ちゅらかじとがちまやぁ

2017年 06月 01日 ( 2 )

首里そばとのーまんじゅう

首里を通っていたら、首里そばが珍しく空いていたので、おーし、久しぶりに啜って行こう。
そば(小)
b0049152_17361573.jpg
固い手打ち麺に淡麗スープ。相変わらず美味しいな。
煮つけもはずせない。
今日は煮つけ食べてる人が多かった。
厚揚げがふわふわで美味しい。
b0049152_17361540.jpg
西原方面に抜ける途中のぎぼまんじゅうでデザートを仕入れる。
のーまんじゅう。
b0049152_17361693.jpg


by tenmorimori | 2017-06-01 17:41 | 沖縄すばDay By Day | Comments(2)

名前のない料理店 5月7日 宜野湾某所

GWの最終日、宜野湾の友人宅で開催された名前のない料理店。
涼しいテラス席で、夕日の差し込む時間からスタート。
b0049152_09561256.jpg
前菜前のアミューズは勝連の与那城で獲れたミノカサゴ。
出来るだけ水分を残すやり方で2週間ほど熟成され、淡白な身にうまみ成分が濃縮されている。
食用の花がきれいです。
かかっている白い粉は小島さんが作った白麹。
b0049152_09561332.jpg
菜一品目、沖縄近海の本マグロを10日間ほど熟成させたもの。
片面だけ焼かれている。
そろそろ終わりの宜野座産苺のソテーを添えて。
b0049152_09561455.jpg
前菜二品目。
糸満産アサヒガニ 島バナナ。
殻で取ったスープと島バナナのペーストが混じり合いなんとも美味しい。
沖縄のクレソンの存在感が凄い。
b0049152_09561460.jpg
魚。
与那城産コショウダイ アーサ。
パリッと焼かれた皮目が美味しいなー
緑色の茎はアスパラガスの野生種みたいなもの。
b0049152_09561597.jpg
肉。
伊江牛 頬肉 コンソメスープ。
b0049152_09562688.jpg
b0049152_09562714.jpg
b0049152_09562665.jpg
b0049152_09562772.jpg
デザートは自家製フロマージュ・ブラン パッションフルーツのガトー。
b0049152_09562825.jpg
季節ごとの沖縄を味わえる小島さんのフレンチ。
次はどんな驚きが!

by tenmorimori | 2017-06-01 10:13 | 名前のない料理店 | Comments(2)