ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:晩ごはん( 357 )

和食はしご その二 パラダイス通り 小太郎

2軒目に連れて行ってもらったのはパラダイス通りにある「小太郎」。
垂水さん、あいりさんの行きつけだから間違いないはず。
まずはちょっとお高いシャンパンであいりさんの誕生日祝い。
b0049152_19234200.jpg
こはだの酢味噌、いきなり美味しいじゃないか。
b0049152_19234356.jpg
小太郎は下関で修業したご主人が奥さんと切り盛りする、実に雰囲気の良い和食店。
ポテトサラダ。
b0049152_19234319.jpg
あおやぎのぬた。ハッとするような美味しさだったなー。
b0049152_19234325.jpg
穴子の白焼き。
b0049152_19234481.jpg
あいりさん大好き、とうもろこしのかき揚げ。
b0049152_19234402.jpg
穴子と春野菜の天ぷら。
b0049152_19234526.jpg
カマスの干物。
b0049152_19234589.jpg
〆の梅にゅうめんの美味しいことったら。
b0049152_19234641.jpg
この日は売切れていたが、江戸前寿司は必ず食べる事と常連のお二人から。
いやぁ~~~、知らなんだ、こんな美味しい店が有ったとは。
お付き合いいただいた3人様、ありがとうございました。楽しい夜でした。
それにしてもあいりさんが見つけたホテルにはびっくり!


by tenmorimori | 2017-04-28 19:30 | 晩ごはん | Comments(0)

和食はしご その一 那覇市 酒月(さかづき)

垂見健吾さんぺんぎんあいりさんへんこ山田女将と4人で食事会。
会場を任されたボクは悩んだ、いずれも舌の肥えた方々なのだ。
久しぶりの酒月に予約を入れる。
ハネちゃんの料理なら間違いないだろう。
食いしん坊の4人が好き好きに注文して、こうやって写真を見てみると食べた食べた、みんな美味しかった。
春の味覚が満載のこの日、お通しの行者ニンニクの茶碗蒸しから唸る。
b0049152_18582502.jpg
ふきのとう味噌。苦みがたまらん。
b0049152_18582512.jpg
宮崎産メヒカリの南蛮。
b0049152_18582681.jpg
のびるがかわいい。
b0049152_18582656.jpg
ほたるいかのしゃぶしゃぶ。
b0049152_18582699.jpg
あぁ・・・軟らかくて美味しい。汁に溶け出すオレンジ色のわたがえらく甘い。
b0049152_18582711.jpg
椎茸。
b0049152_18582716.jpg
湯がき天豆。
b0049152_18582793.jpg
若竹煮。
b0049152_18582812.jpg
ポテトサラダ。
b0049152_18582860.jpg
お新香。山芋が旨い!
b0049152_18592545.jpg
新じゃがの煮もの。
b0049152_18592528.jpg
ふき。
b0049152_18592688.jpg
桜えびのかき揚げ。ふっくらサクサクだ。
b0049152_18592644.jpg
注文を受けてから土鍋で炊かれた筍ご飯。
b0049152_18592742.jpg
桜えびを乗っけて春満喫の味。
b0049152_18592704.jpg
カマスの棒寿司。これもう1本食べたかった。生のカマスって初めて食べたかも。
b0049152_18592824.jpg
こんなに食べたのに健啖家の4人が向かったのは、垂水さん、あいりさんが行きつけの和食店。
つづく

by tenmorimori | 2017-04-28 19:13 | 晩ごはん | Comments(0)

名護 河童軒

名護の飲み屋街にある大衆中華の河童軒は夜6時半から開店し、夜中の2時過ぎまで営業している。
名護のその時間になかなか居ないので気にはなりつつ行けてなかったが、ついに行けた。
なごみ亭が閉店してしまった今、名護では貴重な中華食堂だ。
b0049152_10283774.jpg
たくさんあるメニューの中から、酢豚丼という珍しいメニューが有ったので注文。
その名の通り酢豚が乗っけられた丼。
b0049152_10284877.jpg
美味しいなー、そりゃそうだろうww
名物の餃子。
b0049152_10290293.jpg
ごろんごろんぶりんぶりんでさすがに美味しい。



by tenmorimori | 2017-04-17 10:32 | 晩ごはん | Comments(2)

オキナワメンチ

サトシさんのSNSで知った普天間の「オキナワメンチ」。
千葉県の船橋市からやって来た、地元で大人気の食堂のメンチカツとの事。
40年以上注ぎ足している秘伝の醤油ソースが下味に使われているという。
通るたびに気になって、買おうと思ったら閉まっていたり休憩時間だったりでなかなか買えなかったのだが、通りかかったら開いていたので急遽晩ごはん用にメンチカツを単品購入。
レンジで温めて晩のおかずにする。
b0049152_09434450.jpg
こうであってほしいというメンチカツ。
なるほど、そのままで食べても変な肉汁の匂いが無く美味しくて充分におかずになる。
辛子を付けても付属のソースでも美味しく食べられます。
持ち帰って温めなおしてもこの美味しさなら、揚げたてはさぞかし・・・・
b0049152_09435619.jpg

by tenmorimori | 2017-04-02 09:46 | 晩ごはん | Comments(0)

