ちゅらかじとがちまやぁ

2011年 01月 11日 ( 2 )

真冬の博多は旨いモンだらけ その2 カッツンてん子の結婚報告

カッツンとてん子が結婚します、ついでに8月に子供が産まれます(笑)
んで、そのお祝いと打ち合わせを兼ねて、ボクの帰福に合わせて宴を開催してくれた。
場所は六本松の「にい好!朋友 (ニイハオ ポンユウ)」
確か、中国残留孤児の帰国者で始められたのが開店のきっかけだったと思う。
昨年、千原Jrがテレビで紹介したのをきっかけに行列のできる店となった。
移転して外観はすっかり模様替えしていた。
b0049152_18292794.jpg

酢豚旨い!黒酢でないのもボク好み。こういう基本的な料理が旨いとなんでも安心して食べられる。
b0049152_18454913.jpg

トマトと卵炒めも名物。
b0049152_18304420.jpg

麻婆茄子、旨い。
b0049152_18312233.jpg

水餃子、ピータン。
b0049152_18321633.jpg
b0049152_18322495.jpg

焼き餃子。ボクは餃子に羽根は要らないと思う。
b0049152_18332312.jpg

固焼きそばは麺がサックサクですんばらしい。
b0049152_1834876.jpg

青菜炒め。
b0049152_18343027.jpg

貝柱と卵白の炒めが旨くてびっくり。
b0049152_1835795.jpg

豚の薄切りの天ぷらはカリカリ。
b0049152_18354932.jpg

特製ラーメン。
b0049152_18361252.jpg

麻婆豆腐はご飯とね。
b0049152_18364772.jpg

そして千原Jr絶賛の酸辣湯麺。
なるほどぉ、辛さも酸っぱさも丁度いい。
b0049152_18384751.jpg

二次会はじゃじゃ馬へ移動。
b0049152_18405580.jpg

この店も旨そうやなぁ。
b0049152_18411964.jpg

ふぐ刺し。
b0049152_18414142.jpg

水イカ刺し。
b0049152_1842695.jpg

新ごぼうの天ぷら。
b0049152_18423322.jpg

b0049152_18424774.jpg

カッツンもてん子も照れながら幸せそうでした。婚約指輪が光る。
b0049152_18432329.jpg

by tenmorimori | 2011-01-11 18:44 | 博多んモン | Comments(4)

真冬の博多は旨いモンだらけ その1

1月8日、仕事絡みで帰福。
折からの冷え込みで、空港の滑走路の水たまりには氷が張り、周辺の山は真っ白。
まずは昼飯。
キッチングローリでミックスフライ。
冬らしく、カキフライやほたてフライが旨いのぉ。
b0049152_17314257.jpg

夜、ダンサーnayuちゃんが付き合ってくれて「ちょいのみつきよし」へ行く。
b0049152_1742345.jpg

安くて旨くて手打ちうどんも美味しくて、今ではすっかり予約の取りにくい店になってる。
毎回思うが、大将と手下(笑)ふたりで次々と注文をこなす姿には感心する。
すがき!旨いっ!でも写真は手ぶれですみません。
b0049152_17365764.jpg

刺し盛は種類のあるしこ(あるだけ)出してとお願い。
海が荒れて魚が入らないそうだ、残念!
いわし、イカ、たいらぎのひも、イカのわた和え、鯛にタコ。寒ブリは品切れ。
b0049152_17383227.jpg

鯨の刺身はルイベ状。子供の頃から鯨刺身は凍っているのが当たり前だった。
b0049152_17392926.jpg

銀だら味醂。
b0049152_17395175.jpg

牡蠣のバター蒸し。牡蠣ぷりっぷり。
b0049152_17401663.jpg

茹で出汁トマト。
b0049152_17404249.jpg

地鶏のタレ焼き。
b0049152_17411886.jpg

〆は大将自ら打つうどん。もちろんごぼ天。
b0049152_1742838.jpg

翌日曜日、因幡うどんでごぼ天うどん。
やわやわの麺が嬉しいのぉ。
b0049152_17432667.jpg

by tenmorimori | 2011-01-11 17:43 | 博多んモン | Comments(4)