ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:博多んモン( 365 )

自宅で博多うどん三昧

持ち帰った博多うどんをいろいろと。
博多の老舗うどん店「英ちゃんうどん」のごぼう天うどん。
ここのうどんは製麺所麺ではなく手打ちの自家製麺。
箸で持つとでろーんと完全脱力して垂れ下がって重たい。これが博多のうどんたい!
b0049152_19464991.jpg
うどんのお供は「牧のうどん空港店」買ってきたかしわ弁当。
茶碗二杯分のかしわ飯がぎゅっと詰め込まれているのだ。
b0049152_19470121.jpg
博多ではないが、久留米荘のごぼう天うどん。
b0049152_19442286.jpg
美味しいなぁ、店とおんなじやぁ。
もう一つ英ちゃんうどんの丸天うどん。ごぼうの入ったいわしの丸天が旨い。
b0049152_19544111.jpg



by tenmorimori | 2017-02-14 19:52 | 博多んモン | Comments(5)

久留米荘のうどんと又兵衛の餃子

早い時間に久留米に入って久留米荘でゴクニボうどん。
ごぼう肉うどん。
泡立つ煮込みうどんは久留米荘唯一無二のうどんだ。これもかと煮干しが効いて昆布の旨みががっしりと旨い。
b0049152_19303082.jpg
稲荷の揚げの味付けも煮干しの出汁が染みている、美味いなー。
b0049152_19304048.jpg
隣にあった久留米キムラヤが閉店してしまって寂しい。六つ門の本店もしっかりシャッターが閉まっていた。
b0049152_19305294.jpg
しばらくホテルで休憩して久留米の街に出て餃子の又兵衛でばあちゃんの餃子を食べよう。
そう、ここの餃子の焼きは全てこの店のばあちゃんがやっているのだ。
餃子2人前。
b0049152_19311747.jpg
おおいと思われかもしれないが、又兵衛の餃子は殆ど野菜で食後の胃もたれが無い。
餡の山。カウンターのトイレ前に座ると目の前で皮が伸ばされ、この餡が次々に包まれて焼かれていくのが見られて楽しい。
b0049152_19310540.jpg
キムラヤが閉店したばかりだが、セブンイレブンではキムラヤの名物だったホットドッグが早くも登場していた。
食べてみると、なかなかの再現率。
b0049152_19313099.jpg
久留米も美味しいもんが多いなぁ

by tenmorimori | 2017-02-14 19:40 | 博多んモン | Comments(0)

どうしても食べたいラーメンがそこにある

今まで色んな飲み会で何度も顔を合わせてる店主の店。飯塚の「来来」。
店主のその飄々とした雰囲気とは裏腹にとことん突き詰めた豚骨ラーメンを作っていて、友人たちの間でも驚きの声は多く、東京から有名なラーメンイーターも驚いて帰ったという。
日曜休み、朝10時半くらいから開いていて、昼前には売り切れてしまう事もあり、なかなか行けなかったが、折しも大寒波に覆われた日に飯塚まで行った。
今はバイパスが出来て便利になったが、昔だったらしょうけ越え、八木山峠越え、冷水峠越え、いずれのルートも雪で通行止めで行かれなかったな。
これが店の外観。看板も何もない。
b0049152_19075549.jpg
よく見ると営業中の札が。
b0049152_19074241.jpg
店は古いが清潔で余計なものは何もない、うるさい音楽もかかってない。
本当は11時開店だったのだが、お客さんが並ぶので開けられるときは早く開けるとですよって以前仰ってた。
1日2~30杯分のスープしか仕込まず、スープが切れたら閉店。
沖縄好きな店主が「あたしゃあ、すかぶらですけん仕事が好かんとですよっ」て(笑)
ちなみにすかぶらとは、怠け者とかを指す方言。
ラーメンを食べてみると分かるが、このスープを仕込むのは2~30杯が限度なのだろうな。すかぶらどころか、とんでもないストイックなラーメン職人だと思う。
これが来来の豚骨清湯ラーメン、美しい。豚骨のみで作られ、ネギさえも排除されている。
b0049152_19065917.jpg
b0049152_19071464.jpg
染みわたる豚骨の“出汁”が絡む中太の柔らかい麺。
驚きの豚骨ラーメンである。
b0049152_19072887.jpg
失礼だがこんな場所にこんなラーメンが有るなんて、福岡恐るべし。