左様なら 南風(ぱいかじ)カウンターで寿司編

年度末の週末、時間が出来たので南風に行って特上の握りを食べよう。
b0049152_09382176.jpg
b0049152_09372714.jpg
特上握り。相変わらずすごい迫力。これで1600円です。
b0049152_09373802.jpg
アラの味噌汁。
b0049152_09375084.jpg
ほんとはニンニクの効いたあら煮が食べたかったのだが、今は予約しとかないといけないらしい。
それでは、握りと並んでもう一つの名物バター焼きを食べよう。
おろしにんにくがどっと乗せられている。これが旨い!
かなり大きいので余ったら持ち帰ろうと思っていたが、美味しすぎて夢中でほじくって食べてしまった。
b0049152_09380002.jpg
素晴らしい焼き加減とバターのコク、ニンニクの風味と旨み。
魚で腹いっぱい。
曙町を通るとき必ず確認してたこの風景は今月いっぱいで無くなるのかぁ。
b0049152_09381194.jpg

by tenmorimori | 2017-03-25 09:45 | 晩ごはん | Comments(0)

首里 うない

少し前になるが、来沖中のトラジさん、山崎さん、ともこさんと首里のうないで晩ごはん。
2016年の4月にオープンした「うない」は、東京の下北沢で16年の間沖縄料理を出してこられた。
場所柄、役者さんの常連客が多く、竹中直人さんなんかはしょっちゅう食べに来られてて、沖縄に移転オープンしてからも機会が有れば来られてるみたいだ。
友人の評価は高く、以前から勧められていてやっと来ることが出来た。
首里のJAの裏手の住宅街にある。
こんな道を通ります。
b0049152_19240180.jpg
お任せの一皿。
もう、ここに並べられた料理はいちいちきっちりと仕込まれて、様々な食感と味が楽しめる、沖縄料理の小宇宙。たまらんなぁ
b0049152_19241244.jpg
b0049152_19242770.jpg
アサリとキハダマグロ(だったかなぁ)のスープ。
b0049152_19243840.jpg
ラムとゴーヤー、そしてスンシー(発酵した筍)。
実はスンシーの匂いは苦手だったのだが、食べてみると美味しい。こんなに美味しいスンシー料理は初めてだ。
b0049152_19245116.jpg
イナムルチ。
b0049152_19250255.jpg
日向夏には醤油を付けて。
b0049152_19251435.jpg
黒糖のかかったウムクジアンダギーと蜜餅。
b0049152_19252858.jpg
いやぁ~~、最後まで沖縄料理の迫力と優しさに感心しきり。
こんな店が東京にあったなんて。こりゃあ人気が有ったのには大納得!


by tenmorimori | 2017-03-15 19:33 | 晩ごはん | Comments(0)

栄町ぱやおでジンちゃん、アンちゃんと

昼間ホエールウォッチングに出かけたジンちゃんは、見事な青空の下強烈な船酔い(笑)
娘のアンちゃんはたくさんのクジラに会えたようだ、良かった良かった。
夜になり、ジンちゃんの体調も回復して栄町へ。
おとんで打ち合わせ中のchojiさんにも会えてよかった良かった。
おとんのすぐ裏手の栄町ぱやおで晩ごはんを食べよう。
有名な沖縄居酒屋のうりずんの姉妹店なので味は間違いない。
お通しの大根からしていきなり美味しい。
b0049152_18504237.jpg
沖縄の新もずくは、スーパーのを食べ慣れてると信じられないくらい美味しい。
酢も控えめに使われているので、もずく自体の美味しさが際立つ。
苦いのと酸っぱいのが好きな小学1年生のアンちゃんも満足。残ったつゆまで飲んでしまった。
b0049152_18505181.jpg
刺し盛り。
沖縄のいまいゆ(鮮魚)をなめんなよ。
b0049152_18510240.jpg
名物どぅるてん。
言わば田芋のコロッケ。サクサクの表面とねっちりした中身のコントラストが面白い、そして美味しい。
b0049152_18511351.jpg
アンちゃんが頼んだじゃがバターベーコン。
予想外にポテトがほっくり揚がっていて美味しい。
b0049152_18512665.jpg
イカ墨濃度がかなり濃いイカスミ焼きそば。
b0049152_18513841.jpg
きっちり揚げられたグルクンから揚げ。
b0049152_18514536.jpg
ボクがゲリラ的に頼んだ鯛のあら煮。豆腐の美味しい事。
b0049152_18515741.jpg
ずらりと並んだ、定番沖縄料理はどれもこれも美味しかった。
アンちゃんはチョコモナカジャンボを買ってもらって、短かった沖縄の最後の夜。夢にクジラは現れただろうか。

by tenmorimori | 2017-03-06 18:59 | 晩ごはん | Comments(0)

