ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:風景・スナップ( 253 )

軍艦島上陸 2017.1.8 SIGMA sdQuattro

軍艦島に上陸してきた。行ってから知ったのだが、軍艦島は外洋の波の荒い場所にある孤島なので、ツアーが運休したり海に出られても上陸できずに軍艦島を船の上から見て帰るだけと言う場合も珍しいことではないらしい。現にボクが行った翌日のツアーは午前午後とも運休になっていた。
天気は上々だ。
軍艦島上陸ツアーのクルーズ船。
b0049152_19194436.jpg
途中、このツアー会社の本社がある高島へ上陸する。軍艦島資料館や三菱の創業者岩崎弥太郎の銅像が有る。(軍艦島は長く三菱の所有だった)
高島を出て間もなく見るからに怪しげな島影が見えてくる。
b0049152_19195654.jpg
おおおっ!まさに軍艦!
b0049152_19200811.jpg
島の小中学校の建物。
b0049152_19201901.jpg
丘の上の建物は三菱の社員の住居。ここだけは間取りが広くバストイレ付。
b0049152_19203366.jpg
この丘のどてっぱらをくりぬいて、ボタ(石炭ガラ)を24時間体制でベルトコンベアーで反対側の海に投棄していたらしい。
しかもそのトンネルの上は一般の居住区。
ツアーガイドの説明を聞いて奥に向かうと見えるのは、大正5年(1916年)に建てられた日本最古の鉄筋コンクリート造の共同住宅。
左側のくの字に曲がった建物も共同住宅だが、なんと防波堤の役目も兼ねていたという。住んでた人は大変だっただろうな。
b0049152_19204669.jpg
b0049152_19210583.jpg
波にえぐられた防波堤。
b0049152_19211883.jpg
波にブッ飛ばされた防波堤の断面。
b0049152_19355995.jpg
構造物のコンクリートの酸化が進み、鉄筋にまで達して鉄筋が錆びて爆裂して建物は徐々に壊れていっている。
b0049152_19213144.jpg
b0049152_19353520.jpg
船着き場の石垣。
b0049152_19214420.jpg
さらば軍艦島、また来る日まで。ツアーのスタッフの緊張感から海の状況がギリギリだったのを感じる。
日本最大の廃墟をじっと眺めていると、人が居なくなって40年以上経っているのだが濃密な人の気配を感じる不思議な体験だった。
かつては世界一の人口密度だった街の、人々の生活の残滓が残っているのか。
b0049152_19381946.jpg
長崎湾に入ると、長崎らしい景色が楽しい。
b0049152_19384740.jpg
b0049152_19390315.jpg
海から見るグラバー邸。
b0049152_19412333.jpg
b0049152_19414873.jpg
夜、稲佐山に登ってみる。
b0049152_19420159.jpg
さすが、夜景は素晴らしい。
b0049152_19421591.jpg
b0049152_19433370.jpg
動画を貼り付けときますね。
https://youtu.be/jVFJDsqzGCg
https://youtu.be/klORj4y3pdw


by tenmorimori | 2017-02-15 20:13 | 風景・スナップ | Comments(2)

国宝 大浦天主堂

先日、大浦天主堂に行った、何十年ぶりだろうおそらく小学生の修学旅行以来だから40数年ぶりにあの坂を上った。
映画「沈黙 サイレンス」を観たいま、もう一度行ってみたいと考えている。
b0049152_20224745.jpg
b0049152_20231277.jpg
b0049152_20230008.jpg


by tenmorimori | 2017-02-09 20:24 | 風景・スナップ | Comments(3)

西表島のすすめ SIGMA sdQuattro

離島桟橋から西表島行くぞ。
b0049152_18132799.jpg

西表に着いてレンタカーで白浜を目指す。
天気がすごく良いので、途中野田海岸に寄る。
b0049152_18143241.jpg

はぁ~~~、きれい、仕事じゃなければ泳ぎたい。
b0049152_1815943.jpg
b0049152_18152315.jpg

車の前に西表島ではなかなか見ない飼い猫が居た。
b0049152_1816103.jpg

しばらく見ていると、茂みの中に何かを見つけたらしく、茂みに顔を突っ込んで尻をプリプリ動かして、ニャッととびかかる。
b0049152_18344528.jpg

そして咥えて出てきたのは大きなトカゲ!さすが西表島、エサもダイナミックだ。
b0049152_1818519.jpg
b0049152_18182271.jpg

船浮に着くと豊年祭りの最中。
生活の拠点を生まれ故郷の船浮に移した池田卓さんが力石を持ち上げていた。
b0049152_18203582.jpg
b0049152_18205085.jpg
b0049152_18211038.jpg

