ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:祭り・イベント( 353 )

てんぷす館でイベントやってた

青島食堂を出ると、てんぷす館の方から賑やかな音が聞こえてくる。言ってみるとてんぷす館の祭りが行われていた。表ではMTBやスケートボード、4輪バギーなどのショーが行われ、裏の希望が丘公園側ではカラオケ大会が行われている。中間に居ると演歌とヒップホップがチャンプルーされてなにがなんだか分からない。
しかしこの犬カワイイなぁ~、暫く釘付けになる。
b0049152_1934137.jpg

やがてテントの方から黄色い声が聞こえてきた。見るとアメリカ人の女の子達がスタンバイしている。BGMのクインシー・ジョーンズのあの曲(「オースチンパワーズ」の曲と言った方がわかり易い)に合わせてみんなで座ったまま踊っている。いろいろ言われるけどアメリカ人のこの明るさはやっぱり好きだな。
b0049152_19343198.jpg

そしてショータイム。基地の中のハイスクールの生徒達だが、全国的に高いレベルらしい。ノリがよく、切れがあり何よりも見ていて楽しい。残念ながらチアリーディングやエアロビスクなどの競技を見ると日本人には到達できないものがあるなーと思う。
b0049152_19344588.jpg

b0049152_1935178.jpg

最後はM・ジャクソンとQ・ジョーンズとの名作「今夜はドントストップ」でダンシング。
b0049152_19351668.jpg

やがて月が昇り、今日も桜坂の夜は更ける・・・・・
b0049152_19353310.jpg

by tenmorimori | 2005-11-13 19:33 | 祭り・イベント | Comments(3)

宗像堂 うるま市でカジマヤーに遭遇

公設市場で仕事を済ませ、うるま市の現場に向かう。途中気になってた宗像堂へ。西原IC近くにドライブスルーのスターバックスが開店してた。
b0049152_1943178.jpg

宜野湾市の嘉数の住宅街の奥に小さな看板。
b0049152_19433648.jpg

宗像堂は天然酵母使用の石窯で焼かれるパンで有名。米軍住宅を改造した店舗。
b0049152_19435392.jpg

いろいろ迷って購入。左から黒胡麻とくるみのパン、ピザパン、人気のバナナとくるみのパン。堅く噛み応えのあるパンで、味わい深い旨いパンだ。何回も行っていろいろ食いたい。ここのご夫婦は「てだこ亭」にもちょくちょく来られるらしい。ほんと旨い!
b0049152_1944832.jpg


宗像堂
宜野湾市嘉数1-20-2
098-898-1529
11:00-18:00 売り切れ仕舞い
月火水休

うるま市での仕事帰りに看板が目に付く。んん?今日カジマヤーの祝いが行われているらしいゾ、場所はすぐ近くだ!見ない手はない。
カジマヤーとは97歳になったお年寄りのお祝いで、その昔100歳になったら神様に召されるので、それを避けるために97歳になったら子供の格好をして、まだまだお迎えは後ですよと知らせる意味があるらしい。旧暦の9月7日から9日が本当のカジマヤーの日なので、風車で飾り立てたパレードは済ませてあるらしい。
b0049152_19564635.jpg

主役の小浜カマドさんは明治42年の生まれだ!会場には写真集が掲げられている。
b0049152_1957081.jpg

なんでも、うるま市のここみどり町では初めてのカジマヤーらしい。来賓にはうるま市長も列席。町中でお祝いしている。カマドおばあちゃんは花道をしっかり歩き、観客に手を振る余裕もある。
b0049152_20512783.jpg