2月7日 中華そば ぬーじボンボン Mendes(めんです)

ぬーじボンボンのマスターが数か月前から、いや、数年前からなのか、自身が食べたいラーメンの味を追求し、遂に中華そばの店をオープンした。
その名も「中華そば ぬーじボンボンMendes」。
b0049152_19555775.jpg
味のベクトルは魚介の効いた中華そば。あっさりとしながらもしっかりと旨みが有る。
よくぞこんな中華そばを作り上げてくれたもんだ、まだまだ進化していくのだろうが、おっさんは現時点で大満足の1杯なのだった。
初めてなので基本の中華そばをと思ってたが、宇那志豆腐のゆし豆腐が入った中華そばを注文。
b0049152_19552138.jpg
美味しい脂が浮かんだスープを一口、たまらんなぁ、豆腐をすくって一口、たまらんなぁ、美味いなぁ。
麺は優しい細縮れ麺。
そしてこの店の本体はぬーじボンボン。名物の黒カレーはもちろん、メンチカツや黒焼きチーズカレー、カツカレーもオーダーできる。
ミニ黒カレーと本部牛メンチカツを追加。
b0049152_19553205.jpg
ソースコと本部牛メンチカツ。
b0049152_19554485.jpg
厨房からセルジオ・メンデスのマッシュ・ケ・ナーダがずっと流れているww
店主がこだわったワンタンメンもレアチャーシューメンも食べに来なきゃ。
お子様にも安心。
b0049152_19560832.jpg
〒901-1112
沖縄県島尻郡南風原町本部485-5
大信マンションA-102

TEL 070-5414-6504

営業時間

平日 ランチ 11時〜15時
ディナー 17時〜21時

土日・祝祭日 11時〜21時
(中休みなしで営業)

定休日 毎週火曜日
(祝祭日はオープン)

駐車場 8台あり


by tenmorimori | 2017-02-08 20:07 | 晩ごはん | Comments(0)

名護で晩ごはん キャプテンカンガルー

名護での仕事が終わると夕暮れが始まった。
そうだ、今夜は名護で晩ごはんを済ませていこう。
この時間だったらあまり混んでないだろうなとキャプテンカンガルーへ。
昼間は内外からの観光客で駐車場もいっぱいで長い待ち時間の行列が出来ているが、さすがに夜は少ないってもほぼ満席。
注文したのはオニオンフライがたっぷり挟まっているスパーキーバーガー900円+ポテト200円+コーラ200円。
おおぉ~~~、これこれ!(^^)!
b0049152_20403401.jpg
ギュッとつぶして袋に入れてかぶりつく、うっめぇ~~~~!

by tenmorimori | 2017-02-03 20:54 | 晩ごはん | Comments(0)

サンポーの焼き豚ラーメン×基山の丸幸ラーメン コラボカップ

40年近く前から発売されている超ロングセラーの豚骨カップラーメン、サンポー食品の「焼豚ラーメン」。
ボクは未だにこれを超える豚骨ラーメンのカップに出会っていない、それくらい完成されたカップラーメン。
その焼豚ラーメンが時々いろんな企画を出してくるのだが、今回はローソン限定の「焼豚ラーメン×丸幸ラーメン」。
丸幸ラーメンセンターは佐賀県の基山町にある、白いスープが特徴の豚骨ラーメン店。
九州の高速が出来る前は国道3号線が物流の大幹線道路だった。久留米の丸星ラーメンと丸幸ラーメンセンターは大型車両も楽に停められる大駐車場を完備していて、どちらも24時間営業で多くのドライバーの食事を支えてきた。時代が変わり丸幸ラーメンセンターは少し違った場所で駐車場も縮小し、夜間は営業していない。
かたや全然変わっていない丸星ラーメンとは対照的な時代を経てきている。昔は丸星派、丸幸派が居てファンが争ってたが、味も雰囲気も変わってしまった丸幸にはボクはあえて行かなくなってしまった。
この二つのラーメンが組んで出したカップめんには興味津々。麺は福岡県がラーメン専用に開発したラー麦が使われている。
ローソンで買ってきて、丼に入れてクモさんから貰った上級有明海苔、へんこ山田の摺り胡麻をたっぷりかけて、一味と胡椒と白ネギで仕上げ。
b0049152_08441721.jpg
少しだけ丸幸ラーメンセンターの風味を感じる白い豚骨スープ、麺はさすがに美味しい。
でもこれはやっぱり昔から慣れ親しんだ焼豚ラーメンだ。
改めてサンポーの焼豚ラーメンのポテンシャルの高さをを認識したばい。

by tenmorimori | 2017-01-25 08:47 | 晩ごはん | Comments(2)