ちゅらかじとがちまやぁ

カテゴリ:祭り・イベント( 357 )

サンスーシィde茉家 Vol.1

サンスーシィと茉家のコラボイベントがサンスーシィで開催。
今回はサンスーシィの麻琴さんの誕生日、そして半年ぶりにいよいよ移転オープンする茉家さんの祝いも兼ねたおめでたいイベント。
b0049152_11280351.jpg
まずは前菜の茉家のゆしどうふ。
おくらと島人参、そして美味しい味噌だれ。
b0049152_11280337.jpg
メインは茉家の八重山そばとサンスーシィーの親子丼。
どちらも小さいサイズで2品が並ぶ夢のような卓上。
さらにコクと丸いうまみを増した茉家のスープ。
b0049152_11280437.jpg
茉家のスープとお互いの味を高めあうようなサンスーシィーの定番親子丼。
b0049152_11280481.jpg
追加で頼んだ茉家名物炙りソーキ。
b0049152_11280522.jpg
この3品を存分に同時に味わえるなんて、楽しくってしょうがない。
デザートは麻琴さんしか巻けないサンスーシィーのロールケーキが特別に登場。
シナモン香る京の八つ橋ロールケーキ。
b0049152_11280596.jpg
きな粉アイスと、ボクはやっぱりグリーンティー。
b0049152_11280500.jpg
隣のマリリンの抹茶黒糖ロールケーキ。
b0049152_11280661.jpg
素晴らしい食のイベントでした。またお願いします!
琉球麺 茉家の新店舗は学園通り 浦添市伊祖3-9-6で11月11日からの予定です。

by tenmorimori | 2017-10-19 11:57 | 祭り・イベント | Comments(1)

月と器 10周年おめでとうございます!

北谷の月と器が10周年を迎えパーティーが開かれた。
明るいうちから続々と人が集まり、改めてこの店を愛する人は多いんだなぁと実感した夜。
特別に外席が設けられ、炭火で焼かれた鶏から美味しそうな匂いがする。
b0049152_18074003.jpg
店内にもこの日のために集められた食材で美味しいもんだらけ。
b0049152_18074116.jpg
b0049152_18074144.jpg
鶏が焼けた。
b0049152_18074179.jpg
牡蠣も焼けた。
b0049152_18074399.jpg
パンも焼けた。
b0049152_18074292.jpg
石井さん、おめでとうございます!焼き場が似合うなぁ。
b0049152_18125840.jpg
暗くなっても続々と人が集まりますます盛況!
b0049152_18074309.jpg


by tenmorimori | 2017-10-02 18:16 | 祭り・イベント | Comments(0)