さらば船浮、また来る日まで。
b0049152_18214460.jpg

寄付金を出したので、折詰をもらった。白浜で昼ごはんにしよう。
b0049152_18222733.jpg
b0049152_18224664.jpg

大潮で浦内川は水位が下がってる。
b0049152_1824225.jpg

浦内川河口。
b0049152_1823317.jpg

トゥドゥマリの浜にちょっと寄って。
b0049152_1825160.jpg

パーラー美々には必ず寄りたい。
マンゴージュース500円。
b0049152_18254858.jpg

うひぃ~~~、たまらんのぉ。
b0049152_18262052.jpg


石垣島に戻り、まだ日が高かったので夕日の名所観音崎に行ってみよう。
唐人墓に久しぶりにお参り。
b0049152_1828420.jpg
b0049152_18282532.jpg

夕焼けが始まったぞ。
暮れゆく夕日をお楽しみください。東の空には虹も出ました、サービス満点だ。
b0049152_18293358.jpg
b0049152_1829486.jpg
b0049152_1830335.jpg
b0049152_18302026.jpg
b0049152_18303425.jpg

夜になり炭火焼肉やまもとで石垣牛。以下カメラはRX1R
b0049152_18312770.jpg
b0049152_18313977.jpg
b0049152_18315416.jpg
b0049152_1832626.jpg

by tenmorimori | 2016-07-27 18:34 | 風景・スナップ | Comments(3)

沖縄 夏の風景 SIGMA sdQuattro

最近の沖縄は天気が良くてとても夏らしいのでちょこっとスナップ。
ある日の夕焼け
b0049152_19354474.jpg

古宇利大橋
b0049152_193610100.jpg
b0049152_19362854.jpg

古宇利島の集落
b0049152_1937254.jpg

プルメリア
b0049152_19372642.jpg

by tenmorimori | 2016-07-19 19:37 | 風景・スナップ | Comments(4)

7月15日の朝 SIGMA sdQuattro

博多祇園山笠の生中継を観終わってボーっとしてたら、空がこんなことになっていた。
b0049152_8233347.jpg

by tenmorimori | 2016-07-15 08:24 | 風景・スナップ | Comments(2)

まなちゃん夏の旅

LieN(リアン)のヴォーカル 朋世さんが愛娘まなよちゃんを連れて来沖。
今回、沖縄で個人的なライブを予定されているので、子供の分も合わせて大荷物。
空港に迎えに行ってからまずは「やま」。
b0049152_18422837.jpg

b0049152_18424618.jpg
b0049152_1843069.jpg

まなちゃん、ペットボトルの吸い過ぎで唇が荒れております(笑)
b0049152_18434762.jpg

かーらーのー、TimeLessChocolate.
メルボルン直送のプラナチャイ。
b0049152_18452211.jpg

冷たいミルクバージョンも美味しかったなぁ。
b0049152_1846747.jpg

焼き立てスコーン。
b0049152_18463529.jpg

b0049152_18474726.jpg

b0049152_18481770.jpg

48PANマスターの作るナポリタンは、ハインツのケチャップを使い、ファンが多い。もちろんボクもその一人。
b0049152_18492583.jpg

まなちゃんが、生絞りグレープフルーツジュースを飲むのを見てボクも飲みたくなった。
b0049152_18501350.jpg

今回も、トモヨンマナヨンはいろんな人に出会い、いろんな場所に行き、いろんなものを食べて、1週間では足りないほどの旅になったみたいだ。
by tenmorimori | 2016-07-06 18:52 | 風景・スナップ | Comments(0)

冷珈琲と読谷の夏空

南部から中部への移動途中、コザの「原点」でアイスコーヒー。
美しい冷珈琲に心休まる。
b0049152_19522528.jpg

マスター出づくりのバナナケーキの美味しいことったら。
b0049152_19531386.jpg


恩納村~座喜味から読谷を通って帰る途中なんとも素敵な雲が見えてきた。
読谷の飛行場跡は空が広くていいなぁ。
iPhoneでバシャ!
b0049152_19544546.jpg

by tenmorimori | 2016-07-04 19:55 | 風景・スナップ | Comments(3)

にふぇ~らのグリーンスムージー

朝、公設市場に用事が有ったのでにふぇ~らに寄って行こう。
b0049152_16261815.jpg

ドニーは元気。
b0049152_16264431.jpg

オオゴマダラの蛹も輝き・・・・
b0049152_16272085.jpg

グリーンスムージーは美味しい。
b0049152_16274613.jpg

さて、仕事すっか!
by tenmorimori | 2016-04-26 16:28 | 風景・スナップ | Comments(2)

明治村は想像以上の面白さだった

朝早くからホテルを出て・・・・・
b0049152_18415650.jpg

コンパル大須本店でモーニング。
b0049152_18453990.jpg

b0049152_18455484.jpg
b0049152_1846780.jpg

さて、天気は上々、札幌の友人は国宝の犬山城に行くので犬山城で降ろし、ボクが向かうのは「明治村」
東京の友人の池田さんのFBで帝国ホテルの玄関部分が移築されてると知り、もうずっと行きたかった。
実は今回の名古屋行きの主目的は明治村なのだ。
北口から入るといきなり帝国ホテル中央玄関が現れる。
b0049152_18494940.jpg
b0049152_18501697.jpg
b0049152_18503436.jpg
b0049152_18505118.jpg

b0049152_18512988.jpg
b0049152_18514683.jpg
b0049152_1852285.jpg

うひぃ~~~、凄いなぁ、当時の最高の技術と国家的な予算で築き上げられた積み重なるディティールにしばし呆然。
この人が設計した建築家フランク・ロイド・ライト。
b0049152_1853320.jpg