b0049152_19571973.jpg

古い写真にはおばあちゃんの歴史が見て取れる。多分厳しい時代もあっただろう。
b0049152_19592547.jpg

堂々たるお姿である。隣は娘さんか?
b0049152_19574451.jpg

次々集まる町民を前にお祝いの出し物が続く。
b0049152_1958544.jpg

b0049152_20413616.jpg

b0049152_2001272.jpg

b0049152_2003293.jpg

b0049152_2005990.jpg

b0049152_20505523.jpg

b0049152_2012417.jpg

b0049152_2015014.jpg

b0049152_20404841.jpg

数年前、まだ沖縄に住むなんて夢にも思ってなかったころsatoyanが何の気なしに貸してくれた本は「バガージマヌバナス」続けて「風車祭(かじまやー)」という分厚い本だった。どちらも沖縄の強い女性が主人公で大変濃い話しだった。今も残る沖縄のスピリチャルな世界が独特の筆致で描かれ、とても興味深く読んだ。
それらを読んでいつかはカジマヤーを見てみたいと思っていた。思うにあのころsatoyanはボクが沖縄に行く事を無意識に予見していたのかもしれない。
by tenmorimori | 2005-11-05 20:01 | 祭り・イベント | Comments(9)

FOSTER FEST oct.15-16 2005

今日明日はキャンプフォスター(瑞慶覧基地)のお祭り。一般人も基地内へ入れる。
b0049152_22583824.jpg

ハンバーガー、ホットドッグ、チキンの売り場。今日の大きな目的だ。
b0049152_22585462.jpg

大きなバーガーパテが次々焼かれる。
b0049152_2259650.jpg

1/4ポンドチーズバーガーチーズ抜き。パテ2枚で1/2ポンド、3枚で3/4ポンド。具材及び調味料は自分で盛る。
b0049152_22591939.jpg

プリプリのポークソーセージドッグ。
b0049152_22593731.jpg

b0049152_22595523.jpg

ステージではジャズバンドが軽快なナンバーを演奏。風が涼しく心地良い。
b0049152_2301647.jpg

Tシャツ屋台。その場で絵付け
b0049152_2303056.jpg

非常に気になったファンナルケーキ
b0049152_2304445.jpg

気になったら食え!まぁアメリカ版サーターアンダギーといったところ。ふかふかしている。
b0049152_2305834.jpg

祭りに飽きて暴れるガキ共。アメリカーも子供は同じだ。
b0049152_2311425.jpg

サルサバンドが登場
b0049152_231403.jpg

b0049152_2315593.jpg

こういう物もいちいち垢抜けている。分別ゴミ箱。
b0049152_232699.jpg

明日もいこうかな~
by tenmorimori | 2005-10-15 23:02 | 祭り・イベント | Comments(3)

第一回とぅばらーま糸満大会で大工哲弘さんに鳥肌

最近南部を車で走るとき「FMたまん」をよく聞いている。これが面白い。一日のプログラムの殆どがうちなーぐちなのだ。沖縄民謡中心の選曲も興味深く、リクエストしてくるお年よりとパーソナリティーのやりとりも言葉がわからなくても笑ってしまう。FMたまんは糸満の市内に局があり、出力も弱いのか、西原あたりで聴こえなくなるのが残念だ。そしてこのFMたまんで告知があっていた「第一回とぅばらーま糸満大会に行って来た。ボクの乏しい知識で説明すると、とぅばらーまとは八重山地方を代表する民謡で、歌詞はアドリブで付けられ、歌詞の内容は情歌、労働歌、家族愛、八重山愛、世界愛・・・・・なんでも有りである。
三線をぽつんぽつんと弾いて唄われるとぅばらーまは実に島の風土に合う。
b0049152_22292448.jpg

糸満で初めて開催される大会には数多くの人々がエントリーし、今夜は予選を勝ち抜いた24人の人たちが各々のとぅばらーまを披露する。会場に来て気付いたのだが、審査員に大工哲弘さんがいて、最後にとぅばらーまを唄ってくれるらしい。こりゃ楽しみだ。
b0049152_22293762.jpg

b0049152_22294868.jpg

b0049152_2230157.jpg

アトラクションも終わり、陽も落ちてきた。観客も満員になってきている。いよいよコンテストの始まりだ。出場者はお年寄りはもちろんの事、十代の少年やチュニジアの長身の青年もいてバラエティに富んでいる。いかにとぅばらーまが浸透しているかの証だろう。
b0049152_22301547.jpg

