に北上しているらしい。
b0049152_18313021.jpg
はぁ~~~、たまらんす!これはもう「隆盛の鯖」って固有名詞を付けたいくらい。新しければ良いってもんじゃないんですねー。
珍味盛りは鯨皮、自家製からすみ、あこや貝柱の自家製燻製。
皮が旨い、酢味噌が尋常じゃないぞ。
b0049152_18314364.jpg
からすみの塩梅が丁度いい!いつまでも齧ってたい、本当にそう思う。
b0049152_18315782.jpg
噛めば噛むほど旨味が染み出る貝柱の燻製。
b0049152_18321147.jpg
鶏と豚の団子の優しい煮付け。大将手作りの2年物ゆず胡椒。
b0049152_18322416.jpg
黄ニラの味噌漬け。
b0049152_18325232.jpg
ママさん特製梅シロップのソーダ割り。
b0049152_18330481.jpg
最近人気上昇中のサバサンド。
b0049152_18331540.jpg
サバサンドが人気でもこれは外せない土鍋ご飯の高菜巻きお握り。
大根皮の漬物美味い。
b0049152_18332923.jpg
今度んとは特に美味しかけん、食べてみんしゃい!とママさんの強烈な推しにより頼んだハヤシライス。
ほんなごと美味しかった。こくと香りがたまりません。
b0049152_18334225.jpg
ボクのリクエストで塩ピーナッツ。鹿児島産のピーナッツがちょうど有ってラッキー。
砂に見えるが、これが塩ピーナッツ専用の粗塩。使われるうちにピーナッツの油と旨みを吸って色づいている、これだけでも美味しそう。
b0049152_18335454.jpg
炒りあがり、冷まされるピーナッツ。冷めると味と香りが立ってくる。
b0049152_18340625.jpg
隆盛特製ブレンドの珈琲を淹れてくれた、これが美味しい事。
b0049152_18341893.jpg
ん~~~、ピーナッツが止まらん。
b0049152_18342902.jpg
目くるめく時間はあっという間に過ぎ、次はフグが楽しみなのだ。


by tenmorimori | 2017-01-10 19:00 | 隆盛 | Comments(2)

アジフライサンドと隆盛和栗のポタージュ

ぬーじボンボンZで食べた島根県浜田のどんちっちアジのフライが美味しくて美味しくて。
なんと小禄のニゾウと言う店で買えるというので、時々買っている。
大きくて厚みが有り、身が軟らかく脂の乗ったアジフライをサンドして朝食にする。
ニゾウで売ってる手作りタルタルソース、練り辛子、ウスターソースで味付け。
b0049152_09150904.jpg
これがどんちっちアジフライ。食パン1枚分の大きさ。
b0049152_09145806.jpg
隆盛で買ってきてた和栗のポタージュ。
熊本の利平栗と言う高級和栗を惜しみなく使ってある。栗の甘味のみで、まさに液体の栗。
b0049152_09152083.jpg
うっめぇっへっへっへ


by tenmorimori | 2016-11-10 09:26 | 隆盛 | Comments(0)

からすみ焼きめし

隆盛のからすみがあと3分の1くらい残っていたので、ん~~~~と考えて焼きめしを作ってみた。
シンプルにおろしたからすみとねぎと塩のみ。
b0049152_09144705.jpg
和食屋さんのコースの〆に出されるような、実に上品な焼きめし。

by tenmorimori | 2016-11-10 09:16 | 隆盛 | Comments(0)

隆盛の天日干しからすみでからすみのフェデリーニと宗像パン

モンパチフェスに来たエグがお土産で隆盛のからすみを持ってきてくれた。
この時のからすみが・・・・・
b0049152_11430165.jpg
こんなになってやって来た。
b0049152_11431233.jpg
ディチェコのフェデリーニを買ってきて、からすみフェデリーニ。
たまちゃんからもらった今帰仁の大きなエリンギをソテーして付け合せ。
b0049152_11433501.jpg
レストランでは有り得ないくらいの量のからすみを摺りおろした贅沢な皿。
あんまり美味しいんで写真をもう一枚ww
きれいで美味しい、すんごい美味しい。
b0049152_11434774.jpg
このメニューに負けないように宗像堂で買ってきた読谷小麦のバゲットとカンパーニュ。
普通の宗像パンよりもっちりとしている気がする、そしてほんのり甘い。
b0049152_11432380.jpg
恵まれた食材の夜でした
今度は冷製のパスタにしてみよう。

by tenmorimori | 2016-11-08 11:53 | 隆盛 | Comments(2)

