ちゅらかじとがちまやぁ

2017年 08月 19日 ( 4 )

金月そば 担々そば

ナツコ親子が沖縄旅行中。
息子は立派な麺食いに育っているようだ、福岡での環境の成せる技かなぁ(笑)
まだまだ夏真っ盛りの沖縄。バナナも丸々と太っている。
b0049152_18250124.jpg
いろいろときれいな海で泳いだり美味しいものを食べたり、最高の夏休みになったんではないだろうか。
今日の昼は金月そばに行くというのでお付き合い。
b0049152_18250173.jpg
ボクは担々そばにした。
相変わらずのハイクオリティ。麺が八重山そばの様なストレートの丸麺に変わっていて食感が楽しく美味しい。
b0049152_18250259.jpg
この後、水円に行き、大嶺工房に行き、海洋食堂で〆て福岡へ帰って行った、また来てね。


by tenmorimori | 2017-08-19 18:55 | 沖縄すばDay By Day | Comments(0)

ニューフェースカレー 曙カレー

弘毅くんのインスタグラムに最近登場している曙カレーが美味しそうで気になって行ってみた。
ネット上にもなかなか情報が無かったが、インスタグラムに店のページが有るのでそれを頼りに向かう。
場所は安謝から港に向かい、中華料理の天龍とシャープの間に左折して2軒目の左側。
b0049152_18250132.jpg
b0049152_18250027.jpg
b0049152_18250059.jpg
外装も内装もやたらかっこ良くて、こりゃあどうやら相当ハイセンスな人たちが絡んでいるな。
キーマカレーにチーズトッピング。
b0049152_18250026.jpg
酸味はトマトかなぁ、チーズのまろやかさと相まって相当美味しいキーマカレー。ピクルスもうまっ!
カレーは三種類。ややさらっとしたルーのカレー、キーマカレー、バターチキンカレー、これらに各種トッピングを組み合わせるのがこの店のスタイル。
このキーマカレー、かなり美味しかったので他のカレーも俄然食べたくなった。

by tenmorimori | 2017-08-19 18:30 | 昼ごはん | Comments(0)

日本橋の喫茶店から信濃そばでカレー丼

朝、ゆっくりと起きて大阪の秋葉原日本橋(にっぽんばし)を歩く。
「おいしいコーヒーを飲ます店」という看板に惹かれて喫茶オランダに入る。
b0049152_18002845.jpg
テレビには甲子園、スポーツ新聞、各種週刊誌が置かれた由緒正しい喫茶店。もちろんタバコOK。
b0049152_18002896.jpg
ボートレース、競輪競馬のページ数が多い内地のスポーツ新聞が懐かしい。
「アイスコーヒー」と言って注文した冷コー。
b0049152_18002769.jpg
バナナがサービス、そして生クリーム(大阪ではフレッシュと言う?)の入れ物が凝っている。
自家焙煎の濃い珈琲が旨い。
スポーツ新聞や週刊文春を呼んでるうちにそろそろ信濃そばの開店だ。
早いランチはカレー丼。
b0049152_18002868.jpg
牛バラスライスとネギが入り、S&Bの赤缶、仕上げに生卵。何の気負いもない丼だがえらく旨い!
なんばグランド花月の楽屋から次々に出前の電話が入っている。やっぱり肉吸いの注文が多いなぁ。
あー美味しい、とにかく美味しい。やっぱり宇宙一かもしれん(笑)
近鉄電車で関空へ行き、こしあんの誘惑に抗しきれず赤福を買ってから札幌へ飛ぶ。天気は上々だ。
b0049152_18002773.jpg

by tenmorimori | 2017-08-19 18:12 | Comments(0)

相合橋筋 くわ焼 たこ坊

信濃そばを出て、今夜ミナミを案内してくれるカオルさんと待ち合わせ。
彼女は昔アホほど飲んだ(本人談(笑))街だからと、素晴らしい店を選んでくれた。
信濃そばからまっすぐ歩いて相合橋筋に入るとすぐに有る「くわ焼 たこ坊」と言う店。
千日前を離れて道頓堀に近いここまでくると海外からの観光客も少なく少し落ち着いた雰囲気になる。
カラカラと引き戸を開けると白木の内装の明るい店内。
60年を超える老舗だが、改築?移転?して明るい清潔な店内が意外、しかし大将初め焼き手のベテラン職人さんやスタッフに老舗の雰囲気が漲っている。
大きな鉄板を正面に見るカウンター席に座って、この雰囲気に安心して好きなものを注文。
くわ焼きとは鉄板の上でコテと呼ばれる手持ちの鉄板で押し付けて焼く独特の調理法。
10年くらい前に東京新橋の、やはりたこ坊と言う店に行った事があるが、こことは関係ないという。
さて・・・・
まずは穴子。
穴子1本をタレを付けて焼く。
b0049152_17434842.jpg
プリプリとした身はベテランの見事な焼き加減。
牛タン焼き。
b0049152_17434824.jpg
青とうがらし。
b0049152_17434929.jpg
玉ねぎフライにはウスターソース。
b0049152_17434985.jpg
器用に卵が巻かれた豚ぺい焼き。正面の鉄板で次々に焼かれる串を見るのも楽しい。
b0049152_17435073.jpg
椎茸バターとたこフライ。
b0049152_17435022.jpg
名物海老パン。うまっ!
b0049152_17435143.jpg
鶏皮はこんにゃくが挟んであって美味しい。
b0049152_17435114.jpg
二人で酒は飲んでないが4200円は安いなぁ。さすが大阪。
b0049152_17435171.jpg
この後、古い店が残る路地裏を歩きながら昔のミナミの話を聞く。
b0049152_17435271.jpg
法善寺の不動明王に水をかけお参りしてからホテルへ帰る。
以外と涼しかったミナミの夜の雰囲気は、何と言うか落ち着いた楽しさがあって、この歳になって分かる良さがまだまだ残っている街だった。
また今度ゆっくりと歩いてみたいな。
カオルさん、おかげさまでミナミが好きになりましたありがとうございました、またよろしくお願いします。

by tenmorimori | 2017-08-19 17:55 | | Comments(0)