翌日の朝は、久留米人のソウルラーメン「丸星ラーメン」で朝食。
24時間いつ行っても美味しい久留米ラーメンが食べられる。
朝日に燦然と輝く丸星ラーメン。
b0049152_19084885.jpg
固めんやら脂抜きやらねぎ多めやら無粋な事は言わずに、黙っておばちゃんに食券を差し出す。
おでんは取るよねー、餃子巻を一個とご飯と黄色いたくあん。
b0049152_19080986.jpg
たまらん豚骨臭を上げながらラーメン到着。
b0049152_19082172.jpg
相変わらずうめぇーなー。
左上の写真が面白い。アビーロードみたいに三号線を4人で横切っている写真ww
b0049152_19083563.jpg
沖縄に戻って、月曜日の今日、沖縄の誇る豚骨ラーメンを食べに行く。
風雲のねぎラーメンだ。
b0049152_19090004.jpg
今日のスープは、ややぽってりと程よい乳化で麺に良く絡む。
b0049152_19091289.jpg
風雲のラーメンは美味しいという人は多いが、実は餃子が本場博多に負けてないほど美味しい。どこで習ったっちゃろか?
b0049152_19092573.jpg
沖縄に風雲が有って良かった。




by tenmorimori | 2017-02-13 19:36 | 博多んモン | Comments(0)

ばあちゃんの焼きめし 北九州

北九州のブースカさんのブログに時々出てくる「月天(げってん)」の焼きめしがいつもとても美味しそうで、機会が有ったら食べたいとずっと思ってた。
その機会を作って行く、食べる、食べるったら食べる。
月天川渕町店。
b0049152_18372263.jpg
店に入ると、おばちゃんというか、おばあちゃん二人でやられている。
内装も涙もんの懐かしさ。
b0049152_18375298.jpg
奥の棚には丼と、チャーシュー、北九州のラーメンには欠かせないもやしが置かれている。
b0049152_18373625.jpg
ボクの経験上、ばあちゃんが作る焼きめしは美味い。
b0049152_18380699.jpg
あぁ~~~、美味いーこれこれ、これが焼きめし。
ラーメンは我慢したが、餃子を注文。
b0049152_18383374.jpg
ラーメンスープが美味しいのー。
b0049152_18381998.jpg
月天の焼きめしが思ったより少なかったので(多分ラーメンやチャンポンと一緒に食べる人が多いからだろう)、よぉーし!もう一つの焼きめしの名店「松崎ラーメン」の焼きめしも食べようじゃないの。
月天を出て若戸大橋に向かっていると、おおここは!
北九州市立総合体育館。
あのプリンスの今なお語り草となっている「ラブセクシーツアー」の福岡公演が行われた場所だ。帰ってから調べてみると1989年2月10日。
なんとこの日は2月11日!もう28年前かぁ。あの頃のプリンスは凄かったなぁ。
b0049152_18542792.jpg
そんなこんなで若松区の松崎ラーメン到着。
b0049152_18390426.jpg
今は息子さんに代を譲っておられるが、ボクが焼きめしを注文したらなんと先代の奥さんがエプロンをきりりと腰に締めながら登場、そう常連さんがいつも食べたいと願う先代の焼きめしが目の前で仕上げられていく。
やったー!ここでもばあちゃんの焼きめしが食べられる。
b0049152_18384767.jpg
おおお、月天とはまた違った焼きめし。これまた涙もんに美味しい。来てよかったなー。

かように北九州にはまだまだ昭和のラーメン屋さんが残る天国のような土地なのだ。でも最近みんなが愛するマルケンの閉店が有ったり、すこしづつ昭和の匂いも薄らいでいると聞く。
食べたい時に食べとかないと後悔することになるな。ブースカさん、勉強になります。



by tenmorimori | 2017-02-13 19:02 | 博多んモン | Comments(0)