隆盛 自家製からすみ仕込中

所用が有って隆盛に寄ると、大将がボラの卵巣を掃除中。
丁寧に丁寧に掃除されてます。
b0049152_17354307.jpg
こんな状態のボラの卵巣って初めて見た。お腹の肉が付いてるんですねー。これがあの美味しい隆盛のからすみになるんだ。
b0049152_17350425.jpg
蕎麦猪口にコーヒーを淹れてくれて。
b0049152_17351645.jpg
丁度茹でられてたピーナッツを試食。
珍しい三粒ずつ入ったピーナッツは、大将の故郷鹿児島でも入手困難な品種で、大将の幼なじみが送ってくれるものらしい。
小さな粒だが、これが甘くて嫌みのない濃厚さで美味しい。
やっぱりその土地土地で美味しいものってあるんだなぁ、また勉強になりました。
b0049152_17353192.jpg
熊本のブランド栗「利平栗」で作られたポタージュスープを分けてもらって帰る。

by tenmorimori | 2016-10-31 17:52 | 隆盛 | Comments(6)

隆盛は奥が深い

王香で感激の食事の後、用事を済ませて遅めの時間に隆盛に行く。3か月ぶりくらいかな。
食事をしてきたので軽めにとお願いして、まずはこの一皿。
生の水茄子に削りたての鰹節、若竹煮に鰯のカレー煮を炙ったもの。
b0049152_18362000.jpg
刺し盛りは、大将の目利きに叶った鯖、天然マグロの中トロ、根付きの鯵「金アジ」。
b0049152_18363445.jpg
やっぱり隆盛の鯖は最高だ!
b0049152_18364641.jpg
b0049152_18365737.jpg
b0049152_18371196.jpg
ママさん自慢の梅ソーダ。
b0049152_18372979.jpg
そしてなにやら大将がごそごそと取り出して出された皿には見慣れないものが。
b0049152_18374293.jpg
北欧に行くお客さんに頼んで買ってきてもらったという、ヘラジカのサラミ。
b0049152_18375374.jpg
最中の皮に入れられているのはフォワグラとブルーベリー。皮が湿らないうちに一口で食べる・・・大将天才!
パンに乗せられたオレンジ色の魚卵は、ロイロムと言う北スうェーデンで年に5週間しか水揚げされないシロマスの卵。
こんなに生臭くなく爽やかな旨味の魚卵は初めて。
b0049152_18380611.jpg
そして大好きな高菜巻きおにぎり。
b0049152_18382179.jpg
ママさんカレーが有ったのでご飯少な目で。
b0049152_18383358.jpg
最後に、きちんとイチジクの味がするコンポート。
b0049152_18384439.jpg
有田焼の人間国宝今右衛門さんの器を惜しみなく使う一皿一皿に、改めて隆盛の凄さと奥深さを感じる夜であった。





by tenmorimori | 2016-10-12 18:54 | 隆盛 | Comments(2)

深夜の隆盛で

八ちゃんラーメンを出て、電車で帰るナユちゃんと別れて三角市場へ。
もの凄い都市化の波が押し寄せる薬院で未だその姿を変えてない三角市場。因幡うどんもここにある。
b0049152_2055229.jpg
b0049152_2061190.jpg

もう閉まってるかもと思いながら隆盛へ行くと電気は消されのれんも仕舞われていた。
でも中の電気は点いていたので隆盛の生からすみだけ売ってもらおうと扉を開ける。
大将もママさんも帰る寸前だったが、まあ座りんしゃいと、大将が前掛けを巻き直す。
もう食べて来たけんヨカですヨカですと言ったが、ちゃちゃっと旨いもんを出してくれた。
b0049152_2010659.jpg

鰯もごぼうも旨かぁ~~~、
b0049152_20105330.jpg

イカの黄色い中身はなんやろかと思って食べていたら大将が「わからんめぇ」といたずらっぽく笑う。
なんか魚介系の卵かなぁと思っていたら、なんとキビで作られた生麩!
b0049152_20122814.jpg
b0049152_20124211.jpg

大将がいろいろ考えてたどり着いたのは京都のキビ生麩。
柔らかいイカの食感と、生麩のプリッとしながらもきめ細かくほどけていく歯ごたえが面白く美味しい。
旬の(隆盛は旬の本物しか使わない)あげまき貝のフランスバター焼き。
香りとコクが国産のバターと全然違う。
b0049152_2016193.jpg

付け合せはこしあぶら。
こしあぶらの苦みとバターの甘味がこれまた!
鹿児島の大名竹には削りたての鰹節。
b0049152_2017780.jpg

粟国島の天日干しの粗塩で食べると甘味が引き立つ。
でも甘いホクホクした食感だけでなく、きっちりと竹の繊維も感じる。
このコントラストが見事!こんな竹の子もあるんだなぁ。
ママさんが近所にあったら週3回は行きたいという、東京新橋の鮨の名店で譲ってもらったという特別栽培の浅草海苔でおにぎり。
b0049152_2022722.jpg

とにかく握ってすぐ食べないかんよと出される。
真っ黒な浅草海苔は出された瞬間強烈な磯の香り。ぱりっと食べると唾液ですっと溶けて海苔の葉も残らず、ご飯と一体となって喉に滑っていく。
本物の浅草海苔ってこんなに美味しいんだ。
b0049152_20245748.jpg

デザート代わりにママさん特製の梅ジュース。
いまでも原液は発酵が進んでいるという。
イギリス人が隆盛に来て何杯もお替りしたという。
濃厚かつ爽やかな梅ジュース。
b0049152_20263043.jpg


はぁ、閉店後に行ってこんなに食べさせてもらえるなんて、有難いありがたい。
大将、ママさん、遅くまでありがとうございました。

そしてこのブログを書きながら聴いているのは、チャーリー・ミンガスのピテカントロプスエレクトスww
by tenmorimori | 2016-06-20 20:27 | 隆盛 | Comments(2)

さつま珍味 隆盛 今年最初の隆盛、やっぱりすんごい!

