ちゅらかじとがちまやぁ

ソムチャイランチ

梅雨が明け、PM2.5の無い沖縄の夏空が戻ってきた慰霊の日の今日。
昼にソムチャイに行くと迷彩服のマリーンズがたくさん。
黒板を見て今日の日替わりB ガイパッナムピッパオ。
(鶏肉、豆腐または海老とベイビーコーン、ピーナッツ入りチリペーストの炒め)
豆腐でオーダー。
出来上がって食べると足をバタバタさせたくなるくらい美味しい。
b0049152_18082503.jpg
美味しいスープには唐辛子酢をドーピング。
b0049152_18082490.jpg
ご馳走様でした。
b0049152_18082425.jpg

# by tenmorimori | 2017-06-23 18:09 | 昼ごはん | Comments(0)

Vegan/Raw Vegan/Gluten free plant-HOLICがオープンした!

去年、CONTEのフードイベントで知ったMimiさんのローフード、ロースィーツ。
そのMimiさんが今月ついに店をオープンさせた。
plant-HOLICというVegan/Raw Vegan/Gluten free のカフェだ。
宜野湾市嘉数の海が見える外人住宅を改造し、カフェと料理教室をここで行えるようになっている。
昨日FBでアップされた、今帰仁の無農薬無肥料のスイカのスムージーに目は釘付け。
スイカジュース好きとしては無くならないうちに飲まなきゃってことでお店にお邪魔する。
ドアを開けるとMimiさんが元気な笑顔で迎えてくれた。
店の中にはデトックス効果最強と言われるウィートグラスジュース用の草(笑)が栽培されていて、注文が入るとそこからカットしてジュースにしてくれる。
これが件のスイカスムージー。
市販のスイカと比べて甘さはそんなに強くないが、ローズマリーや生姜、少量の塩等で味を調えられた種ごと挽いたスムージー。
きれいで美味しい。意外とスパイシー。
b0049152_17573152.jpg
b0049152_17573108.jpg
試飲させてくれたLOVE Cacao Smoothie ラブカカオスムージー。
材料は、バナナ、アーモンドミルク、カシューナッツ、メープルシロップ、ベリーミックス、ローカカオ、カカオ、ココナッツミルク、穀物コーヒー、ローカカオニブ。
優しく滑らかに舌から喉に滑り落ちる、そしてスムーズに身体に吸収されるのが実感できるほど。
b0049152_17572972.jpg
近いうちにMimiさんの料理とロースィーツを食べに来なきゃ、美味しいんだー。
スパイシースシ丼とローキーライムケーキを食べに来なきゃ。
ポートランド製のグルテンフリーのビールが届いたばかりで見せてくれた。ラベルのデザインもいいなー。
b0049152_17572716.jpg
b0049152_17572874.jpg
24日土曜日はオープニングパーティーです。あのTimeless Chocolateも出店。
b0049152_17572817.jpg
b0049152_17572951.jpg
b0049152_17573002.jpg
b0049152_17573073.jpg
こんな店が出来るなんて、沖縄ってすごいなぁ。


# by tenmorimori | 2017-06-22 18:13 | おやつ | Comments(0)

佐賀県鳥栖駅 中央軒の立食いそば

佐賀県鳥栖は地理的に九州の東西と南北が交差する場所で、高速道路も九州縦断と横断の道路が鳥栖ジャンクションで交差して上空から見ると四つ葉のクローバー型の珍しいジャンクションとなっている。
そんな九州の交通の要衝にあるJR鳥栖駅は、近くにかつてのブリジストン本社と工場が有り、久留米の月星やアサヒ靴などのゴム産業が栄えていた。
こんな風情のある木造の駅舎は日本中でどんどん姿を消しつつある。
屋根から突き出ているのは、かつての石炭ストーブの煙突かな。
b0049152_17063418.jpg
鳥栖駅の6番ホームの立食いそば(九州はうどんだけれども)は駅のホームに有るものでは九州最古らしい。
入場券を買って朝ご飯はごぼう天そばにしよう。
鳥栖の中央軒はこのうどん屋さんと駅弁を手掛けている。
福岡人にとって、中央軒の焼麦(しゅーまい)弁当やかしわ飯弁当は駅弁の定番だ。博多の寿軒が無くなったのが寂しいが中央軒はまだまだ元気に営業している。
b0049152_17062048.jpg
九州は「そば うどん」ではなく「うどん そば」。
かけうどん・そばはメニューに無く必ず細かく切って甘辛く煮込まれたかしわがトッピングされる。
一番安いかしわうどんで350円。
ボクはごぼう天そばと稲荷を注文。ごぼうは短く切られ3~4切れに縦に切られたもの。
b0049152_17061907.jpg
このかしわがたまらなく美味しかとです。
最後に残った麺の切れ端とスープの底に沈むかしわを一気にすすって完結する。
b0049152_17062021.jpg
ところで、鉄道ファンって乗り鉄とか撮り鉄とかいろんなカテゴリーがあ有るらしいが、駅舎やホームを楽しむ駅鉄ってジャンルは有るんだろうか。
鳥栖駅の魅力は何と言っても駅そのもの。
奇跡的にと言ってもいい、現役の古い駅舎とホームはものすごく興味深い。
例えば100年以上前のヨーロッパのレールが屋根を支えているのだ。
1897年製造のイギリスキャンメル社のレール。
b0049152_17061996.jpg
1896年製造、ドイツクルップ社のレール。
b0049152_17062018.jpg
1890年製造、ドイツウニオン社のレール。
b0049152_17062147.jpg
たまらんなぁ鳥栖駅。
b0049152_17062193.jpg
b0049152_17062191.jpg
b0049152_17063369.jpg
b0049152_17063305.jpg

# by tenmorimori | 2017-06-22 17:29 | 博多んモン | Comments(0)