首里CONTE(コント)でちっご(筑後)の旨いもん

福岡県八女市のアンテナショップ「うなぎの寝床」がプロデュースするもんぺの市がCONTEで開かれ(10月1日に終了)、今内地では注目を集めている現代のもんぺや美味しいものが展示販売されていた。
その一環として「筑後の日本酒と絶品食材を楽しむ会」が催された。
食材の調達や料理をするのは久留米在住でコントの美保さんの同級生で「料理教室 ごはんの種をまく日々」で活動されてる渡辺貴子さん。
助っ人は九州の食材を知り尽くす“ええ仕事”する中野さん。
前回はボクは参加できなくて、その時は小倉ふる里どりを使った水炊きがメインだった。
この地鶏は九州で唯一秋田の比内地鶏の血統を受け継ぐ鶏で、飼育環境にも制約があり大量に飼育できない、言わば幻の地鶏。
前回の評判が良くて、今回はこの地鶏のとりすきがメイン!やったぁ~~~
筑後の酒がいろいろあります。実は福岡や佐賀は酒どころなのですよ。
b0049152_17312883.jpg
ボクは残念ながら飲めないので、酢の職人さんが作った果実酢。
これは葡萄。
b0049152_17312840.jpg
前菜は筑後地方の希少な食材「川茸」。日本の中で朝倉地方の黄金川にしかない天然の淡水海苔。
先日の豪雨で心配されたが、無事に出荷されているという。
福岡出身のボクも知ってはいたが食べたことは無かった。
川茸の酢の物とこんにゃく。
b0049152_17312894.jpg
海苔とは言いながら、実は藻に近いとも言われる。わずかなぬめりとほろほろしゃくりとした食感で、控えめな青臭さが鼻に抜ける。
日本酒に合うんだろうなー。
前菜二品目はきのこのピクルス 振り青柚子 みやま市菜の花オイルのサラダ ゴーヤーの美味酢和え。
b0049152_17312981.jpg
きのこのピクルス旨い!
b0049152_17312960.jpg
川茸はお吸い物にするとがらりと食感が変わる。軟らかくなって香りが立つ。
b0049152_17313055.jpg
さてメイン。
b0049152_17313010.jpg
このきのこ、初めて見たけど美味しかったなぁ。
b0049152_17313083.jpg
小倉ふる里とりは、朝締めで渡辺さんが福岡から持参したもの。
綺麗な身だ。
b0049152_17313182.jpg
b0049152_17314249.jpg
b0049152_17314275.jpg
卵を準備して。
b0049152_17314355.jpg
とりすき!
b0049152_17314357.jpg
割り下は渡辺さん特製の割り下で、今まで食べた中で最高に美味しいとりすきでした。九州の柚子胡椒も鶏の美味しさを引き立てる。
〆のうどんの美味しい事。
デザートはやりみず農園の太秋柿を樹上完熟させた軟らかいものと固いもの2種類。
シーズン最後の葡萄はシャインマスカットと巨峰と翠峰。
b0049152_17314479.jpg
やっぱりちっごの果物は美味しい。
b0049152_17314401.jpg
無農薬八女茶を使った抹茶葛餅黒蜜かけ。
b0049152_17314528.jpg
お茶の香りが凄い。
ほうじ茶羊羹も。
b0049152_17314514.jpg
改めてわがふる里福岡の食材の豊かさと美味しさを思い知らされた夜でした。
CONTEのお二人を始め福岡からの料理人とスタッフの皆様、こんな素晴らしい機会をありがとうございました。次が楽しみです。
そしてCONTE2周年おめでとうございます!


by tenmorimori | 2017-10-02 18:00 | 祭り・イベント | Comments(0)

OKINAWA FOOD FLEA Vol.12

今回で12回目となったオキナワフードフレアは、昨年の那覇以来のNIGHT FLEAとして15時から21時までの開催となった。
まだまだ夏やねー、雲が面白い。
b0049152_17344240.jpg
b0049152_17344305.jpg
たまちゃんとひ~~~さんと日影に座り込んであんな話こんな話。
ごはん屋でSu-Su Soonの贅沢そうめん。
SecondoCasa(セコンド カーサ)のゼッポリーニ。
b0049152_17344310.jpg
b0049152_17344366.jpg
b0049152_17344437.jpg
b0049152_17344465.jpg
b0049152_17344495.jpg
b0049152_17344551.jpg
b0049152_17344593.jpg
明るいうちに撤収して二次会は加藤さん。

by tenmorimori | 2017-09-25 17:41 | 祭り・イベント | Comments(0)

満月夜会 三軒茶屋 General Store MIKAWAYA (ジェネラルストア ミカワヤ)

7月の満月の夜、三軒茶屋のジェネラルストア ミカワヤで夜会が開かれた。
ヴォーカリストの三谷朋世さんベリーダンサーのアイラさん、沖縄つながりのお二人は偶然にも共に名前に“月”が関係する。
そんな話が盛り上がり、歌とダンスのコラボレーションのこの会が企画された。
場所はいつもボクらの仲間にウマウマな料理を提供してくれるMIKAWAYAさん。
b0049152_17480952.jpg
いつもフェイスブックで見せられている美味しい料理たちが並ぶ。
今夜は貸切りのバフェ形式なのだ。
b0049152_17480754.jpg
b0049152_17480835.jpg
b0049152_17480965.jpg
b0049152_17480818.jpg