子供も芝生に正座し神妙に聞いている。
b0049152_22302785.jpg

b0049152_22303992.jpg

b0049152_2231369.jpg

b0049152_22311456.jpg

b0049152_22312764.jpg

個性溢れるとぅばらーまが終わり、特別出演の踊りや唄が始まる。
b0049152_22321435.jpg

大工哲弘さんのとぅばらーまはこの大会に向けて新たに作られたのだとか。すっと肩肘はらないとぅばらーまは、コンテスト出場者の熱演を聴いた後の耳に心地よく、涼しい秋風にのって頭上の満点の星に吸い込まれるようだった。
b0049152_22322724.jpg

b0049152_22323862.jpg

ただひとつ残念だったのは、ボクの後ろにどかっとカメラバッグを置いて撮影しだした無神経カメラマンだ。多分アマチュアカメラマンだと思うが、一眼レフとデジカメを併用して人の頭の横で平気でストロボを光らせるし、演者ごとにデジカメを取り出し、スイッチを入れるので起動音がピロピロピッとその度ごとに鳴るのだ。ピントが合うピッピッピッという音も非常に気になるし、奴は演奏が終わっても拍手もしないのだ。たまらずボクは場所を変えた。
by tenmorimori | 2005-09-24 22:31 | 祭り・イベント | Comments(2)

糸満真栄里

昨日博多から帰り、今日はかねてから計画していた糸満真栄里大綱引きに行こうと思っていた。朝から洗濯をして雑用をこなしている内に、なんとなく人ごみに行くのが億劫になり、ボーっとしている内に午後になる。天気も良いので北名城ビーチに行き、読書と昼寝。うとうととまどろんでいると、名城集落の踊りの音楽が風に乗って聞こえてくる。
帰りに集落を通ると公民館の前では地元のお年寄り達が踊っていた。以前行った知念のヌーバレーに比べて少人数でなんともほのぼのとした祭りだった。こうやって大事に受け継がれていくのだな。しみじみと感動する。
帰り道に真栄里入り口がある。涼しくなったし、演芸会でも見ていこうと行ってみた。今年は真栄里の広場に東屋が完成して、この一帯の整備事業が終了したらしい。その完成記念も兼ねたお祭りになっている。ボクが行ったときは、来賓や地元の偉い人たちの挨拶が行われていた。長い挨拶も終わり、いよいよ演芸大会の始まり。夕空に三線の音が鳴り響き、静かな踊りから始まった。空のグラデーションと踊り手の衣装、赤瓦がきれいだ。
b0049152_911113.jpg

b0049152_9111567.jpg

島根性のTシャツは真剣に欲しくなった。
b0049152_9113097.jpg

ここでもハイカロリー屋台は健在。子供達が走り回り、正しい秋祭りの様相だ。
b0049152_9114292.jpg

b0049152_9121353.jpg

適当なところで切り上げ、祭りを後にする。段々と小さくなる三線の音と唄、観客のざわめき。空を見上げると、大きなオレンジ色の月が昇ってくるところだった。
by tenmorimori | 2005-09-19 09:08 | 祭り・イベント | Comments(8)

知念 知名のヌーバレー

最近よくのぞいているブログにチュラバナ・プロジェクトというものがある。くらげさんが管理者で、やんばるまでも原チャリに跨り、精力的に沖縄の文化を紹介されている。そのブログで知念村字知名で毎年ウークイの翌日に行われている「ヌーバレー」という祭りが紹介されていた。
b0049152_17583391.jpg

1000人にも満たない字の住民だけで160年余の歴史があるらしい。ヌーバレーとは凄く簡単に言うと厄を祓う祭りである(詳しくはチュラバナ・プロジェクトで)。知念知名なら会社から30分程度で行ける。仕事を終わらせかけつけると、字の入り口で子供エイサーが行われていた。
b0049152_17584795.jpg

