ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:博多んモン( 341 )

アゲイン チャイニーズダイニング劉

ウーロンしゃん、てん子と・・・チャイニーズダイニング劉

ボタンエビの海鮮サラダ。とびっこ入りのドレッシングが旨いっす。
b0049152_9244191.jpg

海老春巻旨い。
b0049152_9245381.jpg

蒸し生ほたてのブラックビーンズソース。火の通し加減が最高です。
b0049152_925336.jpg

なんだかすんごいの(笑)すごくて旨いの。
大量の唐辛子で炒められた鶏は辛くて香ばしくてこれは旨い。
b0049152_926154.jpg

b0049152_9263195.jpg

イサキの丸ごと揚げあんかけ。
鯉の丸揚げみたいに身が開かれているので周囲はかりかりと身はほっくりと。皮も旨い、いや皮が旨い。
b0049152_926577.jpg

ご存じ麻婆豆腐。
b0049152_9271610.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-27 23:28 | 博多んモン | Comments(9)

フミオ氏と平尾にくしん

フミオさん平尾の焼鳥にくしんへ行く。
酒を飲めないおっさん二人がウーロン茶とコーラであんな話こんな話。
とり皮タレ。
b0049152_12372544.jpg

玉ねぎ巻き
b0049152_12375257.jpg

豆腐やまかけ鉄板
b0049152_12382123.jpg

牛さがり
b0049152_1238369.jpg

豚ばらは以前より小さくなっていた。
b0049152_123967.jpg

その他あれやこれや。
b0049152_12392287.jpg

にくしんらしい塩気の強い焼き鳥は健在。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-26 22:34 | 博多んモン | Comments(5)

魚とモツと音楽と

Bar「土」で知り合った久留米出身のベアちゃん。
ここ10日ほど福岡での研修で滞在していたが、研修は深夜まで及ぶので明日沖縄へ帰るという最終夜に博多の夜に遊ぶ。
ベアちゃんの大学時代の友達ブンちゃんも北九州から車を飛ばして来てくれた。
まずは魚。長浜の市場会館の中にある「魚がし」に行く。
新鮮な魚がとにかく安くて旨くてたっぷりと食べられる。
刺し盛!これで3000円しない。
b0049152_192824.jpg

ミル貝と旬のイサキを加えてもらった。ミル貝旨っ!
b0049152_193139.jpg

穴子天はさくっとホクホク。
b0049152_1942748.jpg

ぶりアラ煮。
b0049152_1945290.jpg

千葉生まれ、大学卒業後和歌山勤務を経て北九州へと移ってきたブンちゃんは、九州の食べ物の旨さに感激してくれて、んじゃあーそーゆーことなら頑張るよと、二次会はモツ鍋「もつ幸」へ行く。
ボクが博多で一番好きなモツ鍋屋さん。いつも締めの麺目当てで行く。
おとなしく3人で3人前。
b0049152_19103664.jpg

b0049152_1911939.jpg

水餃子は追加注文。
b0049152_19113637.jpg

旨いなぁ・・・小腸。
b0049152_1912037.jpg

そして締めのチャンポン麺。沖縄のモツ鍋が物足りないのはこのチャンポン麺が無いから。
ここのは特注みたいなちょっと平たい麺。
とにかくスープを吸い込ませる。
b0049152_19161168.jpg

最後にすり胡麻をたっぷりかけて完成。
b0049152_1918252.jpg

腹いっぱいと言いながら完食。
中州をぶらっと散歩する。夜風が心地よいなぁ。
初めての中州屋台街にテンション上がるブンちゃんと中州には慣れているベアちゃん。
b0049152_19213980.jpg

そして西中州。ベアちゃんお勧めのライブハウス「CANDY」でアメリカンロックに酔う。
b0049152_19242886.jpg

b0049152_192446100.jpg

美味しく楽しい博多の夜でした。お二人さん、遊んでくれてありがとうまたねっ!
b0049152_19254084.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-24 18:54 | 博多んモン | Comments(6)