b0049152_17480982.jpg
b0049152_17481086.jpg
あーー、美味しいなぁなにもかも。
b0049152_17481016.jpg
b0049152_17481141.jpg
b0049152_17481174.jpg
やがて満月をバックにパフォーマンスが始まる。
三線の音に乗せてアイラさんのダンス。いつもとは違い、ぐっと押さえた踊りに息をのむ。
b0049152_17533833.jpg
トモヨンの歌で踊るアイラさんが幸せそうだった。
シルクの生地を宮崎県綾の名工の技で藍染された素晴らしい衣装がセクシーだ。
b0049152_17533792.jpg
トモヨンの歌の引き込まれる参加者。
b0049152_17533863.jpg
三線の唄者もプロ並み。
b0049152_17483311.jpg
b0049152_17490546.jpg
満月をバックに美女連に囲まれる幹事役の松っちゃん先生お疲れ様でした、ありがとうございました。
b0049152_17490678.jpg
お開き後に料理を追加してお喋り。
コーンのムースの上に北海道の生うに。
b0049152_17490765.jpg
b0049152_17490722.jpg
シーフードのスパゲティ。
b0049152_17490743.jpg
MIKAWAYA牛丼。
これはリゾット風で美味しい事このうえない。ここにも満月が!
b0049152_17490800.jpg
MIKAWAYA ヨカ店です。
夏はデッキ席でBBQも楽しめる。
b0049152_17490812.jpg
楽しい三軒茶屋の夜でした、皆様ありがとうございました。
b0049152_18072723.jpg


by tenmorimori | 2017-07-21 18:09 | 祭り・イベント | Comments(0)

上野 国立西洋美術館 アルチンボルド展


日曜の朝、ホテルでNHKEテレの日曜美術館を見ていたらアルチンボルドの特集をやっていたので夢中で見た。
ハプスブルグ家の宮廷画家であり、今でいう巨大イベントの総合プロデューサー・デザイナーみたいな仕事もやっていたらしい。
様々な自然物、木・草花・果物・野菜・魚類・獣類等々で描かれるだまし絵の様な肖像画が有名で、連作「四季(春・夏・秋・冬)」、「四大元素(空気・水・火・土)」が一度に観られるなんて!
上野の国立西洋美術館(ル・コルビュジェ設計で世界遺産登録)で展覧会が開催されているので千載一遇のチャンス!
ポスターは80種類の花で描かれた「春」。
b0049152_17591953.jpg
展示室前室の巨大な「冬」は老木で描かれている。
b0049152_17593401.jpg
日曜の割に思ったより人は少なく、じっくりと近くで見るアルチンボルドの原画にただただ圧倒される。
アルチンボルドメイカーが無料で試されるので、30分ほど行列に並んでやってみた(ひとりでやって自撮りしてるのはボクぐらいだった(笑)
ディスプレイの上部にカメラが仕込まれ、前に立った人の顔を認識して野菜や果物でアルチンボルド風に合成してくれる。
並んでいる間に見ていたが、似てる似てないの差が結構あって果たして自分はどうなのか?
思ったより似てた(笑)
b0049152_17593439.jpg
そして流石国立西洋美術館。
常設展の展示も半端ない。
吹き抜けのホールがコルビュジェっぽい。
b0049152_17592046.jpg
b0049152_17592193.jpg
b0049152_17592096.jpg
b0049152_17592102.jpg
常設展は撮影禁止のサインが有る作品以外はフラッシュを使わなければ撮影可。
松方コレクションって凄いんだなぁ。
モネの原画なんて初めて見た。しかもすぐ近くでじっくり見られるから細かな筆使いもつぶさに見てとれる。
b0049152_17592248.jpg
b0049152_17592273.jpg
b0049152_17592161.jpg
b0049152_17592354.jpg
いやぁ~~~、面白かった、興奮したなー、上野駅のこんな鳩除けがつけまつげに見えるのもアルチンボルドを見た影響か?(笑)
b0049152_17593424.jpg
9月まで開催してるので機会が有ったらまた来たいな。
日曜美術館アルチンボルドは16日日曜日午後8時から再放送有ります。

by tenmorimori | 2017-07-13 18:21 | 祭り・イベント | Comments(6)

