ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:博多んモン( 336 )

最ディープラーメン 薬院八っちゃん

アクさえも旨み!
福岡のラーメンでのディープさでは最右翼かもしれん。
豚骨好きを広言するなら試してみるべき。
美味しいですが、ボクはスープは飲み干せません。
b0049152_852987.jpg

しかしラーメン700円は随分強気な価格設定。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-18 08:03 | 博多んモン | Comments(9)

からつんもん

5月12日夜。
仕事関係のパーティーが終わるころtake4から電話があって赤坂のからつんもんに居るらしいので合流したらsatoyanが居て3103さんがシカちゃん連れて来てあんなはなしこんなはなしで夜更けまで。
(この夜は蒸し暑くって文章がおかしなことになってスミマセン)
からつんもんのお通しは唐津名物ギョロッケ(魚のすり身に野菜を混ぜて、カレー味を付けてフライにしたもの)
b0049152_196268.jpg

パーティーで腹いっぱいになっていたので、少しだけ。
唐津産いわしの味醂干し。ご飯ほしー!
b0049152_1972568.jpg

これも唐津名物川島豆腐のざる豆腐。
b0049152_1975824.jpg

b0049152_1981022.jpg

最後に小ぶりながら甘いいちごのサービス。
b0049152_1984184.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-13 19:09 | 博多んモン | Comments(3)

焼き鳥 ふじ家

5月9日土曜日。
先先月沖縄へ来たなりファミリーとそのときの引率者のJ子と店屋町にある「ふじ家」という焼鳥屋さんへ行った。
店屋町の奥まったところにある店は、まだ新しくて落ち着ける店だった。
焼きネタも厳選されていて仕事が丁寧で、流石博多の焼き鳥。レベルは高い。
店は落ち着けるのだが、なりの息子サクタロウが落ち着かんことこのうえない(笑)
まだおむつも取れてない子供やけんしょうがないけど。
和牛のさがり。これは旨い!
b0049152_18495329.jpg

豚バラとうずら巻き。
b0049152_18501618.jpg

椎茸と玉ねぎ。椎茸には仕上げにバターが。
b0049152_18505569.jpg

厚揚げの田楽には2種類の味噌。
b0049152_18512043.jpg

つくね。
b0049152_18513866.jpg

b0049152_1851491.jpg

もろきゅう。サクタロウがもろみに手を突っ込む。
b0049152_18522468.jpg

チキンのカリカリ揚げ、ねぎソース。
b0049152_18524879.jpg

出汁巻きではなく、卵焼き。
b0049152_18531739.jpg

お握り旨し。
b0049152_1853399.jpg

最後に鶏スープのサービス。うめぇ!
b0049152_18541627.jpg


焼鳥 ふじ家
福岡市博多区店屋町4-32 ル・アディッソ福岡 1階
092-271-9494
営業17:30~
日祝休

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-13 18:56 | 博多んモン | Comments(7)

玄風館の衝撃

もうかれこれ20年程前か、中洲のスナックのママに教えられた焼肉屋さん。
千代町の玄風館。衝撃の焼肉屋さんだった。
辛くて旨い肉とホルモン、オモニの元気な声、これまた旨いキムチとナムル。
当時若かったボクは周りがあきれ笑うほど食べた。
今では市内に数店舗の支店があるが、やっぱり千代町で食べるのが本当の玄風館だ。
先日、博多生活の経験もあるろーちゃんとの話の中で出てきたので、帰ったらまずは行きたかった店。
再開発の嵐の中ここだけは変わらぬ佇まいにほっとする。
b0049152_20184232.jpg

がしかし!煙で充満する店は座敷もテーブルも満席。
懐かしい顔のオモニが「隣隣」と連呼する。一旦外に出て2軒隣を見るとなんと別館が新築されていた!
ろーちゃん、大変です(笑)
換気設備が整った別館で懐かしの衝撃焼肉を食べる。
辛口だとタレにまみれて肉が見えないので、あえて甘口を注文して辛タレをかける。
b0049152_20265938.jpg

ナムルも旨い。今夜はもやしとからし菜。
b0049152_20275099.jpg

さあ焼こうかねぇ。
コンロは変わらずガスコンロ。いいとこで無言で網を変えてくれる。
b0049152_20281850.jpg

b0049152_202828100.jpg

キムチも旨かです。
b0049152_20293551.jpg

これも変わらぬ麦飯を2杯食った。
b0049152_2030274.jpg

ほんとは充満する煙の中で汗をかきかき食べて、その匂いで御飯が食べられるほど服に匂いが染みつくのだが、別館はそんな事はなかった、なんか寂しい。
今度は煙にまみれて、床が油でつるつるの旧館で食べるぞ!

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-10 20:33 | 博多んモン | Comments(10)

達磨ラーメン

福岡在住時、二葉亭と共にお気に入りだった「達磨ラーメン」。
クラシックな懐かしい博多ラーメンの味を継承する店で、おでん、辛子高菜も旨い。
b0049152_20113776.jpg

久しぶりに見るラーメンは少し醤油色が濃くなっていたが、スープをすすった時の匂いは変わっていない。
細切りのきくらげと小さめのチャーシューが特徴だ。
b0049152_20114935.jpg

いやぁ~~旨いっす、腹が減っているときはご飯とおでんも食べるのだ。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-05-10 20:13 | 博多んモン | Comments(2)

福岡へ その2

昼飯は、あの玉三郎に似たうどんが食べられると言う「博多うどん 龍の Ryu-no」でごぼ天うどん。
好きです!このうどん。とろろ昆布を入れればまんま玉三郎の様なすめと麺。
手打ちの麺はこしは重視してない、これでいいのだ!うどんって旨いなぁとしみじみ感じる1杯。
b0049152_19164561.jpg

ごぼう天もまた玉三郎の様に薄切りの短冊形。かりっと揚がって、すめに浸ってくると軟らかくなる。
b0049152_19174361.jpg

b0049152_19175496.jpg

少しぶらぶらして、呉服町のブルックリンへ行くと愕然とした。
建て替わっている。おそるおそるドアを開けて入ると内部は昔のままだった。
b0049152_19203727.jpg

年季の入ったテーブルとマッチ箱。
b0049152_19191391.jpg

ブルックリンは何十年も前から営業しているハンバーガーの店。
朝7時から開いている。
注文するとカウンター内の鉄板グリルでハンバーガーとバンズが焼かれて、爪楊枝を刺した状態で出てくる。
ここのシンプルなハンバーガー300円は大好きですっ!!
b0049152_1923415.jpg

夜は若松のくまさんちで鍋。その前にくまさんち近所の松崎ラーメンで1杯。ディスイズ北九州ラーメン!
b0049152_19282664.jpg

てん子、小学2年生にジグゾーパズルで負ける、ボク、小学校4年生に将棋で負ける・・・・・・

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-02-28 19:12 | 博多んモン | Comments(6)