エイサーが終わり、旗頭を先頭に会場の農村広場まで練り歩く。三線のメロディがいい!短いフレーズを繰り返し、合間に掛け声をあげ、鉦や太鼓が伴奏をする。
b0049152_1759458.jpg

b0049152_17592343.jpg

b0049152_17593515.jpg

会場は準備万端整っている。うーまく(悪がき)どもも準備完了だ。客席からは海が見え、津堅島、久高島も見える素晴らしいロケーション。
b0049152_18171332.jpg

最初の演目「長者」が始まる。踊りのレベルは驚くほど高い。ステージ右のすだれの中に三線、太鼓等の演奏隊がいる。全編生演奏である。音をお伝えできないのがなんともクヤシイ
b0049152_17595196.jpg

子供エイサー。やらさせている感が全体から立ち昇り、なんともゆるい雰囲気に和む。
b0049152_180373.jpg

それから次々と村民の出し物が続く。みんな見せ所を心得ていて、飽きさせない。
b0049152_1801651.jpg

胡蝶の舞。これを踊るのは化粧をした若い男性で、花と蝶に扮してコミカルな踊りを踊る。名物の踊りらしく、若い女性がキャーキャー言って最前列に陣取り盛んに写真を撮っていた。
b0049152_1802947.jpg

b0049152_1804275.jpg

やがて暗くなり、裸電球が灯る。
b0049152_181261.jpg

戦争を生き抜いて来たお年より達。
b0049152_1811741.jpg

子供はきちんと幼い兄妹の子守をしながら見ている。
b0049152_185137.jpg

おじぃ達は酔っ払い、子供は走り回り、おばぁ達は一生懸命手拍子を打ちよく笑い、みんなそれぞれの役目を正しく務めている。ここは現代の日本だろうか。夜風に吹かれ、目をつむり三線の音、太鼓の音、観客のざわめきを聞いていると俗な言い方だがまるで天国に居るようだった。黒澤明の夢の中に迷い込んだようだ。
b0049152_1813019.jpg

いよいよ、知名出身の人間国宝「照喜名 朝一」さんの登場である。三線1本と腹から搾り出す様な甲高い声が知名の部落に響き渡る。凄まじい実力。
b0049152_1814365.jpg

b0049152_1822318.jpg

b0049152_182433.jpg

途中夕立に洗われた空気の中、満月が舞台上に昇る。ますます現世離れをした風景になってきた。
b0049152_1824032.jpg

b0049152_1825499.jpg

b0049152_1831011.jpg

演目も進み、いよいよ最後の仲里節が始まった。伝統的な琉装の女性達が現れ、手に持った四つ竹の音がチャッチャっと小気味良いリズムを刻む。
b0049152_1854386.jpg

b0049152_1855715.jpg

約4時間、30もの演目が終わり、最後は舞台上でカチャーシが行われる。お年寄り達の腰の動き、手の舞いが素晴らしい。この後はグソー(あの世)の人たちに舞台を明け渡すらしい。
遠く見える海は、月の光で銀色に輝いていた。
b0049152_1862086.jpg