サンスーシィ de 茉家

西原町の茉家が閉店してから2ヶ月
中毒症状に苦しむファンの方々のために
何より恋しくてたまらん僕ら家族のために

サンスーシィ店主中西さんが語るこの言葉通り、素晴らしい食事会を開催してくれた。
サンスーシィ de 茉家。
サンスーシィのおばんざいと甘味、飲み物に茉家のそば、夢のような組み合わせ。
b0049152_17160276.jpg
b0049152_17155940.jpg
b0049152_17155941.jpg
Vol.0が意味深だ(笑)
サンスーシィ 京のおばんざいは、読谷こだわり卵の玉子とうふに県産モロヘイヤの出汁ソースかけ。
卵の素性の良さがびんびん伝わる玉子とうふに出汁の薫り高くとろみのあるモロヘイヤソース。
このシンプルな一品にサンスーシィの心がこもっている。
b0049152_17155900.jpg
そばは、雲南百薬麺に見た目普通のソーキそば。
b0049152_17160013.jpg
シンプルであるがゆえに、閉店してからの2か月を経た今の最高の状態にブラッシュアップされたそばと肉。
スープを一口。
まず、ぬちまーすの優しい塩気の後を追って出汁の旨みが舌を直撃、うっめぇなー。
b0049152_17160165.jpg
見た目普通のソーキは軟らかく、黒糖の甘味とピーナッツのコクに陶然とする。
b0049152_17160006.jpg
最後に九条ネギとピパーツで仕上げる、あー美味し。
ミニパフェなめのボーダー娘ひ~~~さん(笑)
サンスーシィのパフェは手作り感あふれる大人味のパフェ。
b0049152_17160176.jpg
きなこアイスがすごく美味しい。
大好きなサンスーシィのグリーンティー。
b0049152_17160197.jpg
先日の茉家の会では大人げ無くそばをお替りしたが、今回はそんな事はしないぞと我慢してたら、茉家本村さんがその気配を察したのか「ご飯有りますよ」と(笑)
はいはいはぁ~~い!
ほぐしたソーキご飯に出汁を注いで九条ネギに黒七味と茉家自家製ピパーツ、きゃーーー!
b0049152_17160231.jpg
またの機会を楽しみに家路につくのでした。
中西さん、真琴さん、本村さん、スタッフさん、お集まりのみなさん、ありがとうございました。

by tenmorimori | 2017-07-06 17:42 | 祭り・イベント | Comments(0)

唐津宴会

年に一度の一竜会。
今はもう閉店してしまった一竜軒のご夫婦の人柄に惚れ込んだ人たちでご夫婦を囲む有志の会。
場所は「玄海魚処旬風」。
唐津と言えば海の幸、唐津と言えばイカの活き造り。
b0049152_17030258.jpg
b0049152_17012596.jpg
今夜も賑やかになりそうだ。
b0049152_17034059.jpg
b0049152_17012867.jpg
何気なく出される刺身もびんびんに美味しい。
b0049152_17012513.jpg
この煮つけたまらんなぁ。
b0049152_17012565.jpg
イカしゅうまい。
b0049152_17012682.jpg
佐賀牛。
b0049152_17012688.jpg
イカの耳とゲソは天ぷらになる。
b0049152_17012756.jpg
鯛めし。
b0049152_17012793.jpg
また来年の再会を楽しみに解散!
一竜軒のご夫婦はいつも羊羹をお土産に持ってきてくれる、重いのに有難い。
b0049152_17012823.jpg
翌日、餃子の王将で餃子を食べて沖縄に帰る。
ちょっと焼きが甘いが、やっぱり王将の餃子は美味しい。
b0049152_17012837.jpg

by tenmorimori | 2017-06-27 17:19 | 祭り・イベント | Comments(0)

