ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:晩ごはん( 366 )

あゆみちゃんと松っさん

久米島娘あゆみちゃんが那覇に戻ってきていたので男の優しい手料理 居酒屋松っさんで晩ごはん。
建物の建て替えのために移転して、建物が完成したのでまた同じ場所に戻ってきた松っさんは、驚くほど良い雰囲気は変わってなくて嬉しかった。
瀬長島に寄って(しっかし何度見てもあの岩は目障りだ)。
b0049152_16220102.jpg
松っさんの飲みは突き出しのサラダから始まる。
b0049152_16220122.jpg
名物炙りしめ鯖。
下に敷かれてる月桃の葉から甘い香りが立ち昇る。
b0049152_16220292.jpg
ポテサラ。
b0049152_16220263.jpg
大ぶりで肉厚なピーマンがきんきんに冷やされて特製肉みそと良く合う。
b0049152_16220373.jpg
サンマフライ。
b0049152_16220334.jpg
おでんも変わらず美味しいなぁ。
b0049152_16220365.jpg
ソフトシェル海老。
b0049152_16220438.jpg
豚もやし。
b0049152_16220418.jpg
もちろん〆は魚出汁の味噌汁。麩が美味しい。
b0049152_16220528.jpg
いい店だ松っさん、改めてそう思った。

by tenmorimori | 2017-08-02 16:31 | 晩ごはん | Comments(0)

風雲の素ラーメン

風雲店主のFBで見たまかないの具なしラーメンが旨そうで旨そうで、うどんも蕎麦も沖縄そばも麺とスープだけの具なしが好きなワタシ。
月曜日の夜営業に行ったら店主が「そう言えば具無しが食べたいってコメントしてありましたよね」って優しいお言葉。
海苔・きくらげ・チャーシュー・ネギを別皿に盛って素(す)ラーメンを出してくれた(博多では昔から有る具無しうどんは素うどんって言います)。
b0049152_16524150.jpg
見事に乳化した豚骨スープをレンゲでひとすくいして啜る。
むむむむむう~~、豚骨のコクがありながら臭みなく、とろみが有りながらあっさりしている。
そして塩気に逃げていない。
博多の古くからの人気ラーメン店でもやたらしょっぱい店が多いと感じる今日この頃、このレベルで豚の骨や骨髄から煮出された旨みを感じることのできる豚骨スープは本場でも実はそう多く無い。
豚骨ラーメン好きの沖縄県民は幸せだ。

いきなり行って具無しをお願いしますってのは店にも失礼だと思うので、何度か通って夜営業の時などの暇な時間帯でお願いしてみてはどうでしょうか。

胡椒も摺り胡麻もニンニクも何も加えずに夢中で麺をひと玉食べて、替え玉。
替え玉には具材を加えてゆっくりと食べる。

by tenmorimori | 2017-07-27 17:31 | 晩ごはん | Comments(0)

築地~人形町~浅草 鰻難民は何処へ行く

旅に出るときは、その土地で食べるものをぼんやり決めていく。
昼にきりっとした江戸の寿司を食べたのですっかりお江戸モード。
行くときに決めていた築地「丸静」のうなぎを食べに行こう。
食べログで調べると、夜もやっているらしいので、開店時間に合わせて地下鉄に乗る。
最近何かと話題の築地だが、築地本願寺の裏手にはまだまだこんな風景が残っている。
しかし、周りには以前来たときには無かったピカピカのマンションがどんどん建っているので、こんな昭和初期からの風景も意外と近いうちに見られなくなるのだろう。
防火壁の銅板が渋い。
b0049152_17324933.jpg
丸静に着くと・・・・なんと閉まっている。
b0049152_17324935.jpg
呆然
気を取り直してち近くのうなぎ屋さんを調べる。なんせうなぎ屋さんって閉まるのが早いので焦る。
人形町の三好といううなぎ屋さんが駅からも近く営業時間にも余裕が有るので向かうが、満席でうなぎがもう無いと言う。
あー、しまったうなぎ難民になってしまった。
う~~~んと考えて、あ!そうだ浅草の小柳が有るじゃないか。
以前行ったときは木造のいかにも老舗うなぎ屋さんだったが、建て替わるという話を聞いていて初めて新しい店舗に行く。
そして満席だったが、少し待ってカウンター席に滑り込みセーフ。
b0049152_17324942.jpg
相変わらずお新香美味い。
b0049152_17325054.jpg
うな重美味い!
b0049152_17325001.jpg
なめこ汁美味い。
b0049152_17325128.jpg
夜の浅草は丁度ほうづき市の期間で賑わっていた。
b0049152_17325130.jpg
満月前日の月とスカイツリー。
b0049152_17325129.jpg
なんと亀十のどら焼きが夜なのに大量に有ってすぐに買えた。ほうづき市のためなのか?
久しぶりに食べる亀十のどら焼きはうめぇなぁ~~~。
b0049152_17325245.jpg