安全食堂 ラーメンとチャーハン

西の方の住人にはお馴染みの「安全食堂」。
周りの圧倒的な開発の嵐の中、昔からのたたずまいを残している。
b0049152_18464931.jpg

店は満員。カウンターに滑り込み「ラーメンとチャーハン」と注文して気がついた。
チャーハンって700円もするっちゃん!
必要以上と思えるほど店のおばちゃんが多くてわらわらと動く様が面白いし、会話も面白い。
全員が海洋食堂のおばちゃんみたいに席を割り振っていく。
チャーハン登場・・・・・でかい!
b0049152_18493943.jpg

旨い、これは旨い。やれチャーハンはパラパラじゃないといけないとか、そんなの関係ない。
少しだけいりこ出汁の様な香りがするのは魚粉を隠し味に使っているのか?
途中、ウスターソースを少しかけて食べる。ボクは子供のころから“焼き飯”はそういう食べ方をする。
ラーメンはやはりオールドスタイル。おっさんはこんなラーメンがあれば充分なのさ。
b0049152_18532833.jpg

さすがに腹いっぱいです、もうしません。

リョユーパンのやきりんご。
懐かしかぁ~~~、まだあったったい!
b0049152_1855023.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-22 18:55 | 博多んモン | Comments(13)

肉番長ごめんっ!佐賀牛焼肉と炊きたて銀しゃり

会社の近くの「銀しゃり炭焼 直球」。
b0049152_1229936.jpg

なんとも魅力的な店名に、福岡に来てからずっと行きたいと思っていたのでJ子とnayuちゃんと行ってみた。
入ってみると、佐賀牛中心の焼き肉屋さんで、店名の通り、大きな羽釜でご飯を炊いている。
ご飯が炊き上がると店内の鐘が鳴らされ、店員さんが「ただいま炊き上がりましたぁ~~~」と叫ぶ。
b0049152_1233633.jpg

さすがの佐賀牛・・・・・・チョー旨いっ!しかも安い。
ボクは水割り、うそです、ウーロン茶。
b0049152_123347100.jpg

レバ刺し
b0049152_12341122.jpg

肉盛2680円。
b0049152_12343758.jpg

焼く。
b0049152_12345643.jpg

食う。銀しゃりうめぇ~~~
b0049152_12352029.jpg

ハラミの近くのインサイドスカートとかいう肉。
b0049152_12362972.jpg

焼く、丸腸も焼く、ぷりんぷりん。
b0049152_12365933.jpg

カッパという肉は、あばらの周りの肉。旨くて安い(この写真で400円)。
b0049152_12374954.jpg

焼く。
b0049152_12381426.jpg

ご飯好きにはたまらん焼肉屋やったバイ。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-20 22:26 | 博多んモン | Comments(10)

最ディープラーメン 薬院八っちゃん

アクさえも旨み!
福岡のラーメンでのディープさでは最右翼かもしれん。
豚骨好きを広言するなら試してみるべき。
美味しいですが、ボクはスープは飲み干せません。
b0049152_852987.jpg

しかしラーメン700円は随分強気な価格設定。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-18 08:03 | 博多んモン | Comments(9)

からつんもん

5月12日夜。
仕事関係のパーティーが終わるころtake4から電話があって赤坂のからつんもんに居るらしいので合流したらsatoyanが居て3103さんがシカちゃん連れて来てあんなはなしこんなはなしで夜更けまで。
(この夜は蒸し暑くって文章がおかしなことになってスミマセン)
からつんもんのお通しは唐津名物ギョロッケ(魚のすり身に野菜を混ぜて、カレー味を付けてフライにしたもの)
b0049152_196268.jpg

パーティーで腹いっぱいになっていたので、少しだけ。
唐津産いわしの味醂干し。ご飯ほしー!
b0049152_1972568.jpg

これも唐津名物川島豆腐のざる豆腐。
b0049152_1975824.jpg

b0049152_1981022.jpg

最後に小ぶりながら甘いいちごのサービス。
b0049152_1984184.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-13 19:09 | 博多んモン | Comments(3)