第一回うりずんフェスタ@沖縄県医師会館 4月23日

沖縄県医師会主催で第一回うりずんフェスタが開かれた。
4月23日日曜日はまさにうりずんと言った気持ちの良い日になった。
食と健康を考える沖縄では今までなかったイベントは、健康的で美味しい(←これ大事)食と、屋内では素晴らしいゲストの講演も予定されている。
会場には医師会館を取り囲むように、趣旨に賛同した沖縄の飲食店のブースが並び、お客さんが続々と訪れる。
会場に行ってしみじみ感じたのは、この日にこぎつけるまでの主催者・スタッフと出店者側のご苦労。
各飲食店の選別や趣旨を伝えての交渉、またそれに応える店側のメニュー考案(なんてっても食と健康を考えるイベントだから)。
関係各方面(お役所)への調整認可は特に大変だったろうなー。
会場に着くと第一回のイベントと思えないほどのスムーズな誘導や案内。ボランティアスタッフにも感謝です。
ボクの胃も限られているので、もっともっと食べたい店は有ったのだが。
まず並んだのは誠平のブース。
数日前に店に行ったとき、エリさんがポツリと漏らした「あんみつ作ってみようかな」と言う言葉が実現された。
b0049152_08392338.jpg
並んでるとタルケンさんがCONTEのカレーを写させてくれた。旨っそー
b0049152_08392493.jpg
CONTEのメニューはカレーとトロトロに煮込んだ野菜スープ。
b0049152_08392898.jpg
誠平の舞台裏では、エリさんと息子さんがせっせとあんみつ盛り付け中。
b0049152_08392863.jpg
この日のために仕込まれた特製コーディアルドリンクと一緒に。
b0049152_08392978.jpg
あー美味し=^_^=
サンスーシーもこの日のための特製カレーうどん。
お役所の指導で、気持ちの良い風を遮断されたテント内で中西さんご夫婦がただでさえ暑い麺茹でと盛り付けをこなす、ご苦労様です。
メニュー開発から当日の提供までの苦労が結果に表れた、野外イベントは思えない完成度の高いカレーうどんでした。
b0049152_08392905.jpg
沖縄市のゲート通りにいよいよ自身の店「テシオ」をオープンさせた若きソーセージ職人嶺井大地さんのブースにも行列が。
そりゃあこのビジュアルと匂いには釣られるよねー。この日のためのソーセージには添加物は使われてない。
b0049152_08392985.jpg
b0049152_08393054.jpg
すぐ横が宗像堂だもの、読谷小麦のパンを買って一緒に食べよう。
b0049152_08393053.jpg
あぁ・・・・こりゃあもう・・
付け合せのザワークラウとが酸っぱ過ぎず美味しい!
b0049152_08394939.jpg
てだこ亭特製の「うりずんフェスタ てだこ(^o^)BOX」を購入。
厳選に厳選を重ねた飯塚みどりさん渾身の2段弁当は限定60食。全部一人で調理盛り付けした!すげぃ
なんか海楽を思い出すなぁ。
無添加なので傷みやすく、会場で早く食べてねと言う注意書きがあるが、自己責任で持ち帰って晩ごはんで頂く。
みどりさんのお父さんゆたかはじめさん90歳の内職(笑)の箸袋はてだこ亭の週刊プレースマット通信の号外。
b0049152_08395177.jpg
“さん”が張りつけられている。
b0049152_08394945.jpg
レンジで温めて
b0049152_08395076.jpg
b0049152_08395051.jpg
詳しい内容はこちらを。
b0049152_08395026.jpg
品数の多さとボリュームだけではなく、まるでてだこ亭でコースを食べ終わったような満足感が有る。
何だろうこれは、みどりさんの食にかける「うむい」が伝わったって事なのか。
ちょっといたずらで、へんこ山田のゴマふりかけww
b0049152_08395116.jpg
さて、大変だろうが第二回がおおいに楽しみなのだ。


by tenmorimori | 2017-05-06 09:28 | 祭り・イベント | Comments(2)

モモト創刊30号記念 モモトブックフェア開催中

いま、ジュンク堂那覇の地下で雑誌モモトの創刊30号を記念してブックフェア開催中。
男前2人がお待ちしております。
b0049152_08261588.jpg
モモトのバックナンバーはもちろん、関連本が思った以上にたくさん陳列販売されてます。
特筆すべきは注目のフォトグラファー武安弘毅さんの真夜中写真部のオリジナルプリントの展示。
ガラスもアクリル板も張ってない生のプリントを見られます、これは凄い!
b0049152_08264231.jpg
会期は約3週間ほどです、早く行きましょう!

by tenmorimori | 2017-04-20 08:29 | 祭り・イベント | Comments(2)