ちゅらかじとがちまやぁ

2017年 02月 15日 ( 1 )

軍艦島上陸 2017.1.8 SIGMA sdQuattro

軍艦島に上陸してきた。行ってから知ったのだが、軍艦島は外洋の波の荒い場所にある孤島なので、ツアーが運休したり海に出られても上陸できずに軍艦島を船の上から見て帰るだけと言う場合も珍しいことではないらしい。現にボクが行った翌日のツアーは午前午後とも運休になっていた。
天気は上々だ。
軍艦島上陸ツアーのクルーズ船。
b0049152_19194436.jpg
途中、このツアー会社の本社がある高島へ上陸する。軍艦島資料館や三菱の創業者岩崎弥太郎の銅像が有る。(軍艦島は長く三菱の所有だった)
高島を出て間もなく見るからに怪しげな島影が見えてくる。
b0049152_19195654.jpg
おおおっ!まさに軍艦!
b0049152_19200811.jpg
島の小中学校の建物。
b0049152_19201901.jpg
丘の上の建物は三菱の社員の住居。ここだけは間取りが広くバストイレ付。
b0049152_19203366.jpg
この丘のどてっぱらをくりぬいて、ボタ(石炭ガラ)を24時間体制でベルトコンベアーで反対側の海に投棄していたらしい。
しかもそのトンネルの上は一般の居住区。
ツアーガイドの説明を聞いて奥に向かうと見えるのは、大正5年(1916年)に建てられた日本最古の鉄筋コンクリート造の共同住宅。
左側のくの字に曲がった建物も共同住宅だが、なんと防波堤の役目も兼ねていたという。住んでた人は大変だっただろうな。
b0049152_19204669.jpg
b0049152_19210583.jpg
波にえぐられた防波堤。
b0049152_19211883.jpg
波にブッ飛ばされた防波堤の断面。
b0049152_19355995.jpg
構造物のコンクリートの酸化が進み、鉄筋にまで達して鉄筋が錆びて爆裂して建物は徐々に壊れていっている。
b0049152_19213144.jpg
b0049152_19353520.jpg
船着き場の石垣。
b0049152_19214420.jpg
さらば軍艦島、また来る日まで。ツアーのスタッフの緊張感から海の状況がギリギリだったのを感じる。
日本最大の廃墟をじっと眺めていると、人が居なくなって40年以上経っているのだが濃密な人の気配を感じる不思議な体験だった。
かつては世界一の人口密度だった街の、人々の生活の残滓が残っているのか。
b0049152_19381946.jpg
長崎湾に入ると、長崎らしい景色が楽しい。
b0049152_19384740.jpg
b0049152_19390315.jpg
海から見るグラバー邸。
b0049152_19412333.jpg
b0049152_19414873.jpg
夜、稲佐山に登ってみる。
b0049152_19420159.jpg
さすが、夜景は素晴らしい。
b0049152_19421591.jpg
b0049152_19433370.jpg
動画を貼り付けときますね。
https://youtu.be/jVFJDsqzGCg
https://youtu.be/klORj4y3pdw


by tenmorimori | 2017-02-15 20:13 | 風景・スナップ | Comments(2)