焼き鳥 ふじ家

5月9日土曜日。
先先月沖縄へ来たなりファミリーとそのときの引率者のJ子と店屋町にある「ふじ家」という焼鳥屋さんへ行った。
店屋町の奥まったところにある店は、まだ新しくて落ち着ける店だった。
焼きネタも厳選されていて仕事が丁寧で、流石博多の焼き鳥。レベルは高い。
店は落ち着けるのだが、なりの息子サクタロウが落ち着かんことこのうえない(笑)
まだおむつも取れてない子供やけんしょうがないけど。
和牛のさがり。これは旨い!
b0049152_18495329.jpg

豚バラとうずら巻き。
b0049152_18501618.jpg

椎茸と玉ねぎ。椎茸には仕上げにバターが。
b0049152_18505569.jpg

厚揚げの田楽には2種類の味噌。
b0049152_18512043.jpg

つくね。
b0049152_18513866.jpg

b0049152_1851491.jpg

もろきゅう。サクタロウがもろみに手を突っ込む。
b0049152_18522468.jpg

チキンのカリカリ揚げ、ねぎソース。
b0049152_18524879.jpg

出汁巻きではなく、卵焼き。
b0049152_18531739.jpg

お握り旨し。
b0049152_1853399.jpg

最後に鶏スープのサービス。うめぇ!
b0049152_18541627.jpg


焼鳥 ふじ家
福岡市博多区店屋町4-32 ル・アディッソ福岡 1階
092-271-9494
営業17:30~
日祝休

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-13 18:56 | 博多んモン | Comments(7)

玄風館の衝撃

もうかれこれ20年程前か、中洲のスナックのママに教えられた焼肉屋さん。
千代町の玄風館。衝撃の焼肉屋さんだった。
辛くて旨い肉とホルモン、オモニの元気な声、これまた旨いキムチとナムル。
当時若かったボクは周りがあきれ笑うほど食べた。
今では市内に数店舗の支店があるが、やっぱり千代町で食べるのが本当の玄風館だ。
先日、博多生活の経験もあるろーちゃんとの話の中で出てきたので、帰ったらまずは行きたかった店。
再開発の嵐の中ここだけは変わらぬ佇まいにほっとする。
b0049152_20184232.jpg

がしかし!煙で充満する店は座敷もテーブルも満席。
懐かしい顔のオモニが「隣隣」と連呼する。一旦外に出て2軒隣を見るとなんと別館が新築されていた!
ろーちゃん、大変です(笑)
換気設備が整った別館で懐かしの衝撃焼肉を食べる。
辛口だとタレにまみれて肉が見えないので、あえて甘口を注文して辛タレをかける。
b0049152_20265938.jpg

ナムルも旨い。今夜はもやしとからし菜。
b0049152_20275099.jpg

さあ焼こうかねぇ。
コンロは変わらずガスコンロ。いいとこで無言で網を変えてくれる。
b0049152_20281850.jpg

b0049152_202828100.jpg

キムチも旨かです。
b0049152_20293551.jpg

これも変わらぬ麦飯を2杯食った。
b0049152_2030274.jpg

ほんとは充満する煙の中で汗をかきかき食べて、その匂いで御飯が食べられるほど服に匂いが染みつくのだが、別館はそんな事はなかった、なんか寂しい。
今度は煙にまみれて、床が油でつるつるの旧館で食べるぞ!

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-10 20:33 | 博多んモン | Comments(10)

達磨ラーメン

福岡在住時、二葉亭と共にお気に入りだった「達磨ラーメン」。
クラシックな懐かしい博多ラーメンの味を継承する店で、おでん、辛子高菜も旨い。
b0049152_20113776.jpg

久しぶりに見るラーメンは少し醤油色が濃くなっていたが、スープをすすった時の匂いは変わっていない。
細切りのきくらげと小さめのチャーシューが特徴だ。
b0049152_20114935.jpg

いやぁ~~旨いっす、腹が減っているときはご飯とおでんも食べるのだ。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-10 20:13 | 博多んモン | Comments(2)