ひらおの天ぷら 福岡空港店

土曜日午後から会議なので、昼飯は何にしようかなと走っていたら、ひらおが開店直後で空いてる!
ノーマルの天ぷら定食に魚を1品追加。
準備は万端だ、味噌汁が美味しいんよねー。
小鉢に人気の塩辛、もやし、大根とサツマイモの煮もの。
b0049152_19064633.jpg
アマダイから始まる。
b0049152_19073325.jpg
キス。
b0049152_19074560.jpg
茄子と鯖と安納芋。
b0049152_19080011.jpg
ピーマン、イカ、二つ目の鯖。
b0049152_19081415.jpg
美味しゅうございました。
翌日曜日、沖縄へ戻る前に福岡空港の新しいフードコートの「博多カレー研究所」で激にぼカレー。
b0049152_19082711.jpg
豚骨スープのアゴ出汁カレーがメインだが、激にぼに惹かれて注文。
ごぼう天と焼きねぎをトッピング。
b0049152_19083885.jpg
おー、旨いじゃないか、思ったほど煮干しはぐいぐぐ来ないが、これがカレーの懐の深さだろう。
和風だしの初めて食べるようなカレーだった。ごぼう天が美味い!


by tenmorimori | 2017-01-27 19:15 | 博多んモン | Comments(2)

千代町 玄風館

那覇から飛び立つ飛行機が機材の到着遅れで遅延、さらに福岡空港混雑のため上空待機。
40分ほど遅れた飛行機から降り、一縷の希望を託してタクシーで千代町へ向かったが、無情にも玄風館ののれんは降りていた。
泣く泣くあきらめ翌日の夜に再訪。こういう事にはしつこいのだww
カルビとロース1人前ずつ。玄風館オリジナルの甘くて辛いタレにまみれている、ワクワク。
b0049152_20412838.jpg
美味しいナムルはサービス。
b0049152_20414259.jpg
キムチ。
b0049152_20415470.jpg
b0049152_20420710.jpg
b0049152_20421787.jpg
煙もうもうの座敷で頂く。昔からちっとも変ってないなぁ。初めて来たときはあまりに美味しすぎて逆上して食べ過ぎて、家に帰って寝ていたら大腹痛。
食べて数時間後に下から出てしまった(笑)
千代町の店だけは、いつまでも変わらないでほしい。
b0049152_20423204.jpg
で、前夜どこに行ったかと言うと中洲の鉄なべ出合橋店。
ニラ玉は美味しかったけど、餃子の焼きが荒かった。
b0049152_20485460.jpg
b0049152_20490676.jpg

by tenmorimori | 2017-01-25 20:49 | 博多んモン | Comments(0)

博多ぶらぶら

実家に帰るために博多ぶらぶら。
春吉のこんな路地がまだ残っていることに安心。
b0049152_19081539.jpg
能古うどんの肉ごぼう。
b0049152_19082586.jpg
能古うどんは古くから、博多湾に浮かぶ能古島で作られていた乾麺。
うどんにしては細く、稲庭うどん、五島うどんよりもこしは少ないが、これがいかにも博多風。
冷たい麺で食べる事が多いが、暖かいうどんにした。
クリスピーなごぼう天が美味しくて追加。
極薄にスライスされて、サクサクと食べられるが、うどんのつゆに浸すとしんなりと軟らかくなる。
b0049152_19083602.jpg
阪急地下「ナイル」のカレー。
このカレーも博多人のソウルフード、定番はカツカレー。
b0049152_19085253.jpg
空港で食べた焼き鯖弁当が美味しすぎた。
鯖がジューシーで敷いてある高菜めしも美味しい。
b0049152_19090302.jpg

by tenmorimori | 2017-01-05 19:17 | 博多んモン | Comments(0)