満月が知念の海と雲を照らす。久高島の光が見える。
b0049152_1875799.jpg


一旦部屋に戻り、床につくが眠れない。ふと起き出し、着替えて車を出す。向かう先は知念村である。グソーの人たちのヌーバレーは行われているのだろうか?
車内の時計は2時すぎを示している。村は月の光に照らされ、道ははっきり見える。ヌーバレー会場の農村広場はもちろん静まり返っている。客席に座り、じっと耳をすますと・・・・
かすかに三線の音がする、鉦の音もする。まさかと思って目を凝らすと、舞台の屋根の向こうに旗頭が見えてくる。体はこわばった様に動かないが、不思議と恐怖は感じなかった。やがて農村広場に上る坂道から旗頭を先頭にした道じゅねーの一行が見えてくる。道じゅねーやニコニコ笑いながら付いてくる村民の姿は見えるのだが、今度は音が一切しない。耳の中にジーーーーーっと音がしている。次の瞬間気が付くと、観客席は一杯である。ただ服装が、先ほどの舞台で見たような古い農民の姿が殆どである。子供もかすりの着物を着て走り回っている。
なんと喋っているか分からないが、ザワザワと一団のざわめきとなって聴こえていて、その中に笑い声や女性の嬌声も混じっているのが分かる。舞台を見ると、電飾は無くなり、松明と提灯の光で村民の出し物が楽しそうに繰り広げられているのだ。
また耳の中でジーーーーーーーーっと音が鳴り出し、次に気が付いたときには舞台上に居た。
観客席を見回すと、亡くなった知人や父親の顔が見える。それらの顔は笑っているのだが、怒ったような困ったような表情にも見えるのだった。
ボクは三線を弾きながら唄っていた。汗水節、海のチンボーラー、カイサレー・・・次々と歌う。指が血だらけになっても唄う。汗が目に入り、泣いているのか汗が滲みているのか分からないが、涙がどんどん頬を伝う。
どれくらい唄っていたのか分からないが、背中側から朝日が近づき、空が明るくなりだしたとき、それまで、顔は笑っているが、一切音を発しない観客から万来の拍手と指笛が起こった。子供、お年寄り、村の顔役、長老みんな一生懸命に拍手をしている。
人生でかつて感じた事の無い恍惚感に身をゆだねる・・・・・朝日がサァーと差し込んできた。

その日以来、テンモリの姿は忽然と消えた・・・・・・

とゆーよーな出来事が起こってもおかしくない雰囲気の祭りだった。
by tenmorimori | 2005-08-20 17:57 | 祭り・イベント | Comments(6)

道じゅねー 勝連南風原 胡屋 園田

すっかり満足して平敷屋を後に車を走らせていると、道端で道じゅねーをやっていた。勝連の南風原地区の青年会らしい。こじんまりとした団体で、地方も2人、羽織はかまではなく、すててこ姿で三線を弾いている。しかしエイサーはしっかりしたものだった。
b0049152_15413339.jpg

コザ(沖縄市)へ車を進める。もうひとつの目的である「園田(そんだ)エイサー」の道じゅねーを見るためだ。園田地区に向かう途中、胡屋青年会の道じゅねーに行き当たる。
b0049152_15414718.jpg

b0049152_15415964.jpg

b0049152_15421039.jpg

b0049152_15422032.jpg

b0049152_15423310.jpg

楽しいエイサーだった。近隣の住民や観光客が取り巻く中、最後の「唐船どーい」が軽快な裏ビートのリズムで始まる。エイサーの締めに必ずと言っていいほど演奏される曲で、この前奏が始まったら踊りださずにはいられない。気が付くと、イヤッサッサッサッサッサッサッサッサーと手拍子を打ちながら叫んでいた。みんなニコニコしている。

お目当ての園田エイサーは、園田地区の奥深くの路地に道じゅねーを進めていた。平敷屋、千原などと並び、人気のエイサーなのだ。暗く、狭い曲がりくねった上り下りの路地を取り付かれたように踊りながら進んでいく。
b0049152_15424991.jpg

b0049152_1543163.jpg

少年達は振り付けを真似ながら付いていく。
b0049152_15431441.jpg

b0049152_15432578.jpg

隣人の顔も判別出来ないほどの暗がりに、三線の音、太鼓の音、男性、女性の合いの手が響く。多くの人がまるでハメルンの笛吹きの様にぞろぞろと付いていく。
このままグソー(あの世)まで連れられて行くような恐怖を感じる。