by tenmorimori | 2017-07-12 17:46 | 晩ごはん | Comments(0)

風雲の博多ラーメン

土曜の昼は、少し昼時間をずらして風雲でラーメンと餃子。
テーブル席で各種調味料をセットして待つとすぐにねぎラーメン固めん登場。
b0049152_17104931.jpg
今日のスープも美味しいす。すっかり安定の味だ。
美味しい餃子も付ける。
b0049152_17104908.jpg
沖縄で食べる豚骨ラーメン、盤石の組み合わせだ。


by tenmorimori | 2017-06-26 17:14 | 晩ごはん | Comments(2)

長浜魚市場 市場会館内おきよ食堂の鯖の煮つけ

朝ごはんは食べに行った事はあるが、夜は初めて。
開いてて良かったおきよ食堂。
福岡に着いてから鯖の煮つけが食べたくて、市場会館の魚がし目当てで行ったのだが、おきよ食堂のショーケースに理想的な鯖の煮つけがディスプレイされてたので飛び込む。
濃い醤油の煮つけ。
青魚の煮付けはこれくらい濃い方が美味しい。
b0049152_17383036.jpg
旅行者なのでテンションが上がって、胡麻ぶりも追加。
おきよ食堂特製の胡麻だれが絡められてて、胡麻サバに負けない美味しさ。場所柄で魚の新鮮さが違う。
b0049152_17383019.jpg
博多の晩めしでした。
b0049152_17382987.jpg

by tenmorimori | 2017-05-31 17:41 | 晩ごはん | Comments(0)

夜リゾム

桜坂劇場で映画を観るので、その前に腹ごしらえ。
リゾムの夜の部に行く。
自家製鯖のみりん干し定食。
b0049152_19063370.jpg
b0049152_19063472.jpg
やっぱり鯖は定食の王道だ。こりゃ旨い。
関東の人は鮭なのだろうが、ボクは真正福岡のおっさんなのでやっぱり鯖。
通常の味噌汁の代わりに、メニューにもある沖縄味噌汁の小型版を付けてくれた。
b0049152_19063461.jpg
どうでした?と聞かれて「美味しいです、ポークが入ってないのがいいですねー」と言うと店主も味噌汁のポークが苦手でこれを作ったとの事。
レギュラーメニューでは卵は「落し」か「かき玉」が選べるらしい。
切干大根美味しい。
b0049152_19063558.jpg
ご馳走様でした。
b0049152_19063615.jpg

by tenmorimori | 2017-05-21 19:12 | 晩ごはん | Comments(2)

夜風雲

月曜日と金曜日は夜の営業もしている浦添の風雲。
昼と違ってのんびりした雰囲気が漂っていて、夜の雰囲気は好きだ。
b0049152_19533217.jpg
たまにはノーマルのラーメン。
チャーシューが進化しているな。
b0049152_19533566.jpg
一口餃子も頂く。
b0049152_19533252.jpg
ほんとに美味しい風雲の餃子。

by tenmorimori | 2017-05-14 20:01 | 晩ごはん | Comments(0)