博多魚がし 海の路 贅沢ごま鯖丼

年末のテレビ番組で見てすぐに大晦日の予約を入れた。
長浜市場会館の人気店「博多魚がし」の系列店、「博多魚がし 海の路」。
天神のど真ん中に立地していて、魚はもちろんもつ鍋や水炊き、イカの活き作りまで味わえる店。
テレビで見た贅沢ごま鯖丼を注文。
ごま鯖の丼と刺身、鯖しゃぶまで味わえて1300円くらいのお得なメニューなのだ。
b0049152_18371788.jpg
身の白さで脂の乗りが分かる。旬だ旬なのだ。
鯖・鰤・鮭の刺身が付き、紙鍋がかけられたコンロが横にある。
b0049152_18365098.jpg
まずは刺身を。
b0049152_18370210.jpg
鯖の腹身をしゃぶしゃぶで。
b0049152_18373057.jpg
美味しいなぁ、実に美味しい。
さて真打ごま鯖丼。
胡麻ダレをかけて頂きます。
b0049152_18374199.jpg
そして少し残してしゃぶしゃぶの出汁をかけてごま鯖茶漬けで〆。
b0049152_18375443.jpg
ヴぁぁ~~~、鯖堪能!

by tenmorimori | 2017-01-04 18:51 | 博多んモン | Comments(2)

年の瀬博多川端通り~新天町

あの元祖長浜家が川端通りに出店
これは博多の人間にとって大きなニュース。
行きやすくなり食べる機会が増えるのは良い事だが、やっぱり元祖は長浜だけにある事が大きなバリュー。
食べに行った。
券売機でチケットを買っているとボクの後ろに並んだおっさんから強烈なナフタリン臭、今時珍しいよく平気だな。
このおっさんの隣では絶対に食べたくない。
カウンターだけの店なので、ボクはわざとぐずぐずしておっさんの座るのを待って出来るだけ遠くの席に着く。
なしかたねぎやま(脂無し・固めん・ねぎ多め)。
b0049152_18034266.jpg
ちょこんと見えるのは替え肉。
思った以上に美味しくて替え玉半分。
b0049152_18035350.jpg
店内は長浜と一緒だ。

b0049152_18033144.jpg
b0049152_18041464.jpg
b0049152_18040380.jpg
あ!大きな鳥のおる。
b0049152_18043009.jpg
天神まで歩く。
新天町の喫茶プリンスは噂通り閉店していた。新天町に残っていた最後の昭和が終わった感じだ。
今のソラリアの場所にあったスポーツセンターのセンターシネマの映画の前や後によく行ったなぁ。
喫茶店のカレーやスパゲティの美味しさを教えてくれた店だった。
b0049152_18044375.jpg
新店町に来たらやっぱり蕎麦は飛うめやろう。あ、そうだ!ここは変わらず残っている。
b0049152_18045577.jpg
b0049152_18050887.jpg

by tenmorimori | 2017-01-04 18:22 | 博多んモン | Comments(6)

別府で温泉と鮨

小倉から田川へ向かい「立ち食いうどん」を持ち帰り。
田川から東九州自動車道を通れば別府はすぐなのでお風呂に入りに行く。
b0049152_17350005.jpg
駅前の高等温泉と海門寺温泉をはしご、入浴料は200円と100円だ。別府っていいなぁ。
湯布院へ向かう途中の目に付いた回転寿司に入る。別府の回転寿司のレベルは高い。
水天と言う店。
青物三昧。
b0049152_17350905.jpg
白身三昧。
b0049152_17351825.jpg
本場の関サバ。
b0049152_17353592.jpg
地物鰤。
b0049152_17355068.jpg
由布岳が見たかったので、高速は使わずに湯布院へ。
しばらく登ってないなぁ、登れるかなぁ。
b0049152_17360284.jpg
湯布院には変な雲がかかっていた。
b0049152_17361448.jpg
少し遅れたスカイマークで沖縄へ戻る。
b0049152_17362602.jpg

by tenmorimori | 2016-12-22 17:45 | 博多んモン | Comments(0)