この後、諸見百軒通りで隣の諸見里地区とのエイサーの饗宴が始まるのだ。それを目当てに多くの観客が道端に座り込んで待っていた。12時近いコザの大通りは大渋滞であった。
by tenmorimori | 2005-08-19 15:57 | 祭り・イベント | Comments(3)

ウークイの平敷屋エイサー

エイサーの話題で必ず人々の口にのぼる勝連半島の「平敷屋エイサー」。今まで糸満エイサーや全島エイサーで見て、他地区のエイサーに比べて異彩を放っていた。祈りを捧げるような振り付けとパーランクーを手に踊る男たちの衣装。ふてぶてしいチョンダラーの振る舞いや指笛。食べ物でも言えるように、なんでもやっぱり本場で体験したい。
情報を収集すると、ウークイの夕刻に拝所(うがんじょ)の前でエイサーが奉納されると言う。これは見たいと車を走らせた。
立派な拝所である。地方(ぢがた)のマイクやスピーカーはすでにセットされているが、一向に始まる気配が無い。沖縄らしくのんびり待つ。野良犬も今から始まる喧騒を知ってか知らずか、のんびり愛想を振りまいている。
b0049152_1438374.jpg

b0049152_14415929.jpg

ふと気がつくと、遠くの方から指笛の音が聞こえてきた。地方、踊り手、チョンダラーが一緒に指笛を吹きながら練り歩いて来ているようだ。だんだんと音が近づき、平敷屋青年会の西のエイサー隊が現れた。地元ならではの雰囲気にドキドキする。
b0049152_14461372.jpg

待つうちに夕立が激しくなり開始が遅れるが、やがて小降りになっていよいよ開始。組頭と刺繍の入った衣装でまずはチョンダラーのご先祖様への挨拶の踊りから始まった。
b0049152_14494010.jpg

b0049152_14495691.jpg

b0049152_14501171.jpg

b0049152_14594459.jpg

b0049152_150077.jpg

男性陣の真摯な踊りと、女性陣の手踊りのしなやかさに圧倒されているうちにやがて暗くなり、雲もいつしか切れ、赤い月が昇ってきた。幻想的な雰囲気がいっそう盛り上がる。
b0049152_15135822.jpg

b0049152_15142143.jpg

b0049152_15144413.jpg

b0049152_1515398.jpg

今までとは打って変わって、激しい太鼓に導かれ松明を掲げたチョンダラーたちが現れる。照明が落とされ、松明の明かりだけで妖しく舞う。
b0049152_1511643.jpg

b0049152_1513357.jpg

b0049152_1514957.jpg

b0049152_1535055.jpg

みっちり1時間ほどの演舞が終わると今度は東の出番だ。チョンダラーの衣装が違う。
b0049152_1595928.jpg

b0049152_15401990.jpg

b0049152_15101793.jpg

b0049152_15103880.jpg

b0049152_15115634.jpg

なんの変哲も無い村の三叉路で繰り広げられるエイサーに衝撃と言っていいほどの昂ぶりを覚える。つたない文章や写真では伝えきれない。興味が湧いた人はぜひ見に来てほしい。
エイサーの画像アルバム
by tenmorimori | 2005-08-19 14:32 | 祭り・イベント | Comments(2)

糸満喜屋武のエイサーを見に行く

umeさんとumeさんの友人2人にご一緒させてもらい、喜屋武のエイサーを見に行く。umeさん、すみません。このチョンダラーの写真があまりにかっこいいので自分でアップしました。
b0049152_1019221.jpg

車を降りると暗い、この暗さがいいなぁ~。最近夜の暗い場所が少ないので、久しぶりに夜は暗いものだと認識した。そして人工的な明かりが少ないので月の明るさが映える。月明かりに照らされた雲がなんともきれいだった。海のほうを見ると喜屋武岬の灯台が見える。沖縄本島最南端だ。先の大戦の時には、住民が追い詰められて多くの犠牲者が出た場所。歩く先の広場からエイサーの音楽と太鼓の音、提灯の明かりが見えてくる。
b0049152_12325659.jpg

