ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:博多んモン( 361 )

キッチングローリ 二題

キッチングローリで人気のメニュー「カツカレー」。
b0049152_17465164.jpg

揚げたての薄いカツがサクサクとして、たっぷりのカレーまとって・・・・人気の理由が分かる。
自家製のカレーは、いろんな野菜がとけ込んでいて、炒られた小麦粉なのか香ばしい匂いが広がる。
これで550円!

そして、オムライスとコロッケ。なぜかコロッケがセットになってる。
b0049152_174947100.jpg

ボクはオムライスにはケチャップ派なのだが、キッチングローリ独特のデミソースがたっぷりとかかっていて殊の外旨かった。
b0049152_17523662.jpg

コロッケももちろん揚げたてさっくりホカホカです。700円

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-07-09 17:53 | 博多んモン | Comments(6)

キッチングローリ 老舗洋食

博多では貴重なんじゃないかこういう店。
住所は博多駅前だが、林眼科近く、ほとんど住吉のオフィスビル街のなかにぽつんとある洋食屋さん。
こんな正統的な洋食屋さんは、ボクの知る限り博多では少ない。
以前は結構なお年のご夫婦だけで営まれてたが、6~7年前に小奇麗に改装して多分息子さんと思われる若手が入って元気に営業されている。でも調理はお父さん、お母さんがもっぱら担当。
沖縄から帰って、久しぶりに訪ねてみると相変わらず近所のサラリーマンで賑わっていた。
王道、ミックスフライ800円を注文。
奥からカニクリームコロッケ、ほたてフライ、海老フライ、チキンカツ。
素材別にソースが分けてかけられている。この店のタルタルソースとデミソースは旨いんです。
b0049152_1859297.jpg

カレーも旨いし、オムライスも旨いし、この店もまた通わないとねー
ランチは450円から、日替わり600円と安いのも魅力。おすすめっ!

インフォメーションはこちら。
b0049152_190755.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-07-02 19:02 | 博多んモン | Comments(12)

美野島 明日香の酸辣湯麺(スワンラータンメン)

サンラータンメン、スーラータンメン、そしてここ明日香ではスワンラータンメンと言う。
最近とみに人気をはくしている酸辣湯麺だが、ボクが初めて食べたのはここ明日香で、多分7~8年前だったと思う。
冬の特別メニューで、どんなもんか分からずに注文して、その酸っぱ辛い味にびっくりして美味しくて、その冬は何度も食べたもんだった。
担々麺が人気の明日香だが、皿うどんも旨いし、麻婆豆腐も旨いし、要は料理人の腕が良いのでなんでも旨い。
特に酸辣湯麺は明日香のが一番好きだ。
今日は、夏だからないだろうなぁと行ってみて、注文してみるとすんなりオッケーだったので嬉しかった。
このたっぷりの酸っぱ辛い餡は変わらず美味しい!
b0049152_18332189.jpg

そして餡の中にはきれいに飾り切りされたイカや海老、鶏肉の細切り、筍、豆腐もしっかり入っている。
小ご飯を取っていたのでこんないたずら。
酸辣丼!旨いくさっ!!ご飯に付いてくる搾菜(ザーサイ)も旨い。
b0049152_18365832.jpg

b0049152_18384631.jpg

読谷のお二人、特にゴンザレス!食べたいやろぉ~~、やぁらしいやろぉ~~(笑)

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-06-30 18:41 | 博多んモン | Comments(8)

久留米荘

佐賀平野を南下して筑後川に沿って東へ向かうと久留米市。
ここまで来たら行くです、久留米荘行くです!
いちげんではいつも食べるご飯を食べてないし、替え玉もしてないので行くです、久留米荘。
素うどん
b0049152_18565082.jpg

稲荷
b0049152_18571778.jpg

そして実家の晩飯用に持ち帰り分も買って帰る。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-06-28 18:54 | 博多んモン | Comments(3)

Bar「土」の大西さん、九州に現る

おなじみ、Bar「土」のスタッフ大西さんが九州横断のセンチメンタルジャーニーの途中で博多に立ち寄ってくれた。
昼に時間があるとの事で博多駅でピックアップ。
ボクが今食べたいラーメンがあるので佐賀まで強制的にお連れする。あのラーメンを食べれば後悔はしないはずだ。
それが「いちげん」のラーメン。
大将は相変わらず男前だった(笑)
ただただ旨い。豚骨ラーメンってこんなに旨いんだ!
b0049152_18473478.jpg

