ちゅらかじとがちまやぁ

2017年 08月 22日 ( 2 )

竜丹 酢豚と天津丼

昨日のおとんの池田さんのタイムラインでアップされていたので、今日は竜丹。
もちろん酢豚っす!でも天津丼も食べたいので、酢豚は単品にしてもらった。
たまらんなぁ。
b0049152_18331375.jpg
たまらんなぁⅡ。
餃子用のラー油を乗っけるのがボクの食べ方。
b0049152_18331335.jpg
カウンターで大将の手際の良さを眺めながら美味しく食べる。
ランチタイムのサービスの杏仁豆腐が妙に美味しい。
b0049152_18331410.jpg

by tenmorimori | 2017-08-22 19:05 | 昼ごはん | Comments(0)

夏の北海道 ならばウニ! 積丹半島の赤うに丼

夏の北海道の大きな楽しみは何と言ってもウニでしょう。なかでも積丹半島の生うには、漁期である6~8月に多くの人がやって来る。
この時期北海道に居てウニを食べない訳にはいかないので、早起きしてあわださんを迎えに行き9時からやってる積丹半島の中村屋を目指す。
番屋を改装した広い店で、開店15分前に着くとすでに人だかり。
隣のみさき食堂がもっとも有名で、早くも駐車場が溢れそうだ。受付に名前を書いて待つことしばし、9時をちょっと過ぎて1巡目で入店できた。
6,000円を超えるエゾバフンウニの赤うに丼の値段にややビビるが、平気な顔をつくろって注文。あわださんは、3,000円くらいの、ムラサキウニを使った生うに丼。
塩水ウニでもない殻から出したそのまんまのエゾバフンウニをどっぷりと乗っけた赤うに丼。
b0049152_18325856.jpg
ムラサキウニの生うに丼。
b0049152_18325934.jpg
こんなに色が違う。
b0049152_18325992.jpg
エゾバフンウニはとにかく甘味が強く、海のクリームチーズやぁ。
b0049152_18330018.jpg
ムラサキウニは淡白で舌の上でのとろけ具合が快感。どっちもとにかく美味しいが、値段ではなく好みの差だと思う。
b0049152_18330059.jpg
中村屋さん、ご馳走様でした。また来年来られますように、パンパン(柏手)。
b0049152_18330023.jpg
せっかくここまで来たので積丹半島ドライブ。天気が良くて乾燥してて涼しくて、北海道の夏を存分に味わう。
道民の皆さんの短い夏の楽しみは北海道スタイルの海水浴。
砂浜にテントを張り、泊まりがけのBBQキャンプスタイル。小樽から積丹半島にかけていたるところのビーチでこの光景が見られる。
b0049152_18330135.jpg
沖縄の海と違ってこれもまたいいなぁ。
b0049152_18331414.jpg
神威岬まで足を延ばす。
b0049152_18325803.jpg
深みのある積丹ブルーの海がきれいだ。
b0049152_18325704.jpg
夏の北海道はフルーツ王国で、サクランボ、桃、スイカ、ブドウ等々安くて美味しい。
道路沿いに直販所がぽつぽつ有って、どこもトウモロコシの皮が小山になっている。
今は収穫時期で、朝採れのトウモロコシを茹でて食べられるらしい。
b0049152_18331286.jpg
茹でたて熱々で、あっまぁ~~い、うまぁ~~い。
この店は大きな羽釜を使ってボイラーで茹でられていた。奥に見えるのがトウモロコシの皮。
b0049152_18331395.jpg
さて、今夜はコンサートなので早めに札幌へ戻りましょう。



by tenmorimori | 2017-08-22 18:55 | 北の国 | Comments(0)