月と器 女子会参加ww

アヤコさん、アイコさん、とその友人である誰もが知ってる女優のNさん3人の女子会におっさん参加。
3人ともこのブログをチェックしてもらってるらしく、Nさんはご夫婦で見て頂いているという、ありがたいありがたい。
場所は3人のお気に入り、ボクも大好き「月と器」。
しかーし、Nさんに緊張したのか、写真がブレブレです、ごめんなさい。
お通しの県産生本マグロが旨い!沖縄も近海のマグロの季節がやって来た。
b0049152_17591781.jpg
女子会らしくサラダもね、新鮮野菜は美味しい。
b0049152_17591873.jpg
胡瓜揚げは外せない。
b0049152_17591735.jpg
焼き物。まずは炭焼き野菜を盛り合わせてくれた。
トウモロコシが特に美味しかったなぁ、ズッキーニにはパルメザンチーズ、カボチャとトマトは炭で焼かれて甘味が増し増し。
b0049152_17591898.jpg
ぼんじりは、さすがに絶妙な焼き加減。
b0049152_17591969.jpg
ささみ明太。
b0049152_17591988.jpg
月と器オリジナル「ロンドンレバー」は鶏レバーに甘い玉ねぎとレッドペッパー。
b0049152_17591958.jpg
特製 月とつくね。
b0049152_17593110.jpg
黄身が元気。
b0049152_17593118.jpg
鶏皮。
Nさん、大門のお店に是非行ってくださいね。
b0049152_17593286.jpg
生湯葉刺し。
b0049152_17593205.jpg
6時半に始まったこの会は、みんな食べる事が大好きなので話が盛り上がっているうちに気づけば11時半。あっという間の5時間だった。
〆にボクが注文したのは炭焼豚とパクチー丼。
b0049152_17593214.jpg
こっれ美味しい!
聞けば、パクチーの特製ペーストを作ってご飯に混ぜるという。そしてパクチーと炭焼きした豚が特に合うという事でメニューに入ったとの事。
砂肝とジャガイモのアヒージョで本当に〆!
b0049152_17593383.jpg
いやぁ~~~、楽しゅうございました、またよろしくお願いします。

by tenmorimori | 2017-05-11 18:20 | 晩ごはん | Comments(0)

北谷砂辺 Restaurant ARDOR(アルドール)

フードフレアの初期のころからその芽が開き、噂になっていたレストランがついにオープンした。
北谷砂辺「Restaurant ARDOR(アルドール)」。ARDORとは、ラテン語で「情熱」(Passion)という意味
バカールのダイスケさんと沖縄の名だたる、フレンチ・イタリアン・スパニッシュのシェフ、パティシエが構想を練りに練り、シェフたちは自分の店をたたんでまでもアルドールに賭けている。
そんな熱い思いはこの入口の取っ手を見るだけでガツンと客の胸に突き刺さる。
b0049152_17312945.jpg
富山県の高岡市で鋳造されたタコのドアハンドル。これから多くのお客さんたちの手が触れて味わいが増していくことだろう。
ワクワクしながら扉を開けた客のはやる気持ちを静めるように、そこは赤い小部屋になっている。
陶表現今村さんの世界だ。
b0049152_17342934.jpg