子供エイサーが終わり、喜屋武青年会のエイサーが始まる。地べたに座り込みワクワクと待つ。平敷屋と同じく、チョンダラーの見せ場が多いエイサーだ。喜屋武エイサーには40年(だったような)の歴史があるらしい。殆ど地元の人たちであろう観客はおおいに楽しんで見ている。みんな良い表情をしている。なによりも間近で見られるのが楽しい。吊られた提灯も祭り気分を盛り上げる。
b0049152_123396.jpg

b0049152_12333479.jpg

b0049152_12334858.jpg

b0049152_1234540.jpg

b0049152_12342272.jpg

b0049152_12343651.jpg

何十年も前からこんな祭りを楽しんでるなんて、ずるいぞ沖縄!
by tenmorimori | 2005-08-18 22:18 | 祭り・イベント | Comments(15)

那覇 1万人エイサー

久しぶりにエンダー(A&W)で朝食。こちらはロイヤルホストが無いのでたまにここに行く。何も無い休日の朝は、ロイヤルのフライエッグモーニングを食べながら読書をするのがささやかな楽しみであった。
b0049152_8533512.jpg

昨日HDD付きのDVDレコーダーをやっと買ったので分厚い説明書を持っていく。
なぜ今買ったかと言うと、ビデオデッキの録画の調子が悪くなったのと合わせて、NHKBSで「男はつらいよ」の全作品放送が始まるからだ。若い頃からこのシリーズが好きで、友達にも笑われたりしていたのだが最後の作品までキチンと映画館で観た。その映画館も随分と変遷していったものだ。昔は笑うために観ていたのだが、歳を重ねて最近は涙が出たりする・・・寅さんと境遇が似てきたからか?このままひとりで死んでしまうのか?

このデッキを買うためにあちこち見てまわったが、改めてB電器の価格の高さに驚いた。福岡では家電品は大体B電器で買っていたけど、沖縄ではDオDオなんかと比べて全く同じ機種で最大14,000円も価格差があった。10万以上もするハイビジョン機器ではなく、4~5万代の価格帯でこの差は大きすぎる。結局250GBのHDDで地上波チューナー×2、BSアナログチューナー×1を内臓したデッキを5万円を切った価格で購入。

昼は家麺。ローソンで見つけた「かっぱえびせん焼きそば」。カルビーと明星のコラボ商品。
b0049152_92325.jpg

作ってみると物凄いえびの香りがする。それもえびの香りの良い部分と悪い部分が合わせて立ち昇り、えび好きには堪らないが、えび嫌いの人は30mほど後ずさりをするだろう。
b0049152_9294416.jpg


夕方から国際通りの1万人エイサー祭りに行く。
b0049152_9304633.jpg

b0049152_9305897.jpg

b0049152_9311769.jpg

b0049152_9313344.jpg

圧巻はなんと言ってもうるま地区の与那城青年団。平敷屋の流れをくむトラディショナルなエイサー
まずはチョンダラーの見せ場だ“赤田首里殿内”のメロディーで静かに独特の振りで踊る。他の踊り手は、座って「スッ!スッ!スッ!」と合いの手を入れる。 
b0049152_935716.jpg

やがてそれぞれのパーランクーを手に踊りだす。やっぱかっこいい。
b0049152_9352056.jpg


国際通りの7~8箇所で順次、参加各地区のエイサーが踊っているので、あちこちから三線と太鼓、島唄が聞こえてくる。そんな雑踏をそぞろ歩いていると、しみじみ“おきなわ”が染みてくる。来年の夏はここに居られるのかなぁ・・・・

先週真栄田岬で、東京から来た28歳の男性観光客が浮いているのが発見された。スノーケリング中だったらしい。新聞では意識不明の重体と書かれていた。
楽しい反面、こういう事故が珍しくないのも沖縄だ。
by tenmorimori | 2005-08-08 09:46 | 祭り・イベント | Comments(6)