東京にあったころの帝国ホテルの全景。
b0049152_18533832.jpg

中もすごいなぁ。
b0049152_1854169.jpg

あまり知らなかったのだが、この施設は広大な敷地に明治時代からの貴重な建物が数多く移築展示されている。
こりゃあ1日じゃ足りないぞ。
b0049152_190205.jpg
b0049152_1904222.jpg

この教会は明治23年1890年に京都に建てられた聖ザビエル天主堂。
b0049152_1933666.jpg

中に入って驚いた!
天気が良くて、入ったタイミングが良かったのか、ステンドグラスの効果が驚くほど現れた時間だったのだ。
b0049152_1945916.jpg
b0049152_1951541.jpg
b0049152_1952923.jpg
b0049152_195414.jpg

こりゃあ昔の人は神の存在を信じるわぁ。
b0049152_1963513.jpg

b0049152_1983098.jpg

ここは絶対再訪しなきゃな。
敷地は適度な起伏があり、ぶらぶら歩いてやがて正面玄関近くまで着いた。
美味しいぜんざいを食べて休憩し
b0049152_19122259.jpg

店を出ると、正面玄関から4~50人のお年寄りの団体さんが入場してきた。
見ると、全員本体とレンズ合わせて100万円以上はするような高級カメラをぶら下げている。
カメラ同好会の撮影会かなぁと思いながら場内を巡回するボンネットバスで北口へ向かう。
このバスはルート上に展示されている建物の説明をしながらのんびり進む。
そしてさっきの聖ザビエル天主堂の前の石段にさしかかると階段の上に若い女の子のモデルさんが居て、天主堂をバックにさっきのグループが盛んに写真を撮っていた。
バスはその石段の下が停留所になっているので、停車して運転手さんが建物の説明を始めた時、なにやら外の人ともめだした。
赤ら顔のじいさんが、バスが邪魔だから早くどけと言っているらしい。
バスなんて2~3分もかからずに動くし、むしろバス停を占拠して邪魔になってるのはあんたらやろ。
こんな輩が北海道の美瑛でも問題になっているように、写真を撮るのが最優先で他人のことなど構わず、立ち入り禁止場所にも平気で入っていく、アマチュアカメラマンの面汚しだ!
立派なカメラとレンズをぶら下げているが、本当に下品な顔をしたじいさんだった。
動き出して運転手さんに「ひどい、下品なやつですねぇ」と言うと、ボクを停留所以外でもやさしく乗せてくれた運転手さんは「ほっときゃいいんですよあんなの」と涼しい顔で応えてくれたが、内心は腹が立っているはずだ。

ともあれ、絶対に再訪を誓って駐車場に向かうのだった。
by tenmorimori | 2016-02-19 19:26 | 風景・スナップ | Comments(12)

新穂高ロープウェイ SIGMA dp3Quattro

とにかく雪に飢えていたので、高山を出て向かった先は新穂高ロープウェイ
標高2000メートルを超える冬山までロープウェイで行けるので、ここなら極寒の雪を体験できるだろう。
例年になく雪が少ないのが幸いして現地までの道は殆ど凍結しておらずすいすいと行けた。
そして山は見事に雪化粧している。
b0049152_19412651.jpg
b0049152_19414595.jpg

頂上駅の展望台は気温マイナス10℃くらいで、日が照るとダイヤモンドダストがキラキラと美しい。
ちょっと分かりにくいが、結構見られました。
b0049152_19431164.jpg

展望台から降りて山道を歩くと完全なパウダースノーが靴の下で片栗粉みたいにクックッっと鳴る。
b0049152_19442231.jpg

きれいだなぁ、雪の結晶がキラキラとひかり、くっきりと雪印マークが見える。
b0049152_19451887.jpg

この若干ハート形に積もった雪は結晶のかたまり。
b0049152_194699.jpg

雪に埋もれたお地蔵さんは、穂高岳の方を指さしている。
b0049152_19482432.jpg
b0049152_19484134.jpg
b0049152_19485794.jpg

下りのロープウェイに乗るころ、雲が晴れてとがった山頂が見えた。
b0049152_1949463.jpg

以上、SIGMA dp3Quattro

以下、少しだけRX1Rの画像。
b0049152_19505531.jpg
b0049152_19511192.jpg
b0049152_19512378.jpg
b0049152_19513428.jpg


あーーー、また来たいなぁ。
by tenmorimori | 2016-01-14 19:51 | 風景・スナップ | Comments(2)