b0049152_16394336.jpg
b0049152_16394221.jpg
b0049152_17342807.jpg
b0049152_17342943.jpg
この異世界の様な前室でアルドールの世界に導入され、この大きなドアノブ(直径20cmぐらいある)を引くと客席だ。
b0049152_17372320.jpg
中は意外に広く明るい。何と言っても入った正面に長いカウンターが広がり、中央に薪火が燃えている。その中でシェフたちがそれぞれの料理を作っているのだ。
b0049152_16372852.jpg
b0049152_17460763.jpg
バーカウンター。
b0049152_17412675.jpg
ホールの中央には、小型ボートが据えられ新鮮な食材が置かれている。これらは注文を受けて主に薪で焼かれる。
b0049152_17411001.jpg
b0049152_16393147.jpg
男子トイレのドアの取っ手はダイスケさんの手形、中からは蛸の取っ手。
b0049152_17441057.jpg
b0049152_17442662.jpg
はぁ~~~もう、何ちゅう演出。1回行ったぐらいでは紹介しきれないこだわりが随所に見て取れる。こんなワクワクするレストランは見たことない。
どこかに小さなミッキーが隠れていても驚かないぞ(笑)
席によって店の印象が随分違うと思いますとダイスケさん、個室も有りです。
さて、注文。
グランドオープンは5月の13日なので、現在はプレオープン状態。
プリフィックスメニューから2品選んであとはアラカルトで注文。プリフィックスメニューは飲み物込みで7,000円。
b0049152_16372959.jpg
b0049152_16372932.jpg
ボクは前菜からタコのガリシア風と塩ダラとジャガイモのスクランブルエッグ。
メインは赤仁ミーバイ 小海老 帆立貝のシューファルシー。
そして食いしん坊のためのもう一皿からパスタ オレキエッテ サルデーニャ産ボッタルカとブロッコリーを追加。
さてさて・・・・
b0049152_16373000.jpg
以下、何が美味しいとか、かにが美味しいとか書きません、写真を見ればわかると思います。
前菜
b0049152_16394344.jpg
マッシュポテトが敷かれたタコのガリシア風。
b0049152_16394429.jpg
塩ダラとジャガイモのスクランブルエッグ。
b0049152_16394437.jpg
パスタはオレキエッテ サルデーニャ産ボッタルカとブロッコリー。
b0049152_16400231.jpg
b0049152_16400367.jpg
はぁ~~~、無くなった・・・・
b0049152_16400472.jpg
メイン 赤仁ミーバイ 小海老 帆立貝のシューファルシー。
b0049152_16400415.jpg
b0049152_16400544.jpg
b0049152_16400520.jpg
b0049152_16400572.jpg
食事が一通り出されて呆然としていると、デザートはいかがですか?と。
b0049152_16400509.jpg
イタリアのお菓子カンノーリ スペチャーレをオーダー。
b0049152_16401599.jpg
丸められて揚げた生地にクリームチーズとカカオなどが混ぜられている。
b0049152_16401521.jpg
アイスクリームの美味しさに驚く。
パティシエは女性、イタリアンのシェフも女性、素晴らしい!
薪でじっくり焼かれたパイナップルは豚肉の付け合せ用。
b0049152_16401537.jpg
この店は再訪必至、すぐ行きたいまた行きたい、そして何と言ってもやはり今度は薪火料理を味わいたい。
外に出ると。天然大理石を張りつけた庇が中からライトアップされ光っていた。
b0049152_16401790.jpg
b0049152_16402395.jpg
スカルペッターズのビストロバスはガラス張りの車庫に。
b0049152_16402412.jpg
案内です。グランドオープン後はランチ提供もあります。
b0049152_16401726.jpg
いやぁ~~~、凄い場所が出来たんだ、沖縄ってすごい!

by tenmorimori | 2017-05-06 17:47 | 晩ごはん | Comments(0)

和食はしご その二 パラダイス通り 小太郎

2軒目に連れて行ってもらったのはパラダイス通りにある「小太郎」。
垂水さん、あいりさんの行きつけだから間違いないはず。
まずはちょっとお高いシャンパンであいりさんの誕生日祝い。
b0049152_19234200.jpg
こはだの酢味噌、いきなり美味しいじゃないか。
b0049152_19234356.jpg
小太郎は下関で修業したご主人が奥さんと切り盛りする、実に雰囲気の良い和食店。
ポテトサラダ。
b0049152_19234319.jpg
あおやぎのぬた。ハッとするような美味しさだったなー。
b0049152_19234325.jpg
穴子の白焼き。
b0049152_19234481.jpg
あいりさん大好き、とうもろこしのかき揚げ。
b0049152_19234402.jpg
穴子と春野菜の天ぷら。
b0049152_19234526.jpg
カマスの干物。
b0049152_19234589.jpg
〆の梅にゅうめんの美味しいことったら。
b0049152_19234641.jpg
この日は売切れていたが、江戸前寿司は必ず食べる事と常連のお二人から。
いやぁ~~~、知らなんだ、こんな美味しい店が有ったとは。
お付き合いいただいた3人様、ありがとうございました。楽しい夜でした。
それにしてもあいりさんが見つけたホテルにはびっくり!


by tenmorimori | 2017-04-28 19:30 | 晩ごはん | Comments(0)