飲み干すとこんな文字が現れる。仲村清司さんが食べるときはこの丼にしてもらおう(笑)
底には骨髄と骨粉が残る。
b0049152_18495178.jpg

有明海苔を入れても旨いのです。
b0049152_18502228.jpg

長崎へ向かうという大西さんを佐賀駅に降ろし、ボクはあてもなく筑後川方面へ向かう。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-06-28 18:38 | 博多んモン | Comments(9)

餃子と味噌ラーメン

昨夜は餃子が食べたくて「今夜は餃子な気分なの」と、彼女からの様なメールをJ子に出して住吉の遊心へ。
鉄鍋餃子旨い!
b0049152_19142291.jpg

川島のざる豆腐とか
b0049152_1915111.jpg

塩だれホルモンとか
b0049152_19152531.jpg

胡麻タコとか
b0049152_19154496.jpg


明けて今日の昼飯は「すみれ」の味噌ラーメン。
こってりと旨い。おろし生姜が隠し味やなぁ。
b0049152_191720100.jpg

こんな暑い日ではなかったら10倍は美味しいやろな。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-06-26 19:20 | 博多んモン | Comments(6)

小笹飯店 名物とりみそ定食 600円

b0049152_1835178.jpg

来店する人の、恐らく9割以上の人が食べるんじゃないかという小笹飯店の「とりみそ」。
b0049152_1854167.jpg

カリッと揚げたての皮付き骨なし鶏に、特製味噌だれで炒められた逸品。
カリカリの皮に濃い味の味噌だれが絡んでもう・・・もう・・・・ご飯がイケ過ぎます。
みんながみんなとりみそを注文しているので、次回は意表を突いて違うメニューを食べてみよう。
他のメニューも絶対旨いはず。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-06-25 18:08 | 博多んモン | Comments(3)

ごま鯖丼に悶絶

悶絶は大げさか(笑)
今日の昼は会社から歩いて「益正」へ。
居酒屋チェーンのランチ営業と侮るなかれ、よく練り込まれたメニューと価格の安さに驚かされ、そして美味しくて驚かされる。
しかしこのきれいなごま鯖の丼が580円で食べられるという、博多ならではの贅沢さ。
b0049152_17385755.jpg

身が白っぽいのは脂がのっている証拠。
この時期だから地物ではないだろうが、鯖にはうるさい博多っ子も満足させる鮮度だ。
(ごま鯖とは博多の郷土料理と言ってもよく、新鮮な鯖の刺身を胡麻と甘くした醤油で和えたもので、そのまま食べても良し、お茶漬けにしても良し。家庭でもよく食べられる)

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-06-24 17:43 | 博多んモン | Comments(9)

島系本店 野菜大盛りラーメン

昼飯は島系本店志免店で。
ラーメン小の極太麺に野菜大盛り。
立ち上る湯気に、まるでソフトフォーカスをかけたような美しいラーメンのお姿。
b0049152_17375798.jpg

太いもやしのしゃくしゃく感ともっちりした極太麺のハーモニー。
にんにくを入れてもらった濃厚豚骨醤油スープと厚切り煮豚に、これまたもやしがよく合うのなんの。
満足満足でございます、御馳走さまでした。

PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-06-23 17:42 | 博多んモン | Comments(4)

Sailer 本物オーストリアのパン

Sailer(サイラー)は、オーストリアで1913年から代々営まれているパン屋さん。
4代目のマイスター、アドルフ・サイラーがなんと福岡で店をオープンさせている。
今日はちょっと様子見で・・・・・・・
店内に入ると、こりゃたまりません、目移りし過ぎです。あれも食べたいこれも食べたい、みんな食べたい。
一応名物のプレッツェル購入。
旨いっ!うまいっ!冷めてもこの美味しさなら温かいとどんなに美味しいんだろう。
アメリカのプレッツェル屋台で焼きたてのもちもちフカフカを食べた思い出がよみがえる。
b0049152_1625344.jpg


PHOTO Caplio GX100
by tenmorimori | 2009-06-21 16:25 | 博多んモン | Comments(6)