ちゅらかじとがちまやぁ

2017年 03月 12日 ( 4 )

日曜日 ヤッケブースからTimeless Chocolate

ヤッケブースでクラシックパンケーキダブルバター。
b0049152_19045650.jpg
フォークで菊切りするとナイフは要りません(ろーちゃんからパクリ)。
b0049152_19050542.jpg
なんでヤッケブースに行ったかと言うと、前夜からあんを仕込んだ手作り豚まんのおすそ分けのため。
てぃーあんだとヤッケブースとひーーーさんにお届け。
b0049152_19051668.jpg
タイムレスチョコレートで週末のイベントが有り、陶表現今村さんのスペシャルコーヒーが飲めるので寄ってみる。
お客さんがいっぱいだ。
このカップ初めて見るなぁ。伊藤潤二さんのホラー漫画を思い出す。
b0049152_19082420.jpg
b0049152_19081618.jpg
豆を挽いて、ハンドプレスのエスプレッソが淹れられる。
今回豆を変えてみたとの事で、泡が細かい。これをソーダに注ぐとビールの様な細かな泡が発生するそうだ。
b0049152_19080235.jpg
ライムを絞ったソーダの中にエスプレッソを注ぐ。
b0049152_19083542.jpg
フィレンツェ風スパークリングコーヒーはヨーロッパの味。
b0049152_19085061.jpg
そんなに日曜日でした。

by tenmorimori | 2017-03-12 19:16 | 休日 | Comments(0)

博多駅近く 路地裏の小さな洋食レストラン キッチングローリ

もうずいぶん昔から通っているキッチングローリ。
その間に建物は建てなおされ、息子さんの代になって久しいが、今回久しぶりに行ってみると先代のご夫婦も元気に厨房に立たれていた。
行く途中から随分迷ってオムライスを注文。
以前はクリームコロッケが自動的に付いてきてたが、今はランチメニューのオムライスプレートで付いてくるらしい。
たっぷりとかけられたデミグラスソースがとても美味しいオムライスは変わらんなー。
b0049152_09424501.jpg
今度はミックスフライ食べよーっと。

by tenmorimori | 2017-03-12 09:44 | 博多んモン | Comments(4)

博多うどんの至宝 呉服町みやけうどん

創業60年を超える博多うどんの老舗「みやけうどん」。
博多人にとっての心のふるさと、福岡を離れても帰省時には空港から博多駅から、まずはここに直行する人も多いんではなかろうか。
うどんの味はもちろん、建物自体、内装、椅子、テーブル、カウンター全てにおいて昔のまま。
中洲の映画館で映画観て、川端通り、寿通りを通って呉服町へ行って大丸で買い物してからみやけうどんでうどんを食べる。
それから呉服町の回転まんじゅうを買って帰る。大通りには西鉄のチンチン電車。
そんな博多の休日を懐かしく思い出す。
うどんは基本330円、それにトッピングはごぼ天、えび天(小エビ)、丸天、きつね(きざみ)がそれぞれ80円、稲荷が一個50円とシンプル。
えび天ときつねうどん。
ざく切りのねぎが斬新で新鮮だ。
b0049152_09021846.jpg
稲荷は一個。
b0049152_09020976.jpg
ここはもう博多の文化遺産としていつまでも存続させてほしい。
派手な商売やイベントなどにも一切加担せず、ただ呉服町の片隅でうどんを出し続けるその姿勢がボクは好きだ。
昔のままの静かな店内で、ただうどんを啜っているだけでこんな幸せな気分に満たされるなんて場所はそう無いぞ。
麺を温める大きな羽釜には、すめの入った大徳利が漬けられている。
b0049152_09023091.jpg
b0049152_09024387.jpg
道の駅むなかたで大きなあまおうが安かった。
駐車場で1個食べたらあまりに美味しくて追加購入。
b0049152_09234359.jpg
b0049152_09233284.jpg

by tenmorimori | 2017-03-12 09:25 | 博多んモン | Comments(0)

博多魚がし 博多の朝食はここで決まり!

博多に居るならビジネスホテルの無料朝食はスルーして、ボクは長浜に走る。
長浜の魚市場に隣接する市場会館の中にある博多魚がし市場会館店は、朝7時から本格海鮮料理が食べられる大好きな店。
同じ会館内にあるおきよ食堂も朝6時からご飯が食べられる市場食堂で、こちらはまさに食堂。
市場での仕事を終えた人たちが焼酎を手に朝からわいわいとリラックスして仕事終わりを楽しんでいる。
なんたって隣は九州一の魚市場、数時間前に水揚げされた魚が朝から食べられる幸せ。
日替わりの旬の魚を使った旬丼のセットと、単品で胡麻サバ。
胡麻サバはメニューに無かったので、ホールの人が板さんに「今日は鯖は入っとります?」と聞くと「入っとーよ」っていいなぁこの会話。
旬丼
わおっ!魚がびかびかだぁ、実は白身天国の博多の魚なのだ。
b0049152_08472547.jpg
セットで870円(安!)の付け合せは新鮮アジフライ。
b0049152_08473962.jpg
水揚げされたばかりの見事な鯖。
b0049152_08474803.jpg
何度も書いているが、胡麻サバは本来は家庭料理。
家ではわさび醤油で混ぜられて出てきてた。
飯がいけるとよ。
b0049152_08480084.jpg
長浜の市場会館は福岡の中心部天神から朝だったら車で10分もかかりません。博多の朝食に超お勧めです、すぐ近くに元祖長浜屋が有るので、いける人は自己責任ではしごしてください(笑)

by tenmorimori | 2017-03-12 08:54 | 博多んモン | Comments(0)