1月の全社会議のため福岡入り。
夜の懇親会は、よきところで抜け出し隆盛へ。
入るなりママさんが「あー、てんもりさんはほんなごとついとるねぇ、今日はぜんざいば作っとーとばい!」
はい、ありがとうございます。大将とママさんに任せて出されるものを次々食べる。
アフリカンダンス帰りのナユちゃんが付き合ってくれた。
お通しはやさしーい煮物。ふきのとう味噌が旨いのなんの。
b0049152_2041385.jpg

ナユちゃんには青森のいわもずく。今の時期だけ。
サクサク美味しいもずく。
b0049152_20422854.jpg

今日は刺身があまり無いという中、大将が揃えてくれた鉢。
b0049152_20431760.jpg

鯨ベーコンと鹿の子。鹿の子の脂がたまらんす。
b0049152_20435648.jpg

隆盛名物、鯖の昆布〆。
b0049152_20443054.jpg

キアラというアラ(クエ)の一種。
白身の最高峰と言ってもいいアラの刺身は大好き!鮃ほどではない絶妙な弾力と甘味。
b0049152_20454479.jpg

大きな牡蠣の大将オリジナルオーブン焼き。これがもう旨いのだ。
b0049152_20462770.jpg

1さやに二個ずつしか入っていない大きなソラマメ。
b0049152_2047416.jpg

シンプルに茹でて粟国の天日干し塩で食べると、豆の旨さ甘さが際立つ。
b0049152_20475850.jpg

ママさんが「かわしゃぶば出しちゃり」と言っていて、何のことかと思ってたら・・・・
なんと天然とらふぐの四つの部位の皮のしゃぶしゃぶ。
b0049152_20493422.jpg

下から、背中の皮、横腹の皮、下腹の皮、そして腹の中の皮。
さっと湯にくぐらせてポン酢で頂く。
厚みのある背中の皮は馴染みのある味と食感。ゼラチン質が旨い。
b0049152_20521647.jpg

やや薄めの横腹の皮。さっくりとして甘い。
b0049152_2053856.jpg

さらに繊細な下腹の皮。さくさくだぁ。
b0049152_20534485.jpg

そしてねっちりとしたゼラチン質の腹の中の皮。これは珍しい。
これが一番美味しい気がする。
b0049152_20544263.jpg

でたっ!大将自家製からすみ。さっと炙ってこのまま食べるのが一番旨い。
「大根やらなからな食べられんごたぁとは作らん」と大将。
b0049152_20571263.jpg

実は「黄金丸」という干してない生からすみもあるのだ。
ナユちゃんが食べたみたい!と大将特製サバサンド。
大将がトルコで食べた時に思ったほど美味しくなく、腹かいて(怒って(笑))作ったのが最初で、いまでは隆盛の人気メニューになってる。ヘーゼルナッツペーストを使うのが秘密のレシピ。
b0049152_2101726.jpg
b0049152_2103172.jpg

ボクはご飯が食べたいというと「牡蠣めし炊いとるばい」と有明の高級一番海苔でおにぎりにしてくれた。
b0049152_2113872.jpg

福岡で「かきぼ」と言う小さな地牡蠣が味濃くて美味しいと!
b0049152_2122997.jpg

大根と蕪の皮の漬けもん。
b0049152_2125816.jpg

そしてママさんのぜんざい。こりゃあぁぁぁ!美味しい!
b0049152_2133597.jpg

有明海の生海苔。本山葵だけで充分に美味しい、美味しいなぁ、いやほんと!
爽やかすぎる磯の香り。
b0049152_2143824.jpg

あこや貝柱の燻製。噛むほどに美味しい汁が染み出てくる。
b0049152_2154125.jpg

ひとしきり食べ終えて呆然としながら、去年食べた栗のポタージュが美味しくて忘れられんと話してたら、大将が冷凍庫をごそごそ。
「有ったバイ」と1食分だけ残った和栗のポタージュを出してくれた。
前回は熊本の栗、今回は山口の岩根(がんね)栗と言うブランド栗。
色が濃く、甘みは強い。同じ和栗でもこんなに違うんだなぁ。
b0049152_2185273.jpg


こうやって改めて写真を並べると食っとるなぁ(笑)
でも満足感が半端ないなぁ、今年も驚きワクワクの世界を楽しみにしてます。
by tenmorimori | 2016-01-28 21:10 | 隆盛 | Comments(2)